『スタンド・バイ・ミー』 Stand by Me (1986)

スタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション [DVD]

作品メモ

ムービー・プラスにて久々に鑑賞。
今見返すと、出演者の豪華なことに驚かされます。
目立つところで……

主人公ゴーディの現在形がリチャード・ドレイファス。
ゴーディの死んだ兄がジョン・キューザック。
親友クリスがリヴァー・フェニックス。
不良エースがキーファー・サザーランド。

監督ロブ・ライナー。
原作スティーヴン・キング。

ロケ地

IMDbでは、

380 South San Rafael Avenue, Pasadena, California, USA
Brownsville, Oregon, USA
Burney, California, USA (trestle bridge)
Cottage Grove, Oregon, USA
Eugene, Oregon, USA
Franklin, Oregon, USA
Gooseline Railroad, Cottage Grove, Oregon, USA
McCloud River Railroad, McCloud, California, USA
Veneta, Oregon, USA
Yreka Western Railroad, Yreka, California, USA

エンドクレジットの謝辞は、

Thanks to the People of
BROWNSVILLE, OREGON,
McCLOUD RIVER RAILROAD and
THE GOOSELINE RAILROAD OF COTTAGE GROVE, OREGON

ロケ地についてはこれらのページがとても詳しく、付け加えることがないほどです。

  • http://www.standbymemovie.com/filmlocations.htm
  • http://www.cinema-astoria.com/cinematography/filminglocation/locations/standbyme/

スティーブン・キングの作品にたびたび登場する架空の町キャッスルロック。
撮影はIMDbのリストにあるこちら。

Brownsville, Oregon, USA
http://www.historicbrownsville.com/

マップ↓

  • Google Maps


大きな地図で見る

町のサイトには『スタンド・バイ・ミー』のページがあります。
http://www.historicbrownsville.com/content/BrV_Stand_by_Me.html

映画にちなんだイベントも行われているようですね。
なぜか日本語のWikipediaにリンクが張られていたりします。

町内のお散歩にはこのマップをどうぞ。

  • http://www.historicbrownsville.com/content/documents/StandbyMeWalkingTourmap_000.pdf

線路

線路沿いの場面の多くは、Brownsvilleの南70kmのあたりを走っていた Oregon Pacific & Eastern Railroad(以下、OP&E) で撮影されています。

IMDbのリストでは “Gooseline Railroad, Cottage Grove” や”Yreka Western Railroad, Yreka, California, USA” の名前があります。このあたりについてはこちらのページが参考になるかもしれません。

http://www.brian894x4.com/OPandErailroad.html

OP&Eの起点はIMDbのリストにある Cottage Grove。

この鉄道はアルドリッチ監督の『北国の帝王』でも登場。 → 『北国の帝王』
現在は線路が撤去され、Row River Trailというサイクリングやトレッキング向けの道路になっています。

  • http://www.cottagegrove.org/trail/htm/train.htm
  • http://www.americantrails.org/nationalrecreationtrails/blm/rowriver-or.html

旅立ちの橋

少年たちがいよいよ旅立つ時に渡る赤い橋は、OP&Eのおそらくこちら。

マップ↓

Brownsvilleの南約70km。Cottage Groveの中心から東に5km。
上述のように、今では線路がはずされて道路となっています。
この橋はアルドリッチ監督の『北国の帝王』(1973)でも登場しています。 → 『北国の帝王』

お店

QUIDACIOLUO’S という看板が掛かっている小さなマーケット。
撮影はIMDbのリストのこちら。

Franklin, Oregon, USA

  • Google Maps↓


大きな地図で見る

上記赤い橋から、南西に35kmほどのところです。

汽車にひかれそうになる橋

これはオレゴン州ではなく、カリフォルニア州北部のシャスタ郡。
Lake Brittonにかかる橋で、鉄道は McCloud River Railroad。
上記の赤い橋から、南南東に約300km離れたところ。

マップ↓

こちらも現在は線路がはずされているようです。

  • http://www.mccloudriverrailroad.com/lakebritton.htm
  • http://www.flickr.com/photos/redbeardmathpirate/4939934078/
  • http://www.flickr.com/photos/lorntz/3819864016/

釣りをしている橋

エースの仲間たちが釣りをしながら「死体」について話すところ。
町の南側にあり、少年たちが戻ってきたときに全容が映ります。

死体

Eugene, Oregon, USA

「死体」を演じたのは当時オレゴン大学生だったこの方。

http://www.oregonlive.com/movies/index.ssf/2010/07/stand_by_me_cast_celebrates_25.html

「死体」以外にも、スタントマンとして登場していたようです。

帰還


大きな地図で見る

現在のゴーディーの家

おそらくIMDbのリストにあるこちらだと思いますが、確証はありません。

380 South San Rafael Avenue, Pasadena, California

個人宅かもしれませんので、マップは割愛。
IMDbのデータを見ると、60年代のTV版「バットマン」の頃から撮影に使われている物件のようです。

資料

コメント

タイトルとURLをコピーしました