『アンタッチャブル』 The Untouchables (1987)

アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

作品メモ

WOWOWで久々に鑑賞。
娯楽映画として良くできていて、何度見ても楽しめます。

エリオット・ネスにケヴィン・コスナー。
ベテラン警官ジム・マローンにショーン・コネリー。
経理畑のオスカー・ウォレスにチャールズ・マーティン・スミス。
射撃の名手ジョージ・ストーンにアンディ・ガルシア。
対するアル・カポネにロバート・デ・ニーロ。

監督ブライアン・デ・パルマ
音楽エンニオ・モリコーネ

ロケ地

IMDbでは

40 miles south, Great Falls, Montana, USA
Blackstone Hotel – 636 S. Michigan Avenue, Downtown, Chicago, Illinois, USA
(ballroom where Capone kills guy with baseball bat)
Chicago Cultural Center – 78 E. Washington Street, Downtown, Chicago, Illinois, USA
(chase between Ness and Nitti)
Chicago, Illinois, USA
Hardin, Montana, USA
Hardy Creek Bridge, Great Falls, Montana, USA
(bridge where Ness intercepts shipment of Canadian whiskey)
Roosevelt University – 430 S. Michigan Avenue, Downtown, Chicago, Illinois, USA
(front entrance and main lobby used as Lexington Hotel, where Al Capone lives)
Union Station – Canal St. & Jackson Blvd., Near West Side, Chicago, Illinois, USA

大半がシカゴでのロケ。

The Worldwideguide to Movie Locationsでは、ほとんど完璧なロケ地紹介があります。

http://www.movie-locations.com/movies/u/untouchables.html

冒頭の事件


大きな地図で見る

夜の橋

失意のエリオット・ネスがマローンと出会うところ。
399px_Wrigley_Building.jpg

Michigan Avenue Bridge

Photo from Wikipedia (public domain).

カポネが根城にしていたホテル

設定ではLexington Hotel。

かつてこのあたりにあり、1995年に解体されています。

撮影は外観、内部それぞれ何ヶ所かを寄せ集めています。

外観(入口)

Roosevelt University
430 South Michigan Avenue

©1994 milou アルバム「シカゴ」から

※12/10/27追記
milouさんから画像を提供していただきました。
(いつもありがとうございます♪)
撮影は1994年とのことです。

朝食と新聞を持ってくる階段

Chicago Theater
175 North State Street at East Lake Street
http://www.thechicagotheatre.com/

カポネがバットを振う部屋

Crystal Ballroom, Blackstone Hotel
636 S. Michigan Avenue, Downtown, Chicago, Illinois, USA

ロビー

入口外観として登場したRoosevelt University のロビー。

警察本部

Rookery Building, 202 South La Salle Street


大きな地図で見る

通り(South La Salle Street)の正面の高いビルは、シカゴ商品取引所が入っているChicago Board of Trade Building → Wikipedia(英語)
向かいの郵便局という設定の建物は、SVでは”City National Bank and Trust Company”とありますが、今年の秋からマリオットホテルとなるようです。

JW Marriott Chicago
www.jwmarriottchicago.com/

マローンの家

設定では、”1634 RACINE” (ラシーヌ通り1634番地)。
撮影はこのあたりですが、もう建物はなくなっています。

教会

ネスとマローンが話すところ。

Our Lady of Sorrows Basilica
3121 West Jackson Boulevard at Kedzie Street

エリオット・ネスの家

おそらく個人宅でしょうからマップで直接示すのは避けることにします。
かわりに、背後に見えた2つの塔を持つ教会をご紹介。

Saint Paul Parish
2127 W. 22nd Place, Chicago, Illinois 60608
http://www.stpaulchgo.org/

カナダからの密造酒の持込みを摘発するところ。
カナダとの国境線にあるという設定ですが、撮影はこちら。

Hardy Creek Bridge, Great Falls, Montana, USA

歌劇場のロビー

Chicago Cultural Center
78 E. Washington Street, Downtown, Chicago, Illinois, USA

Union Station
Canal St. & Jackson Blvd., Near West Side, Chicago, Illinois, USA

ここはもちろん『戦艦ポチョムキン』、オデッサの階段へのオマージュ。  → 『戦艦ポチョムキン』
数年前の石原軍団による日本興亜損保のCMは『ポチョムキン』、『アンタッチャブル』、どちらへのオマージュでしょうか。

この場面、何度見ても水兵さんたちが可哀想でなりません。
せめてここで名前だけでもと思うのですが、スタントマン扱いだったようでクレジットでも名前がわかりませんでした。

※13/1/31 追記

©milou アルバム「シカゴ」から

milouさんから画像を提供していただきました。
(いつもありがとうございます♪)

©milou アルバム「シカゴ」から
©milou アルバム「シカゴ」から

ネスと殺し屋の対決

裁判所内部や屋上などは、歌劇場ロビーとして登場した Chicago Cultural Center。

  • Google Maps(SV)


大きな地図で見る

※13/1/31追記
この建物の反対側は、チャック・ノリス主演の『野獣捜査線』で登場しています。

資料

更新履歴

  • 2014/06/09 milouさんの画像をPicasaウェブアルバムに切替

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)