『撤退』 Disengagement (2007)

撤退 [DVD]

作品メモ

ひとつ前のエントリー『ゴースト・イン・ザ・シェル』ではジュリエット・ビノシュが義体を開発していましたが、ジュリエット・ビノシュでギタイといったら、アモス・ギタイ監督の『撤退』(滝汗)。

タイトルの「撤退」は2005年のガザ地区からの撤退を表しています。
手っ取り早くは、Wikipediaなどどうぞ。

ガザ地区等撤退W

難しい話は置いといて、ただの映画好きとしてはジャンヌ・モローが一場面登場するのが興味をそそられます。
ジャンヌ・モローとジュリエット・ビノシュの共演というのはけっこう珍しいのでは?

この場面、ジャンヌ・モローは遺言を管理する弁護士役で登場、大きな机を挟んで、ジュリエット・ビノシュたちと交互にカメラにとらえられます。『地獄の黙示録』のマーロン・ブランドのように別撮りかと思いましたが、かろうじて重なっているようにも見えますので、おそらくはまあ一緒に撮影したのでしょうね。

キャストは他に義弟ウリにリオン・レヴォ。
ウリの親友で、港まで迎えに来たダニに、アモス・ギタイ監督本人出。
またバーバラ・ヘンドリックスが出ているのが目を引きます。もちろん歌唱付。冒頭の1シーンのみかと思いきや、他にも数シーン登場していました。

監督アモス・ギタイ、脚本アモス・ギタイ、マリー=ジョゼ・サンセルム、撮影クリスティアン・ベルガー、音楽シモン・シュトックハウゼン。

2007年第8回東京フィルメックス映画祭特別招待作品。
http://www.filmex.net/index-j2007.htm

一般劇場未公開ですが、DVDは出ています。

 
 
 

ロケ地

IMDbでは、

Gaza Strip, Palestine
Israel
Avignon, Vaucluse, France
Köln-Kalk, Cologne, North Rhine-Westphalia, Germany
Negev Desert, Israel

例によって、IMDbのリストとウェブマップを頼りに画面とにらめっこでチェックしています。
間違えていたらごめんなさい。誤りのご指摘大歓迎です。

城壁

前半の父親の住まいのあたりは、設定通りアヴィニョンで撮影。
0:13頃ウリがやってくるのはこのあたり。

走り去る通り

0:52頃、クルマで走り去るのはこの↓通り。

前項目の城壁を通ってまっすぐ進むと、ここに出ます。

資料

関連記事

ジャンヌ・モロー関連作

更新履歴

  • 2019/07/06 新規アップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)