• 『裸の島』 (1960)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、コメントありがとうございます。 もうちょっとで島のオーナーになれたのですね。でも実行に移していたら、怒鳴られただけでは到底すむはずもなく、追い出されて宿禰島へ島流しとなっていたと思いま... (20/10/12)
  • 『裸の島』 (1960)
    赤松 幸吉 :  日本が世界に誇っていい究極の傑作、you tubeで無料で外国版(The naked island)が鑑賞できますので、是非、(未見の)皆さんにはこの感動作を見てもらいたい。 今回も「居ながら」さん... (20/10/9)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    ミズマ :  inagaraさま、ご返信ありがとうございます。(__) この映画は中学校の推薦映画でした。多感な時期に観たことによって、脳内に刷り込まれたのでしょうね~(笑) ... (20/10/8)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  ミズマさん、コメントありがとうございます。このサイトの管理人のinagaraです。 「少女に憧れて、家を飛び出した」とはまた凄いお話ですが、それだけ映画の少女が魅力的だったのでしょうね。 このペー... (20/10/7)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    ミズマ :   高橋洋子さん演ずる少女に憧れて、家を飛び出したのが17歳の時でした。あちこち長い旅を続けて、今南予地方に住んでおります。(^^)/ ずっと何処でロケしたのか気になっておりました。熱心に調べている方が... (20/10/7)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  高岡様 これはすごい。ご本人も「旅の重さ」をまだ現在進行形で心に抱えていることが分かりました。このトーク&ライブ(ギターも弾くんですね)は代官山などではなく、ぜひ四国で行って欲しいですね。地元で... (20/10/3)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    高岡 タケシ :  たまたま見つけました。 http://haremame.com/?s=%E9%AB%98%E6%A9%8B%E6%B4%8B%E5%AD%90... (20/10/3)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  赤松様 例えのお話です。 2又に別れているのでどっちに行くか迷った。 丁度その家の玄関が影になっていて見えづらいので、 自分が監督なら、その家に住む人に家の前に出てもらい、 水でも撒いて... (20/10/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  高岡様 拝見しました。似たシチュエーションですがカメラの置き位置に苦労しそうですね(笑)。先日司馬遼太郎の「街道をゆく 南伊予・西土佐の道」を読んだのですが、その中に「かつて花神の取材のためにこ... (20/10/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  イノシシ さま ***「俯瞰の三叉路」で少女はある民家の玄関に入ろうとします。あれはどういう演出意図なんでしょう?道を尋ねるなら家の前で水撒きでもしている人に尋ねたほうが自然。*** あ... (20/10/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    高岡 タケシ :  イノシシ様 こちらこそマップのURL 貼り付け出来ていませんでした。 正しくは目黒217です。 よろしくお願いします。... (20/10/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  高岡タケシ様 ごめんなさい。先ほどの投稿、書きかけのものを誤って投稿してしまい管理人さんに削除をお願いしようと思っていたところでした。後半のコピペがそのままですし、誤字・脱字が多くて申し訳ありま... (20/10/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    高岡タケシ :  イノシシ様 そろそろ(旅の重さを語る会)開催したいですね。 ますや家具店さんの商圏については私も同感でして、琺瑯看板の宝庫 旧国道を徹底的に探索しております。 俯瞰の三叉路ですが、KATSUZO... (20/10/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  ポストですが、背景に映る「ますや家具店(宿毛市)」は現在も現存しています。 https://www.google.com/maps/@32.9365406,132.7280193,3a,75y,... (20/10/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、中里介山です(笑) 長すぎますよね、このページは。ルナールの博物誌の蛇です。 本文だけでなく皆様のコメントも膨大なものになっていて、全体が把握しづらくなっていますよね…… 私も老眼... (20/9/30)
  • 『私立探偵ダーク・ジェントリー』 Dirk Gently's Holistic Detective Agency (2016-2017)
    居ながらシネマ :  ポニーさん、コメントありがとうございます。 これホントに「わけわからんぞ」となりつつ不思議な魅力があって、見続けたらハマってしまうドラマですよね。 最初のうちに脱落してしまう人もきっと多いでしょう... (20/9/29)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  赤松様  「居ながらシネマ」というこのサイトはピックアップされている作品の数も膨大で、そのほとんどが海外作品という特異なものだと思います。その中のONE OF THEMである「旅の重さ」ですが、... (20/9/28)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  イノシシ様 情報提供ありがとうございました。 確かに、居ながらさんの記事や皆さんのコメントを読めば、このブログですでに特定されています。 「旅の重さ」のページは中里介山の『大菩薩峠』かプルー... (20/9/28)
  • 『私立探偵ダーク・ジェントリー』 Dirk Gently's Holistic Detective Agency (2016-2017)
    ポニー :  最近この作品と出会った新参者です! シーズン1の1話目を初めて見た時に、正直「おっと、これはわけわからんぞ…」となったんですが、理解できないながらも惹きつけられるものがあり気づけば最後まで見終わって... (20/9/28)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  赤松様 半分はすでに解き明かされています。 「夕陽の堤防の少女」(0分51秒) ⇒これは西海町の鹿島ですね。 「少女が立っている岸壁(2分14秒)」⇒これは岸壁ではなく大月町大堂海岸の展望台で... (20/9/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  イノシシ様 貴説は納得しました。やはり、実際、四国に住んでいる人の土地勘には敵わないということでしょうか(ただ、さらに調査してみる必要はあるでしょう)。 予告編で本編には登場しない南四国の... (20/9/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  赤松 幸吉様 映画のロケ日程がどうであったか。 映画の最後のシーンは旧西海町と城辺町ですから 土佐清水市の下川口から言うと大きく戻ります。 あと、麦藁帽子のシーンですが、 ほとんどの... (20/9/27)
  • 『レッズ』 Reds (1981)
    居ながらシネマ :  あまり関係ありませんが、俳優として出演していたイェジー・コジンスキー原作の『異端の鳥』が来月公開になるようです。そのタイミングでこのエントリーに初めてコメントいただいたのも偶然以上の何かでしょうか。 ... (20/9/26)
  • 『レッズ』 Reds (1981)
    居ながらシネマ :  高橋ヒルツさん、コメントありがとうございます。 おお、ご覧になったのは中学生の時でしたか。私は社会人になってからでしょうか。中学の時は『恐竜時代』とか『猿の惑星』のお猿さんが現在の地球にやってくる映... (20/9/26)
  • 『蜜の味』 A Taste of Honey (1961)
    居ながらシネマ :  milouさん、コメントありがとうございます。 遅くなりましたが、校庭についていただいた情報をもとに追記しました。 『蜜の味』は当初まったく歯が立たないかと思いましたが、IMDbのリストが詳し... (20/9/26)
  • 『サヨナラ』 Sayonara (1957)
    居ながらシネマ :  遅くなりましたが、空港再確認しました。 全部で3箇所出てきますが、どの箇所のご指摘なのか分かりませんでしたので列記しますと…… 最初は軍用機が多く写っていますから、どこかの空軍基地ではないでしょう... (20/9/25)
  • 『レッズ』 Reds (1981)
    高橋ヒルツ :  中学生の時に観て、又、四十年振りにインターナショナルのシーン見せていただき、感激です。まさか何十年後に観ることができるとは夢にも思いませんでした。ありがとうございました。... (20/9/24)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  イノシシ さま 「麦わら帽子購入、赤いポストの投函シーンは宿毛(高知県)である可能性」はまずないと信じています。 私がそう信じている理由として、斎藤耕一監督が撮影に入る前、どこかにこの映画... (20/9/21)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  katsuzou様 確かに、当時の新聞記事で「宿毛などでロケ」となっていますが、これまで判明しているシーンで宿毛は全くありませんから、麦わら帽子購入シーン、赤いポストの投函シーンは宿毛である可能... (20/9/20)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    katsuzou :  PS, そうそう書き忘れておりました。 イノシシ様、また、愛媛県に行くようなことがあれば、松野町まで 足を伸ばしてみてください。 以前、とらやホテルの女将さんのお話をお伺いした折、旦那... (20/9/18)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    katsuzou :  居ながら様、次々と詳細情報が見られて楽しく閲覧しております。 旅の重さ聖地巡礼は、ただ画角を調整して撮影することも1つの楽しみでもありますが、 もう一つの楽しみは、その場所に行き、そう変わらないで... (20/9/18)
  • 『蜜の味』 A Taste of Honey (1961)
    milou :  振った以上(?)チェックしないわけにはいかないのだが… imdb に比較的細かい記載があり、ほかのロケ地サイトを見ても正解だと思われる。しかし残念ながら風景が現在とは激しく違うので確定的に言えない気... (20/9/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  >高岡 タケシさん そろそろ「乞食遍路のロケ現場&潜水橋、発見おめでとう飲み会」実施せねばなりませんね(笑)。今回はロケ地探訪というよりも、一度宇和島までロードバイクで旅してみたく、その道中に津... (20/9/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  高岡 タケシさま よくぞ気が付かれましたね。 確かに38:03頃、三國連太郎の背中にかけられたタオルに、(裏返しになっているので逆文字になっていますが)「酒井商店」と読み取れます。 拡大... (20/9/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    高岡 タケシ :  イノシシ様 ご無沙汰しております。高岡です。 ロケ地探訪お疲れ様でした。 実は ロケ地が判明した後で 下川口天満宮での三国連太郎さんの入れ墨のシーンで、背中にかけられたタオルに、不鮮明ですが ... (20/9/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、いろいろとありがとうございます! 管理人からログアウトして一般ユーザーとして試してみましたが、確かにキャプチャーコードは使いづらいですね(長い間すみませんでした……)。 先ほどとりい... (20/9/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  さらにこのコメント欄の入力についての補則です。 「居ながらシネマ 旅の重さ」のページにアクセスした瞬間に キャプチャコードの有効時間のカウントダウンが始まりますので、 ページを閲覧した後、そのま... (20/9/15)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  赤松様 その節はありがとうございました。 確かに…。 麦わら帽子を強調している商店のカットがあり、 その中で少女は帽子のひとつを手にして、 次のカットは畑に植わったトマトの上から 麦わ... (20/9/15)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  みなさま、コメント入力でいろいろお手間いただいてしまって、申し訳ありません。 1.受け付けられない 2.受け付けられてもすぐに反映されない。 等発生しているようですが、当面コメントの判定はこ... (20/9/15)
  • 『サヨナラ』 Sayonara (1957)
    居ながらシネマ :  コメントありがとうございます。 「羽田空港」も伊丹空港だったということでしょうか? ひええー、後で確認して直しておきます。 ありがとうございました!... (20/9/15)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  イノシシさま 「 PS: 麦わら帽子、購入のシーンってありましたっけ?」 「ありました。」 3分44秒(列車が少女の横を通り過ぎる後ぐらい)まで少女は無帽で歩いています。 3分... (20/9/15)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  ちなみにキャプチャーコードは半角入力のようです。 (20/9/14)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  それとここへの投稿ですが入力中に時間が経過しすぎると、キャプチャコードが認識されなくなるようです。10回ほど投稿失敗したら新たなキャプチャーコードに切り替わりますので、それで投稿すると大丈夫だと思いま... (20/9/14)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  katsuzouさん コメントいただきありがとうございます。三谷遍路と出会うシーンは高岡タケシさんが場所を割り出されたことが大きいです。高知市在住の自分はロードバイクに乗るのが趣味で、コロナ禍が... (20/9/14)
  • 『サヨナラ』 Sayonara (1957)
    匿名 :  空港は今の伊丹空港ですね (20/9/14)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  Katsuzouさんから、コメントがうまく書き込めなかったとのご連絡をいただきました。 以下メールの内容をそのまま転載させていただきます。 (皆様へ:もし今後コメントが書き込めないことがありました... (20/9/11)
