『ヒューマン・ターゲット』 Human Target (2010-2011)

Human Target: Complete First Season [Blu-ray] [Import]

作品メモ

ちょっと割り込みで、「海外ドラマ、本部はここ」シリーズの追加。

依頼主を徹底的に守り切るボディガード、チャンスとそのチームの活躍を描くアクションドラマ。
原作がDCコミックということでかなり荒唐無稽な内容ですが、その分作り物としての面白さは抜群で、毎回ありえないアクションシーンや派手な銃撃戦を無責任に楽しませてもらいました。
日本での放送はスーパー!ドラマTV。

主人公のクリストファー・チャンスにマーク・バレー。
ちょっとネタばれとなりますが元殺し屋という設定で、格闘技から銃火器の扱いまであらゆる戦闘技術に卓越したプロフェッショナル。さらに多言語をあやつり、法律にも詳しいという、ハンパないキャラクターです。
『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』のジョン・リースと戦ったらどちらが勝つか、とても興味があったりして 😉
「クリストファー・チャンス」という名前にも秘密がありますが、それは後のエピソードで明らかになります。

彼のパートナーの元刑事ウィンストンにシャイ・マクブライド。
とある事件をきっかけにチャンスの相棒となり、以後仕事を請け負ったり手配したり、作戦がはじまったらチャンスをサポートしたりなど、女房役を(文句たらたら)つとめています。

さらにチームのメンバー……というよりは自由気ままに参加しているもうひとりの男ゲルロにジャッキー・アール・ヘイリー。
小柄で戦闘能力が低そうな彼。他のドラマならIT系の特殊能力で活躍するような風体ですが、実はチームでもっとも危険で恐ろしい男。
俳優さんの名前どこかで見たことがあると思ったら、『がんばれ!ベアーズ』のちょいワルのカッコイイ彼でした。もう30年以上前ですね~

第2シーズンからは、てこ入れでしょうか女性レギュラーが2人参加。
チームを財政面でバックアップする資産家イルザ・プッチにインディラ・ヴァルマ。
スリや解錠、潜入といったことならおまかせのエイムズにジャネット・モンゴメリー。『レバレッジ ~詐欺師たちの流儀』のパーカーとどちらが腕前が上か、気になります。

ただし、せっかくのてこ入れも空しく、残念ながら第2シーズンで終了。
日本でのソフト化はないようです。録画しておいて良かった♪

シーズン1最終エピソード

ネタばれにつき折りたたんでいます。クリックで開閉します。

ロケ地

IMDbでは、

Dr. Sun Yat Sen Gardens, Vancouver, British Columbia, Canada South Surrey, British Columbia, Canada (season 2)
The Sun Tower – 100 W. Pender Street, Vancouver, British Columbia, Canada (Chance’s and Winston’s office)
Vancouver, British Columbia, Canada

と、カナダで撮影されていたようです。

本部(外観)

第2シーズンでチャンスたちのオフィスがあるという設定で時々写る建物は、バンクーバーにあるこちら。

By Zhatt via Wikipedia (public domain)

The Sun TowerW
100 W. Pender Street, Vancouver, British Columbia, Canada (Chance’s and Winston’s office)

第1シーズン最終エピソードの本部(外観)

第1シーズン最終エピソードで本部として写っていた場所は、上記とは別。
バンクーバー市内の画像をいろいろ探してみてようやく判明。
リアルではホテルのようですね。

背景数ブロックより後ろの建物や吊り橋、山々などは合成。

資料

関連記事

海外ドラマ、本部はここ

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『ヒューマン・ターゲット』 Human Target (2010-2011)
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)