『アラベスク』 Arabesque (1966)

映画プレミアパンフレット 「アラベスク(A4版)」 監督 スタンリー・ドーネン 出演 グレゴリー・ペック/ソフィア・ローレン/アラン・ベイテル/キーロン・ムーア/ジョン・メリベール/ダンカン・ラモント/ジョージ・クールーリス/カール・デュアリング/ハロルド・カスケット

作品メモ

今夜WOWOWで放映されるようなので、以前少し書いておいた下書きに手を加えて緊急?アップ。

製作・監督がスタンリー・ドーネンで『シャレード』の3年後の作品。
どうしても2匹目のドジョウ的雰囲気がただよっているのはいたしかたないところでしょうか。
『シャレード』ほどではありませんが、昔からテレビで何度か楽しんできました。
なのに日本ではなぜかDVDが出なくて、パブリックドメイン化してソフトがあれこれ出ている『シャレード』と対照的に見る機会に恵まれていないのが残念です。

主演は、暗号解読を依頼された言語学者ボロック教授にグレゴリー・ペック。大学の先生が暗号がらみで事件に巻き込まれるとなると、ロバート・ラングドンもののはしりといえるかも?
彼を助けてくれた謎の美女ヤズミンにソフィア・ローレン。

華麗なタイトル・デザインはこれまた『シャレード』と同じくモーリス・ビンダーで、音楽はヘンリー・マンシーニ。

 
 

ロケ地

IMDbでは、

Hurley, Berkshire, England, UK (final scene)
Ascot, Berkshire, England, UK
Crumlin Viaduct, Crumlin, Caerphilly, Wales, UK
Crumlin, Caerphilly, Wales, UK
Gatwick Airport, Crawley, West Sussex, England, UK
London Zoo, Regent’s Park, London, England, UK
Oxford, Oxfordshire, England, UK
Pinewood Studios, Iver Heath, Buckinghamshire, England, UK
Trafalgar Square, St James’s, London, England, UK
Waterloo Station, Waterloo, London, England, UK

『シャレード』はフランスでしたが、今度はイギリスが舞台。

大学

撮影場所は設定通りオックスフォード大学。
ネジム・ベシュラビの秘書スローンが接触してきた冒頭の回廊はセント・ジョン・カレッジWのCanterbury Quadrangle。

動物園

0:32頃。

ロンドン動物園W

競馬場

アスコット競馬場W

観客席の形が今と違いますが、Google Earthのタイムスライダーで確認すると、2006/12/31~2008/10/8の間に改修されたようです。

ウォータールー駅W

鉄橋

クライマックスシーンに登場する目もくらむような高い橋。
IMDbのリストにあるこちら。

Crumlin Viaduct(クラムリン高架橋)W

Photo from Wikipedia (public domain)

場所はこちら。
橋はもうなくなっていますが、Wikimapiaで正確な位置が登録されています。

3人が馬から下りて鉄橋の下を移動しはじめたき、ヘリコプターからの目線で橋が横から写りますが、その時眼下に見える建物と煙突は現存しています↓

この高架橋、Wikipediaによると1964年6月13日に閉鎖、1966年6月に解体開始となっているようで、映画の撮影はその間となるようです。
最初に馬で駆けてくるところは橋の上かと思いますが、すでにレールが撤去されていて、解体を待っているかのようですね。
もう鉄橋の姿を見られないのは残念ですが、むか~しからこの場所が印象に残っていたので、今回解明できてスッキリ♩

ボートを漕ぐところ

Hurley, Berkshire, England, UK (final scene)

ということは、池ではなくテムズ川でしょうか?

資料


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)