『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 Star Trek Into Darkness (2013)

スター・トレック イントゥ・ダークネス(OST)

作品メモ

昨年に引き続き、ヒマなはずの8月が猛烈に忙しくなり、しばらく更新できませんでした。
画像のアップやMarkdown記法など、更新のやり方をほとんど忘れてしまったため、練習を兼ねて軽く新規アップです。

©2013 inagara

劇場・テレビ・レンタル・hulu等すべてに渡って映画鑑賞と無縁となりひたすらマジメにお仕事していましたが、駅でこの自販機を見て、辛抱たまらず劇場に足を運んでしまいました。

結果連日の睡眠不足にもかかわらずお目々ぱっちりで最後まで見届けることができ大満足。
前作同様とても良く出来ていて、シリーズのファンならずとも単体で純粋に楽しめる映画ではないかと思います。
しかも基本娯楽映画なのに今日的な問題もしっかり盛り込んでいて、ビジュアルといい中身といい、SFものの彼我の差はますます開いてしまっている、そんな残念な気持ちも味わった一本でした。

監督は前作に引き続き今をときめくJ・J・エイブラムス。
鍵を握る人物ジョン・ハリソンを演じたのがこれまた今をときめく『SHERLOCK』のベネディクト・カンバーバッチ。ノリにのっている俳優さんだけあって、ディープなキャラを大胆かつ繊細に演じ、映画にしっかりと奥行きを与えていました。

シャーロック&ベネディクト  FLIX special このムック書店でぱらぱらとめくってみましたが、これまでの出演作は『つぐない』等々……う~む……やはり『SHERLOCK』の印象が際立っているかも。
30代半ばでいわば遅咲きとなるのかもしれませんが、人気と実力を兼ね備えた俳優さんとして、これから大活躍しそうですね。

ロケ地

IMDbでは、

Lawrence Livermore National Laboratory – 7000 East Avenue, Livermore, California, USA
Crystal Cathedral – 12141 Lewis Street, Garden Grove, California, USA
Paramount Studios – 5555 Melrose Avenue, Hollywood, Los Angeles, California, USA (studio)
Iceland
The Getty Center, Los Angeles, California, USA (Star Fleet Headquarters)
Sony Pictures Studios – 10202 W. Washington Blvd., Culver City, California, USA (studio)
Los Angeles, California, USA

今回はまだ公開中の作品ということもあり、うっかり「これが実は……」とか「あれがアレで……」などと書くとネタバレにもなってしまうので、IMDbのリストにある1箇所だけをざっくりご紹介するに止めます。

Star Fleet Headquarters

The Getty CenterW

資料


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)