『おませなツインキー』 Lola (1970)

おませなツインキー [DVD]

ラストの衝撃の真相

作品メモ

前のエントリー『わらの犬』から、スーザン・ジョージつながりで。
ロンドンとニューヨークを舞台に、16歳のイギリス人少女と中年アメリカ人作家の恋模様をコミカルに描きます。
今なら速攻で逮捕的な男を演じているのがチャールズ・ブロンソンでヒロインがスーザン・ジョージという、時代の空気がたっぷり詰まった作品となっています。

出演は他にオナー・ブラックマン、トレヴァー・ハワード、ジャック・ホーキンスとなにげに豪華。
それらのキャラクターがうまく出し入れされているとも思えず、筋立ても今いち盛り上がりにかけるかもしれませんが、アイドル映画にいちいち目くじらたてることもないでしょう。
ただ日本の『おくさまは18歳』みたいなノリにしていれば、さらに楽しめたかもという気もします。

監督は職人リチャード・ドナー。
“Lola”はアメリカでのタイトルで、イタリアでのオリジナルタイトルは”Twinky”。

ロケ地

IMDbでは

Glasgow, Strathclyde, Scotland, UK (wedding sequence)
London, England, UK
New York City, New York, USA

スコットの住まい

窓の外に橋が見えるのが手がかり。
テムズ川にかかるこちらの橋で、スコットの住まいは北側。

Battersea Bridge

結婚

Glasgow, Strathclyde, Scotland, UK (wedding sequence)

空港

ニューヨークへやってきた2人。
特徴的な天井からして、JFKのこのターミナルでしょう。

TWA Terminal (現第5ターミナル)

この場面で、ブロンソン出演作に必ず登場していた愛妻ジル・アイアランドが出てきます。 → 参考リスト
降りてくる乗客のひとりとしてほんの1カット。
ヒッチコックのカメオより短いかも。

ニューヨークでの住まい

これまた橋が見える部屋。
橋はこちら。

Queensboro Bridge クイーンズボロ橋

住まいは西側(マンハッタン側)。

お城のある公園(ラストネタばれ)

むか~しこの映画を見たとき、ラストでツインキーがお城を見上げたり自転車を走らせていたのはロンドンのどこかの公園だと思っていました。
例えばキネマ旬報データベースの物語紹介でもそこはロンドンであると書かれています。

でも今回場所を突き止めようと画面とにらめっこしていて、愕然としました。
そこはニューヨークのセントラルパークなのです。
お城はこちら↓

Belvedere Castle ベルヴェデーレ城

マップではこちら↓

つまり彼女は書き置きで嘘をついていて、ロンドンには戻っていなかったというオチとなります。
それとも作り手としてはあくまでロンドンという設定で、ちゃっかりニューヨークロケのついでにそれっぽいお城を利用して撮ってしまったのでしょうか??

資料


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)