『荒野の用心棒』Per un pugno di dollari (1964)

荒野の用心棒 完全版 製作50周年Blu-rayコレクターズ・エディション

真ん中に俺

作品メモ

ひとつ前のエントリー『怒りの荒野』を調べていて『荒野の用心棒』のロケ地を見つけたので、こちらもチェック。

自分にとってはマカロニウエスタンの基本形。
本家?『用心棒』も抜群に面白い時代劇でしたが、マカロニウエスタン版もキャラやセリフ、演出、音楽とすべてが決まりすぎ。
十代の頃からテレビの洋画劇場で何度も楽しませてくれました。

キャストは多国籍。
どこからかやってきた凄腕ガンマン、ジョー(桑畑三十郎)にアメリカのクリント・イーストウッド。設定でもアメリカ人。
ライフルに絶対の自信を持つラモン・ロホ(新田の卯之助)にイタリアのジャン・マリア・ヴォロンテ。
酒場の主人シルバニト(権爺)にスペインのホセ・カルヴォ。
ラモンに目を付けられてしまったマリソル(ぬい)にドイツのマリアンネ・コッホ。目を付けられてしまった相手が本家?と違いますね。
立派な髭が印象的な棺桶屋ピリエロはヨゼフ・エッガーというオーストリアの俳優さんで、66年に亡くなっています。『夕陽のガンマン』が遺作。

監督セルジオ・レオーネ、撮影マッシモ・ダラマーノ、音楽エンニオ・モリコーネ。
イタリア語原題は、英語なら”For a Fistful of Dollars”。「ダラーズ三部作」の1作目。

 
 
 

ロケ地

IMDbでは、

Almería, Andalucía, Spain
Cabo de Gata, Almería, Andalucía, Spain
Cinecittà Studios, Cinecittà, Rome, Lazio, Italy (studio)
Cortijo El Sotillo, Almería, Andalucía, Spain (San Miguel mexican town opening scene)
Los Albaricoques, Cabo de Gata, Almería, Andalucía, Spain (San Miguel mexican town)
Aldea del Fresno, Madrid, Spain (River scene)
Tabernas, Almería, Andalucía, Spain
Casa de Campo, Madrid, Spain (Rojo house)
Colmenar Viejo, Madrid, Spain
Hoyo de Manzanares, Madrid, Spain (San Miguel – main street)
Polopos, Almería, Andalucía, Spain
Desierto de Tabernas, Almería, Andalucía, Spain

例によって、IMDbのリストとウェブマップを頼りに画面とにらめっこでチェックしています。
間違えていたらごめんなさい。誤りのご指摘大歓迎です。

町はずれの家

最初にやってきた白壁の家。
これが、ひとつ前のエントリー『怒りの荒野』でファロー牧場として登場していたところ。

IMDbのリストではこちら↓

Cortijo El Sotillo, Almería, Andalucía, Spain (San Miguel mexican town opening scene)

サン・ホセ(San José)Wの北側で、現在は”Cortijo El Sotillo”というホテルとなっています。
マップではこちら↓

Wikimapiaではしっかり『荒野の用心棒』のロケ地とマークされています。

もう少し細かく書きますと、『荒野の用心棒』ではクリント・イーストウッドは東側から近づいているのに対し(カメラ西向き)、『怒りの荒野』のリー・ヴァン・クリーフは西側からやってきています(カメラ東向き)。
参考までに、最後に挙げたロケ地マップで進路も示しておきました。

『怒りの荒野』では小さい方の家につながる形でゲートが作られていましたが、『荒野の用心棒』ではゲートはなく、小さい家はぽつんと建っています。
少なくとも大きい方の建物(南側)は現存しているように見えます(レプリカかもしれませんが)。

By Red Skelington
via flickr
(CC BY-SA-2.0)

こちらはその建物の現状。
ジョーとは逆の目線となっています(映画では左手に映っていました)。
水を汲むジョーの背景に、この画像と同じ山並みが見えます。

小さい方の建物は現存のものは映画と作りや大きさが違うようにも見えます。
あとは泊まってみて確かめるほかないでしょうかね~。

最初のショットで、背景は山肌が露わですが、現在は建物がびっしり建ち並んでいます。
SVで観察するとみな真新しい住宅で、がんがん開発されたのがうかがえます。

白壁の家々

ジョーが続いてやってきたところ。
IMDbのリストからではこちら↓

Los AlbaricoquesW, Cabo de Gata, Almería, Andalucía, Spain (San Miguel mexican town)

カメラは最初に首つりの縄からティルトダウンしてやってくるジョーをとらえますが、背景は町の北側のように見えます。

ジョーはワンカットで左に曲がり、白壁の家が建ち並ぶ通りに入って、札を付けられた男とすれちがいますが、こちら↓と思われます

北側に新たに家が建ったり、左手の建物が変わっていたりしてわかりづらいので、参考までに、ジョーの進路を最後に挙げたロケ地マップに記しておきました。

この通りはひとつ前のエントリー『怒りの荒野』で、町に来たリー・ヴァン・クリーフが進んでいったところと同じと思われます(設定ではボウイの町)。
また次にエントリー予定の『夕陽のガンマン』で、クリント・イーストウッドとリー・ヴァン・クリーフが並んで同時に相手2人を倒した場面でも使われています(設定ではアグア・カリエンテの町)。

もう場所も俳優も重複しまくりですね 😆

広場

主な舞台となる町の目抜き通りはこちら↓

Hoyo de Manzanares, Madrid, Spain (San Miguel – main street)

IMDbでこう↑ありましたので、同地をチェックしてみました。
広場の背景の山並みにいちばん近いところで、こういった感じ↓

ただしこれでは右手に寄りすぎなので、(SVは使えませんが)セットが組まれていたのはもうすこし西側と思われます。
案の定、Wikimapiaにしっかりマークされていました。

画像ではこういった感じ↓
かろうじて残骸が跡をとどめているようです。

Aldea del Fresno, Madrid, Spain (River scene)

町の位置はこちら↓ですが、撮影場所は不明。

ロホの家

Casa de Campo, Madrid, Spain (Rojo house)

詳細不明。

ロケ地マップ

スペイン全体

 
 
 
 

Los Albaricoques

 
 

資料

更新履歴

  • 2017/04/08 新規アップ
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『荒野の用心棒』Per un pugno di dollari (1964)
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)