  • 『小さい逃亡者』 (1966)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 これは凄い、よく見つけられましたね。 焼いたディスク引っ張り出してサーカス公演シーン、見返してみました(24分頃)。ご紹介のPDFに... (20/9/6)
  • 『長距離ランナーの孤独』 The Loneliness of the Long Distance Runner (1962)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 おお、この映画お好きでしたか。原書にまで手を伸ばすとは、凄いです。 なるほど『愛と希望の街』も同じ年でしたね。そこから先、日本は... (20/9/6)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさんから男性遍路と出会う場面のロケ地の最新画像を送っていただきました。 「男性のお遍路さん」にコメントとともに掲載させていただきましたので、どうぞご覧ください。 今もなお、映画と同じ建物を... (20/9/6)
  • 『小さい逃亡者』 (1966)
    Bill McCreary :  すみません。映画は未鑑賞なので情報ということで。 https://www.smt.jp/honepro/pdf/42762.pdf 仙台でもロケーションがされていたようですね。旧ソ連のシー... (20/9/5)
  • 『長距離ランナーの孤独』 The Loneliness of the Long Distance Runner (1962)
    Bill McCreary :  どうも、私の好きな映画を取り上げていただきましてありがとうございます。 この映画と原作、どちらを先に鑑賞したかは記憶にありませんが、原作を読んだ後おもわず原書を買ってしまいました。 ところ... (20/9/5)
  • 『長距離ランナーの孤独』 The Loneliness of the Long Distance Runner (1962)
    居ながらシネマ :  milouさん、コメントありがとうございます。 おお、いかにものこの2本立て、当時名画座でご覧でしたか。さすがです :smile: 私はだいぶあと、VHS時代に近所のレンタル屋で「いかにも」なのが... (20/9/4)
  • 『長距離ランナーの孤独』 The Loneliness of the Long Distance Runner (1962)
    milou :  おお、まさに『長距離ランナーの孤独』と『土曜の夜と日曜の朝』の 2本立てを(1966年)8月30日!!に名画座で見ている(いかにもの組み合わせ?) 次はリチャードソンの『蜜の味』??(これも同年 ... (20/9/3)
  • 『エクウス』 Equus (1978)
    居ながらシネマ :  Biancaさん、コメントありがとうございます。 きっと録画日時をきちんと記録されていらっしゃったのですね。 今ですとタイトルや放送日時は自動的に記録されるので気軽にどんどん焼けますが、ビデオカセ... (20/9/2)
  • 『エクウス』 Equus (1978)
    Bianca :  こんばんわ。私は1987年8月に深夜TVからの録画ビデオを見ています。きょう「サラブレッド」を見て「エクウス」を思い出したので、記録を調べてみました。... (20/9/2)
  • 『サンタ・ビットリアの秘密』 The Secret of Santa Vittoria (1969)
    居ながらシネマ :  世四郎さん、そんなカップリングCDがあったのですね。これも知りませんでした。どうせなら『おかしなおかしな世界』とか『愚か者の船』とかも一緒にしてくれれば良いのに(笑) 監督は違いますが、『戦争のはら... (20/8/30)
  • 『非行少女』 (1963)
    居ながらシネマ :  河崎亨さん、遅くなりましたが記事更新させていただきました。 そういえば喜多見の氷川神社は行ったことがあるはずでしたが、まったく気づきませんでした。まさか都内だったとは……。鶏小屋や林もそうですが、苦... (20/8/30)
  • 『サンタ・ビットリアの秘密』 The Secret of Santa Vittoria (1969)
    世四郎 :  せめて「渚にて」と併せて収録されているサントラの日本版が出ればいいんですが 輸入CD以外は手に入らないみたいです... (20/8/29)
  • 『サンタ・ビットリアの秘密』 The Secret of Santa Vittoria (1969)
    居ながらシネマ :  世四郎さん、嬉しい情報ありがとうございます。 Amazon見たらBlu-rayも出るみたいですね。以前教えていただいたアメリカ盤を持ってきているのでしょうけど、いずれにせよ有り難い話です。 記事の... (20/8/29)
  • 『サンタ・ビットリアの秘密』 The Secret of Santa Vittoria (1969)
    世四郎 :  「サンタ・ビットリアの秘密」のDVDがついに日本国内でも発売されます HDリマスター版が10月21日に発売、昨日から予約開始されています 原作を改めて読むと、実際にあったというエピソードを基に書か... (20/8/28)
  • 『非行少女』 (1963)
    居ながらシネマ :  河崎亨さん、コメントありがとうございます。自動処理で保留扱いになってしまい、表示が遅れて申し訳ありませんでした。 貴重な情報ありがとうございました! やたら高い狛犬の神社が判明しただけでもスッキリ... (20/8/25)
  • 『非行少女』 (1963)
    河崎亨 :  初めまして。 本作はとても好きな作品で、個人的に当時の関連記事などを渉猟しております。 それによると、22分あたりで登場する神社は東京、世田谷区は喜多見の氷川神社だそうです。「広い畑、おあ... (20/8/24)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、ゲレンデに関してはまだ調査中です。下界の建物がかろうじて見えるので、かなり精密に特定できるはずなのですが、いまだしっくりくる場所を見つけられません。 でも、吊橋の方は... (20/8/22)
  • 『悲情城市』 悲情城市 A City of Sadness (1989)
    山田みどり :  居ながらシネマさん、本当にこの作品はプレミアム価格のしか出回っていませんね。私が「悲」を「非」と間違えたばかりに少しお安いのが見つかったのは奇跡です。(でも、裏に¥4800とあるのがミスプリなのでしょ... (20/8/19)
  • 『悲情城市』 悲情城市 A City of Sadness (1989)
    居ながらシネマ :  山田みどりさん、値段がピンとこなかったのでAmazon見てみたら、DVDがプレミアム価格になっていたのですね。私は日本盤は持っていないので、お手軽価格になるまではおあずけですね……。 手元にあるのは... (20/8/19)
  • 『悲情城市』 悲情城市 A City of Sadness (1989)
    山田みどり :  居ながらシネマさん、お返事有り難う御座いました。私はクーリンチェ、とかまだ観たことは無いのですが、この映画の歴史的な意味とか表現とか改めて味わいながら、見返して行きたいと思います。そして偶然にも、私も... (20/8/18)
  • 『悲情城市』 悲情城市 A City of Sadness (1989)
    居ながらシネマ :  山田みどりさん、コメントありがとうございます。 この映画は見終わった後、自分であれこれこのあたりのことを調べたくなりますよね。 学校ではほぼ習わないことかと思いますが、自分で調べるからまた興味も持... (20/8/18)
  • 『悲情城市』 悲情城市 A City of Sadness (1989)
    山田みどり :  台湾の人がこんなに悲しい目に遭っていたとは今の今まで知りませんでした。丁度終戦の日に視聴しました。台湾の李登輝元総統のお葬式があったばかりで、李登輝氏が総統になった後にこの作品が完成したのは歴史的な意... (20/8/17)
  • 『ダイナマイトどんどん』 (1978)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 今度はフェリーの旅ですか。 折尾駅はもはや映画の雰囲気は跡形もないですね。……と思ったら、「お、いい景色です」とキャプションつけ... (20/8/17)
  • 『ダイナマイトどんどん』 (1978)
    Bill McCreary :  7月にたまたま折尾駅で乗り換えまして、あれ、これ『ダイナマイトどんどん』のロケ地だったところじゃんと思い出しまして、写真を撮りました。下手な写真ですし、トマソン的物件も撮影できなかったのですが、参考写... (20/8/15)
  • 『おしゃれ泥棒』 How to Steal a Million (1966)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 『赤い疑惑』の住所表示の話面白いですね。共通して同じ住所で、しかも実在する番地ということですよね。<自慢>説も案外ありだったりして :... (20/7/22)
  • 『おしゃれ泥棒』 How to Steal a Million (1966)
    Bill McCreary :  >ニコルをタクシーに乗せた時シモンが住所を言いますが(”38, rue Parmentier”)、そのまんまそこにあったようです。 すみません。情報そのものではないのですが、この件にかかわる話と... (20/7/20)
  • 『リリハマー』 Lilyhammer (2012-2014)
    居ながらシネマ :  Mina Hryさん、コメントありがとうございます。 このドラマで反応いただけるとは、うれしいです。もう終了してしまいましたが、最初のアイデアが良いですし、おとなしくしているわけがない主人公がじわじ... (20/7/9)
  • 『約束』 (1972)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 『ショーケン』をAmazonで見たら、交友関係の記述が主なようですが、出演作もあれこれ触れているのでしたら、手元に置いて資料的に役立ち... (20/7/9)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 スキー場の情報ありがとうございます。列車走る場所が気になっていたのですが、これでわかると良いですね。終末にでもトライしてみます。 ト... (20/7/9)
  • 『リリハマー』 Lilyhammer (2012-2014)
    Mina Hry :  先日初めてNetflixでリリハマー にどハマりになり一気観でした。 特にNorwayの街の様子やNorwayの自然にも感嘆ですっかりNorwayのファンに。またこのストーリーの構成も大好きです。心... (20/7/8)
  • 『約束』 (1972)
    Bill McCreary :  すみません、ロケ地ネタではないのですが、萩原の著書「ショーケン」からのトリビアということで。ご存知でしたらすみません。 もともとこの映画は中山仁主演だったのですが、女優選びに難航(岩下志麻で決ま... (20/7/7)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    Bill McCreary :  >ゲレンデ 不明 萩原の著作「ショーケン」の単行本を参照しましたところ、「黒姫スキー場」だそうです(p.153)。こちらですかね? https://ja.wikipedia.org/wi... (20/7/7)
  • 『ナタリーの朝』 Me, Natalie (1969)
    居ながらシネマ :  だんだんさん、コメントありがとうございます。 いやほんと、あれからうん十年ですね。 :roll: 私は70年代に名画座鑑賞の後、おそらく90年代ぐらいにVHSを手に入れて、それを大事にとってあ... (20/6/24)
  • 『ナタリーの朝』 Me, Natalie (1969)
    だんだん :  学生の頃、本を読みました。あれからうん十年、いまだに映画を観る機会がないままです。突然思い出して検索していました。YouTubeで探してみます。 皆さんのコメントもいいですね。益々映画を観たくなりま... (20/6/23)
  • 『遠雷』 (1981)
    居ながらシネマ :  『サード』書きました。 https://inagara.octsky.net/saado... (20/6/14)
  • 『ときめきに死す』(1984)
    居ながらシネマ :  すみません、上の方で三島由紀夫のお家が数年前解体されてしまった、とか書いてしまいましたが、先週近くを散歩したら、まだしっかり建っていました。以前散歩したとき、一本隣の道で新築が何軒か建っていたので、て... (20/6/14)
  • 『曼陀羅』 (1971)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 鳥取砂丘で正解でしたか。 あとは船をこぎ出した浜がやはり気になっていて、時々マップをチェックしていますが、まだわかっていません。 ... (20/6/14)
  • 『曼陀羅』 (1971)
    Bill McCreary :  こんにちは。特にこの映画のロケ地探求という意味ではなかったのですが、実相寺監督の研究本を読んでいましたら、桜井浩子のインタビューがありまして、彼女が >鳥取砂丘とか龍安寺とか行ってね。(p.25... (20/6/13)
  • 『人魚伝説』 (1984)
    居ながらシネマ :  Stanfordさん、コメントありがとうございます。こちらこそお久しぶりです。 なるほどパンフレット参考になりますね。おそらく大半が伊勢志摩で、特に海中公園がからむところだけ勝浦といった組み合わせか... (20/5/29)
  • 『人魚伝説』 (1984)
    Stanford :  こんにちは。以前QVセブンにコメントを残した者です。お久しぶりです。巣ごもり生活で断捨離をしていたら、1984年の第9回湯布院映画祭のパンフレットが出てきました。その1日目に人魚伝説が上映されていまし... (20/5/28)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    居ながらシネマ :  とら猫金太さん、コメントありがとうございます。 成城でしたか。設定上も全然不自然ではなく、むしろチェックしなかったのがうかつでした。 おかげさまでスッキリしました。後ほど記事に反映させていただきま... (20/5/28)
  • 『遠雷』 (1981)
    居ながらシネマ :  鬱飲み屋さん、海外在住でいらっしゃいましたか。 それでいながらピンポイントでローカルな話もまた楽しいですね :smile: 空撮で過去の町並みを見返すと、タイムトラベルをしているようで面白いで... (20/5/28)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    とら猫金太 :  はじめまして。今日WOWOWで放送したのを観まして、ロケ地を扱っているところがないかなと検索していてたどり着きました。最後の自転車を押していて倒れるところは成城の街並みで、右から左へ女学生が歩くのでわ... (20/5/27)
  • 『遠雷』 (1981)
    鬱飲み屋 :  是非宇都宮探訪して下さい。私は国外なので年内行けるか分かりませんが、海外出張が解禁になればまた頻繁に帰国します。 遠雷の頃の宇都宮は国鉄(JR)の駅の西側が市内で、駅の東側は建物が少なく、農地が... (20/5/26)
  • 『遠雷』 (1981)
    居ながらシネマ :  鬱飲み屋さん、追加コメントありがとうございます。 なんと香蘭まで覚えていらっしゃるとは。 宇都宮が餃子の街としてプッシュするようになったのはついここ20年ぐらいのイメージでしたが、実際にはその前か... (20/5/25)
  • 『遠雷』 (1981)
    鬱飲み屋 :  追加情報です。 あやこの勤務先のガソリンスタンドの斜向かいにあるステーキ屋さん(ランチを食べるお店です)の店名は変わっておりません。旧ロゴのステーキ宮の看板が確認出来ました。ロケに使われた越戸店は行... (20/5/25)
  • 『遠雷』 (1981)
    鬱飲み屋 :  上の項目で確認しましたが、お店のあった場所は既に特定されていたんですね。さすがです! ATG時代の永島映画は名作揃いですよね。「サード」も大好きな映画です。... (20/5/25)
