• 『祭りの準備』 (1975)
    居ながらシネマ :  Watsonさん、コメントありがとうございます。 個人的にはこの映画やはり原田芳雄さんがツボですね。70年代大車輪の活躍でしたが、特にこの映画あたりは持ち味出し切っていて印象深いです。とか言いながら... (21/7/28)
  • 『無宿』 (1974)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、画像拝借しました。どうもありがとうございます。 映画の頃はディーゼルがとことこ走っていたのでしょうね。架線があったらもちろんロケには使えないわけで、良い絵を撮れる場所... (21/7/28)
  • 『祭りの準備』 (1975)
    Watson :  DVDで十数年ぶりに見ましたので、こちらにもお邪魔します。 ほぼ2時間の作品ですが、あっと言う間に感じました。 「祭りの準備」を初めて観たのがどこの映画館かは忘れましたが、1975年キネマ旬報... (21/7/27)
  • 『無宿』 (1974)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、ブログ拝見しました。詳細な画像レポートお疲れさまです。お写真ぜひ使わせてください。今夜にでも作業致します。 リンクをたどって引用元もチェックしましたが、見る人が見れば... (21/7/27)
  • 『無宿』 (1974)
    Bill McCreary :  ミツマンボへ行ってきました。本来なら松本酒造へも行きたかったのですが、時間がなく後日になりました。 https://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/0042bb1201ea2... (21/7/27)
  • 『ブラス!』 Brassed Off (1996)
    居ながらシネマ :  hachiroさん、こちらでもコメントありがとうございます。 今年のBBCプロムスは普通に観客を入れて行うみたいですね。イギリスはこのまま突っ走るようで、ある意味日本の参考にとてもなりそうです。もち... (21/7/26)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  Watsonさん、50周年企画、ホントにどこかで実現されると良いですね。 ラピュタ阿佐ヶ谷は都合がつかず行けませんでしたが、次の機会にはぜひと思っています。 Blu-ray盤の画質が「ハッキリ」と... (21/7/26)
  • 『ブラス!』 Brassed Off (1996)
    hachiro :  威風堂々第1番のトリオに入る前の小節の裏拍で、イギリス人の演奏では必ず誰かが洒落てアクセントにポンと入れますね、バスーンでポンと吹いたり、小太鼓が小さく叩いたり。プロムスでの小さな楽しみです。 国は違... (21/7/24)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    Watson :  管理人様 サイトを見ているうちにまた見たくなり、どうせ見るならと思い、amazonでBlu-ray discを購入しました。 「初回限定 特典封入」版ー懐かしのロビーカート風ポストカード入りー... (21/7/23)
  • 『わらの女』 Woman of Straw (1964)
    居ながらシネマ :  確かに自動翻訳は微妙な日本語で悩ましいですね。オチは映像だけでもあの雰囲気なら原作とは違うというのがなんとなく伝わってきますから、無理してセリフを追わなくても良いかもしれませんね。 コメントいただい... (21/7/22)
  • 『冒険者たち』 Les Aventuriers (1967)
    居ながらシネマ :  キスシーンをカットしたフィルムって、まるきり『ニュー・シネマ・パラダイス』ですね。きっと校長先生がチリリンとベルを鳴らして、技師さんがカットしていったのでしょうね :wink: それにしても毎年60... (21/7/22)
  • 『わらの女』 Woman of Straw (1964)
    匿名 :  最初は自動翻訳を見てたのですが、英語起こしが酷く、その変換は更に意味をなさず、更に字も小さいので諦めました。ヒロインがロロブリジーダでなかったら、結末は原作通りで良いんですけどね(笑)... (21/7/21)
  • 『冒険者たち』 Les Aventuriers (1967)
    hachiro :  そうですよね、いくらなんでも高校ですね、でも校内での鑑賞でした。内向的な生徒だったので要塞シーンに感動して、いつかここの近所に住みたいと思っていました。その前の年は「わんぱく戦争」だったかな、子供がモ... (21/7/21)
  • 『冒険者たち』 Les Aventuriers (1967)
    居ながらシネマ :  hachiroさん、こちらにもコメントありがとうございます。 これは拙サイトの記念すべき第1回エントリーとなっておりまして、それだけ思い入れのある映画となっています。 ところで中学校の映画鑑賞会で... (21/7/21)
  • 『わらの女』 Woman of Straw (1964)
    居ながらシネマ :  hachiroさん、コメントありがとうございます。 当時文庫本とは、同志ですね :smile: Youなんとかをさわりだけ見ましたが、たしかに画質が良いですね。 PCですと、自動字幕起こし(英語... (21/7/21)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  Watsonさん、コメントありがとうございます。 もはやネタが尽きたかと思われるこのエントリーも、どっこい毎回みなさまから新鮮な情報が寄せられてきていて、管理人としても更新作業が楽しくてたまらない状... (21/7/21)
  • 『冒険者たち』 Les Aventuriers (1967)
    hachiro :  半世紀前になぜか学校の映画鑑賞会で見ました、今考えると中学生だったからカットだらけでしたが、「友情」を学びました。そしてこの要塞! いま見せて頂いてとても感動しました、ありがとうございました。... (21/7/21)
  • 『わらの女』 Woman of Straw (1964)
    hachiro :  大昔に吹き替えで見たような記憶があります、当時も文庫本を買って読みました。YouTubeに美しい映像で全部がありましたので見ましたが、言葉が20%も理解できないので残念です。コネリーにロロブジーダ、ベ... (21/7/21)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    Watson :  管理人様、ご無沙汰しております。 太陽がギラギラ輝く夏になると、「旅の重さ」が見たくなります。 1972年当時のいろいろな思い出が浮かんでは消えていきます。 先日もDVDで30数回目の「旅の... (21/7/20)
  • 『東京⇔パリ 青春の条件』 (1970)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 この映画、確かにパリのパートはちゃちゃっと撮りましたという感じで、メインは日本ですね。 最近日本映画専門チャンネルでタイガース主演の... (21/7/14)
  • 『東京⇔パリ 青春の条件』 (1970)
    Bill McCreary :  昨日この映画を観ることができました。某所でDVDを借りられました。 それで、実は私この映画は、パリでのロケが主で、日本での撮影はわずかだと思っていたのですが、そうではなかったのですね。ちょっと残... (21/7/13)
  • 『無宿』 (1974)
    居ながらシネマ :  milouさん、お久しぶりです、コメントありがとうございます。 この跨線橋近くにお住まいだっとはびっくりです。てっきり前世紀?はずっと海外にいらしたのだと思いこんでいました。しかも地番がなかったとい... (21/7/11)
  • 『無宿』 (1974)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 この映画は難易度高くて、画面とにらめっこ方式ではこれ以上は無理そうです。 資料があればまた違ってくると思いますので、何か手がかり見つ... (21/7/11)
  • 『男と女』 Un homme et une femme (1966)
    居ながらシネマ :  えめさん、コメントありがとうございます。 53年後の方は、実はまだ見ていません。 やはりちょっと見るのが怖いといいますか、腰が引けてるところがありまして……。 でもコメントを拝見して、「ダイジョ... (21/7/11)
  • 『無宿』 (1974)
    milou :  全然映画に関係のない話で申し訳ないが 90年代の前半に馬坂川跨線橋からそれほど遠くないマンションに住んでいました。 もちろん当時は京田辺市ではなく京都府綴喜郡ですが買った時点では住所がなく(?) ... (21/7/10)
  • 『無宿』 (1974)
    Bill McCreary :  どうも、わざわざ貴重なお時間を取らせてしまいましたが、ありがとうございます。 >京都府京田辺市田辺南田 馬坂川跨線橋(ミツマンボ) ここは私も廃線だろうと思っていましたが、あにはからんや... (21/7/10)
  • 『男と女』 Un homme et une femme (1966)
    えめ :  20年後の男と女があったんですね!知らなかったです。私はいきなり53年後を見てしまいました。(Les plus belles annee d'une vie男と女人生最良の日々)初めは少しショックでし... (21/7/10)
  • 『津軽じょんがら節』 (1973)
    居ながらシネマ :  『無宿』アップしました。 3箇所しかわかりませんでしたが、眠いのでもう寝ます(笑)... (21/7/6)
  • 『津軽じょんがら節』 (1973)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、ラピュタ阿佐ヶ谷に通っていらっしゃるのですね。 『無宿』は先日の日本映画専門チャンネルで久々に鑑賞&比較的良い画質で録画できました。 大スターの競演は楽しめましたが... (21/7/4)
  • 『アート・オブ・クライム 美術犯罪捜査班』 L'Art du crime (2017- )
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 おっしゃるとおり最近の映画はきちんと撮影協力がクレジットされていて、手がかりが多いといいますか、とても物件を探しやすくなっていますね。... (21/7/4)
  • 『津軽じょんがら節』 (1973)
    Bill McCreary :  先週「ラピュタ阿佐ヶ谷」でこの映画が上映されまして、昨日『無宿』を観ました。 勝新太郎は、この映画に感銘を受けて斎藤監督に監督を依頼したそうで、そういわれると主人公が最後に死ぬとか、海岸が大きな... (21/7/3)
  • 『アート・オブ・クライム 美術犯罪捜査班』 L'Art du crime (2017- )
    Bill McCreary :  あ、すみません。今日は情報ではなく、雑談ということで。 最近の映画やドラマは、さすがに撮影協力についてはだいぶ詳細にクレジットに記載されていますが、昔は『少年』の城崎温泉のクレジットのようなもの... (21/7/3)
  • 『アート・オブ・クライム 美術犯罪捜査班』 L'Art du crime (2017- )
    居ながらシネマ :  えめさん、 録画したディスクを引っ張り出して確かめました。 エンドクレジットの謝辞ですね。確かに書かれていますね。エンドクレジットをチェックするというのはこの稼業?では基本のはずなのに、おろそかに... (21/7/1)
  • 『アート・オブ・クライム 美術犯罪捜査班』 L'Art du crime (2017- )
    えめ :  Bonsoir. 大好きなドラマがこちらにあり、嬉しいです。 もう、調査済みかもしれませんが、一応えらそうにお知らせします。 サンペトリエール病院の件ですが、 ここはhopital char... (21/7/1)
  • 『戦争と平和』 War & Peace (2016)
    居ながらシネマ :  えめさん、 > ところで、こんな軽いコメントでもいいのでしょうか。他の方のを拝見すると、 > レベルの高い、有意義なものばかりで、恐縮してしまいました。 いえ、全然大丈夫です。 ラスプ... (21/6/29)
  • 『戦争と平和』 War & Peace (2016)
    えめ :  ロマノフ王朝、4年説、訂正させて下さい。304年位ですよね。 300年も間違えてしまいました(恥)... (21/6/28)
  • 『戦争と平和』 War & Peace (2016)
    えめ :  コメントありがとうございます。 4年続いたロマノフ王朝の重大局面を、3時間9分で知ることができるのですから、ぶーすか言ってはいけませんね。 とはいえ、今回は寝落ちこそしませんでしたが、1.3倍速で... (21/6/28)
  • 『旅路の果て』 La fin du jour (1939)
    居ながらシネマ :  えめえめさん、コメントありがとうございます。 (このところコメントいただいている、えめさんですよね? 大喜利の気配……汗) そのドキュメンタリー見たかったですね。そういう芸術家向けのホームは、... (21/6/27)
  • 『戦争と平和』 War & Peace (2016)
    居ながらシネマ :  『ニコライとアレキサンドラ』昨夜放送したのですね。 裏番組を録画する関係で見ることはできませんでしたが、確か昨年あたりでもやはりNHK BSで放送したような記憶があります。 確かに長いですね……途... (21/6/27)
  • 『旅路の果て』 La fin du jour (1939)
    えめえめ :  居ながら様こんばんわ。 アーティスト専門の老人ホームが、2008年制作のBSドキュメンタリー"残照フランス芸術家の家"で紹介されていました。 私は、再放送で今年1月に観たのですが、良質な映画並みに... (21/6/27)
  • 『戦争と平和』 War & Peace (2016)
    えめ :  貴重なコメントをありがとうございます。 奇しくも、今日深夜、ニコライとアレキサンドラという映画がBSで放映されますね。 3時間9分!というえらく長い映画です。こんなに長い映画って、珍しいですよね。... (21/6/26)
  • 『戦争と平和』 War & Peace (2016)
    居ながらシネマ :  えめさん、コメントありがとうございます。 ラスプーチン、夢に出てきましたか? きっとBGMは「怪僧ラスプーチン」だったと思います。 それはさておき、確かこのエントリーは、このドラマのおかげで『... (21/6/26)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん イノシシさん ご確認いただきありがとうございました。おふたりが太鼓判押されたのでしたら、大丈夫でしょう。のちほど本文に反映させていただきます。 Googleスライドのような映像は、... (21/6/26)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  高岡様 広い地図(Google Map)上ではミクロの点にしか過ぎないこの地点を良く割り出されたものだと驚きを禁じえません。実は最初、少女が小屋から出てきたシーンとマップを比較していたのですが、... (21/6/26)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    高岡タケシ :  居ながらシネマ様 コメント欄への投稿ですが とても分かりやすいレイヤー画像までつけて頂きありがとうございました。 イノシシ様 赤松様もご納得な様で安心しました。(最近誤報を投稿したばかりな... (21/6/26)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  高岡さま 赤松さんと同じで私もこの場所で間違いないと思います。 前の田んぼにも良く見ると段差があるようにも思われます。 田んぼの土手の石積みは50年前も変わらずにあったのか それとも土の土... (21/6/25)
  • 『戦争と平和』 War & Peace (2016)
    えめ :  ロベール.リナンの件で寝込んだ、えめです。 今回は、舞踏会のシーンがモイカ宮殿で撮影されたと知り、思わずコメしました。あれは、エルミタージュ美術館だとずーっと思い込んでいたからです。誰かにもしたり顔... (21/6/25)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松幸吉 :  夏になると「旅の重さ」のコメントが続々と出てきますね。 高岡タケシさん、よくぞ「小屋と少女を水田越しに捉えたショット」の場所を見つけられましたね。田んぼのあぜ道、小山に続くなだらかな坂道、周りの樹木... (21/6/25)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  旅の重さのロケ地の中でも、ここまで様々な場所が割り出されながらも追求されていないシーンに、「ヘビに驚いて逃げた道」「生まれたばかりの猫がいた道」「行き倒れになりそうになった橋の下」「大泣きして木村の元... (21/6/25)
  • 『少年』 (1969)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、 動画じっくり見ましたが、闇市のところでは思わず身を乗り出していまいました。 0:24頃の旭町1丁目の大通りは路面電車の乗り場を捉えていて、つまり銀行の前あたりということですね。 ... (21/6/25)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  高岡タケシさんから撮影地についてご連絡いただきました。 私では判断つかないところもあり、みなさまでご検討いただけたらと思い、高岡さんのお許しを得て私の方からこちらに書かせていただきます。 冒頭... (21/6/25)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  >居ながら様 武吉さんのこの写真集は高知市内を細かくエリア分けして膨大な量の写真を残していますので本当に貴重です。しかしほとんどが絶版になっており。手に入れるのが困難です。自分はダイジェスト版し... (21/6/24)
  • 『少年』 (1969)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、 1時間ある動画からよく見つけられましたね。 これで完全に決定ですね。 自分が最初にSVでチェックした時、あまりにハマりすぎていたので、逆に今でも残っているとは思えず、瓦や窓の数を... (21/6/24)
  • 『舞踏会の手帖』Un carnet de bal (1937)
    居ながらシネマ :  えめさん、コメントありがとうございます。今度はびっくりしませんでした。 そうなんですよ、寝込ませてしまってすみませんが、彼は残念ながらそうした生涯でした。おっしゃるとおり短くとも立派な人生だったと、... (21/6/24)
  • 『ラスト・ショー』 The Last Picture Show (1971)
    居ながらシネマ :  mutekiさん、コメントありがとうございました。 亡くなっていたのは知りませんでした。『ラスト・ショー』は本当にいい役といいますかいい演技でしたよね(「2」は記憶に残っていませんが……) もしか... (21/6/24)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  すみません。下記のYouTubeサイト 「昭和51年を歩く 高知市旭町界隈」こちらです。 https://www.youtube.com/watch?v=3cd52-iGPiM... (21/6/23)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  高知ロケの「旅館街」のシーンに上げた高知市玉水町の「旅館 都」ですが、やはりこの旅館の前が一家が水路沿いを歩くシーンで間違いないようです。下記のYouTubeサイト「昭和51年を歩く 高知市旭町界隈」... (21/6/23)
  • 『舞踏会の手帖』Un carnet de bal (1937)
    えめ :  ヒンターランドにコメントして、びっくりさせてしまった、えめです。 お返事を頂きありがとうございました。あれから、少しづつサイトを読ませてもらっています。 私は、あまり昔の映画は見ないのですが、この... (21/6/23)
  • 『ラスト・ショー』 The Last Picture Show (1971)
    muteki :  論点の多い映画ですが、一途な女を演じたクロリス・ リーチマンがいい。この人を見るために、この映画を何度も見ている。ちょうど2021年の1月に亡くなった。... (21/6/23)
  • 『少年』 (1969)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、いやホント似てますよね。SVでよく見ると少しずつ違っているようなのですが、同じようにも見えますし。 同じ石工ありえそうですね。 一つ前で、以前参考にさせていただいた狛犬を撮っていらっ... (21/6/22)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  >高岡様 >居ながら様 高知八幡宮の狛犬、現地で確認してきましたが 映画に登場するのとそっくりですね。 映画の狛犬のほうが、口角がもっと上に反り返っているようです。 もしかすると、同じ石... (21/6/22)
  • 『ヒンターランド』 Y Gwyll (2013)
    居ながらシネマ :  えめさん、コメントありがとうございます。 BS11で放送中なのですね。きっとご覧になってどよよんとした気持ちになられたことと思います。 :wink: このドラマ、未だにWikipeidaの日本語版... (21/6/22)
  • 『少年』 (1969)
