『プライドと偏見』 Pride & Prejudice (2005)

プライドと偏見 [DVD]

思わず笑ってしまう大邸宅の数々

鑑賞メモ

ジェーン・オースティン原作の文芸作。
銃撃戦やカーチェイスなどとは縁のないしっとり落ち着いた映画ですが、映像や音楽も美しく十分に楽しめました。
娘たちを嫁がせることに奮闘する母親と、家族を温かく見守る父親。怪優ドナルド・サザーランドの好演もポイント高し。

最初はレンタルDVDで鑑賞。
今年(2008年)ムービープラスでHD放送されたのを録画。

ロケ地

大英帝国の歴史を感じさせる数々の邸宅は映画の見どころのひとつ。
DVDでも特典映像に《「プライドと偏見」に登場する邸宅》が収録されていて、歴史的背景や撮影の裏話が紹介されています。

IMDbでは、

Basildon Park, Lower Basildon, Berkshire, England, UK (Netherfield)
Burghley House, Stamford, Lincolnshire, England, UK (Rosings Park)
Chatsworth House, Edensor, Derbyshire, England, UK
(Pemberley exteriors/Pemberley’s grand staircase/Pemberley’s sculpture gallery)
Groombridge Place, Groombridge, Kent, England, UK (Longbourn)
Haddon Hall, Bakewell, Derbyshire, England, UK (Elizabeth’s bedroom/the inn at Lambton)
North Lees Hall, Hathersage, Derbyshire, England, UK
Rutland, England, UK
St George’s Square, Stamford, Lincolnshire, England, UK (Meryton village scenes)
Stamford, Lincolnshire, England, UK (Meryton village/Milliner’s shop)
Stanage Edge, Hathersage Moor, Hathersage, Derbyshire, England, UK
(Elizabeth standing on precipice)
Stourhead Garden, Warminster, Wiltshire, England, UK
(Darcy’s first proposal – at the Temple of Apollo)
Weekley, Northamptonshire, England, UK (Mr Collins vicarage)
Wilton House, Wilton, Salisbury, Wiltshire, England, UK (Pemberley’s drawing room)
Wiltshire, England, UK

以下、映画の中の登場順に見ていきます。

ベネット家のおうち

映画の中では庶民寄りの……でも壕に囲まれたたたずまいは絵画のような趣すらありました。
ロケ地はこちら↓  

023129_cde0cd21.jpg Groombridge Place
http://www.groombridge.co.uk/

画像はGeograph projectより。
(© Copyright Simon Lawson and licensed for reuse under this Creative Commons Licence.)

マップ↓


大きな地図で見る

メリトンの町

人々が行き交う街並みや軍隊が行進する通りなどのロケ地は、リンカーンシャーのスタンフォード。

こちら↓にわかりやすい解説が。
地球の歩き方ガイドブックトップ 映画『プライドと偏見』 リーンカーンシャー

軍隊が行進したのは、こちらのSt. George’s Squareを通る道。

角にあるStamford Arts Centreの建物に屋根を付けて擬装していたようです。

Lambton Inn

撮影はこちら↓

HADDON HALL
http://www.haddonhall.co.uk/

公式サイトによると、バンケットホールが劇中ではLambton Innのダイニングルームとして使われたとか。
『プライドと偏見』以外にも撮影に利用されているようです。

Haddon Hall has been a popular location for feature films (e.g. Pride and Prejudice (2005), Elizabeth, (1999), Franco Zeffirelli’s Jane Eyre (1996)); TV (The BBC’s production of The Prince and the Pauper; Granada Television’s Moll Flanders); and a number of photo shoots for advertising and editorial work.

IMDbによるとエリザベスの寝室もここだそうです。

キャサリンのおうち (Rosings)

貫禄たっぷり、ジュディ・デンチ演じるレディ・キャサリンの邸宅はこちらで撮影。

052647_e42c8596.jpg バーリー邸 BURGHLEY HOUSE
http://www.burghley.co.uk/

画像はGeograph projectより。
(© Copyright Christine Hasman and licensed for reuse under this Creative Commons Licence.)