  • 『遠雷』 (1981)
    鬱飲み屋 :  「夜間学校」の会った位置をグーグルマップで調べてみましたが、今は面影すらありません!お好み焼き店が入る店舗みたいです。 https://www.google.com/maps/@36.55909... (20/5/25)
  • 『遠雷』 (1981)
    鬱飲み屋 :  返信有難うございます。 餃子の香蘭の看板も懐かしいですね。かまがわ付近はよく自転車で走り回ってました。宇都宮にはなぜか、香蘭、紅蘭などの店名が多かったです。夜の街でロケされた東武駅裏通りは、小学校の... (20/5/25)
  • 『遠雷』 (1981)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 以前JRの駅前の画像拝借しましたが、今度は東武線の方ですね。映画ですと夜の街はなかなかの盛り上がりでしたが、今はもう面影がないようで…... (20/5/19)
  • 『遠雷』 (1981)
    鬱飲み屋 :  申し訳ございません。お店の綴りを間違えました。大晃大飯店だったと思います。New108ビル開業当初(1980年)から入っていたお店のはずです。自分にとって初めてガチの中華料理を食べたお店で、今でも忘れ... (20/5/19)
  • 『遠雷』 (1981)
    Bill McCreary :  ビルのSVなど拝見しました。実は今年の2月、ちょうど東武宇都宮駅を利用しました。当該のビルの写真は撮らなかったので記事へのご協力はできないのですが、ただかなり周囲も荒れ果てていたし、またSVで観た限り... (20/5/19)
  • 『遠雷』 (1981)
    居ながらシネマ :  鬱飲み屋さん、コメントありがとうございます。 もうなくなってしまったのは残念ですが、店名もおかげさまでわかりましたので、これで完全にスッキリです。 宇都宮にお住まいでしたか。「親族の会食で良く利用... (20/5/19)
  • 『遠雷』 (1981)
    鬱飲み屋 :  現在はもうありませんが、お見合いのレストランはニュー108(トーヤ)ビルの中に入っていた中華料理店大幸だと思います。1981年当時宇都宮の小学生でしたが、親族の会食で良く利用していたから覚えています。... (20/5/18)
  • 『約束』 (1972)
    居ながらシネマ :  田中ヤスコさん、コメントありがとうございます。 またお褒めの言葉、恐縮です。 特にこのページなどは、ご覧いただいた方々から多くの情報を寄せていただいて成り立っているようなものですので、皆様には本当... (20/5/12)
  • 『約束』 (1972)
    田中ヤスコ :  素晴らしいサイトですね!今日またCATVで何度目かの「約束」を見ました。つい放送に気付いてしまい見始めると途中で止められない・・。で、いろいろ検索していてこちらにも辿り着きました。こういった親切丁寧な... (20/5/12)
  • 『赤ちゃんよ永遠に』 Z.P.G. (1972)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 DVD出ていましたか。そして買われましたか :smile: 仰る通り、いまから見返すとちょっと時代遅れの雰囲気が漂っていますよね... (20/5/10)
  • 『赤ちゃんよ永遠に』 Z.P.G. (1972)
    Bill McCreary :  この映画のDVDが発売になりましたね。 https://www.amazon.co.jp/dp/B07XFH66P4 誰が買うんじゃいという気がしますが、ここにいるのでさっそく購入手続きを... (20/5/9)
  • 『ドクトル・ジバゴ』 Doctor Zhivago (1965)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、情報ありがとうございます。 駅はこれでバッチリですね。後ほど記事に反映させていただきます。 他にもIMDbのリストはかなり増えているので、何か見つけられるかもしれま... (20/5/7)
  • 『ドクトル・ジバゴ』 Doctor Zhivago (1965)
    Bill McCreary :  こんにちは。昨日(5月6日)この映画のIMDbのロケ地をチェックしましたところ、気づいたところがあったので。 >一家が降りた駅 これはセットではなく実在する駅のように見えますが、場所はSori... (20/5/6)
  • 『ドクトル・ジバゴ』 Doctor Zhivago (1965)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、『ドクトル・ジバゴ』BSで放送されたのですね。HD画質で手元に置いておきたかったかも…… > アレック・ギネスなんかは、まるっきりソ連の軍人にしか見えませんね ... (20/5/6)
  • 『ヴェラ ~信念の女警部~』 Vera (2011– )
    居ながらシネマ :  monicaさん、コメントありがとうございます。 私も大好きで、毎年AXNミステリーの放送を楽しみにしています。 > エイデンもジョーより長くなりましたね おー、そうでしたか、気づいてい... (20/5/5)
  • 『ドクトル・ジバゴ』 Doctor Zhivago (1965)
    Bill McCreary :  どうも、本日この映画がNHKのBSで放送されていたので録画しまして、『レッズ』と『外人部隊フォスター少佐の栄光』と一緒に、駅のシーンを確認しちゃいました。どれもまさにばっちりマドリードの施設ですね。そ... (20/5/5)
  • 『ヴェラ ~信念の女警部~』 Vera (2011– )
    monica :  Vera、大好きなドラマです。 シーズン9までaxnミステリーで観ましたが、9の最後のシーンが、なんとなく『完』というおわりかただったので、veraもお年だからそろそろ完結かなあと思っておりましたが... (20/5/5)
  • 『約束』 (1972)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、旅館は橋の上から「あそこに見える旅館で」だけで待ち合わせしてますから、結構大ざっぱな設定ですね :wink: 場所は、部屋のショットから建物がRCの4階建て以上だとわ... (20/5/3)
  • 『約束』 (1972)
    高岡タケシ :  〒916-0426 福井県丹生郡越前町米ノ51−77 養泉寺付近 https://goo.gl/maps/aFmypa8pbk3yzBWA8 墓参に向かうシーンはこちらではないでしょうか? 五幡... (20/5/3)
  • 『約束』 (1972)
    Bill McCreary :  >おそらく越前岬近くのこちら(越前町玉川) これはすごいですねえ。よく見つけられましたね。この記事読んですぐ映画を確認しちゃいました。設定では街(羽越市?)の郊外ということなのでしょうが、敦賀か... (20/5/3)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    居ながらシネマ :  幡羅ッ子さん、コメントありがとうございます。 もしや地元の方でしょうか。だとしたらとても嬉しいです :smile: 「常磐プール」で検索したら、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアン... (20/5/3)
  • 『早春』 (1956)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 日本全国、いや世界中が「居ながら」になってますね :smile: 拙サイトもここ1,2ヶ月アクセスがぐっと増えているのですが、きっと... (20/5/3)
  • 『約束』 (1972)
    居ながらシネマ :  こうもお天気が良いとせっかくのGW出かけたくなりますが、ひたすら自粛中。お籠もりを利用してこつこつ更新しているところです。 待ち合わせたものの逢えなかった旅館は、越前岬近くで見つけましたが、おそらく... (20/5/3)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    幡羅ッ子 :  映画内で使われたプールは深谷市常盤町にあった常磐プールです。おそらく古郡工務店関係か?... (20/5/3)
  • 『早春』 (1956)
    Bill McCreary :  こんにちは。最近コメントが多いのは、家にいる時間が多く、貴サイトで取り上げておられる映画の鑑賞も多いので、必然的に「おお!」ということが増えていることによります。ご迷惑ということもないかもですが、よろ... (20/5/2)
  • 『約束』 (1972)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、「旅の重さ」は95%でこの「約束」は30%くらいですか、ひえ~~ \(◎o◎)/ まだまだがんばります(笑) 最初の頃に比べればだいぶ腕も上がってきたので、もう少しなんとかなるかもしれ... (20/4/30)
  • 『約束』 (1972)
    Bill McCreary :  赤松様 どうも、過分なお言葉ありがとうございます。斎藤監督に直接お問い合わせをされたというその行動力には感服しております。赤松様のコメントが「旅の重さ」のロケ地解明の一歩だったわけで、私も感謝の... (20/4/30)
  • 『約束』 (1972)
    赤松 幸吉 :  Bill McCreary さま 津市のロケ情報、どうも有り難うございました。 当時(1972年)、「約束」のロケ地周りをしたとき、津市や三重刑務所も訪れようと思いながら、結局行けなかった場所で... (20/4/30)
  • 『約束』 (1972)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 ご紹介の記事、興味深く読ませていただきました。 刑務所撮影の件は、なるほどという感じですね。 あと、久々に自分の記事のSVを開いて... (20/4/30)
  • 『約束』 (1972)
    Bill McCreary :  すでにご存知かもしれませんが、津市でのロケについての面白い記事がありましたのでご紹介します。 https://ja-jp.facebook.com/FCrockez/posts/25043385... (20/4/29)
  • 『複製人間の恋』 Four Sided Triangle (1953)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、情報ありがとうございます。 教会、確かに映画に登場したものでした。後ほど記事に追記しておきます。 まあいかにもイギリスのミステリードラマに出てきそうな場所ですね(『... (20/4/26)
  • 『ジャガーノート』 Juggernaut (1974)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 (毎度おなじみ? いったん非表示となってしまっていて、済みませんでした) 『新幹線大爆破』は『動脈列島』とかぶってますよね。 ... (20/4/26)
  • 『複製人間の恋』 Four Sided Triangle (1953)
    Bill McCreary :  すみません。未見ですので、このような情報があるということで。 >教会 調査中。 IMDbのロケーションが追加されていまして、 >St Michael's Church, Bray,... (20/4/26)
  • 『ジャガーノート』 Juggernaut (1974)
    Bill McCreary :  昨日この映画を観ることができました。 それで、最初『新幹線大爆破』はこの映画を参考にしているかもと思いましたが、『ジャガーノート』の日本公開が1975年の3月21日で、Wikipedia『新幹線... (20/4/26)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    居ながらシネマ :  利雄さん、コメントありがとうございます。 おお、当時実際に見に行かれたのですか。 これは凄い証言をいただきました :grin: 場所はそこで正解でしょうか。実はいまいち自信がありませんでした。 ... (20/4/21)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    利雄 :  鶯谷の電話boxはなかった様な記憶があります。 当時現地に見に行きました... (20/4/20)
  • 『エスパイ』 (1974)
    居ながらシネマ :  『沈黙』の主演俳優さんについてですが、これはよくお調べになりましたね。収集されたデータを拝見する限り、調査結果の確度はかなり高いと思われます。 何より子供の顔が似ているのが、安心材料ですね :win... (20/4/13)
  • 『エスパイ』 (1974)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、日本人が白人を堂々と演じてしまう件ですが、やはりそれなりの濃い面構えが必要かもしれませんね。あくまで見ている日本人が納得できればそれで良いわけですが。 今月日本映画専... (20/4/12)
  • 『スパイ・ゲーム』 Spy Game (2001)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、こちらでも画像を1枚拝借しました。ありがとうございます。 旅行記をさかのぼって拝見していたら、唐突にシルヴィ・ヴァルタンと握手した記事が出てきて、なんだかうらやましく... (20/4/12)
  • 『ミモラ 心のままに』 Hum Dil De Chuke Sanam (1999)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 画像1枚お借りしました。 この橋は映画でよく見かけるような気がしますが、去年終わってしまったレッドブルエアレースで、このあたりの... (20/4/12)
  • 『スパイ・ゲーム』 Spy Game (2001)
    Bill McCreary :  西駅でご協力ができます。ただ紹介されている写真と似ています。2007年の写真です。 https://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/849f6c78cc19615275160... (20/4/12)
  • 『ミモラ 心のままに』 Hum Dil De Chuke Sanam (1999)
    Bill McCreary :  >イタリア編でシンボリックに登場するランドマーク。 ブダペスト市内、ドナウ川にかかる橋の中でおそらく一番有名なものがこれ。 2006年12月に撮影した写真がありました。 https://... (20/4/12)
  • 『エスパイ』 (1974)
    Bill McCreary :  こんにちは。こちらのコメントは、映画に関する雑談ということで。 >インド人(であるはず)のサラバッド師に岡田英次。 悪役逆エスパイのウルロフに若山富三郎。 現在ではさすがにあまりないと思... (20/4/12)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  Watsonさん、コメントありがとうございます。 恥ずかしながら素九鬼子さんが最近亡くなられていたこと、知りませんでした。個人的には確か映画の方が先で、70年代後半に角川文庫でようやく読んだ記憶があ... (20/4/11)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    Watson :  管理人様、始めまして。 素九鬼子さんが亡くなられ、アチコチ検索しているうちにたどり着きました。 始めて「旅の重さ」を見てから、もう半世紀近くが経ちました。名画座にかかるたびに何度となく足を運び、3... (20/4/10)
  • 『小原庄助さん』 (1949)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、次の週末とか書きましたが、気になったので再度チェックしてみました。その結果、最後に紹介いただいたリンク先の建物とは別でしたが、すぐ近くで映画に出てきた立派な門と同じもの... (20/4/6)
