『サンフランシスコ物語』 Inside Moves (1980)

Inside Moves [VHS] [Import]

作品メモ

『ハイ・ロード』に続いて故ジョン・バリーのお仕事をもう1本。
飛び降り自殺に失敗して心と体に傷を負った男が、ふと立ち寄ったバーで様々な障碍を持った常連客たちと知り合いになり、彼らとの交流を通して立ち直っていく姿を描きます。

主演のローリーにジョン・サヴェージ。
バーの従業員ジェリーがデヴィッド・モースで、これが映画デビュー作。脚の具合がおもわしくないのですが、お金さえあれば手術を受けてバスケットボール選手として活躍できるはず、という設定。
同じくバーで働くルイーズにダイアナ・スカーウィッド。この作品でアカデミー賞助演女優賞にノミネート。

脚本バリー・レヴィンソン、ヴァレリー・カーティン。
監督は職人リチャード・ドナー。ウェットに流れないところがとても良く、手堅い演出で感動を呼び起こします。
同時期の『ふたりだけの微笑』(1979)『ふたりでスローダンスを』(1978)などと同様、市井の人々の香りがたっぷりつまった一品。
ジョン・バリーの音楽はアクション大作での作風とは真逆で、『真夜中のカウボーイ』的雰囲気でしょうか。
いちおうCDもあるようです。 → amazon.com

アメリカではDVD化されていますが(amazon.com)、日本では果たしてビデオ化そのものがあったかどうか。
私が見たことがあるのは、昔の名画座でだけです。
DVDが出ても不思議はない出来映えだと思うのですが、どうでしょう?

他に商品としては、文庫本で同題の小説が出ていたのを買った記憶があります。
おそらくノベライズ本だと思いますが、だいぶ前に破棄してしまったので確かめられません……

ロケ地

IMDbでは、

Echo Park, Los Angeles, California, USA
Network Associates Coliseum – 7000 Coliseum Way, Oakland, California, USA
Oakland, California, USA

町はサンフランシスコの東側、オークランドW という設定で、実際にそこで撮影されているようです。
『サンフランシスコ物語』ではなく『オークランド物語』ですね。
ただロケ地としてはロサンゼルスも含まれているようです。

冒頭のビル

ローリーが自殺を図るビル。
これはオークランドではなくロサンゼルスにあるこのビルでしょう。

Eastern Columbia Building W


大きな地図で見る

497px_Easternstandard_cropped_by_mlsb.jpg

ローリーが墜ちていくのは南西側、E 9th St.。
こちらの画像の向かって左側。

Mollylou12 at en.wikipedia CC-BY-3.0, from Wikimedia Commons

この建物、テレビシリーズ『こちらブルームーン探偵社』の初回スペシャル版で登場しています。
 → 『こちらブルームーン探偵社』

他にもいくつかロケに使われているようです。
 → Wikipedia(英語) Eastern Columbia Building #In popular culture

資料


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)