    居ながらシネマ :  イノシシさん 記事更新しました。ありがとうございました。 赤い建物と後ろの山並みですが、自分が最初に間違えたのもこの山並みのせいでして(笑)、旭町の通りももちろん路面電車が走っているということでチ... (21/6/21)
  • 『ヒンターランド』 Y Gwyll (2013)
    えめ :  今頃このドラマをBS11で知りました。 内容がイマイチ理解できず、ネットサーフィンしているうちに、こちらのブログにたどり着きました。 主役がイケメンでないのが、ちょっと不満でしたが、等身大のご当地... (21/6/21)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  高岡様 いよいよ「棚田」か「三叉路」ですね。 悔しいですが楽しみにしています。 それと神社ですが、高知ロケがたまたま地域の秋祭りと重なり シーンに取り入れたのでしょうか。 映画に登場する... (21/6/21)
  • 『少年』 (1969)
    高岡タケシ :  居ながらシネマ様 私としては狛犬は当時のままだと思うのですが‥ 尻尾の渦巻きやたてがみの渦巻き 向かって右側の狛犬の左前足と台座 尻尾と台座の位置関係(台座は狛犬とつながっていますので) 先日... (21/6/21)
  • 『少年』 (1969)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、 さっそくの現地調査お疲れ様でした。結果残念でしたが、本当にありがとうございます。 神社は自分も興味ありますので、こちらでもできる範囲で探索してみます。 全然関係ありません... (21/6/21)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  城崎温泉トップカット。北柳通り「内湯旅館なるや」はまだ現存しているようです。 https://www.google.com/maps/@35.6265168,134.8111422,3a,71.... (21/6/20)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  居ながら様 修正ありがとうございました。「神社」は高知大神宮に違いないと思って今日確かめに行ってきました。日曜市のすぐそばです。 https://www.google.com/maps/@33... (21/6/20)
  • 『少年』 (1969)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、修正入れましたのでご確認ください。 それにしてもあいかわらず凄い調査力ですね。建物の変遷から町の歴史がみるみる紐解かれていくようで、とても面白いです。 通称「闇市」とはまた凄いですね... (21/6/20)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  ごめんなさい。もう少し詳しく調べました。 『15年ほど前まで「サンシャイン井口」として操業していました。』の部分 2008年まで「サンシャイン井口」として営業していました。なお城西振興市場... (21/6/20)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  居ながら様 更新ありがとうございます。雑な文章でご迷惑かけました。コメント欄を転記されたとのことですが「悪文」でしたので、少し訂正・追記をお願いします。高岡さんとのやり取りなので少しわかりづらい... (21/6/20)
  • 『少年』 (1969)
    居ながらシネマ :  イノシシさん 高岡タケシさん 詳細なコメントありがとうございます。 先週更新してから多忙でサイトの管理が全然できませんでした。 先ほどようやく寄せてくださった情報を整理して、記事の更新致し... (21/6/20)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  高岡様 divoの横の稜線なんですが、肉眼ではまず視認できません。でも映画の稜線の丸っこい部分と形が似ているかと。50年前のように盛大に見えていればですが・・・。今度近くのマンションの上階からで... (21/6/19)
  • 『少年』 (1969)
    高岡タケシ :  イノシシ様 ディーボの看板の横に稜線が確認できますね。 SVで示された街灯ですが、周辺の電停にも数カ所ありますので コンクリートの壁の中は乗客や乗務員の待機場と言った土電の施設でしょうね。 ... (21/6/19)
  • 『少年』 (1969)
    高岡タケシ :  イノシシ様 私の視聴環境では乗り場看板の文字は末尾の 前 の字が限界です。 その後ろの赤い文字は旭駅東でしょうか? 悩ましいですね。 菊水酒造の看板も気になり調べましたが酒屋は当時なかった... (21/6/19)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  <さらに追記> 正面の赤い建物は地元の人の話だと「高知主婦の店」。のちのサンシャインチェーンだそうです。この建物は1975年に取り壊され、オーマートというスーパーのビルに建て替えられましたが、198... (21/6/19)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  <追記> さらに画面の右端には「ナショナル」の看板もあります。1979年の地図を見るとこの場所には「弘田電器」。2021年現在もこの場所にはナショナル=パナソニックの店「ヒロタデンキ」があります。... (21/6/18)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  本当にしつこくてすみません。後ほど管理人さんあてにメールで資料をお送りしたいと思いますが、Amazonプライムで解像度の高い少年を見ることができました。「OP街道」ですが、私は旭町一丁目「旭駅前通り」... (21/6/18)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  高岡様 うーむ、やはり桟橋説が濃厚なのでしょうか? 自分は直感的に、やはり旭町だと思うのです。 映像を見て「あ、これは旭町だ」と・・・。 石屋については高岡さんが指摘されていた 「川崎石... (21/6/18)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  赤松幸吉さん 普通だったら娘から現金が同封されて届いた手紙は愛おしいと思うはず。 ですがママはびりびり破いてしまう。なんか変ですよね。 実は映画館の大画面で見て、初めて気付いたしだいです。 ... (21/6/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松幸吉 :  イニシシさま 「一番最後のシーンで娘から来た手紙をびりびり破いたのはなぜ」 これは母が娘の無軌道ぶりに呆れたのか、怒ったのか、私にもよく分かりません。 それはさておき、最近とても古い映画で「... (21/6/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    Bill McCreary :  赤松様 お世話になります。私としては、劇場にはってあったプレスシートのコピーを撮影した写真をご紹介したまでで、その内容の真偽については何ともいえません。ただ、例の映画館のシーンは、プレスシートの... (21/6/15)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  赤松幸吉様 ご無沙汰しております。 「新居浜ロケ」はプレスシートを見て私がそう解釈しただけなので、 実際は四国ロケでなかった可能性もあります。 映画の画面上のシチュエーションからして、 ... (21/6/15)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松幸吉 :  (主に)Bill McCrearyさん へ  それから居ながらさんとイノシシさんへ 6月14日のイノシシさん投稿「ママのシーンも新居浜市でロケされていたんですね。」 「旅の重さ」のファンと... (21/6/15)
  • 『少年』 (1969)
    高岡タケシ :  居ながらシネマ様 イノシシ様 OPの街道についてですが 居ながら様が 最初に示された桟橋通りカメラ潮江橋向きが正しい様です。 少年が歩いていたのが現在 潮電気商会さんの南隣 駐車場前辺り。 ... (21/6/15)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  Bill McCrearyさん 「でけえ面する気か!」 なるほど!土佐弁に置き換えると 「太い面する気か!」ですね。 ATGの資料本うらやましいです。 ありがとうございました。 映... (21/6/15)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  あと、ママのシーンも新居浜市でロケされていたんですね。 さすがにママのシーンは東京のスタジオセットと思ってました。 ロケ日程表、感無量です。... (21/6/14)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  Bill McCrearyさんの上映リポート、感動しました。ご本人の登場は本当に嬉しいし、羨ましい。「さらば美しき人」はの上映についてですが、八幡浜は松山などの上映が済んだ後、遅れて上映されたと思いま... (21/6/14)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  『旅の重さ』6月12日、高知と東京の同日上映を鑑賞されたイノシシさんとBill McCrearyさんからレポートを頂戴しましたので、そのまま「1.3 上映レポート」として掲載させていただきます。 お... (21/6/14)
  • 『少年』 (1969)
    Bill McCreary :  イノシシ様 すみません、現在手元にこの映画のソフトなどがないのですが、「アートシアター」に掲載されているシナリオによると、空欄の部分は、「でけえつらする気なの(か)」とありますので、たぶんそのよ... (21/6/14)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  <OP街道> このシーンについて高知市旭町1丁目から東を臨んだ写真をお送りしていますが、その現場近くに住む森下時計店のご主人に映画の冒頭シーンを見せ、このシーンに見覚えないか尋ねてみましたが「生まれ... (21/6/14)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  居ながら様 葛島橋で正解です。お騒がせしました。 高岡さんが言及されていた「桃井電気さんの東隣に川崎石材」。 きょう現地で確認してきました。 高知市旭町2丁目の桃井電機の東隣の空き地が ... (21/6/13)
  • 『少年』 (1969)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、メールでも多くの画像と詳細な解説送っていただき、ありがとうございました。 取り急ぎアップしましたが、すみません、2つ前の橋についてのコメント見落としていました。葛島橋で正解ではなかった... (21/6/13)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  それにしてもこの映画、渡辺文雄さん、少年、小山明子さん。かなりリアルな土佐弁を使われています。低予算映画で土佐弁指導の決まったスタッフもいなかったと思いますが、録音されたものをテープで繰り返し再生して... (21/6/12)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  >遠方に山 確かに山が近い気もします。ですが静止画で見ると奥のほうに高知城らしきものが写っているような気もします。現在セントラル旭町店がある辺りは10年ほど前に道路拡張されるまではまだ両側が1.... (21/6/11)
  • 『少年』 (1969)
    高岡 タケシ :  イノシシ様 確かに電車は知寄町行きですね。 ロケ地が旭町であれば カメラはご指摘の通り東向きですね。 旭町ですと 桃井電気さんの東隣に川崎石材と言う石材店があった様ですが東向きの場合 遠方に山が... (21/6/11)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  上記「葛島橋」のリンクはこちらです。現在は背景の知寄町は市街地となっていますが、1962年の空中写真では広大な湿地帯で、すごくびっくりしました。 https://www.google.com/m... (21/6/11)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  高岡さん ご無沙汰しています。まだ飲み会実現してませんね(笑) ぜひコロナ落ち着いたらご一緒したいです。 OPの電車通りは自分も何度か現地を見てきたのですが、なるほど「西向き」ですか。 ... (21/6/11)
  • 『少年』 (1969)
    高岡 タケシ :  居ながらシネマ様 ご無沙汰しております。 本当にすごい調査力ですね! きっと件の(ゾーン)に入られていたんですね。 早速 ずっと謎だった吉田公園と上の橋探訪して来ました。 イノシシ様 ... (21/6/11)
  • 『少年』 (1969)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、詳細な情報ありがとうございます。 イノシシさんのご当地情報とあわせて、おかげさまでこのエントリーの精度が一気にレベルアップしそうです。今度の日曜にでも内容を細かく追わ... (21/6/11)
  • 『少年』 (1969)
    Bill McCreary :  どうも、拙記事のご紹介もありがとうございます。やはりこの映画はすごくいい映画だと思います。 この映画が公開された時に発行された『アートシアター69 少年』が手元にありまして、いろいろ情報が書かれ... (21/6/10)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  素晴らしい調査能力に恐れ入りました。自分がもっている「少年」のDVDは画質が荒く、「旅の重さ」のようにくっきりと画像を見ることができません。Blu-rayが出ると嬉しいのですが、ラストシーン近くに当時... (21/6/10)
  • 『少年』 (1969)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、チェックありがとうございます。地元の方にご確認いただけて、とても心強いです。 やはりけっこう間違えていたようですね。 日曜日ぐらいになってしまうと思いますが、記事の方に反映させていた... (21/6/9)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  <商店街> 「栄屋町中央商店街」 「栄屋町商店街」ではなく「帯屋町商店街」ですね。多分場所はここだと思います。 雰囲気は残っていると思います。 https://www.google.c... (21/6/9)
  • 『少年』 (1969)
    イノシシ :  居ながら様 高知のロケ地、中々お見事です。 ここまで現地に行かずに調べられるのは本当にすごい。 あらためて現地の写真をお送りします。 <OP街道> 「桟橋通り」かも知れませんが、桟橋... (21/6/9)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  居ながらシネマ様 御意。私もいくつか現地で写真撮ってますので早めに参加いたします。 ありがとうございます。... (21/6/9)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、昨夜『少年』アップしました。おっしゃるとおり、昔の映画のほうが探索が楽しいですね :smile: 高知に関してもわかる範囲で網羅したつもりですが、盛大に間違えているところもあるかも... (21/6/9)
  • 『約束』 (1972)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、メールお待ちしています。……といいますか、私も舞台挨拶行ければ行きたいところなのですが、今回は無理かもしれません。 あと『少年』さきほどアップしました。... (21/6/9)
  • 『カオス・シチリア物語』 Kaos (1984)
    居ながらシネマ :  Bonn-jourさん、コメントありがとうございます。 「軽石の島」ですが、シチリア島ではなく近くの小さな島ということですね。これは目からウロコ……といいますか、設定上もそういうことでしたね。まった... (21/6/9)
  • 『約束』 (1972)
    Bill McCreary :  赤松様 ご教示ありがとうございます。私も正直「金沢でロケ? そんな情報知らないぞ」と思いましたので、「やっぱり」というところです。それにしてもプレスシートの記述に誤りがあるのも困りますよね。70... (21/6/8)
  • 『カオス・シチリア物語』 Kaos (1984)
    Bonn-jour :  こんにちは。いつも楽しく拝見しています。 白い海岸 2:59の「軽石の島」ですが、シチリア州メッシーナ県リーパリ(Lipari)島のアクアカルダ(Acquacalda)ビーチではないでしょうか。 ... (21/6/7)
  • 『愛と希望の街』 (1959)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 『少年』ニーズありそうですので、記事作りますね。もう少しお待ちください。 (最初の方の高知市の場面だけチェックしてみましたが、結構判... (21/6/7)
  • 『約束』 (1972)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 ラピュタ阿佐ヶ谷へいらしたのですね。今月から都内の映画館の規制がゆるくなったようで、良かったです。 70年代の斎藤監督の活躍は本... (21/6/7)
  • 『約束』 (1972)
    赤松幸吉 :  Bill McCrearyさま 「約束」について プレスシートには「金沢」と書いてあっても、撮影隊は金沢には足を踏み入れていません。企画段階では金沢ロケの予定もあったかもしれませんが、実際には金沢... (21/6/7)
  • 『東京暗黒街・竹の家』 House of Bamboo (1955)
    居ながらシネマ :  貴重なお話ありがとうございます。幸若というお名前は結構珍しいと思いますので逆にこれで間違いなしのような気がします。少なくとも孔雀はないですよね…… 映画のその部分を見返してみましたが、なんちゃってセ... (21/6/7)
  • 『愛と希望の街』 (1959)
    Bill McCreary :  他記事のコメントを読んでのコメントですが、『旅の重さ』でコメントをしてもご迷惑でしょうから、大島監督つながりでこちらの記事へ。 大島監督『少年』は、この映画あってのものですね。もちろん犯罪のレベ... (21/6/6)
  • 『約束』 (1972)
    Bill McCreary :  昨日「ラピュタ阿佐ヶ谷」この映画を鑑賞しました。やはり人気があるようで、他作品より客の入りはよかったですね。しばらくはそうかな? >設定では名古屋駅。 撮影も同駅でしょうか? 映画館に当... (21/6/6)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  おお、ご当地映画ありがとうございます。さすがリストアップはあっというまですね :smile: 手持ちで半分ぐらいはありますので、後ほど見ていきたいと思います。 おっしゃるとおり、ロケ地めぐりするな... (21/6/4)
  • 『東京暗黒街・竹の家』 House of Bamboo (1955)
    菊千代 :  サミュエル・フラーとお爺ちゃんが親友だったという孫娘とちょっと知り合いになりまして、その子が言うには「Crimson Kimono」の主人公コジャク刑事は私の「幸若」姓から名付けられたとのことでした。... (21/6/4)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  「パーマネント野ばら」は職業柄、ロケの模様を見ておりましたのでロケ地については大部分を把握できていると思います(笑)。「いけちゃんとボク」もそうですが、西原理恵子作品には高知県はかなり助けられています... (21/6/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  DVDわざわざすみません、お気に召すと良いのですが。 『少年』は全国各地が登場しますので、拙サイト的にはいつかとりあげてみたいですね。 イノシシさんには以前このエントリーで『パーマネント野ばら』の... (21/6/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  自分は「海角7号」見たことなかったのでDVD入手しました(笑)。時間があるときにじっくり見てみたいと思います。最近は大島渚の「少年」のロケ地を探してみたりしています。高知のロケ地だけですが・・・。あと... (21/5/31)
  • 『東京暗黒街・竹の家』 House of Bamboo (1955)
    居ながらシネマ :  菊千代さん、孔雀ではなくて幸若なのですね。もとは戦友だった幸若さんで、それを工場や刑事の名前に使ったということでしょうか。ということは、日本語字幕はそのあたりの事情を知らない誤訳ということですね。 ... (21/5/31)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  もはや『旅の重さ』と全然関係ないような(笑)……『セデック・バレ』や『海角7号』は一応コツコツ下書き書いてはいるのですが、じっくり鑑賞すると歴史的なことも含めていろいろ気づくことがあってキリがありませ... (21/5/31)
  • 『東京暗黒街・竹の家』 House of Bamboo (1955)