  • 『小原庄助さん』 (1949)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、情報ありがとうございます。 屋敷の場所ですが、最初に記事を書いたときに地形から結構絞り込めていてもうちょいのところで力尽きていました(笑)。最後に紹介いただいたリンク... (20/4/5)
  • 『ホワイト・ドラゴン』 White Dragon / Strangers (2018)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 またまたコメント表示がいったん保留になっていてすみません。 先ほど画像をいただいて記事に反映させていただきました。 今回もバッチリ... (20/4/5)
  • 『小原庄助さん』 (1949)
    Bill McCreary :  >屋敷 調査中。 今残っていたとしてもおそらくプライベートな物件でしょうから、記事にするのは難しいかもしれません。 映画を未見ですので、正しいかどうか判断できませんから、あくまでこのような情... (20/4/5)
  • 『ホワイト・ドラゴン』 White Dragon / Strangers (2018)
    Bill McCreary :  すみません。拙記事のご紹介ありがとうございます。もっと早くコメントしなければいけなかったのですが、遅れてしまったことをお詫びいたします。 >香港島の中環(セントラル)スターフェリー乗り場へつなが... (20/4/4)
  • 『私はモスクワを歩く』 Я шагаю по Москве (1963)
    ケードル :  居ながらシネマさん わぁ、お返事くださっていてありがとうございます! そうです、シネマヴェーラで見て参りました。こんなご時世ですが客入りはなかなかで、2回見ましたが半分くらい埋まっていたように... (20/3/19)
  • 『私はモスクワを歩く』 Я шагаю по Москве (1963)
    居ながらシネマ :  ケードルさん、いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。 もしかすると、シネマヴェーラ渋谷でご覧になったのでしょうか。 昨年の特集で行けなかったので今年は……と思っていたら、昨今の情勢でつい... (20/3/19)
  • 『私はモスクワを歩く』 Я шагаю по Москве (1963)
    ケードル :  先日見た「私はモスクワを歩く」を検索していて、こちらにやって参りました。詳細なロケ地の情報など、知りたかった情報を網羅してくださっていて感激です。あの頃のモスクワの景色は見つからないかもしれないけれど... (20/3/19)
  • 『東遊記』 (1939)
    居ながらシネマ :  田沼久太郎さん、記事に反映させていただきました。 九段下ビルに気づかれたのは本当にナイスでして、そこからワンカットで向かいの角にバスは停まりますので、場所はここで正解と思われます。 > 当時の... (20/3/8)
  • 『東遊記』 (1939)
    田沼久太郎 :  管理人殿 早速のお返事、ありがとうございます。 「神田」確かにそうですね。神田神保町もすぐ隣ですし、当時の神田区の広さが分かります。 バスを降りた場所は俎板橋ですか。ありがとうございます... (20/3/8)
  • 『東遊記』 (1939)
    居ながらシネマ :  麻布田能久の田沼久太郎さん、いらっしゃいませ、コメントありがとうございます(ステキなハンドルネームですね :smile: )。 今録画したもので確かめてみましたが、確かにバスの真後ろは九段下ビルです... (20/3/7)
  • 『東遊記』 (1939)
    田沼久太郎 :  はじめまして。麻布田能久の田沼久太郎と申します。 「神田」とスーパーにある場所ですが、バックに今はなき九段下ビルが見えますので、スーパー自体が間違いだと思います。その後すぐ、書かれてる通り九段下交差... (20/3/6)
  • 『薔薇の名前』 The Name of the Rose (2019)
    居ながらシネマ :  milouさん、コメントありがとうございます。 社名からして難しい本出していそう…… この小説ちゃんと理解しようと思ったら、そういった解説本は手元に必要かもしれませんね。 「精読」とか細かそうで... (20/3/6)
  • 『薔薇の名前』 The Name of the Rose (2019)
    milou :  全くの余談ですが、1990年頃に而立書房から 『バラの名前』解明シリーズという本があり ゾッキ本扱い(?)で安く並んでいました。 僕が昔 買ったのは 5冊目の『バラの名前 便覧』ですが、 シリ... (20/3/5)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、Googleスライドありがとうございます。 (昨日うまく開かず共有の申請してしまいました……すみません) これはわかりやすいですね。 私も、ぴょこっと出た電灯でここでバッチリ大正解... (20/2/17)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  自分で検証してみました。 たしかに!! これは分りませんね。すごい!! https://docs.google.com/presentation/d/1BT6KCNSfqY73VEqC2PCJa... (20/2/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  む??? 確かに下のリンクの小屋に似た建物が写っているような気がしますが、その後ろの建物などは相当古いように思えますが映画には写っていません。映画に写っている赤い「たばこ」の看板は山本商店の軒先... (20/2/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  高岡タケシさん、ここでバッチリ大正解ですね。 おめでとうございます♪ 自分もマップをぐりぐり動かして探していましたが、おかげさまでスッキリできました。 「隧道」の近くで、「学校」や「旅館」からも... (20/2/16)
  • 『大脱走』 The Great Escape (1963)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 雑談大歓迎ですので、どうぞご遠慮なく。 「午前十時の映画祭」でご覧になったのですね。 この映画、やはり映画館のスクリーンが似合... (20/2/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  凄いな! 乞食遍路が歩いていた三叉路を特定できるなんて。 確かに、正面の農家の屋根(左右が7対3の比率)とか電信柱の位置でここだと信じます。 多くの熱心なファンのおかげでこの映画のロケ地... (20/2/16)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    高岡タケシ :  三谷昇さんに声をかける三叉路 見つけました! https://goo.gl/maps/ddcjfC8orvkJGk5b7... (20/2/16)
  • 『大脱走』 The Great Escape (1963)
    Bill McCreary :  すみません。本日は、ロケ地情報とかでなく、映画についての雑談ということで。 この映画が「午前十時の映画祭」で公開中ですので本日鑑賞しました。何回観たかわかりませんが、貴記事を読んで映画を観てあら... (20/2/15)
  • 『三大怪獣 地球最大の決戦』 (1964)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、広報車じゃないんですから(笑) すみません、怪獣映画にご興味がないところをわざわざレンタルまでしていただいて。 でもロケ地探索の「元祖」にお褒めの言葉(あきれてる?)をいただき、嬉し... (20/2/11)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさんのSVポイントは、実にスッキリですね。 私の棚田はどうもそういったスッキリ感がなく、モヤモヤが残るので、たぶん違うような…… ご無理のない範囲で、また何か見つけられましたら情報お寄せく... (20/2/11)
  • 『三大怪獣 地球最大の決戦』 (1964)
    赤松 幸吉 :  松本(長野県)市民に告ぐ! この映画を見給え、この記事を読み給え。 本当にこれを一人で書いたのですか? 居ながら様の圧倒的筆力に圧倒され、まったく東宝怪獣映画に興味のない小生ですが、何はさ... (20/2/10)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  SVが叶崎灯台の駐車場まで行っていたことに最近まで気付いていませんでした。直線距離で800mも離れた場所から狙っています。恐らく棚田関係のショットも相当望遠で狙ったと思います。居ながらさんが指摘されて... (20/2/9)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、SV情報ありがとうございます。 私カメラ位置すっかり間違えていましたね(汗) 「ロケ地マップ」と合わせて更新させていただきました。 棚田が森林に戻っていくのをつい簡単に「残念」... (20/2/9)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  「土佐の海よ。とうとう来たのよ!」の前に歩く海岸カット、カメラを構えたのと同じ場所のSVが普通にありましたのでリンクを貼り付けておきます。うっかりしていました。 https://www.goog... (20/2/8)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  リンク先にある1975年の樫谷棚田を見ると、この50年でかなりの広範囲が森林に戻っていることが分ります。「旅の重さ」が作られて今日に至る月日はそういう重みを持っているのだなあと痛感しました。南予は高知... (20/2/8)
  • 『無常』 (1970)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございました。(すみません、返信遅れまして。「クライシス2050」もソフト情報追記させていただきました) 原知佐子さん亡くなられましたか。現役を貫か... (20/2/8)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  高岡タケシさん、情報ありがとうございます。 樫谷棚田、本当によさげですね。 いろいろ昔の空撮画像にあたってみましたが、「棚田」については、この場所↓が多少可能性が感じられました。 https... (20/2/8)
  • 掲示板
    居ながらシネマ :  高橋元治さん、コメントありがとうございます。 『マンマ・ミーア』今なら発声自由の応援上映があったら盛り上がるでしょうね :smile: 景色もきれいでしたので、そのうちとりあげるかも?? お急ぎ... (20/2/7)
  • 掲示板
    高橋元治 :  マンマミーアのロケ地おねがいします! (20/2/5)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  高岡様 うわーすごい。樫谷棚田、確かに似ています。そして「俯瞰の三叉路」もこの集落内でなら撮影できそうです。katsuzouさんが割り出した西海町船越の砂利道や、旧・嵐坂隧道のようにロケ隊の移動... (20/2/2)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    高岡タケシ :  エントリーのリニューアルに伴い、未解決リストに棚田が挙がっていたので 目星を付けていた棚田の情報をひとつ 棚田は大洲市戎川の樫谷棚田ではないでしょうか? S字状の道や半月形の田、谷川など ... (20/2/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  居ながら様 すごく見やすくなっていてびっくりしました。本当にありがとうございます。赤松様、私も岸田今日子さんのシーンは東京で撮られたと思います。もし四国ロケだとすると、髙橋洋子さんと同フレームに... (20/1/31)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  今回の改訂版のおかげで初めての人でもかなり分かり易くなっています。 これだけするだけでもとても手間ひまがかかったと思われ、いつもファンの我がままをすぐに受け入れてくれる居ながら様の律義さには頭が下が... (20/1/31)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  部分的にスリムにしたり、引用部分のデザインをフキダシのようにしてどなたのコメントかわかりやすいようにしたり、画像やマップのリンクを更新したり……等々あまり奏功していませんが、できる範囲で全体を更新しま... (20/1/30)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  高岡タケシさん、食堂の看板が降ろされていましたか。 やはり完全に店じまいされていたのですね。 すごいとんがり物件、一度は中へ入ってみたかったです。 それから、ポストのショットで背景の看板よく気づ... (20/1/30)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  居ながら様 ここを拠点にみなさんと情報交換できることが最大の楽しみです。後他にはご詠歌を詠いながら歩く棚田の中の道も印象的ですよねえ。棚田は高知県中部の山間部にはたくさんあるのですが四国西部ではちょ... (20/1/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  皆様すみません、未解決リストを書くといってずっと更新できないでいました。 映画本編を流して未解決部分を再度チェックしつつ記事を読み返していたのですが、手を入れたいところがあちこちできてしまい、どうし... (20/1/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    高岡タケシ :  イノシシ様 昨年沈下橋探しに畑の前を訪れた折にここだ!と思い映画のフレームを再現できる場所を探しましたが、今ひとつしっくり来る場所が見つからず保留にしてました。 堤防の芝は枯れていたものの、堤防の... (20/1/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  赤松様 シネマ紀行は松竹映画のDVDの本編後におまけとして収録されていることが多かったのですが、「旅の重さ」はなぜか収録が見送られていましたね。ぜひ拝見したいです。居ながらシネマさんは「未解決リスト... (20/1/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  イノシシ様 私の以前のコメントを注意深く読んでくださって有り難うございます。 確かに2019年10月31日づけの投稿で「トマトをもぎ取るシーンは八幡浜市」と書いています。 これは「シネマ... (20/1/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  赤松様 少女がトマトを食べるシーンの背景は、上に挙げた投稿と同じ場所で撮影されたように思えます。一連のこうした雑景シーンは日照の関係上からも恐らく同じ日に撮られたと推測できますので、恐らく大洲近... (20/1/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  イノシシさん、今日は。 「旅の重さ」ロケ探訪マニアの元祖・赤松です。 トマトを盗んだシーンが特定できたとしたら、これは画期的なことです。 このシーンを含め、タイトルにかぶるシーンはすべて... (20/1/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  いや、間違いない!! ここです。やった!! https://www.google.co.jp/maps/@33.5306238,132.5628908,3a,60.8y,20h,91.89t/... (20/1/26)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  トマトを盗んだ後の堤防上のカットに似た風景。 https://www.google.co.jp/maps/@33.5375762,132.5674276,3a,75y,47.17h,91.84t... (20/1/26)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  トマトを盗んだ後の堤防上のカットに似た風景。でも山の形も少し違うし、奥の方には橋があるし自信はありません。取り壊された潜水橋のすぐそばです。 https://www.google.co.jp/map... (20/1/26)
