『雨のニューオリンズ』 This Property Is Condemned (1966)

雨のニューオリンズ [DVD]

作品メモ

ふたつ前のエントリー『サンセット物語』(65)と同じく、ナタリー・ウッド、ロバート・レッドフォードの主演映画。
この2人だったらハートマークがいっぱいのノーテンキなラブコメでも良いような気がしますが、なかなかビターな社会派メロとなっていて、すんなりとはウットリさせてくれません。

原題は雨ともニューオリンズとも無関係。
テネシー・ウィリアムズの戯曲が原作です。

テネシー・ウィリアムズ しらみとり夫人・財産没収ほか (ハヤカワ演劇文庫 6)

「財産没収」という邦題で翻訳されています。
今から読むなら、早川演劇文庫6『テネシー・ウィリアムズ<1> しらみとり夫人/財産没収ほか』に収録(倉橋健氏訳)。

 

舞台はニューオリンズから遠く離れたミシシッピー州の田舎町ドッドスン(Dodson)で、時代は1930年代。

下宿屋の看板娘アルバにナタリー・ウッド。周囲の男たちにはモテモテですが、大きな町へ出て行くことを夢見ています。
町へぶらりとやってきた男オーウェンにロバート・レッドフォード。実は鉄道会社のリストラ担当です。
アルバの母ヘイゼルにケイト・レイド。リアルではナタリー・ウッドとわずか8歳差(IMDbのTrivia)。どうやら下宿屋は先が見えている様子で、なんとかアルバに金持ちの相手をあてがおうとしています。
鉄道会社勤務のJ.J.ニコルズにチャールズ・ブロンソン。
アルバの妹ウィリーにメアリー・バーダム。『アラバマ物語』のあの子ですね。出演作はわずか6本。

監督シドニー・ポラック。『いのちの紐』に続く劇場用映画2作目。
脚色フランシス・フォード・コッポラ、フレッド・コー、エディス・ソマー。
撮影ジェームズ・ウォン・ハウ、音楽ケニヨン・ホプキンス。

 
 

ロケ地

IMDbでは、

Bay St. Louis, Mississippi, USA
Louisiana, USA
New Orleans, Louisiana, USA

……とあまり詳しくありません。

例によって、ウェブマップを頼りに画面とにらめっこでチェックしています。
間違えていたらごめんなさい。誤りのご指摘大歓迎です。

OP

手がかりは線路ぐらいで、難易度高すぎ。

下宿屋

STARR BOARDING HOUSEと看板が出ています。
Starrは一家の名前。セリフにもありますが、Rは2つです。
建物はセットでしょうか。

町中

0:36

長い鉄橋

おそらくこちら↓

Bay St. Louis, Mississippi, USA

石の橋

1:28頃、ニューオリンズにやってきたアルバがたたずんでいた橋。

City Park (New Orleans)W

By Infrogmation of New Orleans
via Wikimedia Commons
(CC BY-SA-3.0)

バーボン通り

アルバが立っていたのは、バーボン通り(Bourbon St.)とDumaine St.の交差点、南側の角。
50年前の映画とまったく変わりがない街頭です。

 

オーウェンが出てきたのはこのあたり。

噴水

再会した噴水。
フレンチクォーターのこちら↓

Jackson Square (New Orleans)W

目の前に『愛のメモリー』で結婚式を挙げる予定だった教会がありますが、ギリギリ背景に入っていません。

St._Louis Cathedral (New Orleans)W

ロケ地マップ

 
 
 

資料

更新履歴

  • 2016/06/25 新規アップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)