『雨のニューオリンズ』 This Property Is Condemned (1966)

雨のニューオリンズ [DVD]

作品メモ

ふたつ前のエントリー『サンセット物語』(65)と同じく、ナタリー・ウッド、ロバート・レッドフォードの主演映画。
この2人だったらハートマークがいっぱいのノーテンキなラブコメでも良いような気がしますが、なかなかビターな社会派メロとなっていて、すんなりとはウットリさせてくれません。

原題は雨ともニューオリンズとも無関係。
テネシー・ウィリアムズの戯曲が原作です。

テネシー・ウィリアムズ しらみとり夫人・財産没収ほか (ハヤカワ演劇文庫 6)

「財産没収」という邦題で翻訳されています。
今から読むなら、早川演劇文庫6『テネシー・ウィリアムズ<1> しらみとり夫人/財産没収ほか』に収録(倉橋健氏訳)。

 

舞台はニューオリンズから遠く離れたミシシッピー州の田舎町ドッドスン(Dodson)で、時代は1930年代。

下宿屋の看板娘アルバにナタリー・ウッド。周囲の男たちにはモテモテですが、大きな町へ出て行くことを夢見ています。
町へぶらりとやってきた男オーウェンにロバート・レッドフォード。実は鉄道会社のリストラ担当です。
アルバの母ヘイゼルにケイト・レイド。リアルではナタリー・ウッドとわずか8歳差(IMDbのTrivia)。どうやら下宿屋は先が見えている様子で、なんとかアルバに金持ちの相手をあてがおうとしています。
鉄道会社勤務のJ.J.ニコルズにチャールズ・ブロンソン。
アルバの妹ウィリーにメアリー・バーダム。『アラバマ物語』のあの子ですね。出演作はわずか6本。

監督シドニー・ポラック。『いのちの紐』に続く劇場用映画2作目。
脚色フランシス・フォード・コッポラ、フレッド・コー、エディス・ソマー。
撮影ジェームズ・ウォン・ハウ、音楽ケニヨン・ホプキンス。

 
 

ロケ地

IMDbでは、

Bay St. Louis, Mississippi, USA
Louisiana, USA
New Orleans, Louisiana, USA

……とあまり詳しくありません。

例によって、ウェブマップを頼りに画面とにらめっこでチェックしています。
間違えていたらごめんなさい。誤りのご指摘大歓迎です。

OPの線路

手がかりは線路ぐらいで、難易度高すぎ。

※19/8/13追記
「下宿屋」が判明したため、芋づる式に特定できました。

ドッドスンの町として撮影に使われたのは、Bay St. LouisW

線路はこの町を通るアムトラックのもので、撮影当時駅は実在していましたが、2005年のハリケーン・カトリーナで廃駅となっています。

Bay St. Louis stationW

By Hikki Nagasaki
via Wikimedia commons
(public domain)

ウィリーたちが線路に腰を下ろしていたのは、駅から300mほど西へ行ったこのあたり↓

機関車から飛び降りたところ

※19/8/13項目追加

オーウェンが機関車から飛び降りたところ。
背景に駅舎が写っています。おそらく場所はウィリーたちが線路に腰を下ろしていたところより駅舎寄り。

下宿屋

STARR BOARDING HOUSEと看板が出ています。
Starrは一家の名前。セリフにもありますが、Rは2つです。
建物はセットでしょうか。

※19/8/13追記
コメント欄(2019年8月12日 13:10)でほりやんさんから情報を寄せていただきました。
建物は当時実在したもので、場所はずばりこちら↓

現在は劇場になっています。

Bay St. Louis Little Theatre
398 Blaize Ave, Bay St Louis
http://www.bsllt.org/

同劇場は別の場所(Boardman Ave)にありましたが、ハリケーン・カトリーナによって建物を失い、同様に被災したこちらの建物を修復して移転してきたとのこと。

町中

0:35
商店が並ぶ通り。

※19/8/13追記
旧駅舎の南側に、今でも確認できます。

By Infrogmation
via Wikimedia commons
(CC BY-SA-3.0)

この画像の左端の店が、アイスクリームを買ったところ。

長い鉄橋

おそらくこちら↓

Bay St. Louis, Mississippi, USA

石の橋

1:28頃、ニューオリンズにやってきたアルバがたたずんでいた橋。

City Park (New Orleans)W

By Infrogmation of New Orleans
via Wikimedia Commons
(CC BY-SA-3.0)

バーボン通り

アルバが立っていたのは、バーボン通り(Bourbon St.)とDumaine St.の交差点、南側の角。
50年前の映画とまったく変わりがない街頭です。

 

オーウェンが出てきたのはこのあたり。

噴水

再会した噴水。
フレンチクォーターのこちら↓

Jackson Square (New Orleans)W

目の前に『愛のメモリー』で結婚式を挙げる予定だった教会がありますが、ギリギリ背景に入っていません。

St._Louis Cathedral (New Orleans)W

ロケ地マップ

 
 
 

資料

更新履歴

  • 2019/08/13 「OPの線路」「下宿屋」「町中」追記 「機関車から飛び降りたところ」項目追加
  • 2016/06/25 新規アップ

『雨のニューオリンズ』 This Property Is Condemned (1966)” への4件のコメント

  1. Starr Boarding House は、現在 The Bay St. Louis Little Theatre となっているようです。
    398 Blaize Ave, Bay St Louis

    この建物は The Little Theatre とは別の所有者の物でしたが、映画で使用されてから “This Property is Condemned”(TPIC)building と呼ばれていたそうです。2005年に Hurricane Katrina によってダメージを受けた TPIC を、同じく被災して建物を失った The Little Theatre が購入し修復したのが現在の姿ということです。

    http://www.savemyplacems.com/listing/bsl-little-theatre/

  2. ほりやんさん、コメントありがとうございます。
    おかげさまで、宿をはじめ町中の撮影場所が芋づる式に判明し、スッキリしました♪
    鉄橋はわかっていたのに、すぐ近くの町をチェックしなかったのは痛恨の極みですが、こういうこともありますね……まだまだ精進が足りません。

  3. この映画はマンハッタン物語と甲乙つけがたいくらい気に入ってます。洋画劇場の録画したものやDVDソフトを何回も見ていますが、今回の投稿にあたっては見直していないので、お役に立てたのは嬉しいのですが、宿以外の部分に関して細かいことを忘れているので、居ながらさんが撮影場所を芋づる式に発見された喜びを共有できないのが残念です。それにしてもこれだけ幅広い作品をチェックするのは並大抵のことではないので、こういうブログをされていることに感謝いたします。私なんかは自分のベストテンに入る作品でさえここまで細かいチェックをする自信はないですね。

  4. ほりやんさん、この映画それほどお気に入りでしたか。そんなファンの方に拙記事を見ていただけて恐縮です。
    もともとWordpressの勉強から始めた部分があるのですが、これまでぼーっと見て来た映画の備忘録としても書いているうちにだんだん面白くなり、気がついたら結構なボリュームとなっていました。これからもぼちぼち更新していくと思いますので、またぜひお立ち寄りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)