    菊千代 :  コウジャクまたはコジャクセメント工場は、幸若(kojyaku)の姓に由来しています。 同じくサミュエル・フラー監督「クリムゾン・キモノ」(1959)にもロス市警日系人のコウジャク刑事が出て来ます。 ... (21/5/30)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  台湾の人々は国民党軍の圧制で80年代末まで戒厳令下にあり、また汚職もはびこっていたため、統制の取れた日帝時代を懐かしむ風潮が強かったと思います。また日本人が整備した鉄道や上下水道、農業技術、治水技術に... (21/5/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  サイト全体が地味な配色なので、トップ画像などどなたも気づかないと思います(笑)。 『セデック・バレ』もすごい映画でしたよね。 日本人から見るといろいろしんどい場面もあって、同じ監督さんの『海角七号... (21/5/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  居ながらシネマ様 トップ画像は九份だったんですね。まったく気付きませんでした。九份が有名になるきっかけとなった「非情城市」は独特の味わいのあるよい(内容は悲劇ですが)映画ですね。まだ台湾が自由国... (21/5/26)
  • 『ピアニスト』 The Pianist (1991)
    居ながらシネマ :  青い鳥さん、コメントありがとうございます。 おお、この映画でコメントいただけるとは、嬉しいです。 劇場でご覧になったのですね。内容からして、映画館の暗がりでじっくり見るのが良さげな映画と思いますが... (21/5/26)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  オデオン座は『虹をつかむ男』で知りましたが、こちらも一度見学してみたいところです。 拙サイトのトップ画像は台湾の九份ですが、こちらも映画がきっかけで注目され観光地として蘇ったわけで、映画好きとしては... (21/5/26)
  • 『ピアニスト』 The Pianist (1991)
    青い鳥 :  公開当時、内容と音楽が印象に残りました。 2019年に子供と二人で、モントリオールとケベックなどに旅行しました。 8月でしたが、涼しかった(寒かった)です(^-^; また、記事を書いて下さい!(... (21/5/26)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  居ながらシネマ様 「大心劇場」はすごい存在です。今や都市部にも単館そのものがあまりないのでこうした劇場を見つけると嬉しくなりますね。四国ですと徳島県脇町のオデオン座(旧脇町劇場)も「虹をつかむ男... (21/5/25)
  • 『鴛鴦歌合戦』 (1939)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 そのメイキングは見たことがありませんが、貴重な撮影風景が記録されているようですね。 ロケ地のチェックや聖地巡礼も楽しいですが、「ロケ... (21/5/25)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、コメントありがとうございます。 先にBill McCrearyさんが知らせてくださった東京での上映と同じ週というのが偶然の一致にしてはぴったりすぎますね。 劇場のサイトを拝見した... (21/5/25)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  高知県東部・安田町にある大心劇場という小さな映画館で2021年6月5日(土)から6月12日(土)までの一週間、「旅の重さ」が上映されます。高知も新型コロナの特別警戒期間に入るため無事上映できるかどうか... (21/5/24)
  • 『心の旅路』 Random Harvest (1942)
    居ながらシネマ :  yukiさん、コメントありがとうございます。 コールマンは確かに最後まで見てから最初を見返すとぐっと若々しいので、なるほどゆったりとした流れの中で気づきづらいものの、きちんと歳月は表現できていたとい... (21/5/24)
  • 『鴛鴦歌合戦』 (1939)
    Bill McCreary :  あ、すみません。先月渋谷で大島渚監督の映画の特集をやっており、私も観に行きまして、興味深かったのが、『愛のコリーダ』のメイキングでした。野田真吉氏の監督したものです。 https://ja.wi... (21/5/24)
  • 『心の旅路』 Random Harvest (1942)
    yuki :  昔から好きなこの映画が「ついに」取り上げられていて感激しましたが、確かにロケはなくて発見の面白さは望めないですね。Random Harvestについて、どんなニュアンスなのかと辞書見ながら考えたりした... (21/5/22)
  • 『東京暗黒街・竹の家』 House of Bamboo (1955)
    居ながらシネマ :  菊千代さん、コメントありがとうございます。 主人公がクルマでやってきて、小舟を次々移動しながら聞き込みやる場面ですよね。 電子国土Webで昔の空撮を見たところ背景の建物の屋根の形が映画と一致してい... (21/5/17)
  • 『東京暗黒街・竹の家』 House of Bamboo (1955)
    菊千代 :  川縁とマリコの住まいのあるロケ地は、中央区日本橋箱崎町永久橋あたりかと思います。 昭和22年の航空写真を見ると、かなりの規模の船溜まりが見られます。 今は箱崎川は埋め立てられ高速道路が走っていて、... (21/5/17)
  • 『ダイナマイトどんどん』 (1978)
    居ながらシネマ :  ジョニーAさん、ご対応ありがとうございました! うるさいこと言ってすみませんでした。... (21/5/15)
  • 『ダイナマイトどんどん』 (1978)
    ジョニーA :  ジョニーAです。 リンクのみ貼らせてもらいます。 宜しくお願いします。... (21/5/15)
  • 『ダイナマイトどんどん』 (1978)
    居ながらシネマ :  ジョニーAさん、コメントありがとうございます。 ブログを拝見しましたが、拙記事やいただいたコメントを丸ごと長文張り付けてあり、著作物の適切な「引用」とは思えませんでした。 リンクをつけていただくの... (21/5/11)
  • 『ダイナマイトどんどん』 (1978)
    ジョニーA :  マイブログにリンク&引用、貼らせてもらいました。 不都合あればお知らせください(削除します)。 なにとぞ宜しく! https://ameblo.jp/johnny-a-depp/entry-12... (21/5/11)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 これはこの映画や高橋洋子さんのファンにとってはとてもうれしい情報ですね。東京の感染状況次第でしょうか。実現に向けてぜひ状況が収まってほ... (21/5/5)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    Bill McCreary :  前にもご紹介した「ラピュタ阿佐ヶ谷」で、高橋洋子の舞台挨拶があるとのことです。 http://www.laputa-jp.com/laputa/program/saitokoichi/ 私... (21/5/4)
  • 『ラ・カリファ』 La califfa (1970)
    居ながらシネマ :  コメントありがとうございます。 おっしゃるとおりで、ただ旋律が美しいだけでなく、気品とか凛とした姿とか見事に表現していて、何度も聴きたくなる名曲ですよね。 DVDも今ざっとチェックしたら各国盤が出... (21/4/29)
  • 『ラ・カリファ』 La califfa (1970)
    匿名 :  この曲をsweet boxから知りました。 最初に聞いたときはなんとなくいい曲だなぁー的な印象でした。 どんな映画なのかなぁと思いテキトーな映画サイトであらすじを知り、 改めていい曲だと思いまし... (21/4/29)
  • 『心の旅路』 Random Harvest (1942)
    居ながらシネマ :  北島サブちゃん1958さん、コメントありがとうございます。 ご指摘のRandomの表示板とは映画の中ほどで屋敷が初めて映る時の門柱の表札のことでしょうか(違っていたらすみません)。晩餐会の招待状にも... (21/4/27)
  • 『心の旅路』 Random Harvest (1942)
    北島サブちゃん1958 :  「Random」の表示板を見つけた悦び チャールズの実家(大邸宅)が写るシーンで、道路脇の花壇の様な敷地の様な植込みにこの標識?name board?を見つけた時に、これは原題の伏線なのか?と、「ラ... (21/4/26)
  • 『曼陀羅』 (1971)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 京都へいらっしゃったのですね。画像ありがたく頂戴しました。 他の画像も拝見しましたが、お天気のせいか思ったほど人出が多くないような。... (21/4/18)
  • 『曼陀羅』 (1971)
    Bill McCreary :  >入口に«茶屋「小径」»。 3月に哲学の道の桜を見物して、こちらにもお邪魔しました。よろしければ写真をお使いになってください。 https://blog.goo.ne.jp/mccrear... (21/4/17)
  • 『ひまわり』 I girasoli (1970)
    居ながらシネマ :  うまーさん、コメントありがとうございます。 知りませんでしたが、50周年リマスター版が昨年から各地で上映されていたのですね。 あのひまわり畑も大きなスクリーンで見応えあったことでしょうね。 おっ... (21/4/15)
  • 『ひまわり』 I girasoli (1970)
    うまー :  50周年リマスター上映を再び観て、やはり名作だなと感じました。 駅の冷却塔はまさかと思ってここにたどりつきました。 あのひまわり畑は、生で観てみたいものです。... (21/4/14)
  • 『幸福号出帆』 (1980)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、情報ありがとうございます。 おかげさまで見ることができました! リリーも大熱演。もみくちゃにされる場面ではドキッとしましたが、無事で良かった :smile: 『おじさまと猫』みたい... (21/4/11)
  • 『幸福号出帆』 (1980)
    赤松幸吉 :  『猫と庄造と二人のをんな』はyoutubeで無料で鑑賞できます。 Shozo, A Cat And Two Women (猫と庄造と二人のをんな, 1956 https://www... (21/4/11)
  • 『幸福号出帆』 (1980)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、情報ありがとうございます。 かなりレアなラインアップですね。よくぞ集めたという感じで。しかも年代順とは凝っていますね。5/2からみたいですが、レイトショーできるのでし... (21/4/10)
  • 『幸福号出帆』 (1980)
    Bill McCreary :  斎藤監督の特集上映が、5月から始まるとのことです。 http://www.laputa-jp.com/laputa/program/saitokoichi/ こちらの作品は上映されないよう... (21/4/9)
  • 『約束』 (1972)
    居ながらシネマ :  しょうこ様へ 当サイト管理人のinagaraです。 サイトのメンテナンスで記録を調べたところ、3月13日と3月19日にこちらのページでコメントを書き込みいただいていたのに、自動判定でスパムと誤... (21/4/3)
  • 『私はモスクワを歩く』 Я шагаю по Москве (1963)
    居ながらシネマ :  ミハルコフさん、コメントありがとうございます。 拙サイト、楽しんでいただけたようで嬉しいです。 モスクワ市内は、ストリートビューが使えるようになってから、かなりしつこく見て回りました。まさに「私は... (21/4/3)
  • 『旅路の果て』 La fin du jour (1939)
    居ながらシネマ :  miloumilouさん、コメントありがとうございます。 (毎度お世話になっているmilouさんですよね?) 詳しい情報ありがとうございます。 確かにmaison de retraite d... (21/4/3)
  • 『私はモスクワを歩く』 Я шагаю по Москве (1963)
    ミハルコフ :  Youtubeの公式モスフィルムのチャンネルで『私はモスクワを歩く』を見て、映画の周辺情報はないかと思って検索していたら、このブログに辿り着きました。 しかしまさか日本にこんなすごいブログがあるなん... (21/4/2)
  • 『旅路の果て』 La fin du jour (1939)
    miloumilou :  俳優(?)専門の老人ホームですが実在するようです。 その前にダニエル・シュミットの『トスカの接吻(84)』は ミラノに実在するオペラ歌手や音楽家のホーム Casa di Riposa のドキュメ... (21/4/1)
  • 『ダブリン 悪意の森(ダブリン殺人課)』 Dublin Murders (2019)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 アイルランドは以前もダブリン城など画像をいただいたことがありましたね。 ブログ拝見しましたが、位置関係的にはこのドラマの駅と同じ方向... (21/3/22)
  • 『ダブリン 悪意の森(ダブリン殺人課)』 Dublin Murders (2019)
    Bill McCreary :  番組は未見ですが、ダブリンが舞台なのでご協力できるかもと考えて、DARTの写真はありました。 ただ個人のお顔は掲載しないというポリシーでしたら、車内の写真は無理かもですね。 https:/... (21/3/21)
  • 『太陽はひとりぼっち』 L'Eclisse (1962)
    居ながらシネマ :  ハジメさん、コメントありがとうございます。 通知メールがなぜか送られてこなかったため、気づかずに返信遅れまして、たいへん申し訳ありません。 拙記事がお役に立ったとのことで、とても嬉しいです。 ... (21/3/21)
  • 『太陽はひとりぼっち』 L'Eclisse (1962)
    ハジメ :  初めてコメント致します。 色々とググっていて、こちらにたどり着きました。 私の大好きな映画「L’Eclisse」の情報、嬉しすぎて、何度も読んで検索しています。 私は、ヴィットリアのアパートの外... (21/3/18)
  • 『心の旅路』 Random Harvest (1942)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、コメントありがとうございます。 "Random Harvest"気になりますよね。 角川文庫版では「あてどなき収穫」でしたか。私最初に読んだのが角川文庫版でしたが、とっくに破棄してし... (21/3/18)
  • 『世界を賭ける恋』 (1959)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 おお、これはバッチリのブログ記事ですね。またぜひ画像を使わせてください(作業は週末になるかと思います)。 ウルトラシリーズもタロウあ... (21/3/18)
  • 『心の旅路』 Random Harvest (1942)
    赤松幸吉 :  Random Harvest の意味は不可解で、私も以前に調べたことがあります。 Randomには「気の向くままに」、Harvestには「結果・果実」のような辞書的な意味があります。 角... (21/3/17)
  • 『世界を賭ける恋』 (1959)
    Bill McCreary :  あ、すみません。近場ですので、わざわざお知らせするところでもないのですが、富士見橋と不動橋を撮影してきました。今年2月の撮影ですので、よろしければお使いください。 https://blog.go... (21/3/17)
  • 『ミステリー in パラダイス』 Death in Paradise (2011– )
    居ながらシネマ :  ハマの住人さん、コメントありがとうございます。 拙記事を楽しんでいただけたとのことで、こういったコメントをいただけるとサイトをやっていてとてもはげみになります。 猫さんは残念でしたね。我が家も... (21/3/6)
  • 『ミステリー in パラダイス』 Death in Paradise (2011– )
    ハマの住人 :  いや実に楽しいページでした。有難うございました。AmazonPrimeVideoでこんなTV映画があると知ってコロナ禍の折から暇を持て余して観始めましたが、一気に引き込まれて最終版に到達しました。そも... (21/3/5)
  • 『夜叉ヶ池』 (1979)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 私も観ちゃいました。といいますか、観ながら書いてます。 :wink: みなさん何しゃべっているのか聞き取れないので、字幕表示していま... (21/3/4)
  • 『夜叉ヶ池』 (1979)
    Bill McCreary :  さっそく本日観ちゃいました。仰せの通り、確かにこれ、篠田監督がふさわしかったか、玉三郎の起用は成功だったか、松竹より東宝や東映で制作した方がよかったんじゃないかなあとか思いました。 >ただその使... (21/3/3)
  • 『ふたりでスローダンスを』 Slow Dancing in the Big City (1978)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 いやこれ、40年ぶりぐらいの鑑賞でしたが、感想は昔と変わらず(汗)。でもロケ地チェックは楽しめました。 ちょっと調べたら米アマゾンで... (21/3/1)
  • 『ふたりでスローダンスを』 Slow Dancing in the Big City (1978)
    Bill McCreary :  どうも、こちらの映画も観ることが可能な状況になっているとのことで何よりです。あるいはなんですが、監督さんがお亡くなりになったことが鑑賞可能となった理由の1つかもですね。「夜叉ヶ池」も、たぶん篠田監督が... (21/2/28)
  • 『夜叉ヶ池』 (1979)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 おお、放送されるのですね。しかも衛星劇場ですか。自宅のケーブルテレビではオプション扱いで別途約2000円……でも貴重な放映でしょうから... (21/2/27)
  • 『夜叉ヶ池』 (1979)
    Bill McCreary :  なんとこの映画が、来月(2021年3月)CSではありますが放送されるようですね。 https://www.eigeki.com/lineup?action=detail&id=13057... (21/2/26)
  • 『ふたりでスローダンスを』 Slow Dancing in the Big City (1978)
    居ながらシネマ :  今YouTube見たら、全編アップされてました :eek: いやーなつかしいですねー、後でちゃんと見てみます。... (21/2/22)
  • 『ふたりでスローダンスを』 Slow Dancing in the Big City (1978)
    居ながらシネマ :  猫の箱さん、コメントありがとうございます。 おお、テレビ放映の録画をお持ちだったのですね。私は昔名画座で見たきりですが、サントラLPのおかげで記憶をだいぶ維持できたように思います。そのくらい音楽が良... (21/2/22)
  • 『ふたりでスローダンスを』 Slow Dancing in the Big City (1978)
    猫の箱 :  ありがとうございます。 子供の頃、テレビでやっていた「ふたりでスローダンス」をビデオにとって何度も見ていました。 当時、フィギアスケートでもアイスダンスの選手がたぶんNHK杯で演技に使っていました... (21/2/21)
  • 『衝撃の告発!QBセブン』 QB VII (1974)
    居ながらシネマ :  Stanfordさん、コメントありがとうございます。コメントいただいてからほぼ4年越しで、とうとうご覧になれたのですね。 YouTube見てみました。おっしゃるとおり音声が少し先に出ているようで、こ... (21/2/18)
  • 『衝撃の告発!QBセブン』 QB VII (1974)
    Stanford :  お久しぶりです。 ついに観ました。YouTubeで。スペイン語字幕かつ口の動きとセリフがずれている画質の悪いversionで。ここ福岡も大雪で、雪用のタイヤを持ち合わせないため、前日から職場に泊... (21/2/18)
  • 『集金旅行』 (1957)
    居ながらシネマ :  サトシさん、コメントありがとうございます。 劇場でかかったのですね。シネ・ヌーヴォのサイトを見てみましたら、松竹映画メロドラマの系譜特集だったようですが、ちゃっかり「集金旅行」も入れてしまっているの... (21/2/16)
  • 『集金旅行』 (1957)
    サトシ :  大阪にあるミニシアター「シネ・ヌーヴォ」でたった今、見終わったところです。 初見ですが主演のお二人がすごく魅力的ですし、中村登監督の洒脱な演出はビリーワイルダーのようでした。(個人的には伊藤雄之助さ... (21/2/15)
  • 『ヴェラ ~信念の女警部~』 Vera (2011– )
    居ながらシネマ :  ねこぴょんさん、コメントありがとうございます。AXNミステリーのヴェラは年中行事のようなもので、再放送が始まると「今年もいよいよ新シーズン来るか」とワクワクしながら待つようになります。 一応全部録画... (21/2/14)
  • 『ヴェラ ~信念の女警部~』 Vera (2011– )
    ねこぴょん :  2021年からこれを知りました。以降、AXNミステリーでシーズン1から見始めてドはまりしています。場所はどこかと思っていました。詳しい情報ありがとうございます。... (21/2/14)
  • 『トロン:レガシー』 TRON: Legacy (2010)