  • 『クライシス2050』 (1990)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 こちらこそ今年もよろしくお願い致します。 新規アップがだいぶ間が空いてしまいましたが、正月休みに気になるところのメンテナンスをや... (20/1/21)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、気になるところはまだまだありそうですね。 このページ全体がおかげさまでボリュームたっぷりになり見通しが少々悪くなってきているので、後ほど記事の最後に「未解決リスト」みたいなものを用意さ... (20/1/21)
  • 『無常』 (1970)
    Bill McCreary :  ちょうど実相寺監督の奥さんがお亡くなりになりましたね。 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020012001001836.html 「無常」にはお... (20/1/20)
  • 『クライシス2050』 (1990)
    Bill McCreary :  どうも、遅くなりましたが今年もよろしくお願いします。 >この映画、確かソフトが出ていなくて、ご覧になるチャンスは案外少なそうです。別に無理して見る必要はないんですけど…… VHSは出ている... (20/1/20)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  あと、トマトを盗んだ後の堤防上を歩くカットも気になりますね。あのカットも大洲近辺かも知れませんね。また横山リエが野外で男とむつみ合っている神社前の草むらですが、撮影現場となった土佐清水市の下川口地区は... (20/1/20)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、お久しぶりです、コメントありがとうございました。 本当に皆様の調査力や行動力は凄いですよね。 イノシシさんも地元にお住まいのことで、いくつもの貴重な情報を寄せていただき、感謝感謝です... (20/1/20)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  久々にここを覗きました。KATSUZOUさん、高岡タケシさんの調査で今まで解けなかった謎が大部分解明されていて非常に驚きました。KATSUZOUさん、私は高知に住んでいます。ぜひお立寄りいただいて、「... (20/1/19)
  • 『無常』 (1970)
    居ながらシネマ :  バントシオさん、ラストの石段について項目アップさせていただきました。階段の脇に並んだ小さい石塔が可愛らしいですね。ぜひ行ってみたいと思いました。 思い出しましたが、対話の三門は境内がたっぷり映っ... (20/1/18)
  • 『無常』 (1970)
    居ながらシネマ :  バントシオさん、コメントありがとうございます。 高一でこの映画ですか。けっこう濃いめの体験だったことでしょうね :smile: 私も最初に見たのは確か70年代中頃で高校生の時でしたが、たぶん3年生... (20/1/16)
  • 『無常』 (1970)
    バントシオ :  ぼくは滋賀県在住ですが、高1の頃に京都の映画館でこれを見ました。正夫と坊主が核心の遣り取りをする場面は永源寺と思っておりました。エンディングで司美智子が石段を登って行く場面で、バッハの無伴奏ヴァイオリ... (20/1/14)
  • 『遠雷』 (1981)
    居ながらシネマ :  zrx88さん、コメントありがとうございます。 これは確かに広次の家ですね。よくぞ見つけられました。 全然気づきませんでしたが、奥は川の土手なのですね。これに気づかれたのがポイントですね :smi... (20/1/14)
  • 『遠雷』 (1981)
    zrx88 :  田植えの場所と思われます。 遠目に田川の土手があると思い。民家の門の位置を南向きと考え、田川の東側かなと思いgoogleマップで探しました。 母屋と門の屋根の形状と赤い屋根が同一だと思います。 ... (20/1/13)
  • 『アラビアのロレンス』 Lawrence of Arabia (1962)
    居ながらシネマ :  ぶぶちんさん、爆破シーンの探索ありがとうございます。フォローしていただいたメールの情報で、SV確認できました。 ここでばっちりですね。遅くなりましたが、本文へ反映させていただきました。ありがとうござ... (19/12/21)
  • 『アラビアのロレンス』 Lawrence of Arabia (1962)
    ぶぶちん :  すみません https://www.google.co.jp/maps/@36.8839472,-2.1776558,680m/data=!3m1!1e3 この場所から北をストリートビューで見ると... (19/12/17)
  • 『アラビアのロレンス』 Lawrence of Arabia (1962)
    ぶぶちん :  入力忘れましたがぶぶちんです それで、例の列車爆破のシーンですが、多分この辺かというのがわかりました。完全でないですが、 https://www.google.co.jp/maps/search/D... (19/12/17)
  • 『暁の7人』 Operation: Daybreak (1975)
    居ながらシネマ :  Pulkovnik さん、貴重な情報ありがとうございました。 実際の現場をマップで確認したかったので、「襲撃現場・史実(参考)」の項目を作り追記しました。間違いありましたら、ご遠慮なくツッコンでくだ... (19/12/15)
  • 『オン・ザ・ロード』 (1982)
    居ながらシネマ :  ヒロさん、コメントありがとうございます。 私は恥ずかしながらバイクに乗れないので、ライダーの方から熱いコメントいただき、大変嬉しくまた恐縮しています。 公開当時、これはバイクが好きなら絶対萌える映... (19/12/14)
  • 『アラビアのロレンス』 Lawrence of Arabia (1962)
    居ながらシネマ :  匿名さん、コメントありがとうございます。 業務多忙と私事が重なってしまい、返信が遅れまして、申し訳ございません。 砂丘は作ってしまいましたか。以前地形からスペインでの撮影場所を特定しようかと試... (19/12/14)
  • 『道』 La strada (1954)
    居ながらシネマ :  ぶぶちんさん、コメントありがとうございます。 返信遅れまして大変申し訳ありません。 いや~がめついですね(笑) 自伝があるのですか? 俳優の自伝はたいてい自分に都合良くつづられていそうです... (19/12/14)
  • 『暁の7人』 Operation: Daybreak (1975)
    居ながらシネマ :  Pulkovnik さん、こちらでもコメントありがとうございます。 おお、チェコ語やドイツ語もおできになるのですか! そういえば「č」ってチャペックのチャでしたよね。 字幕が「フラドキャニー」と... (19/12/14)
  • 『クロスボー作戦』 Operation Crossbow (1965)
    居ながらシネマ :  Pulkovnikさん、コメントありがとうございます。 返信が遅れまして、大変申し訳ありませんでした。(都合により、2週間ほどサイトの保守ができませんでした) 「ホテルのある街」の撮影地情報あ... (19/12/14)
  • 『オン・ザ・ロード』 (1982)
    ヒロ :  こんにちは。ヒロと申します。 決してメジャーではないこの映画のロケ地をここまで詳細に調べあげて いる!感動と感服です。 この映画にまつわる思い出を。まず私はバイク好きです。この映画を観て いな... (19/12/13)
  • 『アラビアのロレンス』 Lawrence of Arabia (1962)
    匿名 :  ヒジャーズ鉄道の爆破のシーンはスペインですが、砂丘が見当たりません。プロダクションマネージャーの自伝によると、雑草が生い茂る原っぱだったようですが、大人数の職人を動員して草木をみな切り払い力づくで砂丘... (19/12/3)
  • 『道』 La strada (1954)
    ぶぶちん :  居ながら様、アンソニー・クインがギャラを損したとのことですが、彼の自伝では、彼がフェリーニに最初に要求した固定ギャラは映画の総予算とほぼ同額だったので、勘弁してくれ、無理だとなってまけたようですね。彼... (19/12/3)
  • 『クロスボー作戦』 Operation Crossbow (1965)
    ほりやん :  テレビの洋画劇場でこの作品を見て以来ペパードの大ファンになり、デパートの古書市でこの映画ポスターを見つけたときは大喜びしました。ビデオデッキが故障してからは買ったVHSビデオも見れない状態ですが、今で... (19/12/1)
  • 『暁の7人』 Operation: Daybreak (1975)
    Pulkovnik :  「暁の七人」より史実に近い映画としては、1964年のチェコスロヴァキアと東ドイツの合作映画Atentat(暗殺)があります。台詞はチェコ語とドイツ語で、一部のドイツ人役をチェコ人が扮していますが、チェ... (19/11/30)
  • 『暁の7人』 Operation: Daybreak (1975)
    Pulkovnik :  「暁の七人」は、雰囲気のある映画でしたね。プラハ城の正確な発音は「フラチャニ」(ドイツ語ではフラチーン)です。ハイドリヒ暗殺現場は、城の東北にあるホレショヴィッツェ地区からヴルタヴァ河を東に渡った、ホ... (19/11/30)
  • 『クロスボー作戦』 Operation Crossbow (1965)
    Pulkovnik :  私が「クロスボー作戦」を初めて見たのは、水野晴郎が登場する前の水曜ロードショーでした。イギリス映画らしく、ドイツにロケせず、イギリスの地方都市をドイツに見立ててロケをしています。「ホテルのある街」は、... (19/11/30)
  • 『太陽がいっぱい』 Plein Soleil (1960)
    居ながらシネマ :  yoshiさん、コメントありがとうございます(返信遅れましてすみません)。 拙サイトを参考にしてくださったとのことで、ありがとうございます。 ブログ拝見しました。お写真と記事、とても楽しませていた... (19/11/27)
  • 『太陽がいっぱい』 Plein Soleil (1960)
    yoshi :  自分もこちらの情報を元に2018年7月にイスキア、プロチーダに行ってきました!とても参考になりました。ありがとうございました。 当然ラストの海岸にも行きました! 自分のブログ『水瓶座☆楽園メモリー... (19/11/25)
  • 『道』 La strada (1954)
    居ながらシネマ :  ぶぶちんさん、「同じ地震国なのに」って、ごもっともです。 日本なら「跡」でしかないところに、ちゃんと上物が残って建っていますし。 もっとも掘ったらいろいろ出てきそうですから、恒常的に残るというより... (19/11/24)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  KATSUZOUさん、沈下橋はマップ的といいますか地形的に見ても、おそらく肱川のここで正解と思われます。個人的にはこれでファイナルアンサーですが、もちろん新たに新事実が展開したら、どんどん追記させてい... (19/11/24)
  • 『ジャガーノート』 Juggernaut (1974)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、遅くなって済みませんが、先ほど「ファロン少佐登場」記事に反映させていただきました。 手元にあったはずの録画ディスクが見当たらず、たまたま先週FOX MOVIEで放映してくれたので、それ... (19/11/24)
  • 『道』 La strada (1954)
    ぶぶちん :  こんな貴重なサイトがあるとは驚きです やはり 石の文化だと残りが違いますね 6,7階のビルがそのまま残ってますが同じ地震国なのに大したことです 日本だと全滅ですね... (19/11/24)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    KATSUZOU :  居ながらシネマ様、高岡タケシ様、 沈下橋、決定したんですね。良かったです。 一昨年、勇み足なんですが、以前の投稿を参考にさせて貰い 沈下橋を訪れまし。 一時間ほど川原を歩いて感じたのは、 ... (19/11/17)
  • 『ジャガーノート』 Juggernaut (1974)
    ほりやん :  またまた、ここから教えてもらいました。 https://www.reelstreets.com/films/juggernaut/ 「ファロン少佐登場」は、 University C... (19/11/14)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  高岡タケシさん、コメントありがとうございます。沈下橋、引き続き探索してくださったのですね。 この場所よくぞ見つけてくださいました。素晴らしいです。 現地の漁師さんに確認されたとのことでそれだけでも... (19/11/12)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    高岡タケシ :  沈下橋ですが、大洲市の畑の前橋約150メートル下流に架かっていた橋のようです。 地理院61-69年の空撮で確認できます。 現地にて鮎漁をする年配の川漁師さんに話を伺い、スクリーンショットを見て頂い... (19/11/11)
  • 『道』 La strada (1954)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、コメントありがとうございます。 これはまたほぼ完全なデータですね。私もイタリア語はちんぷんかんぷんですが、画像だけで十分理解できそうです。 書き写しになってしまうかと思いますが、のち... (19/11/6)
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 Once Upon a Time in America (1984)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、コメントありがとうございます。 宝塚ですか。残念ながら実際に劇場へ行って見たことはないです。 原作映画の、時間が交錯する独特の雰囲気はそのまま表現されていると良いですね。 最近『幕... (19/11/6)
  • 『道』 La strada (1954)
    ほりやん :  ネルソン提督つながりで、調べてみましたが、以下のサイトはイタリア語なので、あまり自信がありません。 https://www.davinotti.com/index.php?forum=50012... (19/11/4)
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 Once Upon a Time in America (1984)
    ほりやん :  キャプテンは宝塚歌劇を観られたことはありますか? 私はおっちゃんですが、よく観に行っております。 この難解な映画を、来年1月1日から宝塚大劇場で雪組が世界初のミュージカル化に挑みます。 演出は小... (19/11/4)
  • 『昨日にさようなら』 Say Hello to Yesterday (1971)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、コメントありがとうございます。 う~む、たいていはご紹介いただいたサイトでチェックされているようですね。後ほど拙文にも反映させていただきます。 > このおまわりさんは「フォローミ... (19/11/4)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  赤松さん、ほりやんさん、キャプテンって私のことでしたか :smile: このページはおかげさまでかなりの情報が集まってきましたが、「情報」を読み下せば情けの報い(ホント?)。皆様のこの映画に対する深... (19/11/4)
