『夕陽のガンマン』Per qualche dollaro in più (1965)

夕陽のガンマン [Blu-ray]

WHERE LIFE HAD NO VALUE,
DEATH, SOMETIMES,
HAD ITS PRICE.
THAT IS WHY THE
BOUNTY KILLERS APPEARED.

作品メモ

ひとつ前のエントリー『荒野の用心棒』に続けて、セルジオ・レオーネ監督のマカロニ・ウエスタン。
イタリア語原題は、英語なら”For a Few Dollars More”。
主人公をクリント・イーストウッドが演じるDollars三部作Wの2本目。

前作ではどうやって生活しているのか謎だらけの男でしたが、今回は職業賞金稼ぎ、名はモンコという設定。
モンコのライバルとなる賞金稼ぎ「黒ずくめの男」ことダグラス・モーティマー大佐にリー・ヴァン・クリーフ。
二人が追うギャング「エル・インディオ」に前年『荒野の用心棒』で倒されたはずのジャン・マリア・ヴォロンテ。

意外なところでは、エル・インディオの一味としてクラウス・キンスキーが出演。おとなしい演技なのがまた意外♪ 前作もドイツ人の俳優が出ていましたが、ドイツ人枠のようなものがあったのかもしれませんね。
他に『荒野の用心棒』で棺桶屋のオヤジを演じたひげのヨゼフ・エッガーが、エル・パソの町の老人役で再登場しているのがうれしいところ。相手しているクリント・イーストウッドもなんだか楽しそうですが、残念ながらこれが最後の映画出演のようです。

監督セルジオ・レオーネ。今度は製作も自身。
撮影マッシモ・ダラマーノ、音楽エンニオ・モリコーネとこのあたりは不動。

 
 
 

ロケ地

IMDbでは、

La Calahorra, Granada, Andalucía, Spain (Tucumcari train station)
Almería Railway Station, Almería, Andalucía, Spain (train sequence)
Cabo de Gata, Almería, Andalucía, Spain
Cinecittà Studios, Cinecittà, Rome, Lazio, Italy (studio) (interiors)
Colmenar Viejo, Madrid, Spain (Town of White Rocks)
Guadix, Granada, Andalucía, Spain (train sequence)
San José, Almería, Andalucía, Spain
Almería, Andalucía, Spain (Yuma prison and El Paso Tribune interior scenes)
Church of Santa Maria, Turrillas, Almería, Andalucía, Spain (church)
Granada, Andalucía, Spain
Hoyo de Manzanares, Madrid, Spain (Town of Tucumcari)
Los Albaricoques, Cabo de Gata, Almería, Andalucía, Spain (Town of Aguas Calientes, final scene)
Mini Hollywood, Tabernas, Almería, Andalucía, Spain (City of El Paso, bank scenes)
Tabernas, Almería, Andalucía, Spain (town) (set)
Turrillas, Almería, Andalucía, Spain (church)
Desierto de Tabernas, Almería, Andalucía, Spain
Polopos, Almería, Andalucía, Spain (Mexican town)
Finca El Romeral, San José, Almería, Andalucía, Spain (Alamo Gordo prison)
Rodalquilar, Almería, Andalucía, Spain (El Indio’s gang’s hideout)
Cortijo del Fraile, Níjar, Almería, Andalucía, Spain (El Indio’s gang’s hideout, Yuma prison’s roof)

と詳しいです。
線路について自力で頑張った他は、だいたいこのリストで用が足りたかもしれません。

例によって、IMDbのリストとウェブマップを頼りに画面とにらめっこでチェックしています。
間違えていたらごめんなさい。誤りのご指摘大歓迎です。

トゥーカムケアリ(TUCUMCARI、ニューメキシコ州に実在)という設定。 IMDbのリストではこちら↓

La Calahorra, Granada, Andalucía, Spain (Tucumcari train station)

鉄道関係では他に、

Almería Railway Station, Almería, Andalucía, Spain (train sequence) Guadix, Granada, Andalucía, Spain (train sequence)

車掌の肩越しのショットで列車がやってきた方角の山並みが見えますが、確かにLa Calahorraのあたりから北を向いた景色と一致します。

つまり線路はこのあたりで南北に走っていたことになりますが、現役の線路で該当するものは見つかりませんでした。
いくら前作のヒットで予算がついたとはいえ、線路を引っ張るところまではいかないと思いますので、当時実在した線路を利用したものと推測。
周囲の地形から絞ってみたところ、このあたり↓がいいセンいってるように見えます。

Wikimapiaではこの道路に沿って線路が敷かれていたことが示されています。

最近まとめてエントリーを書くためにマカロニ・ウエスタン、セルジオ・レオーネ監督作まとめてチェックしているところですが、実はここ、『ウエスタン』の冒頭の景色と同じです。
鉄道を利用できるところは限られるでしょうから、撮影地も限定されてしまうのでしょうね。