DVDの特典映像によると、食事の場面の執事や召使いはすべて住み込みの人たちだそうです。
ジュディ・デンチが言ってるのですから間違いありません。

ビングリーのおうち

ビングリーと妹が住んだところ。すぐに出て行ってしまいましたが。

944785_1783d5c1.jpg BASILDON PARK
Lower Basildon, Reading, Berkshire RG8 9NR
http://www.nationaltrust.org.uk/main/w-vh/w-visits/w-findaplace/w-basildonpark.htm

画像はGeograph projectより。
(© Copyright Stephen McKay and licensed for reuse under this Creative Commons Licence.

カメラが流麗に動き回る舞踏会もここで行われました。
DVDの映像特典によると、ナショナル・トラストが管理しているようで、ホンモノの壁はいじれないため壁や柱は全部撮影用のセットをかぶせているとのこと。

ダーシーのおうち(ペンバリー館 Pemberley )

エリザベスが思わず笑ってしまったほどの大邸宅がこちら。

1217502_f4413df6.jpg チャッツワース・ハウス CHATSWORTH HOUSE
http://www.chatsworth-house.org/

画像はGeograph projectより。 (© Copyright Mick Lobb and licensed for reuse under this Creative Commons Licence.)
  • Google Maps ↓


大きな地図で見る

掃除が大変だなぁと考えた時点で立派な負け組です。

※15/4/9追記
こちらは、『高慢と偏見、そして殺人』Death Comes to Pemberley (2013)でも、ペンバリー館として登場していました。

こういったバージョンもふくめていろいろ映像化されていますが、ことダーシー卿に関しては、コリン・ファースがいちばんでしょうか。

ダーシーのおうち(ペンバリー館)

同じくペンパリー館ですが、屋内シーンの一部ははこちらで撮られています。

WILTON HOUSE SALISBURY
http://www.wiltonhouse.co.uk/

公式サイトのFilmingのページを見ると、『プライドと偏見』の他に、Sense & Sensibility, The Madness of King George, Mrs Brownといったタイトルがあげられています。
ここで撮られたのはエリザベスが邸内を回ってダーシーと妹に出逢うところ。
DVDの特典映像によると、チャッツワース邸は観光客が多く、また個人宅でもあるためだったとか。

エリザベスがひとり立つ崖

IMDbによると、Stanage Edge, Hathersage Moor, Hathersage, Derbyshire だそうですが、さすがに特定は難しいでしょうか。

ダーシーの雨中のプロポーズ

最初のプロポーズの場面。エリザベスの偏見と誤解によってあえなく撃沈するわけですが……
IMDbによるとこちら。

3513741632_31a23d57d4.jpg Stourhead Garden
Stourhead Estate Office, Stourton, Warminster, Wiltshire BA12 6QD

この建物、ナショナルトラストによると、The Temple of Apollo という名前です。

374803_bbca2a49.jpg

すぐ近くに、エリザベスが雨の中を駆けていく橋もあります。
この橋は『バリー・リンドン』に登場しています。 → 『バリー・リンドン』

画像はGeograph projectより。

※15/4/9追記
この中でストリートビューが使えるようになっていました♪

コリンズ氏のおうち

IMDbによるとWeekley, Northamptonshire, England, UK

Google Earthの検索で飛んでみたもののすぐにはわからず。
DVDで該当する場面をチェックしてしばらくうろうろしていたらなんとか見つけることができました。
すぐとなりが教会なので、本当に司祭のvicarageなのかもしれません。
となると完全にプライベートな物件となりますので、万が一現地にロケ地見物に行かれる場合は、くれぐれもマナーを守るようお願い致します。

ロケ地マップ


より大きな地図で プライドと偏見 を表示

資料

更新履歴

  • 2015/04/09 「ダーシーのおうち」追記 「ダーシーの雨中のプロポーズ」ストリートビュー追加
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『プライドと偏見』 Pride & Prejudice  (2005)
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)