『放射能X』 Them! (1954)

放射能X [Blu-ray]

作品メモ

ひとつ前のエントリー『世紀の怪物 タランチュラの襲撃』(1955)同様、巨大生物パニックものの古典。
こちらで巨大になったのはアリさんたちです。
SF映画で生物が異常な変異を遂げるとなると、原因はまず動物実験か放射能。
『タランチュラ』は前者でしたが、こちらは邦題が如実に表しているように、砂漠での核実験がきっかけとなっています。

放心状態で砂漠をさまよう少女を空撮でとらえた導入部から、巣穴深く潜入していくサスペンス、さらに都市部に移動しての決戦など、この手のたぐいの映画の基本形がきっちり盛り込まれ、飽きさせません。
『エイリアン』『スターシップ・トゥルーパーズ』『グエムル 漢江の怪物』あたりを見て何か既視感があったとしたら、きっとルーツはこの映画。
もちろんCGなどのない時代の作品ですが、VFXが進化した今日の目線でも十分鑑賞に堪えるのではないでしょうか。
個人的にもかなり好みの一本となっています。

『タランチュラ』と異なり、こちらは原題にびっくりマークはちゃんと入っていてます。IMDbやWikipediaでもびっくりマーク入り。

“Them!”は、記憶を失った少女が、蟻酸のにおいをかいで絶叫するセリフ。
このときの少女の顔は楳図かずおさん的にとてもコワいです。
少女を熱演したのは、Sandy Descherと言う子役スターですが、10代で活躍を終えたようです。
IMDbのプロフィール画像は、やはりこの映画のこの場面から。

第一発見者の巡査部長ベン・ピーターソンにジェームズ・ホイットモア。
FBI捜査官ロバート・グレアムにジェームズ・アーネス。
現地調査にやってきた農務省のハロルド・メドフォード博士にエドマンド・グウェン。
その娘でやはり博士のパットにジョアン・ウェルダン。

他に、レナード・ニモイがテキサスからの通信文を運びながらコメントする下士官役で登場しています(0:54頃 クレジット無し)。

製作デヴィッド・ウェイスバート、監督ゴードン・ダグラス、撮影シド・ヒコックス、音楽ブロニスラウ・ケイパー。

 
 
 

ロケ地

IMDbでは、

Palmdale, California, USA
Blaney Ranch – 160th & Q Streets, Palmdale, California, USA (giant ants desert nest)
Los Angeles River Basin – Between 1st & 4th Street Bridges, Downtown, Los Angeles, California, USA
Railroad Yard, Union Station – 800 N. Alameda Street, Downtown, Los Angeles, California, USA
Tunnel beneath the 6th Street Viaduct, Downtown, Los Angeles, California, USA
6th Street Viaduct, Los Angeles, California, USA
Downtown, Los Angeles, California, USA
Los Angeles River, California, USA
Stage 1, Warner Brothers Burbank Studios – 4000 Warner Boulevard, Burbank, California, USA
Stage 6, Warner Brothers Burbank Studios – 4000 Warner Boulevard, Burbank, California, USA
Stage 9, Warner Brothers Burbank Studios – 4000 Warner Boulevard, Burbank, California, USA

例によって、IMDbのリストとウェブマップを頼りに画面とにらめっこでチェックしています。
間違えていたらごめんなさい。誤りのご指摘大歓迎です。

OP

事件が起きるのは、ニューメキシコ州オテロ郡(Otero County)という設定。
21分頃、地図が写されますが、実際のオテロ郡のもの。

地図上で、北部のALAMOGORDOなどは実名ですが、車の発見場所とされたあたりの地名は架空のもののようです。

参考までに、博士の「1945年の初の原子爆弾の実験はどこで?」との問いに、ロバートが「近くのホワイト・サンズです」と地図の西側を指さしますが、実際には北側のソコロ郡のこちら↓

トリニティ実験W

目撃情報

アリに似た空飛ぶ円盤の目撃情報があったのは、テキサス州ブラウンズヴィルという設定。 メキシコとの国境です。

諸事情により退院できなかった目撃者がかわいそう……
LAでの決戦後、退院できたことを祈ります。

貨車

1:02

Railroad Yard, Union Station – 800 N. Alameda Street, Downtown, Los Angeles, California, USA

パンのはじまりに写っていたのが、ロサンゼルス・リバーに架かるこちらの高架橋↓

Sixth Street ViaductW, Los Angeles, California, USA

By Library of Congress Prints and Photographs Division
via Wikimedia commons
(public domain)

カメラ位置は橋の北西側。

これまでのエントリーで言えば、『ターミネーター2』で新型ターミネーターが出現し、『ブラッド・ワーク』で殺害現場となり、『ザ・コア』でスペースシャトルがかすめて飛んだ橋であり、ちょっとしたロケ地の名所です。

最近架け替え工事中。

水路

パトカーがやってきたのは、上記高架橋の北側から。

Los Angeles River Basin – Between 1st & 4th Street Bridges, Downtown, Los Angeles, California, USA

軍隊が入っていったのは上記高架橋の西側真下にある雨水管。

Tunnel beneath the 6th Street Viaduct, Downtown, Los Angeles, California, USA

こちら↓がズバリの360°画像ですが、モバイルでは見られないかもしれません。

ロケ地マップ

※17/2/26項目追加

 

資料

更新履歴

  • 2017/02/27 「ロケ地マップ」項目追加
  • 2016/12/30 新規アップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)