    居ながらシネマ :  さささん、コメントありがとうございます。 拙記事がお役に立てて嬉しいです。 この映画はコテコテのCGづくしですので、よけいにサムの家みたいな現実の場所が気になりますよね。 個人的にラストシーンも... (21/2/8)
  • 『トロン:レガシー』 TRON: Legacy (2010)
    ささ :  はじめまして。 サムの家はどこなんだろうと検索していた時にこちらのサイトを見つけて拝読いたしました。バンクーバーだったんですね!GoogleマップのURLも助かりました! 感想もわかりやすく比較さ... (21/2/5)
  • 『完全なるチェックメイト』 Pawn Sacrifice (2014)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 実話系の天才もの?で言えば『ビューティフル・マインド』や『シャイン』みたいに、まずい方向へ行きかけてもパートナーがいて支えたり包み込ん... (21/1/24)
  • 『完全なるチェックメイト』 Pawn Sacrifice (2014)
    Bill McCreary :  どうも、この映画を取り上げてくださってありがとうございます。『ボビー・フィッシャーを探して』が記事にされていたので、この映画も取り上げていただければと期待をしていました。今回は、感想のコメントというこ... (21/1/23)
  • 『ウィンディー』 (1984)
    居ながらシネマ :  Saiさん、コメントありがとうございます。 動画サイトへのリンク、まだ生きているようですね。拙記事がお役に立てて良かったです。 ただやはりもっときれいな画質や音質で見てみたいので、ソフトの発売やH... (21/1/22)
  • 『ウィンディー』 (1984)
    Sai :  はじめまして。 『ウインディー』情報、ありがとうございます。 原作の泉優二氏にはまっていた時期があり、氏の作品は単行本ですが今でも持っています。 映画は一度だけ観たことがあり、もう一度とおも... (21/1/21)
  • 『太陽はひとりぼっち』 L'Eclisse (1962)
    居ながらシネマ :  らっこさん、コメントありがとうございます。 ストリートビューでチェックすると教会側に窓が見えなかったので、あれ?と思ってしまいましたが、Googleの3DマップやBingマップで俯瞰で見ると裏側の塔... (21/1/19)
  • 『太陽はひとりぼっち』 L'Eclisse (1962)
    らっこ :  初めまして。印象的なきのこ型の建物が気になりこちらに辿り着きました。ありがとうございます。 ヴィットリアの母親のアパートの窓は、 サン・ピエトロ寺院の南、Chiesa di Santa Maria... (21/1/19)
  • 『評決』 The Verdict (1982)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。今年もまたよろしくお願いいたします。 おかげさまでスッキリしました。と言いたいところですが、トビン・ベルの方は矢印があってもわからないか... (21/1/18)
  • 『評決』 The Verdict (1982)
    Bill McCreary :  どうも今月も半ばを過ぎまして遅くなってしまいましたが、今年もよろしくお願いします。日本はともかく海外は、現段階渡航できる目途が立ちませんが、ご協力できるところはまたご連絡させていただくことになろうかと... (21/1/16)
  • 『コンペティション』 The Competition (1980)
    居ながらシネマ :  かんぼさん、コメントありがとうございます。 この映画の音楽、良いですよね。 私も当時サントラLP買いました。だいぶ前に処分してしまいましたが、とっておいてももうプレーヤーがないので聴けませんね..... (21/1/15)
  • 『コンペティション』 The Competition (1980)
    かんぼ :  当時、この映画が好きで、サントラ盤を買いました。もちろんLPです。 ランディクロフォードのテーマ曲も素敵です。 久しぶりに引っ張り出して聞いてみようかな。... (21/1/14)
  • 『月の輝く夜に』 Moonstruck (1987)
    居ながらシネマ :  milouさん、コメントありがとうございます。 ご指摘の場所で正解のようですね。 「West 4th Street の建物群」とは左手の背景のことと思いますが、確かに左から2軒目の少し低めの建物が... (21/1/10)
  • 『月の輝く夜に』 Moonstruck (1987)
    milou :  ネット情報ではレストラン Grand Ticino は Cafe Cluny,284 West 12th Street and West 4th Street だとあった。 確かに店の建物は似てい... (21/1/9)
  • 『ああ爆弾』 (1964)
    居ながらシネマ :  マキコ・ヨシマルさん、コメントありがとうございます。 これ本当に快・怪作ですよね。ロケ地ネタがなくてもとりあげたかった一本ですが、ネタもあってよかったです。下北沢は若い頃は時折出歩いていましたが、も... (21/1/5)
  • 『ああ爆弾』 (1964)
    マキコ・ヨシマル :  よくロケ地まで調べられてご苦労様でした。おかげで、この不思議なカイ(怪・快!?)作が より身近に感じました。... (21/1/4)
  • 『ホワイト・ドラゴン』 White Dragon / Strangers (2018)
    居ながらシネマ :  Summerさん、コメントありがとうございます。 このドラマけっこう気に入りましたが、メジャーな作品ではないと思いましたのでつい細かく書き込んでしまいました。 こういったエントリーは愛着があるもの... (21/1/4)
  • 『ホワイト・ドラゴン』 White Dragon / Strangers (2018)
    Summer :  丁寧にまとめられていて、感動しました かなり前に録画したままだったこのドラマを今日見て、とても面白かったのでネットで情報を見ていたところでした 途中7話だけ何故か録画できていなくて、こちらで詳細を... (21/1/3)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    ミズマ :  居ながらシネマ様、お役に立てて幸いです。偶然にもロケ地の南予に住むことになりましたが、いまだに皆様の見つけられた撮影場所を訪ねることができません。物語を完結させることになりそうで。 良いお年をお... (20/12/31)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  ミズマさん、ありがとうございます、見ることができました。 映画の5年前ですからほぼ同じ頃の景色ですね。人々の様子など自分にとっては(場所は別でも)懐かしい昭和の光景も見られました。イノシシさんも最初... (20/12/27)
  • 『夜叉ヶ池』 (1979)
    居ながらシネマ :  にゃるとさん、コメントありがとうございます。 実は一つ前の『はなれ瞽女おりん』で、大井川鉄道をくまなくたどったばかりで、さすがに繰り返す気力がありませんでした。 おかげさまでスッキリしました。明日... (20/12/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    ミズマ :  よみがえる新日本紀行 南伊予 YouTubeにアップされています。... (20/12/26)
  • 『夜叉ヶ池』 (1979)
    にゃると :  吊り橋は静岡県にある塩郷の吊り橋です。旧型客車を入れ込んで撮ったショットは架線や柵が写らないようにかなり苦労されたのではないでしょうか。『悪魔の手毬唄』『金田一耕助の冒険』然りですが、C11227が出... (20/12/26)
  • 『Mishima: A Life In Four Chapters』 Mishima: A Life In Four Chapters (1985)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 さりげなくレンタルしてしまうお店というのも、なかなかですね 公開されたなかったということで、逆に需要が出てきた様な気もします。DV... (20/12/26)
  • 『Mishima: A Life In Four Chapters』 Mishima: A Life In Four Chapters (1985)
    Bill McCreary :  この映画のDVD、ニューヨークの紀伊国屋書店にありまして、速攻で買っちゃいました。で、それ以前の時代に、なぜか自宅近辺のレンタルビデオ屋にこの映画のVHSがありまして、それどう考えても法律上やばいので... (20/12/24)
  • 『コンペティション』 The Competition (1980)
    居ながらシネマ :  ほかけぶねさん、コメントありがとうございます。 VHSたしか近所のレンタル屋さんにもあったような…… 今Amazonみたら、DVDも今年出たみたいですね! https://www.amazon.... (20/12/15)
  • 『Mishima: A Life In Four Chapters』 Mishima: A Life In Four Chapters (1985)
    居ながらシネマ :  milouさん、コメントありがとうございます。返信遅れてすみません。 没後50年ということで、拙サイトも頑張って当日3本アップするという無茶をやりましたが、おかげでその後サイトを見ている時間を作れな... (20/12/15)
  • 『コンペティション』 The Competition (1980)
    ほかけぶね :  VHSはありましたけどね! (20/12/14)
  • 『Mishima: A Life In Four Chapters』 Mishima: A Life In Four Chapters (1985)
    milou :  あまり関係ない話だが、三島の没後50年でもあり 芸術新潮 12月号(11月25日発売)は三島由紀夫特集。 映画については四方田犬彦氏が書いているが、 わずか2ページで、やはり三島が出演した 『... (20/12/13)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  katsuzou様 大阪を朝3時に出発して午前10時前には明浜とは、中々すごい行動力。車だと早いですね。自転車では高知からでも2日がかりでした(笑)。新型コロナ、うざい案件ですね。去年までなら、... (20/11/30)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    katsuzou :  居ながらシネマ様、 イノシシ様、 おはようございます。 今朝の3時に、大阪を出発して今、 四国、明浜に来ております。 イノシシ様、お誘い、誠にありがとうございます。今夜あたりにもお会いし... (20/11/30)
  • 『Mishima: A Life In Four Chapters』 Mishima: A Life In Four Chapters (1985)
    居ながらシネマ :  milouさん、コメントありがとうございます。 別途画像もいつもありがとうございました。明日の夜には作業できると思いますので、もう少しお待ちください。 そういえばこの映画、舞台っぽいところが「憂国... (20/11/30)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  katsuzou様 龍光寺の石段、仰せのとおりのやり方でやってみましたがどうもポジションがつかめませんでした。左の葉っぱのフォーカス加減も挑戦してみましたが中々難しかったですね。石段の角度も違い... (20/11/29)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    katsuzou :  居ながらシネマ様、 赤松様の立ち上げで本当にボリュームの多い旅の重さファンの集いに、このサイトの新人として、私自身喜んでいます。 管理人様の苦労は別として、 (すみません)。 昨年より... (20/11/29)
  • 『Mishima: A Life In Four Chapters』 Mishima: A Life In Four Chapters (1985)
    milou :  この映画はロッテルダム映画祭で 2000年 2月2日 19:30から LUXOR で見ました。 自分が見ているから "幻の映画"という強い意識は なかったが映画祭プログラムガイドの作品紹介にも ... (20/11/28)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  管理人様 掲載自体はまったく差し支えはありません。自分はKatsuzouさんのようにこだわりをもって映画のフレームを再現されているものが好きなので、なにやら申し訳ないと思い・・・。すでに掲載され... (20/11/26)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、掲載がOKならこのままにさせてください。 引きの画像があった方がわかりやすいですし、SVって時間が経つと更新されてあらぬ場所を示していたりして当てにならないことがあるんですよ。 (な... (20/11/26)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  管理人様 「<うわじま>に抜かれるショット」についてはkatsuzouさんが2019年に撮影された際の写真がすでに掲載済みですので消していただいても(掲載しなくても)大丈夫です。おまけ的に添付し... (20/11/26)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、すみません、追伸でいただいた画像をアップしそこねていました。 これは「<うわじま>に抜かれるショット」でよろしいんですよね? というわけで、皆様、本日は以下更新致しました。 ・... (20/11/25)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  katsuzou様 埋立地、katsuzouさんも同じ場所でと目をつけておられたのだったらここで間違いないですね。自分は列車を待っていたら宇和島に到着するのは無理とあきらめました。もっとも夕焼け... (20/11/25)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  管理人様、写真と記事のアップロードありがとうございました。当方、趣味でロードバイクに乗っておりまして3連休とGOTOキャンペーンをフルに利用し、高知市の自宅から松山市~伊予市~長浜町~大洲市~西予市~... (20/11/25)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    katsuzou :  居ながらシネマ様、イノシシ様、 大谷踏切、載せていただき、ありがとうございます。2年前、暑い夏の最中、 三脚を立てて、汗だくで電車を待った事を思い出しました。 踏切の撮影後、埋立地(未舗装道)を... (20/11/25)
  • 『津軽じょんがら節』 (1973)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 おっしゃるとおり、この映画、低予算がうかがえますよね。 それでも作品を量産していた斎藤監督が、その合間を縫ってあえてATGと組んで低... (20/11/25)
  • 『はなれ瞽女おりん』 (1977)
    居ながらシネマ :  赤松 幸吉さん、コメントありがとうございます。 おお、赤松さんと波長があいました。そうなんですよね、この監督さんはどうもピンとこず……ただ映画や監督についての感想などは人それぞれが当たり前なので、フ... (20/11/25)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  管理人より更新のお知らせです。 イノシシさんが連休中に自転車で回られたとのことで、ロケ地の現在の様子をメールと画像で知らせてくださいました。「通過する列車越しのショット」が新しい項目で、「トマト」「... (20/11/25)
  • 『津軽じょんがら節』 (1973)
    Bill McCreary :  どうもこちらの映画も取り上げてくださってありがとうございます。斎藤監督はほんと、「約束」での荒涼とした冬の日本海、「旅の重さ」での太陽がいっぱいの四国、日本海でも夏の日差しがまぶしい「無宿」(たしか京... (20/11/24)
  • 『はなれ瞽女おりん』 (1977)
    赤松 幸吉 :  「竹山ひとり旅」同様にこの映画も丹念にロケ地をまとめていただきました。何年経とうがこの映画に深く感動したファンが最終的にこのサイトを訪れることでしょう。 篠田正浩監督作品で(個人的に)素晴らしい... (20/11/24)
  • 『リスボンに誘われて』Night Train to Lisbon (2013)
    居ながらシネマ :  rinshoさん、お久しぶりです、コメントありがとうございます。 これはお見事大正解ですね。さっそく記事やマップに反映させていただきました。 『イマジン』は見たことありませんが、面白そうですね。ち... (20/11/23)
  • 『リスボンに誘われて』Night Train to Lisbon (2013)
    rinsho :  お久しぶりです。 ライムントが自転車と接触して転倒した場所が分かりました。 https://goo.gl/maps/zsm4wePNsnELsEX19 これは今日たまたまリスボンを舞台にした... (20/11/23)
  • 『集金旅行』 (1957)
    居ながらシネマ :  Dougさむっさん、コメントありがとうございます。 神保町シアターで上映されているのですね。私はVHSでしか見たことがないので、大きなスクリーンでの岡田さんはまた格別魅力的だったことでしょうね。本文... (20/11/22)
  • 『集金旅行』 (1957)
    Dougさむっ :  本日神保町シアターで本映画を見て感激しこのサイトにたどり着きました。これ程岡田茉莉子さんという女優さんが魅力的とは思いもよりませんでした。ショートヘアーで細身でスタイル良くお洒落で本当に言うことありま... (20/11/21)
  • 『ミステリー in パラダイス』 Death in Paradise (2011– )
    居ながらシネマ :  sandabeeさん、コメントありがとうございます。 楽しんでいただけたようで、何よりです。でも楽しい記事を書けたのも、何よりドラマ本編がとっても楽しいからですよね。 毎回ホトケさんが発見されたと... (20/11/17)
  • 『ミステリー in パラダイス』 Death in Paradise (2011– )
    sandabee :  いやぁ、詳細な内容はいまドラマを見てるのかと錯覚するくらい楽しかったです。 ありがとうございます。... (20/11/16)
  • 『竹山ひとり旅』 (1977)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、コメントありがとうございました。 それが実は本文でも書きましたが、新藤監督の撮影日記を参考にしてしまったため、けっこう機械的な作業になってしまいました。書いていても、途中で作業感が出て... (20/11/12)
  • 『竹山ひとり旅』 (1977)
    赤松 幸吉 :  居ながらさんのお気に入り映画だけに、いつになく気合が入っていますね。 これだけ根を詰めた作業はその映画によほど憑りつかれないと常人には真似ができません。 この記事に打ち込んだ「精魂」が紙面からほと... (20/11/12)
  • 『竹山ひとり旅』 (1977)
    居ながらシネマ :  milouさん、コメントありがとうございます。 おお、このエントリーでmilouさんからコメントいただけるとは。しかもそっち方面(笑)。別途ご提供いただいたチケットの画像も、後ほどアップさせていただ... (20/11/11)
  • 『竹山ひとり旅』 (1977)
    milou :  “渋谷ジャンジャン” 懐かしいですね。検索すると面白いことが… まず 開設者である高嶋進の著作では「ジァンジァン狂宴」 「ジァンジァン怪傑」「ジァンジァン終焉」なので 正解は中黒なしのジァンジァ... (20/11/10)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    居ながらシネマ :  chokupon信州さん、コメントありがとうございます。 おお、東京12チャンネルの土曜夜といえば、独占おとなの時間、じゃない、日本映画名作劇場ですね。ほとんど毎週見ていたと思いますが、『恋は緑の中... (20/11/6)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  KATSUZOUさん 自分はKATSUZOUさんが割り出した「お接待を受けた三叉路」「雨宿りで一夜の宿を乞うた漁師の家」。この2件の調査能力には簡単しました。あと津島町岩松の旅館。「棚田」や「俯... (20/11/6)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    KATSUZOU :  仕事が、ひと段落し、久しぶりに、 サイトを見ました。 『旅の重さを語る会』、 いいですねえ、コロナ禍のなければ、 四国に行きたいなぁ。 なにぶん、パートナー(妻)は、 動いては、皆んなに迷... (20/11/5)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    chokupon信州 :  UP誠にありがとうございました。私の小学3年頃の映画でしたが、何か小学生には”敷居の高い”作品ということは何となく分かりました。しかし「見てみたいなー」というのが本当のところでした。主人公の佐藤祐介さ... (20/11/5)
  • 『サード』 (1978)
