『パンズ・ラビリンス』 El laberinto del fauno (2006)

パンズ・ラビリンス 通常版 [DVD]

泣けるダーク・ファンタジー

作品メモ

『デビルズ・バックボーン』のギレルモ・デル・トロ監督によるダーク・ファンタジー。
内戦の残酷な現実と少女が夢想するファンタジーの世界とが交互に描かれ、哀しい物語を紡ぎ出していきます。

1944年のスペイン。
内戦終結後も、レジスタンスとフランコ政府軍の戦いが各地で繰り広げられています。
少女オフェリアは、身重の母カルメンに連れられて山間部の政府軍駐屯地に向かいます。
待っていたのは義父ビダル大尉。
残忍な手段でゲリラ掃討を進める冷酷な指揮官です。
辛い現実におしつぶされそうになるオフェリアは、ある夜地下にある不思議な迷宮へ降りていき、 そこにいたパン(牧神)に自分が魔法の国の王女であることを教えられます。
王女に戻るためには3つの試練に耐えなければならないとのこと。 与えられた試練をひとつずつクリアしていくオフェリアですが……

といったお話。

前作同様スペイン内戦を子供を通して描くという趣向ですが、表現や手法をより深化させ、完成度もぐっと高まっています。
シビアでダークな内容でありながら、最後には号泣必至という奇跡のような映画。
まだご覧になっていない方はぜひどうぞ。

ロケ地

IMDbでは

Belchite, Zaragoza, Aragón, Spain
El Espinar, Segovia, Castilla y León, Spain
Segovia, Segovia, Castilla y León, Spain
Sierra de Guadarrama mountain range, Madrid, Spain

撮影は主にスペイン、セゴヴィア県エル・エスピナール El Espinar 近郊で行われています。

DVDには監督によるコメンタリーが付いていて、ロケ地的な情報も少し触れられています。ただどちらかと言えば、撮影に関することよりも作品の内容や監督の意図したところを知るのに適した内容となっています。

教会

冒頭、母娘一行が通り過ぎる教会(の跡)。

3611496342_be3d1597c3.jpg Iglesia de San Martín de Tours
Belchite, Zaragoza, Aragón, Spain

2893634866_d66c607cf5.jpg

ベルチーテはスペイン内戦で激しい戦闘が行われたところ。
破壊された村は廃墟として残され、となり(北側)に新しく村が作られています。
主な撮影地のエル・エスピナールとは300kmも離れていますが、監督としては内戦の象徴として含めたかったのでしょう。

教会内部のショットは本物ですが、全体が映る引きのショットでは背景が実際と異なるので、おそらくVFXを使っていると思われます。


この地は、テリー・ギリアム監督の『バロン』や、カップヌードルのCM「NO BORDER」シリーズでも登場しています。

このCMで最後に登場しているのが『パンズ・ラビリンス』の教会。
例えばこちら↓の写真がほぼ同じアングルです。

  • http://www.arteguias.com/belchitecampobelchite.htm
  • http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Belchite_-_Iglesia_de_San_Marin_y_Convento_de_San_Rafael.JPG

参考までに、最初に登場しているのはこちら。

  • http://www.panoramio.com/photo/19194412

映画の主な撮影地はこちらの近郊の松林(おそらく街の南側)。

El Espinar, Segovia, Castilla y León, Spain

メインで映っていた家屋はおそらくセットだと思いますので、場所の特定はむずかしいでしょう。

ロケ地マップ

※17/2/12項目追加

スペインで撮影された映画のロケ地マップ

 
 
 
 

資料

更新履歴

  • 2017/02/12 「ロケ地マップ」項目追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)