『フォーン・ブース』 Phone Booth (2002)

フォーン・ブース [DVD]

作品メモ

舞台はNYタイムズ・スクエア近くの電話ボックスただ1箇所。
上映時間も1時間20分と短く、完全にリアルタイムで進行するという、時空間でピンポイントな映画です。

逆に言えばコリン・ファレルは出ずっぱりの大熱演。
ちゃらちゃらした広告マンも似合いますが、ぼろぼろになっていくさまもなかなか良かったです。
“F***”を連発しますが、IMDbのtriviaによると143回だそうな。
数えた人お疲れ様でした。

ロケ地

IMDbではこんなふう。

Los Angeles, California, USA
New York City, New York, USA
Times Square, Manhattan, New York City, New York, USA

なぜロサンゼルスが入っているのかは以下をどうぞ。

電話ボックス

設定ではニューヨークの”Forty-fifth and Eighth”ですが、撮影開始が11月で寒い……ということで、ロサンゼルスのこちらで撮影されました。

  • Google Maps


大きな地図で見る

電話ボックスはもちろんセットですし、この区画の看板や広告は擬装されています。
向かいはAlexandria Hotel。
『セブン』(Se7en)でブラピたちが犯人をつかまえそこなうところです。

The Alexandria
501 S. Spring St. Los Angeles CA 90013

タイムズ・スクエア

冒頭Google Earthよろしく通信衛星から一気に地上までズームアップしていく場面。
着いた先はタイムズ・スクエアでこれはホンモノです。

ロケ地マップ

※17/2/26項目追加

 

資料

更新履歴

  • 2017/02/26 「ロケ地マップ」項目追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)