『タワーリング・インフェルノ』 The Towering Inferno (1974)

タワーリング・インフェルノ スペシャル・エディション [DVD]

 

作品メモ

ロケ地

IMDbでは

20th Century Fox Ranch, Malibu Creek State Park – 1925 Las Virgenes Road, Calabasas, California, USA
(Glass Tower miniature sequences – exterior)
Bank of America Building – 555 California Street, San Francisco, California, USA
(exterior entrance and lower lobby)
Century City, Los Angeles, California, USA
(central heating plant/air conditioning facility, water tank scenes)
Hyatt Regency Hotel – 5 Embarcadero Center, San Francisco, California, USA
(lobby scenes)
San Francisco Fire Station 38 – 2150 California Street, San Francisco, California, USA
(fire station scenes)
San Francisco, California, USA

というように、サンフランシスコが舞台です。
ビル全体の外観はミニチュアですが、入口付近などは既存のものを利用して撮影しています。

グラス・タワー エントランス

3099982190_ddaac9ced1_b.jpg

フレッド・アステアがタクシーを降りて入っていくのはこの建物。

Bank of America Building
555 California Street, San Francisco, California, USA

  • Google Maps(SV)


大きな地図で見る

グラス・タワー ロビー

3576619854_3c4d5979a4_b.jpg

素通しのエレベーターが上下するロビーはこちらで撮影。

Hyatt Regency Hotel
5 Embarcadero Center, San Francisco, California, USA

※2013/10/21追記
『テレフォン』のエントリーを書いていて気づきましたが、このロビー、今ではインドアストリートビューで楽しめるようになりました。


大きな地図で見る

消防署

消防隊が出動するのはこちらの本物の消防署からです。

San Francisco Fire Station 38
2150 California Street, San Francisco, California, USA

娘婿の家(2011年2月追記)

ビルのオーナー(ウィリアム・ホールデン)の娘婿、ロジャー・シモンズ(リチャード・チェンバレン)の家。
個人宅でしょうからウェブマップでの特定は避けますが、サンフランシスコの高級住宅地パシフィック・ハイツに今でも建っています。
すぐ近くに『ブリット』でロバート・ボーン演じる上院議員の家として登場した物件もあり、いかにもセレブな雰囲気が漂う一角。

資料


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)