『恋のためらい フランキーとジョニー』 Frankie and Johnny (1991)

恋のためらい フランキー&ジョニー [DVD]

スプーン・ポジション

作品メモ

出所したばかりの男と、辛い過去を背負った女。
わけありの(決して若くはない)男女が少しずつ心を通わせていく様を描いた、ハートウォーミングなラブストーリー。

テレンス・マクナリー戯曲による舞台”Frankie and Johnny in the Clair de Lune”をマクナリー自身が脚色、『プリティ・ウーマン』のゲイリー・マーシャル監督が映画化。

出演は、フランキーがミシェル・ファイファーでジョニーがアル・パチーノ。
店長ニックがヘクター・エリゾンド。

ヒロインがダイナーで働くウェイトレスで、お店のフロアや厨房では個性的な面々がいつも忙しく働いていて……という設定は『アリスの恋』あたりに遡ることができるかもしれません。
 → 『アリスの恋』

「フランキーとジョニー」あれこれ

もともとはアメリカに昔から伝わる歌。 →  Wikipedia(英語) Frankie and Johnny (song)

映画では、タイトルに含まれているだけでもこういったところ。

  • ”Frankie and Johnnie” (1936年)
  • 『フランキーandジョニー』 Frankie and Johnny (1966年。エルビス・プレスリー主演)
  • 『恋のためらい フランキーとジョニー』 Frankie and Johnny in the Clair de Lune (1991年。本作).

ロケ地

IMDbでは

California, USA
New York City, New York, USA
Raleigh Studios – 5300 Melrose Avenue, Hollywood, Los Angeles, California, USA (studio)

舞台はニューヨーク。
撮影もニューヨークロケを交えています。

空撮

エンドクレジットの謝辞に、「CALIFORNIA HIGHWAY PATROL Sacramento Division」とあります。
おそらくその地域かと思いますが、鉄橋や高速から降りるところなど具体的は場所は不明。

レイクビュー刑務所

バスのアナウンスで登場。
ジョニーはそこにいたという設定でしょうか。

DVDの字幕では「右に見えるのはこの州で最大のレイク・ビュー刑務所」となっていますが、実際には「Rockview Correctional Institution」とアナウンスされています。
ペンシルベニア州にある実在の施設ですが、バスが走っているのは別の場所でしょう。

この場面でフランキーが読んでいる雑誌に登場している女性は、ゲイリー・マーシャル監督の妹、ペニー・マーシャル。

バスが着いた町

フランキーの実家があるという設定。
「ペンシルベニア州アルトゥーナ」とアナウンスがありますが、実際の撮影は別のところのようです。

アルトゥーナの名前は後の方でふたりの会話でも登場します。
参考までに……

洗礼式の教会

入口近くに「Altoona」なんたらと表示が出ていますが、これも別の場所での撮影でしょう。

ここで子供に洗礼を受けさせている女性はフランキーのいとこという設定ですが、演じているのはミッシェル・ファイファーの妹、ディディ・ファイファー。

ジョニーが出所するところ

エンドクレジットでの謝辞で、こちらの名前がありました。
カリフォルニア州のホンモノの刑務所です。

800px_FolsomStatePrison.jpg フォルサム州立刑務所 Folsom State Prison

Photo from Wikipedia (public domain).

ジョニーが摩天楼を眺めるところ

NYへやってきたジョニーが夕暮れ時に対岸の摩天楼をぼんやりながめる場面。
ブルックリンのこのあたりです。

バス・ターミナル

フランキーが戻ってきたところ。

2181293541_4f5b65ba7e.jpg Port Authority Bus Terminal

APOLLO CAFE

ふたりの職場であるダイナー。
撮影地等詳細不明。

広場

「フランキーとジョニー」の歌について話ながら歩くところ。

ユニオン・スクエア

資料


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)