『パリの恋人』 Funny Face (1957)

パリの恋人 [DVD]

ファニー・フェイス

作品メモ

※2012/07/04この項追記

新人モデルを発掘しパリで撮影して売り出す企画を立てたニューヨークのモード雑誌。
パリを舞台にフォトグラファーとモデルの恋模様をミュージカル仕立てで描きます。

フォトグラファー、ディックにフレッド・アステア。
スカウトされたヒロイン、ジョーにオードリー・ヘップバーン。
他に、ケイ・トムスン、ミシェル・オークレール、ロバート・フレミング、スージー・パーカー。

製作ロジャー・イーデンス、監督スタンリー・ドーネン、撮影レイ・ジューン。
音楽にガーシュウィンがクレジットされているのは、1927年の舞台版『ファニー・フェイス』Wの音楽を使っているから。

ヘップバーン出演作、ロケ地的に面白そうなところは(『ローマの休日』を除いて)だいたい網羅しました。
よろしかったら他もご覧になってみてください。

ロケ地

IMDbでは

Chantilly, Oise, France
Château de la reine blanche, Coye-la-Forêt, Oise, France
Musée du Louvre, Paris 1, Paris, France
Opéra National de Paris Palais Garnier, 8 rue Scribe, Paris 9, Paris, France
Orly Airport, Orly, Val-de-Marne, France
Paramount Studios – 5555 Melrose Avenue, Hollywood, Los Angeles, California, USA (studio)
Paris, France
Tour Eiffel, Champ de Mars, Paris 7, Paris, France

登場する名所をすべて書いていると大変なので、ごく一部をピックアップ。

撮影に繰り出すところ

ワシントン・スクエア・パーク  Washington Square Park

©1991 milou アルバム「ニューヨーク」から

※12/7/4 追記
milouさんから画像を提供していただきました。
(いつもありがとうございます♪)

5番街からの入り口。
撮影は1991年とのことです。

©1991 milou アルバム「ニューヨーク」から

こちらは映画に近いアングル。

人だかりは大道芸。
「映画では門をくぐって車で入ってくるが、今では進入不可、というか車道がない」とのコメント。

©1991 milou アルバム「ニューヨーク」から

※2013/12/21追記
こちらもmilouさんの画像です。
「車止めの石が並んでいて『パリの恋人』のように車で公園内には入れない」とのコメントです。
(画像をクリックするとmilouさんのコメントを読めますので、そちらをぜひどうぞ)
撮影は91年4月とのことです。

ルーブル美術館

450px_Daru_staircase_Louvre_2007_05_13.jpg

Photo from Wikimedia Commons (public domain).

教会

Château de la Reine Blanche
Étangs de Commelle, Coye-la-Forêt, Oise, France

400px_Coye_Reine_Blanche.jpg

Photo from Wikimedia Commons (public domain).

マップはこちら↓

この場所はヘップバーンとドーネン監督の10年後の作品、『いつも2人で』にも登場しています。

 → 『いつも2人で』

ロケ地マップ

オードリー・ヘプバーン出演作 パリのロケ地


より大きな地図で オードリー・ヘップバーン を表示

資料

関連記事

ヘップバーン出演作

更新履歴

  • 2013/12/21 ワシントンスクエア、milouさんの画像を追加アップ。
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『パリの恋人』 Funny Face (1957)
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)