    居ながらシネマ :  elphabaさん、コメントありがとうございます。 この映画、2か所で撮影されていたのですね。これはまったく気づかず、「山並み」ですべてわかったつもりになっていました。その場所に実際にお勤めされてい... (20/11/3)
  • 『サード』 (1978)
    elphaba :  小津安二郎さんの映画からたどり着きました。 このブログを読んで、40年ほど前、私の勤務していた少年院が「サード」の撮影に使われたことを思い出しました。 施設が特定されないよう注意されておられるので... (20/11/3)
  • 『三大怪獣 地球最大の決戦』 (1964)
    居ながらシネマ :  POCHIさん、コメントありがとうございます。 リンクは事前の承諾や事後のご報告など全く不要となっていますので、どうぞご自由になさってください。 位置関係のご確認ありがとうございました。大正解との... (20/10/27)
  • 『三大怪獣 地球最大の決戦』 (1964)
    POCHI :  松本在住の物ですが、素晴らしい記事ですね。感動させていただきました。私1962年生まれですのでこの数年後の松本を知っています。この位置関係で大正解だと思いますよ。楽しませていただきました。 よろしけ... (20/10/27)
  • 『カサブランカ』 Casablanca (1942)
    居ながらシネマ :  Stanfordさん、コメントありがとうございます。 詳しいレポートにびっくりです。書籍だけでもいろいろ収集していらっしゃるのですね。 こちらこそ、適当にメモしただけでしたので、たくさん情報をいた... (20/10/26)
  • 『カサブランカ』 Casablanca (1942)
    Stanford :  通行証に関して カサブランカは10回以上観ていますが、このセリフの矛盾に全く気付きませんでした。お恥ずかしい限りです。そこで色々と調べてみました。手持ちの書物3冊とネット検索もしてみました。 ... (20/10/25)
  • 『愛妻物語』 (1951)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、コメントありがとうございます。 もともとリストは殿山さんがどのくらい出ているか確認しようと思って作成し始めたのですが、ついでに他の好みの俳優さんも入れちゃえ、という感じでどんどん大きく... (20/10/25)
  • 『愛妻物語』 (1951)
    赤松 幸吉 :  よくぞ、これだけ緻密な(新藤兼人監督作品)リストを作成されたことよ! 調べてみるとこの45作以外に「らくがき黒板」(1959年 近代映画協会)というのがあって、これは短編(48分)のために監督作... (20/10/23)
  • 『裸の島』 (1960)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、コメントありがとうございます。 もうちょっとで島のオーナーになれたのですね。でも実行に移していたら、怒鳴られただけでは到底すむはずもなく、追い出されて宿禰島へ島流しとなっていたと思いま... (20/10/12)
  • 『裸の島』 (1960)
    赤松 幸吉 :  日本が世界に誇っていい究極の傑作、you tubeで無料で外国版(The naked island)が鑑賞できますので、是非、(未見の)皆さんにはこの感動作を見てもらいたい。 今回も「居ながら」さん... (20/10/9)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    ミズマ :  inagaraさま、ご返信ありがとうございます。(__) この映画は中学校の推薦映画でした。多感な時期に観たことによって、脳内に刷り込まれたのでしょうね~(笑) ... (20/10/8)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  ミズマさん、コメントありがとうございます。このサイトの管理人のinagaraです。 「少女に憧れて、家を飛び出した」とはまた凄いお話ですが、それだけ映画の少女が魅力的だったのでしょうね。 このペー... (20/10/7)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    ミズマ :   高橋洋子さん演ずる少女に憧れて、家を飛び出したのが17歳の時でした。あちこち長い旅を続けて、今南予地方に住んでおります。(^^)/ ずっと何処でロケしたのか気になっておりました。熱心に調べている方が... (20/10/7)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  高岡様 これはすごい。ご本人も「旅の重さ」をまだ現在進行形で心に抱えていることが分かりました。このトーク&ライブ(ギターも弾くんですね)は代官山などではなく、ぜひ四国で行って欲しいですね。地元で... (20/10/3)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    高岡 タケシ :  たまたま見つけました。 http://haremame.com/?s=%E9%AB%98%E6%A9%8B%E6%B4%8B%E5%AD%90... (20/10/3)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  赤松様 例えのお話です。 2又に別れているのでどっちに行くか迷った。 丁度その家の玄関が影になっていて見えづらいので、 自分が監督なら、その家に住む人に家の前に出てもらい、 水でも撒いて... (20/10/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  高岡様 拝見しました。似たシチュエーションですがカメラの置き位置に苦労しそうですね(笑)。先日司馬遼太郎の「街道をゆく 南伊予・西土佐の道」を読んだのですが、その中に「かつて花神の取材のためにこ... (20/10/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  イノシシ さま ***「俯瞰の三叉路」で少女はある民家の玄関に入ろうとします。あれはどういう演出意図なんでしょう?道を尋ねるなら家の前で水撒きでもしている人に尋ねたほうが自然。*** あ... (20/10/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    高岡 タケシ :  イノシシ様 こちらこそマップのURL 貼り付け出来ていませんでした。 正しくは目黒217です。 よろしくお願いします。... (20/10/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  高岡タケシ様 ごめんなさい。先ほどの投稿、書きかけのものを誤って投稿してしまい管理人さんに削除をお願いしようと思っていたところでした。後半のコピペがそのままですし、誤字・脱字が多くて申し訳ありま... (20/10/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    高岡タケシ :  イノシシ様 そろそろ(旅の重さを語る会)開催したいですね。 ますや家具店さんの商圏については私も同感でして、琺瑯看板の宝庫 旧国道を徹底的に探索しております。 俯瞰の三叉路ですが、KATSUZO... (20/10/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  ポストですが、背景に映る「ますや家具店(宿毛市)」は現在も現存しています。 https://www.google.com/maps/@32.9365406,132.7280193,3a,75y,... (20/10/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、中里介山です(笑) 長すぎますよね、このページは。ルナールの博物誌の蛇です。 本文だけでなく皆様のコメントも膨大なものになっていて、全体が把握しづらくなっていますよね…… 私も老眼... (20/9/30)
  • 『私立探偵ダーク・ジェントリー』 Dirk Gently's Holistic Detective Agency (2016-2017)
    居ながらシネマ :  ポニーさん、コメントありがとうございます。 これホントに「わけわからんぞ」となりつつ不思議な魅力があって、見続けたらハマってしまうドラマですよね。 最初のうちに脱落してしまう人もきっと多いでしょう... (20/9/29)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  赤松様  「居ながらシネマ」というこのサイトはピックアップされている作品の数も膨大で、そのほとんどが海外作品という特異なものだと思います。その中のONE OF THEMである「旅の重さ」ですが、... (20/9/28)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  イノシシ様 情報提供ありがとうございました。 確かに、居ながらさんの記事や皆さんのコメントを読めば、このブログですでに特定されています。 「旅の重さ」のページは中里介山の『大菩薩峠』かプルー... (20/9/28)
  • 『私立探偵ダーク・ジェントリー』 Dirk Gently's Holistic Detective Agency (2016-2017)
    ポニー :  最近この作品と出会った新参者です! シーズン1の1話目を初めて見た時に、正直「おっと、これはわけわからんぞ…」となったんですが、理解できないながらも惹きつけられるものがあり気づけば最後まで見終わって... (20/9/28)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  赤松様 半分はすでに解き明かされています。 「夕陽の堤防の少女」(0分51秒) ⇒これは西海町の鹿島ですね。 「少女が立っている岸壁(2分14秒)」⇒これは岸壁ではなく大月町大堂海岸の展望台で... (20/9/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  イノシシ様 貴説は納得しました。やはり、実際、四国に住んでいる人の土地勘には敵わないということでしょうか(ただ、さらに調査してみる必要はあるでしょう)。 予告編で本編には登場しない南四国の... (20/9/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  赤松 幸吉様 映画のロケ日程がどうであったか。 映画の最後のシーンは旧西海町と城辺町ですから 土佐清水市の下川口から言うと大きく戻ります。 あと、麦藁帽子のシーンですが、 ほとんどの... (20/9/27)
  • 『レッズ』 Reds (1981)
    居ながらシネマ :  あまり関係ありませんが、俳優として出演していたイェジー・コジンスキー原作の『異端の鳥』が来月公開になるようです。そのタイミングでこのエントリーに初めてコメントいただいたのも偶然以上の何かでしょうか。 ... (20/9/26)
  • 『レッズ』 Reds (1981)
    居ながらシネマ :  高橋ヒルツさん、コメントありがとうございます。 おお、ご覧になったのは中学生の時でしたか。私は社会人になってからでしょうか。中学の時は『恐竜時代』とか『猿の惑星』のお猿さんが現在の地球にやってくる映... (20/9/26)
  • 『蜜の味』 A Taste of Honey (1961)
    居ながらシネマ :  milouさん、コメントありがとうございます。 遅くなりましたが、校庭についていただいた情報をもとに追記しました。 『蜜の味』は当初まったく歯が立たないかと思いましたが、IMDbのリストが詳し... (20/9/26)
  • 『サヨナラ』 Sayonara (1957)
    居ながらシネマ :  遅くなりましたが、空港再確認しました。 全部で3箇所出てきますが、どの箇所のご指摘なのか分かりませんでしたので列記しますと…… 最初は軍用機が多く写っていますから、どこかの空軍基地ではないでしょう... (20/9/25)
  • 『レッズ』 Reds (1981)
    高橋ヒルツ :  中学生の時に観て、又、四十年振りにインターナショナルのシーン見せていただき、感激です。まさか何十年後に観ることができるとは夢にも思いませんでした。ありがとうございました。... (20/9/24)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  イノシシ さま 「麦わら帽子購入、赤いポストの投函シーンは宿毛(高知県)である可能性」はまずないと信じています。 私がそう信じている理由として、斎藤耕一監督が撮影に入る前、どこかにこの映画... (20/9/21)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  katsuzou様 確かに、当時の新聞記事で「宿毛などでロケ」となっていますが、これまで判明しているシーンで宿毛は全くありませんから、麦わら帽子購入シーン、赤いポストの投函シーンは宿毛である可能... (20/9/20)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    katsuzou :  PS, そうそう書き忘れておりました。 イノシシ様、また、愛媛県に行くようなことがあれば、松野町まで 足を伸ばしてみてください。 以前、とらやホテルの女将さんのお話をお伺いした折、旦那... (20/9/18)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    katsuzou :  居ながら様、次々と詳細情報が見られて楽しく閲覧しております。 旅の重さ聖地巡礼は、ただ画角を調整して撮影することも1つの楽しみでもありますが、 もう一つの楽しみは、その場所に行き、そう変わらないで... (20/9/18)
  • 『蜜の味』 A Taste of Honey (1961)
    milou :  振った以上(?)チェックしないわけにはいかないのだが… imdb に比較的細かい記載があり、ほかのロケ地サイトを見ても正解だと思われる。しかし残念ながら風景が現在とは激しく違うので確定的に言えない気... (20/9/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  >高岡 タケシさん そろそろ「乞食遍路のロケ現場&潜水橋、発見おめでとう飲み会」実施せねばなりませんね(笑)。今回はロケ地探訪というよりも、一度宇和島までロードバイクで旅してみたく、その道中に津... (20/9/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  高岡 タケシさま よくぞ気が付かれましたね。 確かに38:03頃、三國連太郎の背中にかけられたタオルに、(裏返しになっているので逆文字になっていますが)「酒井商店」と読み取れます。 拡大... (20/9/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    高岡 タケシ :  イノシシ様 ご無沙汰しております。高岡です。 ロケ地探訪お疲れ様でした。 実は ロケ地が判明した後で 下川口天満宮での三国連太郎さんの入れ墨のシーンで、背中にかけられたタオルに、不鮮明ですが ... (20/9/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、いろいろとありがとうございます! 管理人からログアウトして一般ユーザーとして試してみましたが、確かにキャプチャーコードは使いづらいですね(長い間すみませんでした……)。 先ほどとりい... (20/9/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  さらにこのコメント欄の入力についての補則です。 「居ながらシネマ 旅の重さ」のページにアクセスした瞬間に キャプチャコードの有効時間のカウントダウンが始まりますので、 ページを閲覧した後、そのま... (20/9/15)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  赤松様 その節はありがとうございました。 確かに…。 麦わら帽子を強調している商店のカットがあり、 その中で少女は帽子のひとつを手にして、 次のカットは畑に植わったトマトの上から 麦わ... (20/9/15)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  みなさま、コメント入力でいろいろお手間いただいてしまって、申し訳ありません。 1.受け付けられない 2.受け付けられてもすぐに反映されない。 等発生しているようですが、当面コメントの判定はこ... (20/9/15)
  • 『サヨナラ』 Sayonara (1957)
    居ながらシネマ :  コメントありがとうございます。 「羽田空港」も伊丹空港だったということでしょうか? ひええー、後で確認して直しておきます。 ありがとうございました!... (20/9/15)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  イノシシさま 「 PS: 麦わら帽子、購入のシーンってありましたっけ?」 「ありました。」 3分44秒(列車が少女の横を通り過ぎる後ぐらい)まで少女は無帽で歩いています。 3分... (20/9/15)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  ちなみにキャプチャーコードは半角入力のようです。 (20/9/14)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  それとここへの投稿ですが入力中に時間が経過しすぎると、キャプチャコードが認識されなくなるようです。10回ほど投稿失敗したら新たなキャプチャーコードに切り替わりますので、それで投稿すると大丈夫だと思いま... (20/9/14)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  katsuzouさん コメントいただきありがとうございます。三谷遍路と出会うシーンは高岡タケシさんが場所を割り出されたことが大きいです。高知市在住の自分はロードバイクに乗るのが趣味で、コロナ禍が... (20/9/14)
  • 『サヨナラ』 Sayonara (1957)
    匿名 :  空港は今の伊丹空港ですね (20/9/14)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  Katsuzouさんから、コメントがうまく書き込めなかったとのご連絡をいただきました。 以下メールの内容をそのまま転載させていただきます。 (皆様へ:もし今後コメントが書き込めないことがありました... (20/9/11)
  • 『小さい逃亡者』 (1966)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 これは凄い、よく見つけられましたね。 焼いたディスク引っ張り出してサーカス公演シーン、見返してみました(24分頃)。ご紹介のPDFに... (20/9/6)
  • 『長距離ランナーの孤独』 The Loneliness of the Long Distance Runner (1962)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 おお、この映画お好きでしたか。原書にまで手を伸ばすとは、凄いです。 なるほど『愛と希望の街』も同じ年でしたね。そこから先、日本は... (20/9/6)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさんから男性遍路と出会う場面のロケ地の最新画像を送っていただきました。 「男性のお遍路さん」にコメントとともに掲載させていただきましたので、どうぞご覧ください。 今もなお、映画と同じ建物を... (20/9/6)
  • 『小さい逃亡者』 (1966)
    Bill McCreary :  すみません。映画は未鑑賞なので情報ということで。 https://www.smt.jp/honepro/pdf/42762.pdf 仙台でもロケーションがされていたようですね。旧ソ連のシー... (20/9/5)
  • 『長距離ランナーの孤独』 The Loneliness of the Long Distance Runner (1962)
    Bill McCreary :  どうも、私の好きな映画を取り上げていただきましてありがとうございます。 この映画と原作、どちらを先に鑑賞したかは記憶にありませんが、原作を読んだ後おもわず原書を買ってしまいました。 ところ... (20/9/5)
  • 『長距離ランナーの孤独』 The Loneliness of the Long Distance Runner (1962)
    居ながらシネマ :  milouさん、コメントありがとうございます。 おお、いかにものこの2本立て、当時名画座でご覧でしたか。さすがです :smile: 私はだいぶあと、VHS時代に近所のレンタル屋で「いかにも」なのが... (20/9/4)
  • 『長距離ランナーの孤独』 The Loneliness of the Long Distance Runner (1962)
    milou :  おお、まさに『長距離ランナーの孤独』と『土曜の夜と日曜の朝』の 2本立てを(1966年)8月30日!!に名画座で見ている(いかにもの組み合わせ?) 次はリチャードソンの『蜜の味』??(これも同年 ... (20/9/3)
  • 『エクウス』 Equus (1978)
    居ながらシネマ :  Biancaさん、コメントありがとうございます。 きっと録画日時をきちんと記録されていらっしゃったのですね。 今ですとタイトルや放送日時は自動的に記録されるので気軽にどんどん焼けますが、ビデオカセ... (20/9/2)
  • 『エクウス』 Equus (1978)
    Bianca :  こんばんわ。私は1987年8月に深夜TVからの録画ビデオを見ています。きょう「サラブレッド」を見て「エクウス」を思い出したので、記録を調べてみました。... (20/9/2)
