『ミステリー in パラダイス』 Death in Paradise (2011– )

Death in Paradise: Series 1 (Pal/Region 2+4) [DVD] [Import]

作品メモ

ひとつ前のエントリー『刑事フォイル』同様、AXNミステリーで放送中の1話完結ミステリードラマ。
英仏合作で、イギリスではBBCで放送されています。
AXNミステリーではちょうど本日(14/9/9)第3シーズンの最終エピソードが放送されて追いついてしまいました。本国にて第4シーズンが作られるのは決まっているようですが、しばらくはおあずけ状態となりそうです。

このドラマの面白みを伝えるには、このビジュアルで十分かもしれません。
(画像使用のためAmazonのアソシエイトを利用しています)

Death in Paradise-Series 1 & 2 [DVD] [Import]

南国の海辺を背景に、現地の女性と、なぜかびしっとスーツを着込んでいるいかにもイギリス人的ルックスの男性。
なるほど英国ミステリーに登場するような刑事がそのまんま南国のリゾート地に赴任してきて、「地元にまったくなじめない感」をたっぷりふりまきながら事件を解決する姿を描くんだな~、と設定や番組の狙いがわかりますが、驚くのはこれがパッケージのためにあつらえたビジュアルではなくて、実際にいつもこのネクタイ姿でいること。
当然現地の人たちはあきれて陰で笑ったりするわけですが、本人は全然おかまいなし。そのうち彼の優秀さや人柄もわかってきて(といいますか慣れてきて)チームとしてまとまっていき、本人もまた少しずつ南国モードになじんでいく(でもネクタイと革靴はやめられない)、という展開です。

主演のリチャード・ブール警部補役にベン・ミラー。
第3シーズンからは、ハンフリー・グッドマン警部補にバトンタッチされます。演じるのは『ラブ・アクチュアリー』のモテ男クリス・マーシャルで、こちらはネクタイははずしていますが、時折痛いファッションで周囲の度肝を抜いたりします。
交代した理由はここでは書きませんが、主演俳優が替ったドラマは数あれど、こんな引き継ぎ方はそうそうないのではないかと思われます。
最初に観たときはアゴが床まですと~んと落ちました。

パッケージの女性は、部下のカミール・ボーデイ巡査部長(サラ・マーティンス)。
スタッフは他に巡査部長と巡査がいるだけという小所帯ですが、毎回南国のパラダイスで発生する殺人事件に立ち向かい、最後には英国ミステリーのお約束、関係者を全員招いての解決編で真相を解明、必ず犯人を掴まえるという検挙率100%の優秀なチームとなっています。

 
 
 
 

ロケ地

IMDbでは、

Guadeloupe, Départements d’Outre-Mer, France

カリブ海の島、グアドループ(Guadeloupe)Wが主な撮影場所。知りませんでしたが、フランスの海外県とのことです。

設定では「セント・メリー(Saint Marie)」という名前のリゾート島。
『バーナビー警部』や『ジェシカおばさん』が住む田舎町も事件が多発する危険な地域ですが、こちらも毎週必ず殺人が起きるという最凶のリゾート地といえるかもしれません 😉

警察署と教会

警察署という設定で外観が写る建物は、いつもその側にある教会と一緒に写っている印象があります。
場所はグアドループの西側にあるDeshaiesW

警察署は前に駐車スペースがあるこちらで、教会はすぐ隣(北側)。

資料

関連記事

海外ドラマ、本部はここ

更新履歴

  • 2014/09/09 新規アップ
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『ミステリー in パラダイス』 Death in Paradise (2011– )
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)