  • 『昨日にさようなら』 Say Hello to Yesterday (1971)
    ほりやん :  この映画の存在は知っていたのですが、ホームセンターに行ったとき、片隅のDVDコーナーに偶然見つけたので、おぉ、君は売れ残っているのか、かわいそうになり連れて帰りました。 面白さの点では、フォローミー... (19/11/2)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    Bill McCreary :  こんちは。 赤松さんがお書きになっていた情報は私もつかんでいましたので、こちらに投稿するつもりでしたが、赤松さんに先を越されました。 あるいはですが、赤松さんが参照したのかもしれないサイト... (19/11/2)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    ほりやん :  赤松様 ラジオドラマ化されていたことを知ることができ、こちらこそありがとうございました。 キャプテンのお人柄が良いので皆さんが訪問したくなるのでしょうね。... (19/11/2)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  ほりやん様、情報提供有り難うございました。 どうせ今じゃ、誰も知らないラジオドラマだと当てにしないでいましたが、早速の回答に恐れ入りました。 昭和48年6月9日文芸劇場(ラジオドラマ)「旅の重... (19/11/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    ほりやん :  ラジオドラマに関して、「いわき民報」の番組欄に掲載されていました。 https://library.city.iwaki.fukushima.jp/manage/archive/upload/0... (19/11/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さんからご連絡いただきました。都合により代わりに転載させていただきます。 <以下転載> katsuzou様 前回の投稿について訂正させていただきます。 このブログは「旅の... (19/10/31)
  • 『シェルブールの雨傘』 Les parapluies de Cherbourg (1964)
    居ながらシネマ :  milouさん、コメントありがとうございます。 101%間違いないとは、嬉しいお言葉です :smile: 郵便局のあたりの昔の画像を見たくて通りの名前(rue de l'Ancien-Quai... (19/10/30)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  KATSUZOUさんから、コメント欄でエラーが出たため、直接メールでコメントいただきました。そのまま転載させていただきます。 ありがとうございました! 奥様にもよろしくお伝えくださいませ。 <以下... (19/10/29)
  • 『シェルブールの雨傘』 Les parapluies de Cherbourg (1964)
    milou :  いやあ、お見事!(でも、もう一歩だった??) 整備工場は101% 間違いないです。 まず、すでに記載のサイト wikimanche に正解がありました。 https://www.wikimanc... (19/10/27)
  • 『シェルブールの雨傘』 Les parapluies de Cherbourg (1964)
    居ながらシネマ :  白亜の恐竜さん、お久しぶりです、情報ありがとうございました。 ご紹介いただいた情報をもとに、ガソリンスタンドの他にもできるだけ拙記事の各項目を検証・更新してみました。 ロケ地案内の冊子のようなもの... (19/10/26)
  • 『ロッキー』 Rocky (1976)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、ようやく時間がとれたのでスケート場情報アップさせていただきました。 おそらくこの場所に最近まであった平屋の建物がそのまま映画に登場していたものではないか、と単なる推測... (19/10/24)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  KATSUZOUさん、遅くなりましたが画像とコメントをアップさせていただきました。数年がかりで探究された詳細な情報に驚くとともに、映画のショットを見事に再現した画像へのこだわり、さらに現地の皆様に掲載... (19/10/24)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  居ながら様、katsuzou様 19/10/23追記のロケ地写真に泣いて、泣いて、泣いて、泣いて、泣いて、泣いて(←しつこい)、涙が枯れるほど大泣き(感動)しました。 「堤防の道」「漁師の家」... (19/10/23)
  • 『シェルブールの雨傘』 Les parapluies de Cherbourg (1964)
    白亜の恐竜 :  久しぶりです。 長年探していたガソリンスタンドの場所が特定されたと記載されているHPを見つけました。 https://poyatrip.xyz/les-parapluies-de-cherbour... (19/10/23)
  • 『ロッキー』 Rocky (1976)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、いつも情報ありがとうございます。 closedは残念ですが、フィラデルフィアにあるのでなければロッキーの観光資源ともならなかったでしょうし、仕方ないところでしょうか。... (19/10/14)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  KATSUZOUさん、メール受領しました。素晴らしいお写真の数々、堪能させていただきました。 現在多忙にて更新できませんが、できれば次の週末にでも作業したいと思います。メールに添えていただいたエピソ... (19/10/14)
  • 『ロッキー』 Rocky (1976)
    Bill McCreary :  >Santa Monica, California, USA (skating rink) IMDbのロケ地が追加されていまして、このシーンは >Ice Capades Chalet... (19/10/13)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    KATSUZOU :  居ながらシネマ様、 ご無沙汰しております。 今年の夏も終わりを告げめっきり秋めいて参りました。その後いかがお過ごしでしょうか。 今年の四国の旅は、本当に素晴らしい旅を地域の皆様にお世話になり... (19/10/12)
  • 『リスボンに誘われて』Night Train to Lisbon (2013)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、またまたコメントがスパム扱いされてしまい、非表示になってしまっていました。すぐに気づかず申し訳ありません。 アムステルダム中央駅の画像ありがとうございます。いちばんバ... (19/9/24)
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル 』 Ghost in the Shell (2017)
    Bill McCreary :  どうも。こちらで提供させていただきました写真を掲載した記事を発表しました。 https://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/52c6f58844bc30264395da7d3... (19/9/23)
  • 『リスボンに誘われて』Night Train to Lisbon (2013)
    Bill McCreary :  こんにちは。アムステルダム中央駅で、たぶんご協力できそうです。 https://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/bd8387e0ad310bcb7e2b20ceeb02724... (19/9/21)
  • 『リスボンに誘われて』Night Train to Lisbon (2013)
    居ながらシネマ :  rinshoさん、実家(現ホテル)と教会、記事追記させていただきました。 ホテルの方はそうなりますとかなりラッキーな展開だったのですね。スタッフが声をかけてくれたというのがポイントのようで、こういう... (19/9/20)
  • 『リスボンに誘われて』Night Train to Lisbon (2013)
    rinsho :  ↑失礼、自分の名前を間違えました。 (19/9/17)
  • 『リスボンに誘われて』Night Train to Lisbon (2013)
    rinhso :  このホテルの外観を眺めていたら入口に立つスタッフに声をかけられたので、映画の話をしたところ、「そうそう、ここなんだよ」と言って招き入れてくれ、さらに2階の部屋を案内してくれました。 インスタグラ... (19/9/17)
  • 『個人教授』 La leçon particulière (1968)
    居ながらシネマ :  カプチーノさん、いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。 拙記事で楽しんでいただけたようで、嬉しいです。 本文でも書きましたが、この映画、リアルタイムではないにせよ、自分にとっては十分懐か... (19/9/17)
  • 『めまい』 Vertigo (1958)
    居ながらシネマ :  カプチーノさんのコメント(2019年9月16日 21:58)は「個人教授」へのものでしたので、勝手ながらそちらへ移動させていただきました。 ご了承ください。 http://inagara.octs... (19/9/17)
  • 『リスボンに誘われて』Night Train to Lisbon (2013)
    居ながらシネマ :  rinshoさん、コメントありがとうございます。 ポルトガル旅行楽しまれたのですね。拙サイトが少しでもお役にたったのでしたら、嬉しいです。 屋敷や教会の情報もありがとうございます。 今本編が... (19/9/16)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    居ながらシネマ :  のんのんさん、煉瓦工場ご訪問お疲れ様でした。 閉まっていたのは残念ですが、外側からでも敷地内は見えますし、あたりを散策するだけでも十分映画の雰囲気を味わうことができたかと思います。 タイムスリップ... (19/9/16)
  • 『個人教授』 La leçon particulière (1968)
    カプチーノ :  居ながらシネマさま 初めまして 映画「個人教授」でいろいろ探していたらここのサイトにたどり着きました 青春時代の大好きな映画なのでワンシーンワンシーンがよみがえりました それぞれのシーンがパ... (19/9/16)
  • 『めまい』 Vertigo (1958)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。返信が遅れまして、大変申し訳ありません。 この一週間多忙で自分のサイトを全然見ることができないでいました。 Biltmore Ho... (19/9/16)
  • 『リスボンに誘われて』Night Train to Lisbon (2013)
    rinsho :  初めまして。 今年7月ポルトガルに旅したとき、この映画のロケ地もいくつか訪ねました。貴ブログの記事が参考になりました。ありがとうございます。 アマデウの屋敷は高級ホテルに改装されていて、部屋も... (19/9/16)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    のんのん :  本日、煉瓦工場行ってきました‼️ただ時間外なので中に入れませんでした ゆきちゃんの煉瓦ハウス、橋や煙突、最後の川の脇を歩くシーンの場所 まさにタイムトリップ 感動しました‼️ 本当に情報ありが... (19/9/15)
  • 『めまい』 Vertigo (1958)
    Bill McCreary :  >IMDbのこちらが該当場面不明。 Biltmore Hotel – 506 S. Grand Avenue, Downtown, Los Angeles, California, USA... (19/9/5)
  • 『刑事コロンボ/ロンドンの傘』 Columbo: Dagger of the Mind (1972)
    居ながらシネマ :  とりあげる作品はできるだけジャンルや年代に偏らないようにしているのですが、それでも(当たり前ですが)好みが出てきてしまっているようで、最近のエントリーはSFものばかりですね(笑) シービュー号はお風... (19/9/3)
  • 『刑事コロンボ/ロンドンの傘』 Columbo: Dagger of the Mind (1972)
    ほりやん :  シービュー号は見ていなかったのですが、居ながらさんのレパートリーの広さに感心しております。私なんかよりずっとお若い方だと思っていたのですが、先日のラゴンといい、かなり年齢が近い方のように今では勝手に思... (19/9/2)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    居ながらシネマ :  のんのんさん、コメントありがとうございます。 TV放送の録画をお持ちでしたか。私は名画座で見て、やはりドキドキしました :smile: ロケ地をチェックしていて、マップだけでは我慢できずついつい深... (19/9/2)
  • 『刑事コロンボ/ロンドンの傘』 Columbo: Dagger of the Mind (1972)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、「ロンドンの傘」は俳優さんが豪華ですね。海外ロケということもあり、だいぶスペシャルな回という印象があります。 コロンボは活躍は控えめで、むしろ夫婦がテンパっていく様をニヤニヤ楽しむ趣向... (19/9/2)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    のんのん :  見させて頂きました‼️ 私は45年経った今もTVでやったものをDVDにして今でも見てます‼️ ロケ地がまさか深谷とは 深谷は良く使われますね NHKあしガールも使ってますね^_^ 情報得る事... (19/8/31)
  • 『刑事コロンボ/ロンドンの傘』 Columbo: Dagger of the Mind (1972)
    ほりやん :  コロンボはNHKの頃からファンでした。ビデオのない時代でしたから、二見書房から出ていたノベライズ本を読んでは各シーンを思い出して楽しんでいました。 ロンドンへ旅行した時に、Royal Court... (19/8/31)
  • 『怪獣ゴルゴ』 Gorgo (1961)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、コメントありがとうございます。 ラゴン、懐かしいですね。思わず録画を見返してしまいました。ウルトラQは1本が短いのが良いです。子供の時は家の中に入ってくる場面がとても怖かったですが、今... (19/8/30)
  • 『雨のアムステルダム』 (1975)
    居ながらシネマ :  赤松さん、情報ありがとうございます。 仰る通り、『悪魔の手毬唄』も良いですね。 おかげさまで『化石』Youなんとかで簡単に見ることができました。それ以前に、この作品、DVDも出ていないと思い込んで... (19/8/30)
  • 『怪獣ゴルゴ』 Gorgo (1961)
    ほりやん :  舞台がロンドンで、ストーリーも良いので気に入ってます。ガッパは見ていませんが子供を取り返しに来るということで、ウルトラQのラゴンを思い出しました。 Bill Cooke の Gorgo という本... (19/8/29)