  • 『サンタ・ビットリアの秘密』 The Secret of Santa Vittoria (1969)
    居ながらシネマ :  世四郎さん、そんなカップリングCDがあったのですね。これも知りませんでした。どうせなら『おかしなおかしな世界』とか『愚か者の船』とかも一緒にしてくれれば良いのに(笑) 監督は違いますが、『戦争のはら... (20/8/30)
  • 『非行少女』 (1963)
    居ながらシネマ :  河崎亨さん、遅くなりましたが記事更新させていただきました。 そういえば喜多見の氷川神社は行ったことがあるはずでしたが、まったく気づきませんでした。まさか都内だったとは……。鶏小屋や林もそうですが、苦... (20/8/30)
  • 『サンタ・ビットリアの秘密』 The Secret of Santa Vittoria (1969)
    世四郎 :  せめて「渚にて」と併せて収録されているサントラの日本版が出ればいいんですが 輸入CD以外は手に入らないみたいです... (20/8/29)
  • 『サンタ・ビットリアの秘密』 The Secret of Santa Vittoria (1969)
    居ながらシネマ :  世四郎さん、嬉しい情報ありがとうございます。 Amazon見たらBlu-rayも出るみたいですね。以前教えていただいたアメリカ盤を持ってきているのでしょうけど、いずれにせよ有り難い話です。 記事の... (20/8/29)
  • 『サンタ・ビットリアの秘密』 The Secret of Santa Vittoria (1969)
    世四郎 :  「サンタ・ビットリアの秘密」のDVDがついに日本国内でも発売されます HDリマスター版が10月21日に発売、昨日から予約開始されています 原作を改めて読むと、実際にあったというエピソードを基に書か... (20/8/28)
  • 『非行少女』 (1963)
    居ながらシネマ :  河崎亨さん、コメントありがとうございます。自動処理で保留扱いになってしまい、表示が遅れて申し訳ありませんでした。 貴重な情報ありがとうございました! やたら高い狛犬の神社が判明しただけでもスッキリ... (20/8/25)
  • 『非行少女』 (1963)
    河崎亨 :  初めまして。 本作はとても好きな作品で、個人的に当時の関連記事などを渉猟しております。 それによると、22分あたりで登場する神社は東京、世田谷区は喜多見の氷川神社だそうです。「広い畑、おあ... (20/8/24)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、ゲレンデに関してはまだ調査中です。下界の建物がかろうじて見えるので、かなり精密に特定できるはずなのですが、いまだしっくりくる場所を見つけられません。 でも、吊橋の方は... (20/8/22)
  • 『悲情城市』 悲情城市 A City of Sadness (1989)
    山田みどり :  居ながらシネマさん、本当にこの作品はプレミアム価格のしか出回っていませんね。私が「悲」を「非」と間違えたばかりに少しお安いのが見つかったのは奇跡です。(でも、裏に¥4800とあるのがミスプリなのでしょ... (20/8/19)
  • 『悲情城市』 悲情城市 A City of Sadness (1989)
    居ながらシネマ :  山田みどりさん、値段がピンとこなかったのでAmazon見てみたら、DVDがプレミアム価格になっていたのですね。私は日本盤は持っていないので、お手軽価格になるまではおあずけですね……。 手元にあるのは... (20/8/19)
  • 『悲情城市』 悲情城市 A City of Sadness (1989)
    山田みどり :  居ながらシネマさん、お返事有り難う御座いました。私はクーリンチェ、とかまだ観たことは無いのですが、この映画の歴史的な意味とか表現とか改めて味わいながら、見返して行きたいと思います。そして偶然にも、私も... (20/8/18)
  • 『悲情城市』 悲情城市 A City of Sadness (1989)
    居ながらシネマ :  山田みどりさん、コメントありがとうございます。 この映画は見終わった後、自分であれこれこのあたりのことを調べたくなりますよね。 学校ではほぼ習わないことかと思いますが、自分で調べるからまた興味も持... (20/8/18)
  • 『悲情城市』 悲情城市 A City of Sadness (1989)
    山田みどり :  台湾の人がこんなに悲しい目に遭っていたとは今の今まで知りませんでした。丁度終戦の日に視聴しました。台湾の李登輝元総統のお葬式があったばかりで、李登輝氏が総統になった後にこの作品が完成したのは歴史的な意... (20/8/17)
  • 『ダイナマイトどんどん』 (1978)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 今度はフェリーの旅ですか。 折尾駅はもはや映画の雰囲気は跡形もないですね。……と思ったら、「お、いい景色です」とキャプションつけ... (20/8/17)
  • 『ダイナマイトどんどん』 (1978)
    Bill McCreary :  7月にたまたま折尾駅で乗り換えまして、あれ、これ『ダイナマイトどんどん』のロケ地だったところじゃんと思い出しまして、写真を撮りました。下手な写真ですし、トマソン的物件も撮影できなかったのですが、参考写... (20/8/15)
  • 『おしゃれ泥棒』 How to Steal a Million (1966)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 『赤い疑惑』の住所表示の話面白いですね。共通して同じ住所で、しかも実在する番地ということですよね。<自慢>説も案外ありだったりして :... (20/7/22)
  • 『おしゃれ泥棒』 How to Steal a Million (1966)
    Bill McCreary :  >ニコルをタクシーに乗せた時シモンが住所を言いますが(”38, rue Parmentier”)、そのまんまそこにあったようです。 すみません。情報そのものではないのですが、この件にかかわる話と... (20/7/20)
  • 『リリハマー』 Lilyhammer (2012-2014)
    居ながらシネマ :  Mina Hryさん、コメントありがとうございます。 このドラマで反応いただけるとは、うれしいです。もう終了してしまいましたが、最初のアイデアが良いですし、おとなしくしているわけがない主人公がじわじ... (20/7/9)
  • 『約束』 (1972)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 『ショーケン』をAmazonで見たら、交友関係の記述が主なようですが、出演作もあれこれ触れているのでしたら、手元に置いて資料的に役立ち... (20/7/9)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 スキー場の情報ありがとうございます。列車走る場所が気になっていたのですが、これでわかると良いですね。終末にでもトライしてみます。 ト... (20/7/9)
  • 『リリハマー』 Lilyhammer (2012-2014)
    Mina Hry :  先日初めてNetflixでリリハマー にどハマりになり一気観でした。 特にNorwayの街の様子やNorwayの自然にも感嘆ですっかりNorwayのファンに。またこのストーリーの構成も大好きです。心... (20/7/8)
  • 『約束』 (1972)
    Bill McCreary :  すみません、ロケ地ネタではないのですが、萩原の著書「ショーケン」からのトリビアということで。ご存知でしたらすみません。 もともとこの映画は中山仁主演だったのですが、女優選びに難航(岩下志麻で決ま... (20/7/7)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    Bill McCreary :  >ゲレンデ 不明 萩原の著作「ショーケン」の単行本を参照しましたところ、「黒姫スキー場」だそうです(p.153)。こちらですかね? https://ja.wikipedia.org/wi... (20/7/7)
  • 『ナタリーの朝』 Me, Natalie (1969)
    居ながらシネマ :  だんだんさん、コメントありがとうございます。 いやほんと、あれからうん十年ですね。 :roll: 私は70年代に名画座鑑賞の後、おそらく90年代ぐらいにVHSを手に入れて、それを大事にとってあ... (20/6/24)
  • 『ナタリーの朝』 Me, Natalie (1969)
    だんだん :  学生の頃、本を読みました。あれからうん十年、いまだに映画を観る機会がないままです。突然思い出して検索していました。YouTubeで探してみます。 皆さんのコメントもいいですね。益々映画を観たくなりま... (20/6/23)
  • 『遠雷』 (1981)
    居ながらシネマ :  『サード』書きました。 https://inagara.octsky.net/saado... (20/6/14)
  • 『ときめきに死す』(1984)
    居ながらシネマ :  すみません、上の方で三島由紀夫のお家が数年前解体されてしまった、とか書いてしまいましたが、先週近くを散歩したら、まだしっかり建っていました。以前散歩したとき、一本隣の道で新築が何軒か建っていたので、て... (20/6/14)
  • 『曼陀羅』 (1971)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 鳥取砂丘で正解でしたか。 あとは船をこぎ出した浜がやはり気になっていて、時々マップをチェックしていますが、まだわかっていません。 ... (20/6/14)
  • 『曼陀羅』 (1971)
    Bill McCreary :  こんにちは。特にこの映画のロケ地探求という意味ではなかったのですが、実相寺監督の研究本を読んでいましたら、桜井浩子のインタビューがありまして、彼女が >鳥取砂丘とか龍安寺とか行ってね。(p.25... (20/6/13)
  • 『人魚伝説』 (1984)
    居ながらシネマ :  Stanfordさん、コメントありがとうございます。こちらこそお久しぶりです。 なるほどパンフレット参考になりますね。おそらく大半が伊勢志摩で、特に海中公園がからむところだけ勝浦といった組み合わせか... (20/5/29)
  • 『人魚伝説』 (1984)
    Stanford :  こんにちは。以前QVセブンにコメントを残した者です。お久しぶりです。巣ごもり生活で断捨離をしていたら、1984年の第9回湯布院映画祭のパンフレットが出てきました。その1日目に人魚伝説が上映されていまし... (20/5/28)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    居ながらシネマ :  とら猫金太さん、コメントありがとうございます。 成城でしたか。設定上も全然不自然ではなく、むしろチェックしなかったのがうかつでした。 おかげさまでスッキリしました。後ほど記事に反映させていただきま... (20/5/28)
  • 『遠雷』 (1981)
    居ながらシネマ :  鬱飲み屋さん、海外在住でいらっしゃいましたか。 それでいながらピンポイントでローカルな話もまた楽しいですね :smile: 空撮で過去の町並みを見返すと、タイムトラベルをしているようで面白いで... (20/5/28)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    とら猫金太 :  はじめまして。今日WOWOWで放送したのを観まして、ロケ地を扱っているところがないかなと検索していてたどり着きました。最後の自転車を押していて倒れるところは成城の街並みで、右から左へ女学生が歩くのでわ... (20/5/27)
  • 『遠雷』 (1981)
    鬱飲み屋 :  是非宇都宮探訪して下さい。私は国外なので年内行けるか分かりませんが、海外出張が解禁になればまた頻繁に帰国します。 遠雷の頃の宇都宮は国鉄(JR)の駅の西側が市内で、駅の東側は建物が少なく、農地が... (20/5/26)
  • 『遠雷』 (1981)
    居ながらシネマ :  鬱飲み屋さん、追加コメントありがとうございます。 なんと香蘭まで覚えていらっしゃるとは。 宇都宮が餃子の街としてプッシュするようになったのはついここ20年ぐらいのイメージでしたが、実際にはその前か... (20/5/25)
  • 『遠雷』 (1981)
    鬱飲み屋 :  追加情報です。 あやこの勤務先のガソリンスタンドの斜向かいにあるステーキ屋さん(ランチを食べるお店です)の店名は変わっておりません。旧ロゴのステーキ宮の看板が確認出来ました。ロケに使われた越戸店は行... (20/5/25)
  • 『遠雷』 (1981)
    鬱飲み屋 :  上の項目で確認しましたが、お店のあった場所は既に特定されていたんですね。さすがです! ATG時代の永島映画は名作揃いですよね。「サード」も大好きな映画です。... (20/5/25)
  • 『遠雷』 (1981)
    鬱飲み屋 :  「夜間学校」の会った位置をグーグルマップで調べてみましたが、今は面影すらありません!お好み焼き店が入る店舗みたいです。 https://www.google.com/maps/@36.55909... (20/5/25)
  • 『遠雷』 (1981)
    鬱飲み屋 :  返信有難うございます。 餃子の香蘭の看板も懐かしいですね。かまがわ付近はよく自転車で走り回ってました。宇都宮にはなぜか、香蘭、紅蘭などの店名が多かったです。夜の街でロケされた東武駅裏通りは、小学校の... (20/5/25)
  • 『遠雷』 (1981)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 以前JRの駅前の画像拝借しましたが、今度は東武線の方ですね。映画ですと夜の街はなかなかの盛り上がりでしたが、今はもう面影がないようで…... (20/5/19)
  • 『遠雷』 (1981)
    鬱飲み屋 :  申し訳ございません。お店の綴りを間違えました。大晃大飯店だったと思います。New108ビル開業当初(1980年)から入っていたお店のはずです。自分にとって初めてガチの中華料理を食べたお店で、今でも忘れ... (20/5/19)
  • 『遠雷』 (1981)
    Bill McCreary :  ビルのSVなど拝見しました。実は今年の2月、ちょうど東武宇都宮駅を利用しました。当該のビルの写真は撮らなかったので記事へのご協力はできないのですが、ただかなり周囲も荒れ果てていたし、またSVで観た限り... (20/5/19)
  • 『遠雷』 (1981)
    居ながらシネマ :  鬱飲み屋さん、コメントありがとうございます。 もうなくなってしまったのは残念ですが、店名もおかげさまでわかりましたので、これで完全にスッキリです。 宇都宮にお住まいでしたか。「親族の会食で良く利用... (20/5/19)
  • 『遠雷』 (1981)
    鬱飲み屋 :  現在はもうありませんが、お見合いのレストランはニュー108(トーヤ)ビルの中に入っていた中華料理店大幸だと思います。1981年当時宇都宮の小学生でしたが、親族の会食で良く利用していたから覚えています。... (20/5/18)
  • 『約束』 (1972)
    居ながらシネマ :  田中ヤスコさん、コメントありがとうございます。 またお褒めの言葉、恐縮です。 特にこのページなどは、ご覧いただいた方々から多くの情報を寄せていただいて成り立っているようなものですので、皆様には本当... (20/5/12)
  • 『約束』 (1972)
    田中ヤスコ :  素晴らしいサイトですね!今日またCATVで何度目かの「約束」を見ました。つい放送に気付いてしまい見始めると途中で止められない・・。で、いろいろ検索していてこちらにも辿り着きました。こういった親切丁寧な... (20/5/12)
  • 『赤ちゃんよ永遠に』 Z.P.G. (1972)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 DVD出ていましたか。そして買われましたか :smile: 仰る通り、いまから見返すとちょっと時代遅れの雰囲気が漂っていますよね... (20/5/10)
  • 『赤ちゃんよ永遠に』 Z.P.G. (1972)
    Bill McCreary :  この映画のDVDが発売になりましたね。 https://www.amazon.co.jp/dp/B07XFH66P4 誰が買うんじゃいという気がしますが、ここにいるのでさっそく購入手続きを... (20/5/9)
  • 『ドクトル・ジバゴ』 Doctor Zhivago (1965)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、情報ありがとうございます。 駅はこれでバッチリですね。後ほど記事に反映させていただきます。 他にもIMDbのリストはかなり増えているので、何か見つけられるかもしれま... (20/5/7)
  • 『ドクトル・ジバゴ』 Doctor Zhivago (1965)
    Bill McCreary :  こんにちは。昨日(5月6日)この映画のIMDbのロケ地をチェックしましたところ、気づいたところがあったので。 >一家が降りた駅 これはセットではなく実在する駅のように見えますが、場所はSori... (20/5/6)
  • 『ドクトル・ジバゴ』 Doctor Zhivago (1965)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、『ドクトル・ジバゴ』BSで放送されたのですね。HD画質で手元に置いておきたかったかも…… > アレック・ギネスなんかは、まるっきりソ連の軍人にしか見えませんね ... (20/5/6)
  • 『ヴェラ ~信念の女警部~』 Vera (2011– )
    居ながらシネマ :  monicaさん、コメントありがとうございます。 私も大好きで、毎年AXNミステリーの放送を楽しみにしています。 > エイデンもジョーより長くなりましたね おー、そうでしたか、気づいてい... (20/5/5)
  • 『ドクトル・ジバゴ』 Doctor Zhivago (1965)
    Bill McCreary :  どうも、本日この映画がNHKのBSで放送されていたので録画しまして、『レッズ』と『外人部隊フォスター少佐の栄光』と一緒に、駅のシーンを確認しちゃいました。どれもまさにばっちりマドリードの施設ですね。そ... (20/5/5)
  • 『ヴェラ ~信念の女警部~』 Vera (2011– )
    monica :  Vera、大好きなドラマです。 シーズン9までaxnミステリーで観ましたが、9の最後のシーンが、なんとなく『完』というおわりかただったので、veraもお年だからそろそろ完結かなあと思っておりましたが... (20/5/5)
  • 『約束』 (1972)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、旅館は橋の上から「あそこに見える旅館で」だけで待ち合わせしてますから、結構大ざっぱな設定ですね :wink: 場所は、部屋のショットから建物がRCの4階建て以上だとわ... (20/5/3)
  • 『約束』 (1972)
    高岡タケシ :  〒916-0426 福井県丹生郡越前町米ノ51−77 養泉寺付近 https://goo.gl/maps/aFmypa8pbk3yzBWA8 墓参に向かうシーンはこちらではないでしょうか? 五幡... (20/5/3)
  • 『約束』 (1972)
    Bill McCreary :  >おそらく越前岬近くのこちら(越前町玉川) これはすごいですねえ。よく見つけられましたね。この記事読んですぐ映画を確認しちゃいました。設定では街(羽越市?)の郊外ということなのでしょうが、敦賀か... (20/5/3)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    居ながらシネマ :  幡羅ッ子さん、コメントありがとうございます。 もしや地元の方でしょうか。だとしたらとても嬉しいです :smile: 「常磐プール」で検索したら、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアン... (20/5/3)
  • 『早春』 (1956)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 日本全国、いや世界中が「居ながら」になってますね :smile: 拙サイトもここ1,2ヶ月アクセスがぐっと増えているのですが、きっと... (20/5/3)
  • 『約束』 (1972)
    居ながらシネマ :  こうもお天気が良いとせっかくのGW出かけたくなりますが、ひたすら自粛中。お籠もりを利用してこつこつ更新しているところです。 待ち合わせたものの逢えなかった旅館は、越前岬近くで見つけましたが、おそらく... (20/5/3)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    幡羅ッ子 :  映画内で使われたプールは深谷市常盤町にあった常磐プールです。おそらく古郡工務店関係か?... (20/5/3)
  • 『早春』 (1956)
    Bill McCreary :  こんにちは。最近コメントが多いのは、家にいる時間が多く、貴サイトで取り上げておられる映画の鑑賞も多いので、必然的に「おお!」ということが増えていることによります。ご迷惑ということもないかもですが、よろ... (20/5/2)
  • 『約束』 (1972)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、「旅の重さ」は95%でこの「約束」は30%くらいですか、ひえ~~ \(◎o◎)/ まだまだがんばります(笑) 最初の頃に比べればだいぶ腕も上がってきたので、もう少しなんとかなるかもしれ... (20/4/30)
  • 『約束』 (1972)
