『サンタ・ビットリアの秘密』 The Secret of Santa Vittoria (1969)

サンタ・ビットリアの秘密[VHS]

What kind of people are you?

作品メモ

ひとつ前のエントリー『サンセバスチャンの攻防』の翌年の作品。
タイトルがごっちゃになりやすいやはりアンソニー・クイン主演作です。
こちらも昔テレビで何度か見た記憶がありますが、同様にソフト化はVHSのみでDVDは出ていません。

第二次大戦中のイタリアの小さな町で、ドイツ軍から特産品のワインを守るため、100万本以上の瓶を町のはずれの洞窟に隠すというお話ですが、どうやって実行するかはこの映画最大の見所で、まさに見てのお楽しみ♪
後半はいかに人々がシラを切るかののらりくらり作戦となり、映画の長さとあいまってややゆるゆるとなりますが、このお話で最後にダークでバッドなオチが来るわけないですから、安心して見ていられます。

アンソニー・クインは昼間から飲んだくれている町長ボンボリーニ役で、毎度おなじみ「ちょっと粗野かもしれないけど豪放磊落、人情味たっぷり」的キャラクターがここでも全開。熟成したワインのような極上の味わいをもたらしてくれます。
もともとメキシコ出身のアンソニー・クインにとって『サンセバスチャンの攻防』のキャラはそのまんまぴったりでしたが、この『サンタ・ビットリアの秘密』ではもはやイタリア人にしか見えません。

ボンボリーニが頭が上がらない妻ローザ役にアンナ・マーニャニ。劇場用映画としてはこのあと『フェリーニのローマ』(72)での本人出だけ。役柄のついた映画としてはこれが最後の出演作。
ドイツ軍将校フォン・プルムにハーディ・クリューガー。こういう映画ですと、どうしても損な役回りになってしまいますね……

The Secret of Santa Vittoria: A Novel 同題の原作があるみたいですが、おそらく邦訳なし。

製作監督スタンリー・クレイマー、撮影ジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽アーネスト・ゴールド。
ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門受賞。

イタリアの町が舞台ですが、アメリカ映画ですので、みんな英語をしゃべります。

 
 
 

ロケ地

IMDbでは、

Anticoli Corrado, Rome, Lazio, Italy
Capranica, Viterbo, Lazio, Italy
Tivoli, Rome, Lazio, Italy (The Roman caves)
Cinecittà Studios, Cinecittà, Rome, Lazio, Italy (studio)

例によって、IMDbのリストとウェブマップを頼りに画面とにらめっこでチェックしています。
間違えていたらごめんなさい。誤りのご指摘大歓迎です。

サンタ・ビットリア

主な舞台となる町は、IMDbのリストのこちらで撮影。

Anticoli Corrado (アンティーコリ・コッラード)W, Rome, Lazio, Italy

たとえば中心の広場は↓

でも、噴水には亀が乗っかっていませんね?!
その後とれちゃったのか、それとも映画のための擬装だったのでしょうか??
昔の画像を見ても乗っかっていませんから、あくまで映画のためのものだったのでしょうね 🙂

資料

更新履歴

  • 2018/08/31 新規アップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)