  • 『雨のアムステルダム』 (1975)
    赤松 幸吉 :  このように昔見た映画を懐かしんでいるファンが多くいらっしゃるのは、ご同慶の至りです。 そうです、「雨のアムステルダム」のように岸恵子さんは若い頃(松竹時代)よりも中年(70年代)になってからの方... (19/8/29)
  • 『雨のアムステルダム』 (1975)
    居ながらシネマ :  tamuchann38さん、こちらでもコメントありがとうございます。 『恋は緑の風の中』もそうですが、むかーし見た映画と、DVDや放送でん十年ぶりに再会できると、それだけで嬉しくなりますよね。 岸... (19/8/29)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    居ながらシネマ :  tamuchann38さん、コメントありがとうございました。 こうして数十年ぶりにご覧になった方がコメント寄せてくださると、エントリー作った甲斐があったというものです。 この映画に関しては、町や煉... (19/8/29)
  • 『雨のアムステルダム』 (1975)
    tamuchann38 :  長年探していた映画です。まず冒頭のビッグニュース?DVD化されるんですね。生きててよかったあ。当時中学2年生。「傷だらけの天使」が終わったちょぐごですぐ見に行きました。音楽も素敵でLPサントラを購入し... (19/8/28)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    tamuchann38 :  経った今数十年ぶりにDVDで見まして、ここにサーフィンしてきました。私もロケ地探訪が好きで、現場でここが恐らくあのシーンであっちからこう来て。。。などとまさに自己満足しています。今回は貴重な資料ありが... (19/8/28)
  • 『ウィークエンド・ラブ』 A Touch of Class (1973)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、わざわざお調べいただきありがとうございます。 北村総一朗さんと平井道子、記憶の声でもそうかもしれません。 テレビ放送の録画はあれこれ結構持っていたのですが、珍しそうなものを動画に... (19/8/28)
  • 『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』 Person of Interest (2011-)
    居ながらシネマ :  イライアスはルックスが角野卓造さんみたいで一見そんなにコワそうじゃないのに(確か登場したときは地味な教師でしたっけ?)、実は裏の顔が凄いという設定がよかったですね。それなのにミニみたいに腕力中心の組織... (19/8/28)
  • 『ウィークエンド・ラブ』 A Touch of Class (1973)
    ほりやん :  チャーチルは、最初にお茶した高級ホテルのほうですね。おそらくサイトの作者さんが勘違いされたのでしょう。 ビデオデッキがないので声優の確認ができませんが、ネットで調べたところ北村総一朗さんと平井道... (19/8/26)
  • 『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』 Person of Interest (2011-)
    kaz :  こんにちは。お言葉に甘えて早速やってまいりました(^.^) 身体の件、お気遣いありがとうございます。お陰様で仕事辞めてからだいぶマシになりました。 で、POI(前回PSIとか書いてスミマセン)です... (19/8/26)
  • 『ウィークエンド・ラブ』 A Touch of Class (1973)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、記事追記させていただきました。 ご紹介のサイトですと、RESTAURANT & HOTELを'The Churchil'としていますが、チャーチルはその前のお茶したところですよね? ... (19/8/25)
  • 『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』 Person of Interest (2011-)
    居ながらシネマ :  kazさん、お久しぶりです。 お体大丈夫ですか? このドラマ、仰る通り、最終シーズンは短くとも最後まで描ききってくれて、本当に良かったです。できればその前のミニのくだりは全部カットして、最終シーズ... (19/8/25)
  • 『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』 Person of Interest (2011-)
    kaz :  こんにちは、ご無沙汰しております。その後も更新されてらっしゃる様で何よりです(^.^) ワタシは昨年からの腰痛悪化で退職を余儀なくされ、今は年金生活しております。収入激減でCATVを解約せざるを得な... (19/8/24)
  • 『ウィークエンド・ラブ』 A Touch of Class (1973)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、こちらでもコメントありがとうございます。おお、この映画もお好きでしたか。 本文でも書きましたが、私もむか~しテレビで見てすっかり気に入ってしまいました。 ビデオデッキを導入後は録画す... (19/8/20)
  • 『ウィークエンド・ラブ』 A Touch of Class (1973)
    ほりやん :  この映画はフォロー・ミーの次に好きな映画で、洋画劇場の録画ビデオを何回も見ていたので、海外版のDVDでも結構楽しめました。 Vickie の家ですが、 https://www.reelstre... (19/8/19)
  • 『ブルース・ブラザース』 The Blues Brothers (1980)
    居ながらシネマ :  mitaさん、わざわざご報告ありがとうございます。存分に楽しまれたようで、何よりです! 結構広い範囲を回られたのですね。 このエントリーは7年前に書いたものなので、きっと今では景色が変ったところも... (19/8/19)
  • 『雨のニューオリンズ』 This Property Is Condemned (1966)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、この映画それほどお気に入りでしたか。そんなファンの方に拙記事を見ていただけて恐縮です。 もともとWordpressの勉強から始めた部分があるのですが、これまでぼーっと見て来た映画の備忘... (19/8/18)
  • 『ブルース・ブラザース』 The Blues Brothers (1980)
    mita :  シカゴへ行ってきました。おかげで楽しい旅行になりました。 ジャンプする橋、ジェームス・ブラウンの教会、SOUL FOOD CAFE(マックスウェルストリート)、レイの楽器店、シカゴ市庁舎等回ってきま... (19/8/18)
  • 『雨のニューオリンズ』 This Property Is Condemned (1966)
    ほりやん :  この映画はマンハッタン物語と甲乙つけがたいくらい気に入ってます。洋画劇場の録画したものやDVDソフトを何回も見ていますが、今回の投稿にあたっては見直していないので、お役に立てたのは嬉しいのですが、宿以... (19/8/13)
  • 『雨のニューオリンズ』 This Property Is Condemned (1966)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、コメントありがとうございます。 おかげさまで、宿をはじめ町中の撮影場所が芋づる式に判明し、スッキリしました♪ 鉄橋はわかっていたのに、すぐ近くの町をチェックしなかったのは痛恨の極みで... (19/8/13)
  • 『流転の地球』 流浪地球 (2019)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、画像拝借しました。いつもありがとうございます。 この時は上海中心はまだ建設中のようですね。 Google Earthの3Dモデルもまだ上の方ができあがっていなくて、... (19/8/13)
  • 『雨のニューオリンズ』 This Property Is Condemned (1966)
    ほりやん :  Starr Boarding House は、現在 The Bay St. Louis Little Theatre となっているようです。 398 Blaize Ave, Bay St Louis... (19/8/12)
  • 『流転の地球』 流浪地球 (2019)
    Bill McCreary :  こんにちは。 >上海環球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター) で協力ができます。 https://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/1c79996ce... (19/8/11)
  • 『マンハッタン物語』 Love with the Proper Stranger (1963)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、ご確認ありがとうございます。 本文更新させていただきました。 建物好きなので、こういう歴史や経緯が書かれてある記事はついつい読みふけってしまいます。 やはりBlu-rayで見て... (19/8/11)
  • 『マンハッタン物語』 Love with the Proper Stranger (1963)
    ほりやん :  ドア越しに見える特徴のある階段によく気付かれましたね。この古い写真のホールも同じですね(このページに辿り着かれたのがすごいと思います)。ナタリーが去って行った方向に時計が見えますが、ストリートビューで... (19/8/10)
  • 『マンハッタン物語』 Love with the Proper Stranger (1963)
    居ながらシネマ :  Blu-rayも出ていましたか。 ナタリー・ウッドがさらに美しくなるって、これは重要ポイントですね :smile: ホールですが、手持ちの画質があまり良くないためか、HOTEL COMMAND... (19/8/10)
  • 『マンハッタン物語』 Love with the Proper Stranger (1963)
    ほりやん :  ビデオを持っていたのですが、ブルーレイ版を買いました。画質がやはりいいですよ。ナタリー・ウッドが更に美しくなりました。対訳シナリオを持っているのですが、それにも東11丁目と書いてあります。耳でチェック... (19/8/9)
  • 『マンハッタン物語』 Love with the Proper Stranger (1963)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、コメントありがとうございます。 本当ですね、この場面ではっきりわかりますね。後で記事に追加しておきます(今日はもう眠いので……)。 この映画昨年日本盤DVDが出たようですね。字幕... (19/8/9)
  • 『ティファニーで朝食を』 Breakfast at Tiffany's (1961)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、コメントありがとうございます。 見た感じリアルな街角ではないようでしたが、やはりスタジオセットなのですね。 この「ちょっと違う」というのは、人間の脳はどうやって見分けているのでしょう... (19/8/9)
  • 『マンハッタン物語』 Love with the Proper Stranger (1963)
    ほりやん :  ナタリー・ウッドのアパートが映画では東11丁目となっていますが、マックィーンが公園の前で花を買ってから道路を横切ったところに特徴のある入口があるので、彼女のアパートは、 301 East 10th ... (19/8/8)
  • 『ティファニーで朝食を』 Breakfast at Tiffany's (1961)
    ほりやん :  私もこのコメントを見る迄は、実在するお店だと思っていましたが、 www.themoviedistrict.com/breakfast-at-tiffanys/ に、Shopliftingのシーンは... (19/8/8)
  • 『ティファニーで朝食を』 Breakfast at Tiffany's (1961)
    居ながらシネマ :  柿本良さん、はじめまして(で良ろしかったでしょうか?) その場面とっさに思い浮かばず、先頭から早送りしてさがしてしまいました。1時間15分ぐらいのところですね。 お店の名前はいちおう看板に書かれて... (19/8/7)
  • 『ティファニーで朝食を』 Breakfast at Tiffany's (1961)
    柿本良 :  二人が猫のお面を万引きしたお店の名前は分かりませんか? (19/8/7)
  • 『パピヨン』 Papillon (1973)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 OPの場所、追加させていただきました。 もともと何の施設かはわかりませんが、とにかく建物の形や配置など、マップ上でもはっきり確認でき... (19/8/7)
  • 『パピヨン』 Papillon (1973)
    Bill McCreary :  こんばんは。 この映画のIMDbを確認しましたら、ロケ地の記述が追加されていまして >IES San Fernando, Madrid, Comunidad de Madrid, Spai... (19/8/6)
  • 『雨のアムステルダム』 (1975)
     :  早速の返信ありがとうございます やっぱり漠然としてわかりにくいですよね ショーケンがハッと何かを感じ見つめた先の札束に視線が行き 急に駆け出したとしか見えなかったので いったい何があったの... (19/8/2)
  • 『雨のアムステルダム』 (1975)
    居ながらシネマ :  花さん、コメントありがとうございます。 傷天はリアルタイムで見ていましたが、翌月曜日にはみんなで良かった場面を修とアキラになりきって再現して喜んでいました。 あのビルもようやく解体されるとのニュー... (19/8/2)
  • 『雨のアムステルダム』 (1975)
     :  始めまして! 撮影現場を詳しく教えていただき ありがとうございました。 映画のクオリティはともあれ ショーケンファンとして傷天の木暮修そのままの 若い頃のショーケンが映像で残っているだけで嬉... (19/8/1)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、情報ありがとうございます。 あのグラウンド施設はもともとは大学ではなかったのですね。確かに内容的には撮影協力しづらいものがあるような…あとで本文に追記しておきます。 ... (19/7/30)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    Bill McCreary :  ようやく本日映画を観ることができました。感想を言うと、檀ふみ美人、あとやっぱり滝と吊り橋、信越本線の山は気になる、ですかね(苦笑)。内ゲバのシーンは、やはりあの時代を生きていた方には、他人事ではないの... (19/7/29)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    居ながらシネマ :  防人ぽぱいさん、コメントありがとうございます。 テーマソングにもいろいろあるのですね。 生涯全作品CDって、映画やドラマ含めたら全何枚組になるのでしょう…………... (19/7/29)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    防人ぽぱい :  映画内で使われてるヴァージョンミックスの「青春の蹉跌のテーマソング」を DVD化時に、初回特典でCDつけてくれないかな?サントラとは違うから。 井上尭之さんの音楽生涯全作品CDあたり出たらついてた... (19/7/28)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、貴重なしかも鮮度たっぷりの情報ありがとうございます。 『雨のアムステルダム』とあわせて、追記させていただきました。 DVD化の予想もお見事でした。 たしかにい... (19/7/27)