    Bill McCreary :  赤松様 どうも、過分なお言葉ありがとうございます。斎藤監督に直接お問い合わせをされたというその行動力には感服しております。赤松様のコメントが「旅の重さ」のロケ地解明の一歩だったわけで、私も感謝の... (20/4/30)
  • 『約束』 (1972)
    赤松 幸吉 :  Bill McCreary さま 津市のロケ情報、どうも有り難うございました。 当時(1972年)、「約束」のロケ地周りをしたとき、津市や三重刑務所も訪れようと思いながら、結局行けなかった場所で... (20/4/30)
  • 『約束』 (1972)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 ご紹介の記事、興味深く読ませていただきました。 刑務所撮影の件は、なるほどという感じですね。 あと、久々に自分の記事のSVを開いて... (20/4/30)
  • 『約束』 (1972)
    Bill McCreary :  すでにご存知かもしれませんが、津市でのロケについての面白い記事がありましたのでご紹介します。 https://ja-jp.facebook.com/FCrockez/posts/25043385... (20/4/29)
  • 『複製人間の恋』 Four Sided Triangle (1953)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、情報ありがとうございます。 教会、確かに映画に登場したものでした。後ほど記事に追記しておきます。 まあいかにもイギリスのミステリードラマに出てきそうな場所ですね(『... (20/4/26)
  • 『ジャガーノート』 Juggernaut (1974)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 (毎度おなじみ? いったん非表示となってしまっていて、済みませんでした) 『新幹線大爆破』は『動脈列島』とかぶってますよね。 ... (20/4/26)
  • 『複製人間の恋』 Four Sided Triangle (1953)
    Bill McCreary :  すみません。未見ですので、このような情報があるということで。 >教会 調査中。 IMDbのロケーションが追加されていまして、 >St Michael's Church, Bray,... (20/4/26)
  • 『ジャガーノート』 Juggernaut (1974)
    Bill McCreary :  昨日この映画を観ることができました。 それで、最初『新幹線大爆破』はこの映画を参考にしているかもと思いましたが、『ジャガーノート』の日本公開が1975年の3月21日で、Wikipedia『新幹線... (20/4/26)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    居ながらシネマ :  利雄さん、コメントありがとうございます。 おお、当時実際に見に行かれたのですか。 これは凄い証言をいただきました :grin: 場所はそこで正解でしょうか。実はいまいち自信がありませんでした。 ... (20/4/21)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    利雄 :  鶯谷の電話boxはなかった様な記憶があります。 当時現地に見に行きました... (20/4/20)
  • 『エスパイ』 (1974)
    居ながらシネマ :  『沈黙』の主演俳優さんについてですが、これはよくお調べになりましたね。収集されたデータを拝見する限り、調査結果の確度はかなり高いと思われます。 何より子供の顔が似ているのが、安心材料ですね :win... (20/4/13)
  • 『エスパイ』 (1974)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、日本人が白人を堂々と演じてしまう件ですが、やはりそれなりの濃い面構えが必要かもしれませんね。あくまで見ている日本人が納得できればそれで良いわけですが。 今月日本映画専... (20/4/12)
  • 『スパイ・ゲーム』 Spy Game (2001)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、こちらでも画像を1枚拝借しました。ありがとうございます。 旅行記をさかのぼって拝見していたら、唐突にシルヴィ・ヴァルタンと握手した記事が出てきて、なんだかうらやましく... (20/4/12)
  • 『ミモラ 心のままに』 Hum Dil De Chuke Sanam (1999)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 画像1枚お借りしました。 この橋は映画でよく見かけるような気がしますが、去年終わってしまったレッドブルエアレースで、このあたりの... (20/4/12)
  • 『スパイ・ゲーム』 Spy Game (2001)
    Bill McCreary :  西駅でご協力ができます。ただ紹介されている写真と似ています。2007年の写真です。 https://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/849f6c78cc19615275160... (20/4/12)
  • 『ミモラ 心のままに』 Hum Dil De Chuke Sanam (1999)
    Bill McCreary :  >イタリア編でシンボリックに登場するランドマーク。 ブダペスト市内、ドナウ川にかかる橋の中でおそらく一番有名なものがこれ。 2006年12月に撮影した写真がありました。 https://... (20/4/12)
  • 『エスパイ』 (1974)
    Bill McCreary :  こんにちは。こちらのコメントは、映画に関する雑談ということで。 >インド人(であるはず)のサラバッド師に岡田英次。 悪役逆エスパイのウルロフに若山富三郎。 現在ではさすがにあまりないと思... (20/4/12)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  Watsonさん、コメントありがとうございます。 恥ずかしながら素九鬼子さんが最近亡くなられていたこと、知りませんでした。個人的には確か映画の方が先で、70年代後半に角川文庫でようやく読んだ記憶があ... (20/4/11)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    Watson :  管理人様、始めまして。 素九鬼子さんが亡くなられ、アチコチ検索しているうちにたどり着きました。 始めて「旅の重さ」を見てから、もう半世紀近くが経ちました。名画座にかかるたびに何度となく足を運び、3... (20/4/10)
  • 『小原庄助さん』 (1949)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、次の週末とか書きましたが、気になったので再度チェックしてみました。その結果、最後に紹介いただいたリンク先の建物とは別でしたが、すぐ近くで映画に出てきた立派な門と同じもの... (20/4/6)
  • 『小原庄助さん』 (1949)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、情報ありがとうございます。 屋敷の場所ですが、最初に記事を書いたときに地形から結構絞り込めていてもうちょいのところで力尽きていました(笑)。最後に紹介いただいたリンク... (20/4/5)
  • 『ホワイト・ドラゴン』 White Dragon / Strangers (2018)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 またまたコメント表示がいったん保留になっていてすみません。 先ほど画像をいただいて記事に反映させていただきました。 今回もバッチリ... (20/4/5)
  • 『小原庄助さん』 (1949)
    Bill McCreary :  >屋敷 調査中。 今残っていたとしてもおそらくプライベートな物件でしょうから、記事にするのは難しいかもしれません。 映画を未見ですので、正しいかどうか判断できませんから、あくまでこのような情... (20/4/5)
  • 『ホワイト・ドラゴン』 White Dragon / Strangers (2018)
    Bill McCreary :  すみません。拙記事のご紹介ありがとうございます。もっと早くコメントしなければいけなかったのですが、遅れてしまったことをお詫びいたします。 >香港島の中環(セントラル)スターフェリー乗り場へつなが... (20/4/4)
  • 『私はモスクワを歩く』 Я шагаю по Москве (1963)
    ケードル :  居ながらシネマさん わぁ、お返事くださっていてありがとうございます! そうです、シネマヴェーラで見て参りました。こんなご時世ですが客入りはなかなかで、2回見ましたが半分くらい埋まっていたように... (20/3/19)
  • 『私はモスクワを歩く』 Я шагаю по Москве (1963)
    居ながらシネマ :  ケードルさん、いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。 もしかすると、シネマヴェーラ渋谷でご覧になったのでしょうか。 昨年の特集で行けなかったので今年は……と思っていたら、昨今の情勢でつい... (20/3/19)
  • 『私はモスクワを歩く』 Я шагаю по Москве (1963)
    ケードル :  先日見た「私はモスクワを歩く」を検索していて、こちらにやって参りました。詳細なロケ地の情報など、知りたかった情報を網羅してくださっていて感激です。あの頃のモスクワの景色は見つからないかもしれないけれど... (20/3/19)
  • 『東遊記』 (1939)
    居ながらシネマ :  田沼久太郎さん、記事に反映させていただきました。 九段下ビルに気づかれたのは本当にナイスでして、そこからワンカットで向かいの角にバスは停まりますので、場所はここで正解と思われます。 > 当時の... (20/3/8)
  • 『東遊記』 (1939)
    田沼久太郎 :  管理人殿 早速のお返事、ありがとうございます。 「神田」確かにそうですね。神田神保町もすぐ隣ですし、当時の神田区の広さが分かります。 バスを降りた場所は俎板橋ですか。ありがとうございます... (20/3/8)
  • 『東遊記』 (1939)
    居ながらシネマ :  麻布田能久の田沼久太郎さん、いらっしゃいませ、コメントありがとうございます(ステキなハンドルネームですね :smile: )。 今録画したもので確かめてみましたが、確かにバスの真後ろは九段下ビルです... (20/3/7)
  • 『東遊記』 (1939)
    田沼久太郎 :  はじめまして。麻布田能久の田沼久太郎と申します。 「神田」とスーパーにある場所ですが、バックに今はなき九段下ビルが見えますので、スーパー自体が間違いだと思います。その後すぐ、書かれてる通り九段下交差... (20/3/6)
  • 『薔薇の名前』 The Name of the Rose (2019)
    居ながらシネマ :  milouさん、コメントありがとうございます。 社名からして難しい本出していそう…… この小説ちゃんと理解しようと思ったら、そういった解説本は手元に必要かもしれませんね。 「精読」とか細かそうで... (20/3/6)
  • 『薔薇の名前』 The Name of the Rose (2019)
    milou :  全くの余談ですが、1990年頃に而立書房から 『バラの名前』解明シリーズという本があり ゾッキ本扱い(?)で安く並んでいました。 僕が昔 買ったのは 5冊目の『バラの名前 便覧』ですが、 シリ... (20/3/5)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、Googleスライドありがとうございます。 (昨日うまく開かず共有の申請してしまいました……すみません) これはわかりやすいですね。 私も、ぴょこっと出た電灯でここでバッチリ大正解... (20/2/17)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  自分で検証してみました。 たしかに!! これは分りませんね。すごい!! https://docs.google.com/presentation/d/1BT6KCNSfqY73VEqC2PCJa... (20/2/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  む??? 確かに下のリンクの小屋に似た建物が写っているような気がしますが、その後ろの建物などは相当古いように思えますが映画には写っていません。映画に写っている赤い「たばこ」の看板は山本商店の軒先... (20/2/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  高岡タケシさん、ここでバッチリ大正解ですね。 おめでとうございます♪ 自分もマップをぐりぐり動かして探していましたが、おかげさまでスッキリできました。 「隧道」の近くで、「学校」や「旅館」からも... (20/2/16)
  • 『大脱走』 The Great Escape (1963)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 雑談大歓迎ですので、どうぞご遠慮なく。 「午前十時の映画祭」でご覧になったのですね。 この映画、やはり映画館のスクリーンが似合... (20/2/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  凄いな! 乞食遍路が歩いていた三叉路を特定できるなんて。 確かに、正面の農家の屋根(左右が7対3の比率)とか電信柱の位置でここだと信じます。 多くの熱心なファンのおかげでこの映画のロケ地... (20/2/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    高岡タケシ :  三谷昇さんに声をかける三叉路 見つけました! https://goo.gl/maps/ddcjfC8orvkJGk5b7... (20/2/16)
  • 『大脱走』 The Great Escape (1963)
    Bill McCreary :  すみません。本日は、ロケ地情報とかでなく、映画についての雑談ということで。 この映画が「午前十時の映画祭」で公開中ですので本日鑑賞しました。何回観たかわかりませんが、貴記事を読んで映画を観てあら... (20/2/15)
  • 『三大怪獣 地球最大の決戦』 (1964)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、広報車じゃないんですから(笑) すみません、怪獣映画にご興味がないところをわざわざレンタルまでしていただいて。 でもロケ地探索の「元祖」にお褒めの言葉(あきれてる?)をいただき、嬉し... (20/2/11)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさんのSVポイントは、実にスッキリですね。 私の棚田はどうもそういったスッキリ感がなく、モヤモヤが残るので、たぶん違うような…… ご無理のない範囲で、また何か見つけられましたら情報お寄せく... (20/2/11)
  • 『三大怪獣 地球最大の決戦』 (1964)
    赤松 幸吉 :  松本(長野県)市民に告ぐ! この映画を見給え、この記事を読み給え。 本当にこれを一人で書いたのですか? 居ながら様の圧倒的筆力に圧倒され、まったく東宝怪獣映画に興味のない小生ですが、何はさ... (20/2/10)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  SVが叶崎灯台の駐車場まで行っていたことに最近まで気付いていませんでした。直線距離で800mも離れた場所から狙っています。恐らく棚田関係のショットも相当望遠で狙ったと思います。居ながらさんが指摘されて... (20/2/9)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、SV情報ありがとうございます。 私カメラ位置すっかり間違えていましたね(汗) 「ロケ地マップ」と合わせて更新させていただきました。 棚田が森林に戻っていくのをつい簡単に「残念」... (20/2/9)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  「土佐の海よ。とうとう来たのよ!」の前に歩く海岸カット、カメラを構えたのと同じ場所のSVが普通にありましたのでリンクを貼り付けておきます。うっかりしていました。 https://www.goog... (20/2/8)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  リンク先にある1975年の樫谷棚田を見ると、この50年でかなりの広範囲が森林に戻っていることが分ります。「旅の重さ」が作られて今日に至る月日はそういう重みを持っているのだなあと痛感しました。南予は高知... (20/2/8)
  • 『無常』 (1970)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございました。(すみません、返信遅れまして。「クライシス2050」もソフト情報追記させていただきました) 原知佐子さん亡くなられましたか。現役を貫か... (20/2/8)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  高岡タケシさん、情報ありがとうございます。 樫谷棚田、本当によさげですね。 いろいろ昔の空撮画像にあたってみましたが、「棚田」については、この場所↓が多少可能性が感じられました。 https... (20/2/8)
  • 掲示板
    居ながらシネマ :  高橋元治さん、コメントありがとうございます。 『マンマ・ミーア』今なら発声自由の応援上映があったら盛り上がるでしょうね :smile: 景色もきれいでしたので、そのうちとりあげるかも?? お急ぎ... (20/2/7)
  • 掲示板
    高橋元治 :  マンマミーアのロケ地おねがいします! (20/2/5)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  高岡様 うわーすごい。樫谷棚田、確かに似ています。そして「俯瞰の三叉路」もこの集落内でなら撮影できそうです。katsuzouさんが割り出した西海町船越の砂利道や、旧・嵐坂隧道のようにロケ隊の移動... (20/2/2)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    高岡タケシ :  エントリーのリニューアルに伴い、未解決リストに棚田が挙がっていたので 目星を付けていた棚田の情報をひとつ 棚田は大洲市戎川の樫谷棚田ではないでしょうか? S字状の道や半月形の田、谷川など ... (20/2/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  居ながら様 すごく見やすくなっていてびっくりしました。本当にありがとうございます。赤松様、私も岸田今日子さんのシーンは東京で撮られたと思います。もし四国ロケだとすると、髙橋洋子さんと同フレームに... (20/1/31)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  今回の改訂版のおかげで初めての人でもかなり分かり易くなっています。 これだけするだけでもとても手間ひまがかかったと思われ、いつもファンの我がままをすぐに受け入れてくれる居ながら様の律義さには頭が下が... (20/1/31)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  部分的にスリムにしたり、引用部分のデザインをフキダシのようにしてどなたのコメントかわかりやすいようにしたり、画像やマップのリンクを更新したり……等々あまり奏功していませんが、できる範囲で全体を更新しま... (20/1/30)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  高岡タケシさん、食堂の看板が降ろされていましたか。 やはり完全に店じまいされていたのですね。 すごいとんがり物件、一度は中へ入ってみたかったです。 それから、ポストのショットで背景の看板よく気づ... (20/1/30)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  居ながら様 ここを拠点にみなさんと情報交換できることが最大の楽しみです。後他にはご詠歌を詠いながら歩く棚田の中の道も印象的ですよねえ。棚田は高知県中部の山間部にはたくさんあるのですが四国西部ではちょ... (20/1/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  皆様すみません、未解決リストを書くといってずっと更新できないでいました。 映画本編を流して未解決部分を再度チェックしつつ記事を読み返していたのですが、手を入れたいところがあちこちできてしまい、どうし... (20/1/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    高岡タケシ :  イノシシ様 昨年沈下橋探しに畑の前を訪れた折にここだ!と思い映画のフレームを再現できる場所を探しましたが、今ひとつしっくり来る場所が見つからず保留にしてました。 堤防の芝は枯れていたものの、堤防の... (20/1/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  赤松様 シネマ紀行は松竹映画のDVDの本編後におまけとして収録されていることが多かったのですが、「旅の重さ」はなぜか収録が見送られていましたね。ぜひ拝見したいです。居ながらシネマさんは「未解決リスト... (20/1/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  イノシシ様 私の以前のコメントを注意深く読んでくださって有り難うございます。 確かに2019年10月31日づけの投稿で「トマトをもぎ取るシーンは八幡浜市」と書いています。 これは「シネマ... (20/1/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  赤松様 少女がトマトを食べるシーンの背景は、上に挙げた投稿と同じ場所で撮影されたように思えます。一連のこうした雑景シーンは日照の関係上からも恐らく同じ日に撮られたと推測できますので、恐らく大洲近... (20/1/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  イノシシさん、今日は。 「旅の重さ」ロケ探訪マニアの元祖・赤松です。 トマトを盗んだシーンが特定できたとしたら、これは画期的なことです。 このシーンを含め、タイトルにかぶるシーンはすべて... (20/1/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  いや、間違いない!! ここです。やった!! https://www.google.co.jp/maps/@33.5306238,132.5628908,3a,60.8y,20h,91.89t/... (20/1/26)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  トマトを盗んだ後の堤防上のカットに似た風景。 https://www.google.co.jp/maps/@33.5375762,132.5674276,3a,75y,47.17h,91.84t... (20/1/26)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  トマトを盗んだ後の堤防上のカットに似た風景。でも山の形も少し違うし、奥の方には橋があるし自信はありません。取り壊された潜水橋のすぐそばです。 https://www.google.co.jp/map... (20/1/26)
