『追撃機』 The Hunters (1958)

追撃機 [DVD]

作品メモ

ひとつ前のエントリー『トコリの橋』(1954)同様朝鮮戦争におけるパイロットたちを描いた作品。こちらは空軍です。
同じように後方基地としての日本が登場しますが、出演者たちは実際に来日したわけではなく、スクリーンプロセスやセットで撮影しているように見えます。そのためか「なんちゃって日本」が全開の場面も見られます。

メロも交えているものの、見どころはやはり迫力ある空中戦。
停戦後ある程度時間がたっているからでしょうか、『トコリの橋』ほどシリアス寄りではなく、かっこよさや勇ましさがぐっと強まっています。
とはいえ途中同様の展開になりかけてハラハラしますが、結果どうなるかは見てのお楽しみ。

詳しい物語や解説は最後に「資料」であげた各映画サイトをご覧ください。
(ただ、allcinemaの解説は、人間関係を間違えているような??)

出演は、伊丹空軍基地に赴任してきたベテランパイロット、クリーブ・サヴィル少佐にロバート・ミッチャム。
部下で死の恐怖から酒に溺れているアボット中尉にリー・フィリップス。
その妻クリスにメイ(マイ)・ブリット。
部下エド・ペル中尉に『Stopover Tokyo』(1957)でチェックしたばかりのロバート・ワグナー。

製作・監督ディック・パウエル(『眼下の的』)。
脚本ウェンデル・メイス、撮影チャールズ・G・クラーク、音楽ポール・ソーテル。

ロケ地

IMDbでは、

20th Century Fox Studios – 10201 Pico Blvd., Century City, Los Angeles, California, USA (studio)

上記の通り、日本での撮影は別撮りのみのようです。
なので今回はざっくりとチェック。

伊丹空軍基地

これもホンモノではなさそうですね。
『サヨナラ』(1957)ではホンモノの伊丹空港が登場していましたが。

夜の町

0:06。
タクシーがやってくる路地はリアル日本かも?
その後のICHI-BAN RESTAURANTからはもうでたらめ。
「屋かぺ」ってなんでしょう?

お寺

タクシーが通り過ぎるところ。
京都のどこかと思いますが、不明。

海に浮かぶ鳥居

0:58頃。
厳島神社の大鳥居。
なんと今やSVで近くまで寄れるのでした 🙂


大きな地図で見る

病院入り口

ラスト近くで登場する病院。
そばに大きな鳥居が立っています。
鳥居は『Stopover Tokyo』『サヨナラ』でも登場した平安神宮の大鳥居。
病院に見たてられたのは、その東側にある京都市美術館。

病院の庭

これは日本ではないでしょう。
気になりますが、調査中。

関連記事

昔の日本が舞台の外国映画

資料


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)