『原始獣レプティリカス(冷凍凶獣の惨殺)』 Reptilicus (1961)

原始獣レプティリカス 冷凍凶獣の惨殺 [DVD]

作品メモ

ひとつ前のエントリー『タイム・トラベラ-ズ(原始怪人対未来怪人)』同様イブ・メルキオー(Ib Melchior)が脚本を書いたSF怪獣映画。
こちらは既に同じレーベルからDVDが出ていまして、タイトルは『原始獣レプティリカス 冷凍凶獣の惨殺』。
その前のVHS時代は単なる『原始獣レプティリカス』。
往年のテレビ放映時は『冷凍凶獣の惨殺』で、やはりこちらの方になじみがあります。

緑の液体を時折ぺちょぺちょ吐き出すほほえましい原始獣くんと、リアルな戦車、ぺこぺこの模型、そしてビックリするような大群衆パニックシーン。
そういったいろんなものがちぐはぐに組み合わさっていますが、欠点に見えないのが不思議。
いや、これが欠点に見えない自分自身が不思議なのかもしれませんが、下手なCG休むに似たり、個人的には全然OKな映画となっております。

製作・監督シドニー・W・ピンク。脚本イブ・メルキオール、シドニー・W・ピンク。

 
 
 

ロケ地

IMDbでは、

Saga Studio, Copenhagen, Denmark
Tivoli Friheden, Århus, Jylland, Denmark (Tivoli Gardens excursion)
Copenhagen, Denmark
Danmarks Akvarium, Charlottenlund, Sjælland, Denmark

元々はデンマーク製。
コペンハーゲンが決戦の舞台です。

レプティリカスの出現に逃げ惑う人々。
ホントに大惨事にしか見えない恐るべき場面はこちらで撮影。

LangebroW

 

Wikipediaにもこの映画に登場したことがちゃんと書かれてありますね。

操縦室?も映画のママ。
現在の担当者が、非常事態に顔を覆って後ろを向いてしまうような人でないことを祈ります。

塔が見える通り

塔はクリスチャンスボー城W
西側から見ています。

チボリ公園入口

上掲予告編でも見られますが、人々がここからわらわら逃げ出してきます。

決戦の広場

市庁舎広場W

By Bill Ebbesen
via Wikimedia Commons
(public domain)

この噴水の近くに陣取ります

Dragon Fountain, CopenhagenW

By Daderot
via Wikimedia Commons
(public domain)

この広場が面した大通りは、これまでのエントリーで言えば『世界を賭ける恋』『引き裂かれたカーテン』で登場しています。

資料

更新履歴

  • 2015/08/29 新規アップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)