  • 『クライシス2050』 (1990)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 こちらこそ今年もよろしくお願い致します。 新規アップがだいぶ間が空いてしまいましたが、正月休みに気になるところのメンテナンスをや... (20/1/21)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、気になるところはまだまだありそうですね。 このページ全体がおかげさまでボリュームたっぷりになり見通しが少々悪くなってきているので、後ほど記事の最後に「未解決リスト」みたいなものを用意さ... (20/1/21)
  • 『無常』 (1970)
    Bill McCreary :  ちょうど実相寺監督の奥さんがお亡くなりになりましたね。 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020012001001836.html 「無常」にはお... (20/1/20)
  • 『クライシス2050』 (1990)
    Bill McCreary :  どうも、遅くなりましたが今年もよろしくお願いします。 >この映画、確かソフトが出ていなくて、ご覧になるチャンスは案外少なそうです。別に無理して見る必要はないんですけど…… VHSは出ている... (20/1/20)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  あと、トマトを盗んだ後の堤防上を歩くカットも気になりますね。あのカットも大洲近辺かも知れませんね。また横山リエが野外で男とむつみ合っている神社前の草むらですが、撮影現場となった土佐清水市の下川口地区は... (20/1/20)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、お久しぶりです、コメントありがとうございました。 本当に皆様の調査力や行動力は凄いですよね。 イノシシさんも地元にお住まいのことで、いくつもの貴重な情報を寄せていただき、感謝感謝です... (20/1/20)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  久々にここを覗きました。KATSUZOUさん、高岡タケシさんの調査で今まで解けなかった謎が大部分解明されていて非常に驚きました。KATSUZOUさん、私は高知に住んでいます。ぜひお立寄りいただいて、「... (20/1/19)
  • 『無常』 (1970)
    居ながらシネマ :  バントシオさん、ラストの石段について項目アップさせていただきました。階段の脇に並んだ小さい石塔が可愛らしいですね。ぜひ行ってみたいと思いました。 思い出しましたが、対話の三門は境内がたっぷり映っ... (20/1/18)
  • 『無常』 (1970)
    居ながらシネマ :  バントシオさん、コメントありがとうございます。 高一でこの映画ですか。けっこう濃いめの体験だったことでしょうね :smile: 私も最初に見たのは確か70年代中頃で高校生の時でしたが、たぶん3年生... (20/1/16)
  • 『無常』 (1970)
    バントシオ :  ぼくは滋賀県在住ですが、高1の頃に京都の映画館でこれを見ました。正夫と坊主が核心の遣り取りをする場面は永源寺と思っておりました。エンディングで司美智子が石段を登って行く場面で、バッハの無伴奏ヴァイオリ... (20/1/14)
  • 『遠雷』 (1981)
    居ながらシネマ :  zrx88さん、コメントありがとうございます。 これは確かに広次の家ですね。よくぞ見つけられました。 全然気づきませんでしたが、奥は川の土手なのですね。これに気づかれたのがポイントですね :smi... (20/1/14)
  • 『遠雷』 (1981)
    zrx88 :  田植えの場所と思われます。 遠目に田川の土手があると思い。民家の門の位置を南向きと考え、田川の東側かなと思いgoogleマップで探しました。 母屋と門の屋根の形状と赤い屋根が同一だと思います。 ... (20/1/13)
  • 『アラビアのロレンス』 Lawrence of Arabia (1962)
    居ながらシネマ :  ぶぶちんさん、爆破シーンの探索ありがとうございます。フォローしていただいたメールの情報で、SV確認できました。 ここでばっちりですね。遅くなりましたが、本文へ反映させていただきました。ありがとうござ... (19/12/21)
  • 『アラビアのロレンス』 Lawrence of Arabia (1962)
    ぶぶちん :  すみません https://www.google.co.jp/maps/@36.8839472,-2.1776558,680m/data=!3m1!1e3 この場所から北をストリートビューで見ると... (19/12/17)
  • 『アラビアのロレンス』 Lawrence of Arabia (1962)
    ぶぶちん :  入力忘れましたがぶぶちんです それで、例の列車爆破のシーンですが、多分この辺かというのがわかりました。完全でないですが、 https://www.google.co.jp/maps/search/D... (19/12/17)
  • 『暁の7人』 Operation: Daybreak (1975)
    居ながらシネマ :  Pulkovnik さん、貴重な情報ありがとうございました。 実際の現場をマップで確認したかったので、「襲撃現場・史実(参考)」の項目を作り追記しました。間違いありましたら、ご遠慮なくツッコンでくだ... (19/12/15)
  • 『オン・ザ・ロード』 (1982)
    居ながらシネマ :  ヒロさん、コメントありがとうございます。 私は恥ずかしながらバイクに乗れないので、ライダーの方から熱いコメントいただき、大変嬉しくまた恐縮しています。 公開当時、これはバイクが好きなら絶対萌える映... (19/12/14)
  • 『アラビアのロレンス』 Lawrence of Arabia (1962)
    居ながらシネマ :  匿名さん、コメントありがとうございます。 業務多忙と私事が重なってしまい、返信が遅れまして、申し訳ございません。 砂丘は作ってしまいましたか。以前地形からスペインでの撮影場所を特定しようかと試... (19/12/14)
  • 『道』 La strada (1954)
    居ながらシネマ :  ぶぶちんさん、コメントありがとうございます。 返信遅れまして大変申し訳ありません。 いや~がめついですね(笑) 自伝があるのですか? 俳優の自伝はたいてい自分に都合良くつづられていそうです... (19/12/14)
  • 『暁の7人』 Operation: Daybreak (1975)
    居ながらシネマ :  Pulkovnik さん、こちらでもコメントありがとうございます。 おお、チェコ語やドイツ語もおできになるのですか! そういえば「č」ってチャペックのチャでしたよね。 字幕が「フラドキャニー」と... (19/12/14)
  • 『クロスボー作戦』 Operation Crossbow (1965)
    居ながらシネマ :  Pulkovnikさん、コメントありがとうございます。 返信が遅れまして、大変申し訳ありませんでした。(都合により、2週間ほどサイトの保守ができませんでした) 「ホテルのある街」の撮影地情報あ... (19/12/14)
  • 『オン・ザ・ロード』 (1982)
    ヒロ :  こんにちは。ヒロと申します。 決してメジャーではないこの映画のロケ地をここまで詳細に調べあげて いる!感動と感服です。 この映画にまつわる思い出を。まず私はバイク好きです。この映画を観て いな... (19/12/13)
  • 『アラビアのロレンス』 Lawrence of Arabia (1962)
    匿名 :  ヒジャーズ鉄道の爆破のシーンはスペインですが、砂丘が見当たりません。プロダクションマネージャーの自伝によると、雑草が生い茂る原っぱだったようですが、大人数の職人を動員して草木をみな切り払い力づくで砂丘... (19/12/3)
  • 『道』 La strada (1954)
    ぶぶちん :  居ながら様、アンソニー・クインがギャラを損したとのことですが、彼の自伝では、彼がフェリーニに最初に要求した固定ギャラは映画の総予算とほぼ同額だったので、勘弁してくれ、無理だとなってまけたようですね。彼... (19/12/3)
  • 『クロスボー作戦』 Operation Crossbow (1965)
    ほりやん :  テレビの洋画劇場でこの作品を見て以来ペパードの大ファンになり、デパートの古書市でこの映画ポスターを見つけたときは大喜びしました。ビデオデッキが故障してからは買ったVHSビデオも見れない状態ですが、今で... (19/12/1)
  • 『暁の7人』 Operation: Daybreak (1975)
    Pulkovnik :  「暁の七人」より史実に近い映画としては、1964年のチェコスロヴァキアと東ドイツの合作映画Atentat(暗殺)があります。台詞はチェコ語とドイツ語で、一部のドイツ人役をチェコ人が扮していますが、チェ... (19/11/30)
  • 『暁の7人』 Operation: Daybreak (1975)
    Pulkovnik :  「暁の七人」は、雰囲気のある映画でしたね。プラハ城の正確な発音は「フラチャニ」(ドイツ語ではフラチーン)です。ハイドリヒ暗殺現場は、城の東北にあるホレショヴィッツェ地区からヴルタヴァ河を東に渡った、ホ... (19/11/30)
  • 『クロスボー作戦』 Operation Crossbow (1965)
    Pulkovnik :  私が「クロスボー作戦」を初めて見たのは、水野晴郎が登場する前の水曜ロードショーでした。イギリス映画らしく、ドイツにロケせず、イギリスの地方都市をドイツに見立ててロケをしています。「ホテルのある街」は、... (19/11/30)
  • 『太陽がいっぱい』 Plein Soleil (1960)
    居ながらシネマ :  yoshiさん、コメントありがとうございます(返信遅れましてすみません)。 拙サイトを参考にしてくださったとのことで、ありがとうございます。 ブログ拝見しました。お写真と記事、とても楽しませていた... (19/11/27)
  • 『太陽がいっぱい』 Plein Soleil (1960)
    yoshi :  自分もこちらの情報を元に2018年7月にイスキア、プロチーダに行ってきました!とても参考になりました。ありがとうございました。 当然ラストの海岸にも行きました! 自分のブログ『水瓶座☆楽園メモリー... (19/11/25)
  • 『道』 La strada (1954)
    居ながらシネマ :  ぶぶちんさん、「同じ地震国なのに」って、ごもっともです。 日本なら「跡」でしかないところに、ちゃんと上物が残って建っていますし。 もっとも掘ったらいろいろ出てきそうですから、恒常的に残るというより... (19/11/24)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  KATSUZOUさん、沈下橋はマップ的といいますか地形的に見ても、おそらく肱川のここで正解と思われます。個人的にはこれでファイナルアンサーですが、もちろん新たに新事実が展開したら、どんどん追記させてい... (19/11/24)
  • 『ジャガーノート』 Juggernaut (1974)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、遅くなって済みませんが、先ほど「ファロン少佐登場」記事に反映させていただきました。 手元にあったはずの録画ディスクが見当たらず、たまたま先週FOX MOVIEで放映してくれたので、それ... (19/11/24)
  • 『道』 La strada (1954)
    ぶぶちん :  こんな貴重なサイトがあるとは驚きです やはり 石の文化だと残りが違いますね 6,7階のビルがそのまま残ってますが同じ地震国なのに大したことです 日本だと全滅ですね... (19/11/24)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    KATSUZOU :  居ながらシネマ様、高岡タケシ様、 沈下橋、決定したんですね。良かったです。 一昨年、勇み足なんですが、以前の投稿を参考にさせて貰い 沈下橋を訪れまし。 一時間ほど川原を歩いて感じたのは、 ... (19/11/17)
  • 『ジャガーノート』 Juggernaut (1974)
    ほりやん :  またまた、ここから教えてもらいました。 https://www.reelstreets.com/films/juggernaut/ 「ファロン少佐登場」は、 University C... (19/11/14)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  高岡タケシさん、コメントありがとうございます。沈下橋、引き続き探索してくださったのですね。 この場所よくぞ見つけてくださいました。素晴らしいです。 現地の漁師さんに確認されたとのことでそれだけでも... (19/11/12)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    高岡タケシ :  沈下橋ですが、大洲市の畑の前橋約150メートル下流に架かっていた橋のようです。 地理院61-69年の空撮で確認できます。 現地にて鮎漁をする年配の川漁師さんに話を伺い、スクリーンショットを見て頂い... (19/11/11)
  • 『道』 La strada (1954)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、コメントありがとうございます。 これはまたほぼ完全なデータですね。私もイタリア語はちんぷんかんぷんですが、画像だけで十分理解できそうです。 書き写しになってしまうかと思いますが、のち... (19/11/6)
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 Once Upon a Time in America (1984)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、コメントありがとうございます。 宝塚ですか。残念ながら実際に劇場へ行って見たことはないです。 原作映画の、時間が交錯する独特の雰囲気はそのまま表現されていると良いですね。 最近『幕... (19/11/6)
  • 『道』 La strada (1954)
    ほりやん :  ネルソン提督つながりで、調べてみましたが、以下のサイトはイタリア語なので、あまり自信がありません。 https://www.davinotti.com/index.php?forum=50012... (19/11/4)
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 Once Upon a Time in America (1984)
    ほりやん :  キャプテンは宝塚歌劇を観られたことはありますか? 私はおっちゃんですが、よく観に行っております。 この難解な映画を、来年1月1日から宝塚大劇場で雪組が世界初のミュージカル化に挑みます。 演出は小... (19/11/4)
  • 『昨日にさようなら』 Say Hello to Yesterday (1971)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、コメントありがとうございます。 う~む、たいていはご紹介いただいたサイトでチェックされているようですね。後ほど拙文にも反映させていただきます。 > このおまわりさんは「フォローミ... (19/11/4)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  赤松さん、ほりやんさん、キャプテンって私のことでしたか :smile: このページはおかげさまでかなりの情報が集まってきましたが、「情報」を読み下せば情けの報い(ホント?)。皆様のこの映画に対する深... (19/11/4)
  • 『昨日にさようなら』 Say Hello to Yesterday (1971)
    ほりやん :  この映画の存在は知っていたのですが、ホームセンターに行ったとき、片隅のDVDコーナーに偶然見つけたので、おぉ、君は売れ残っているのか、かわいそうになり連れて帰りました。 面白さの点では、フォローミー... (19/11/2)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    Bill McCreary :  こんちは。 赤松さんがお書きになっていた情報は私もつかんでいましたので、こちらに投稿するつもりでしたが、赤松さんに先を越されました。 あるいはですが、赤松さんが参照したのかもしれないサイト... (19/11/2)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    ほりやん :  赤松様 ラジオドラマ化されていたことを知ることができ、こちらこそありがとうございました。 キャプテンのお人柄が良いので皆さんが訪問したくなるのでしょうね。... (19/11/2)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  ほりやん様、情報提供有り難うございました。 どうせ今じゃ、誰も知らないラジオドラマだと当てにしないでいましたが、早速の回答に恐れ入りました。 昭和48年6月9日文芸劇場(ラジオドラマ)「旅の重... (19/11/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    ほりやん :  ラジオドラマに関して、「いわき民報」の番組欄に掲載されていました。 https://library.city.iwaki.fukushima.jp/manage/archive/upload/0... (19/11/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さんからご連絡いただきました。都合により代わりに転載させていただきます。 <以下転載> katsuzou様 前回の投稿について訂正させていただきます。 このブログは「旅の... (19/10/31)
  • 『シェルブールの雨傘』 Les parapluies de Cherbourg (1964)
    居ながらシネマ :  milouさん、コメントありがとうございます。 101%間違いないとは、嬉しいお言葉です :smile: 郵便局のあたりの昔の画像を見たくて通りの名前(rue de l'Ancien-Quai... (19/10/30)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  KATSUZOUさんから、コメント欄でエラーが出たため、直接メールでコメントいただきました。そのまま転載させていただきます。 ありがとうございました! 奥様にもよろしくお伝えくださいませ。 <以下... (19/10/29)
  • 『シェルブールの雨傘』 Les parapluies de Cherbourg (1964)
    milou :  いやあ、お見事!(でも、もう一歩だった??) 整備工場は101% 間違いないです。 まず、すでに記載のサイト wikimanche に正解がありました。 https://www.wikimanc... (19/10/27)
  • 『シェルブールの雨傘』 Les parapluies de Cherbourg (1964)
    居ながらシネマ :  白亜の恐竜さん、お久しぶりです、情報ありがとうございました。 ご紹介いただいた情報をもとに、ガソリンスタンドの他にもできるだけ拙記事の各項目を検証・更新してみました。 ロケ地案内の冊子のようなもの... (19/10/26)
  • 『ロッキー』 Rocky (1976)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、ようやく時間がとれたのでスケート場情報アップさせていただきました。 おそらくこの場所に最近まであった平屋の建物がそのまま映画に登場していたものではないか、と単なる推測... (19/10/24)