トゥーカムケアリの町

黒ずくめの男があっというまに賞金を稼いでしまったところ。

Hoyo de Manzanares, Madrid, Spain (Town of Tucumcari)

これは前作『荒野の用心棒』の町と同じセットですね。
建物は変わっていますが、背景の山並みが同じ。セットはもう残っていません。

背景の山並みをできるだけSVで再現してみると、

ただしこれでは右手に寄りすぎなので、(SVは使えませんが)セットが組まれていたのはもうすこし西側。
Wikimapiaにはしっかりマークされています。

画像ではこういった感じ。
かろうじて残骸が跡をとどめているようです。

ホワイトロックの町

0:12
モンコがやってきたところ。

Colmenar Viejo, Madrid, Spain (Town of White Rocks)

これは難しいかと思いましたが、最後モンコが去って行くショットで背景の山並みがはっきり映るため、この場面に関してはかなり絞り込めました。
市街地北側のこのあたりと思われます(カメラ西向き)。

ユマの監獄

エル・インディオが脱獄したところ。

Almería, Andalucía, Spain (Yuma prison and El Paso Tribune interior scenes)
Cortijo del Fraile, Níjar, Almería, Andalucía, Spain (El Indio’s gang’s hideout, Yuma prison’s roof)

屋上については確認できました。

Cortijo del FraileW

エル・インディオたちの隠れ家としても撮影された模様。
Wikipediaによれば、撮影に使った映画として、この映画の他『続・夕陽のガンマン』『群盗荒野を裂く』『夕陽のギャングたち』のタイトルが挙げられています。

教会

0:24
お礼参りにきたところ。

Church of Santa Maria, Turrillas, Almería, Andalucía, Spain (church)

0:35頃初めて外観が映りますが、上記IMDbのリストでは場所は確認できませんでした。

エル・パソ

0:30
こちら↓のウエスタン村。

Mini HollywoodW, Tabernas, Almería, Andalucía, Spain (City of El Paso, bank scenes)
https://www.oasysparquetematico.com/en/

これまで何度か取り上げてきた『エル・コンドル』のセットから、南東へ2,3kmほどのところにあります。

セットの建物はかなり変わっていますが、背景の山並みは同じですね。

黒ずくめの男がいたホテルはこちら↓ これは造作が同じでなんとか確認できます。

銀行はその左手(西側)。

By Willem van der Horst
via flickr
(CC BY2.0)

モンコが入っていた時のアングル。
正面左が、黒ずくめの男がいたホテル。

アラモ・ゴードの監獄

エル・インディオへの手土産に、サンチョを脱獄させたところ。
サン・ホセの町の西側。

Finca El Romeral, San José, Almería, Andalucía, Spain (Alamo Gordo prison)

画像はたとえば

映画では2階部分に派手に穴が空いちゃいましたが、原状回復?したみたいですね 🙂

サンタクルーズの町

1:10

ニセの電信を打たせたところ。
不明

アグア・カリエンテ

1:27 終盤の舞台となる町。
小高いところに白い家が建ち並びます。

Los AlbaricoquesW、 Cabo de Gata, Almería, Andalucía, Spain (Town of Aguas Calientes, final scene)

町の入り口

はじめにモンコがひとりで入っていきますが、こちら↓の場所を東から西へ進んでいきます。

この通りは、少し後(1:55頃)でクリント・イーストウッドとリー・ヴァン・クリーフが並んで敵方2人と対決する場面でも使われます。

ちなみにここは、『荒野の用心棒』でクリント・イーストウッドが、『怒りの荒野』でリー・ヴァン・クリーフがそれぞれ馬を進めていったところでもあります(どちらも向きは逆)。

酒場前

果実落としが行われる酒場の前は、この位置。

ここは『怒りの荒野』でリー・ヴァン・クリーフがジュリアーノ・ジェンマの股間から敵を撃ち抜いた場面と同じ場所です。

ラストの決闘

ラスト、丸い土俵?での決闘は、こちら↓

この場面の最初のショット、左手からリー・ヴァン・クリーフの顔がぬ~っとフレームインしてくるショットは、SVで再現するとこういった↓感じ。

 
 
土俵と書いてしまいましたが、もともとこうした決闘場面は、相撲のように両者間合いをとり、自分たちのタイミングで立ち会うわけで、よけい土俵のように思えてしまいます。

以上見てきたように、この町は様々なマカロニ・ウエスタンの撮影が行われています。
探せばどんどん出てきそうですね。

『エル・コンドル』でも書きましたが、町の中をウロウロしたらこんなものが↓

左側に案内図のようなものが立っていますが、下部にマカロニウエスタンのビジュアルが並んでいるように見えます。
ご町内のロケ地マップかもしれませんね 🙂

ロケ地マップ

スペイン南部

 
 
 
 

Los Albaricoques

 
 

資料

更新履歴

  • 2017/04/08 新規アップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)