  • 『結婚しない女』 An Unmarried Woman (1978)
    居ながらシネマ :  Leeleeもどきさん、コメントありがとうございます。 この映画のビル・コンティいいですよね。とにかく音楽が良かった『ふたりでスローダンスを』や『フィスト』と同じ年なので、ノリにノッていた頃と思... (19/7/27)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    Bill McCreary :  ちょうど本日、「日本映画専門チャンネル」で、「雨のアムステルダム」とこの作品が放送されていて、現在「雨の・・・」が放送中、私は録画中ですが、ついに東宝での70年代の萩原主演作品のDVD化が実現するよう... (19/7/26)
  • 『結婚しない女』 An Unmarried Woman (1978)
    Leeleeもどき :  はじめまして。好きな映画、けっして美人ではないけれど、素敵で好きな女優。Bill Conti の心地よいテーマは歩いている最中でも、口ずさんでしまいます。特に冬の頃。私にとって映画音楽50選の中にあり... (19/7/26)
  • 『フォロー・ミー』 Follow Me! (1972)
    居ながらシネマ :  子供でしたら中で迷ったらかなり不安でしょうね。今ならスマホ取り出して現在位置を確認するのでしょうけど。 ご夫婦でいらっしゃったのですか。うらやましいです。我が家はなかなかまとまって時間がとれない私は... (19/7/18)
  • 『フォロー・ミー』 Follow Me! (1972)
    ほりやん :  お返事ありがとうございます。 ハンプトンコートの迷路も行きました。なかなか出られなくて、中で出会った少年に出口を教えてくれと聞いたのですが、彼も迷っているようで、一緒にキャッキャッ言いながらやっとこ... (19/7/17)
  • 『フォロー・ミー』 Follow Me! (1972)
    居ながらシネマ :  ほりやんさん、コメントありがとうございます。 20年前に通りをチェックされたエピソード、とても面白く拝見しました。 「それは無い!キャロル・リードの創造だ」とは最高の証言を引き出されましたね。 ... (19/7/15)
  • 『フォロー・ミー』 Follow Me! (1972)
    ほりやん :  はじめまして、62歳のおっちゃんです。よくまあここまで細かく調べたものだと感心しました。フォローミーが好きで20年ほど前にロケ地全部は無理なので、せめて面白い名前の付いた通りを全部訪ねようとロンドンへ... (19/7/15)
  • 『イージー・ライダー』 Easy Rider (1969)
    居ながらシネマ :  Fuji-maruさん、お久しぶりです。コメントありがとうございました。 URLが多く入っていたためか、コメントが要認証となってしまっていて、すぐには表示されなかったようです。大変失礼致しました。 ... (19/7/13)
  • 『惑星ソラリス』 Солярис (1972)
    居ながらシネマ :  世四郎さん、こちらでもコメントありがとうございます。 難波さんのアルバム懐かしいですね。同じ頃冨田勲さんの「宇宙幻想」もバッハのテーマ曲を収録してましたが、まあそういう時代だったのですね。 三枝さ... (19/7/13)
  • 『サンタ・ビットリアの秘密』 The Secret of Santa Vittoria (1969)
    居ながらシネマ :  世四郎さん、追加情報ありがとうございます。 ソフトは国内盤がなくても結構海外で出ていたりするので、どうしても手元に欲しい場合はそういったものも狙い目ですね。実はこのエントリーも、数年前に買った海外版... (19/7/13)
  • 『イージー・ライダー』 Easy Rider (1969)
    Fuji-maru :  居ながらシネマさん、こんにちわ。 明日2019年7月14日は、映画イージーライダーの米国公開 50周年記念日になりますね。 アメリカでは4k版を上映するイベントがあるようです。 さて、Yaho... (19/7/13)
  • 『惑星ソラリス』 Солярис (1972)
    世四郎 :  音楽について この原作「ソラリスの陽のもとに」は40年前に日本で曲になっています 作家であり、その後ミュージシャンとしてもデビューした難波弘之氏のデビューアルバム「センスオブワンダー」に収録の「ソ... (19/7/13)
  • 『サンタ・ビットリアの秘密』 The Secret of Santa Vittoria (1969)
    世四郎 :  邦訳版について追記しますと、ワールド・ベストセラーズというシリーズが刊行されていまして、これは「現代の核心にせまる、新鮮で、衝撃的な、世界の問題作を集めたシリーズです。(全作品翻訳権取得・本邦初訳)」... (19/7/12)
  • 『サンタ・ビットリアの秘密』 The Secret of Santa Vittoria (1969)
    世四郎 :  ソフトについては日本版はVHSのみですが、アメリカではDVDもBlu-rayも出ていますね DVDはアメリカは日本とはリージョンが違うということで、日本仕様のプレーヤーでは視聴できないそうですが、B... (19/7/12)
  • 『サンタ・ビットリアの秘密』 The Secret of Santa Vittoria (1969)
    居ながらシネマ :  世四郎さん、邦訳情報ありがとうございました。映画は「ビ」ですが、邦訳は「ヴィ」ですね。1969年ということは、やはり映画公開がきっかけだったでしょうか。 それより、拙サイトのこのページをご覧いただい... (19/7/12)
  • 『サンタ・ビットリアの秘密』 The Secret of Santa Vittoria (1969)
    世四郎 :  邦訳は1969年にされていますよ 集英社刊「サンタ・ヴィットリアの秘密」新庄哲夫訳 430頁ありますが、この時代なのでわずか720円です... (19/7/11)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  KATSUZOさん、コメントありがとうございます。 現地でさらに詳しくお調べになったとのこと。あの木をはじめ、旅館や漁師の家なども解明されるとは、粘り強い調査力やフットワークに感服しました。 掲載... (19/7/11)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    KATSUZOU :  居ながらシネマ様、 梅雨の晴れ間を利用しまして 先月、季節は初夏、 棚田の早朝や夕景の風景写真を撮りながら、ロケ地の探索をかねて、四国に行ってきました。 そこで判明した事なんですが、や... (19/7/10)
  • 『ソフィーの選択』 Sophie's Choice (1982)
    eclipse :  コメントありがとうございます。 訂正ですが、ウィリアム・スタイロンはこの作品ではなく、すでにピューリッツァー賞はとってから、この作品を書いてますね。日本語のWikiは間違ってるようです。 先に... (19/6/30)
  • 『ソフィーの選択』 Sophie's Choice (1982)
    居ながらシネマ :  eclipseさん、コメントありがとうございます。 エミリー・ディキンソンはこの映画で初めて知ったかもしれません。映画が強く印象に残ると、登場した人物やアイテムなどもとても気になり、映画を離れてあれ... (19/6/27)
  • 『ソフィーの選択』 Sophie's Choice (1982)
    eclipse :  ソフィーは子供を選んだ時点で死んでた、が、自分から「死」に立ち止まることが出来なかった。だから、「死」(ネイサン)がやさしく彼女ののために止まってくれた。 わたしは「死」のために止まれなかったの... (19/6/25)
  • 『ブルース・ブラザース』 The Blues Brothers (1980)
    居ながらシネマ :  mitaさん、コメントありがとうございます。シカゴへご旅行ですか。拙サイトがお役に立ったとしたら、とても嬉しいです。 どうぞお気を付けて、現地で存分に楽しんできてください。ありがとうございました。... (19/6/19)
  • 『ブルース・ブラザース』 The Blues Brothers (1980)
    mita :  大変参考になりました。 近いうちにシカゴに行く予定なので 見てきたいと思います。... (19/6/17)
  • 『暁の7人』 Operation: Daybreak (1975)
    居ながらシネマ :  カレルがプラハ城横の階段を下りてくる?? とのことで、チェックしてみましたが、なるほどこちらですね。 https://goo.gl/maps/2ymMQ5MaafQHbkT57 お写真も... (19/6/8)
  • 『ボヘミアン・ラプソディ』 Bohemian Rhapsody (2018)
    yuki :  確かに原作通り芦屋のロケがかなりあったようです。香川京子演じる福子を筆頭に全体にデフォルメされた演技で、見ようによっては面白いとも言えます。谷崎の世界とは、(リリーとの絡みを除けば)、だいぶ違うという... (19/6/7)
  • 『暁の7人』 Operation: Daybreak (1975)
    打ちっぱなし人間 :  序盤の教会の広場も中も行ったのに外観撮ってなかったのでもうないと思ってましたが、 もう一度見直してみると、1:15:30秒辺りのカレルがプラハ城横の階段下りてくる場所の写真がありました http:... (19/6/6)
  • 『ボヘミアン・ラプソディ』 Bohemian Rhapsody (2018)
    居ながらシネマ :  yukiさん、コメントありがとうございます。 『猫と庄造と二人のをんな』ご覧になったのですか。私まだ見たことがありません。 VHSも入手困難のはずで、となるとすみませんがロケ地チェックはできそうも... (19/6/5)
  • 『ボヘミアン・ラプソディ』 Bohemian Rhapsody (2018)
    yuki :  私も猫の登場でポイント高しの映画でした。猫つながりでこちらに書きますが、『猫と庄造と二人のをんな』の上映会がありまして、映画全体はちょっと・・・という感じですが、猫(リリー)のポイント超高しでした。名... (19/6/4)
  • 『約束』 (1972)
    居ながらシネマ :  6月7月の日本映画専門チャンネルで放送されます。 https://www.nihon-eiga.com/program/detail/nh10004835_0001.html すでにBlu-r... (19/6/1)
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル 』 Ghost in the Shell (2017)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 今度は香港マカオですか。本当にいろいろなところへお出かけになられますね。 私はもう長いこと行っていませんが、SVや空撮で感じる以上に... (19/5/30)
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル 』 Ghost in the Shell (2017)
    Bill McCreary :  どうも、ちょうど日曜から2泊3日で香港とマカオに行きますので、あるいは協力ができるかもしれません。ただマカオ中心の行動になりますので、あるいは余裕がないかもしれませんので、その際は申し訳ございません。... (19/5/29)
  • 『ときめきに死す』(1984)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、画像使わせていただきました。 ブログにアップされている他の建物もなかなか良い雰囲気ですね。さすが玄関口です。 鏡を使った裏焼きモドキもそうですが、レストランの窓... (19/5/23)
  • 『ダイナマイトどんどん』 (1978)
    居ながらシネマ :  達也さん、コメントありがとうございます。 地元の映画館でご覧になったとのこと、良き思い出ですね。 おかげさまで、スッキリしました。さっそく記事へ反映させていただきました。 岸田森さんのクルマ... (19/5/22)
  • 『ダイナマイトどんどん』 (1978)
    達也 :  あの刑務所は昔の甲府刑務所です。 この映画は私が中学生の頃ですが、地元の映画館でこのシーンが写ったときどよめきが起こったことを覚えてます。出所したヤクザが花巻(岸田 森)の待つ車に乗り込むときのあの... (19/5/21)
  • 『ときめきに死す』(1984)
    Bill McCreary :  例の十連休中、北海道に行きまして、函館市も訪れました。それで五島軒本館も撮影しました。ただ中には入らなかったので、あまりお役には立てないかと。 https://blog.goo.ne.jp/mc... (19/5/21)
  • 『続・夕陽のガンマン』Il buono, il brutto, il cattivo (1966)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 情報、記事の方へ反映させていただきました。 この記事を書いたときはGoogle Earthの画像で墓地の同心円がかろうじて確認で... (19/5/14)
  • 『続・夕陽のガンマン』Il buono, il brutto, il cattivo (1966)
    Bill McCreary :  すでにご存じの話ですが、ご紹介の http://www.panibericana.com/2016/10/21/sad-hill-good-bad-ugly/ についての映画が公開されまし... (19/5/13)
  • 『暁の7人』 Operation: Daybreak (1975)
    居ながらシネマ :  打ちっぱなし人間さん、お久しぶりです。 GWのご旅行ですか? いろいろあちこちに行ってらっしゃいますね :smile: 画像拝見しました。動画の切り出しとのことですが、十分場所はわかりました... (19/5/13)
  • 『暁の7人』 Operation: Daybreak (1975)
    打ちっぱなし人間 :  教会に向かって三人が歩いて降りてくる坂道の反対側からのカットです http://imepic.jp/20190513/011560 先週行った時に撮ったのですが、動画からの切り出しで少し見にくいで... (19/5/13)
  • 『刑事フォイル』 Foyle's War (2002–2015)
    ykshow :  ykshowです。お返事を頂いていたのに、こちらからの返信が遅くなってしまい申し訳ありません。番組が最終回まで進むとのことでよかったです。BSでのコンプリートができそうとのことで何よりです。毎週見てい... (19/5/10)
  • 『遠雷』 (1981)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、画像さっそく頂戴しました。ありがとうございます。 私も宇都宮へ行ったときは餃子をいただきました。 『遠雷』は餃子で町おこしより前の時代ですね :smile: ... (19/4/29)
  • 『遠雷』 (1981)
    Bill McDreary :  >群馬県の県庁所在地は、関東の人間でもけっこう間違えたりします。 高碕でしたっけ?(笑)ていうか、埼玉県も、現在は合併しましたが、以前は「大宮」と思っている人もいたんじゃないんですかね。基本関東... (19/4/29)
  • 『遠雷』 (1981)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、コメントありがとうございます。 宇都宮駅前のストリートビューが開かずにすみません、リンク修正しました。 手前にペデストリアンデッキができていますが、駅舎そのものは今でも同じようですね... (19/4/29)
  • 『遠雷』 (1981)
    赤松 幸吉 :  「キネマ旬報ベストテン」に権威も重みもあった時代での堂々たる第2位である。 この映画では80年代の栃木の町の様子がよく分かります。 映画のシーンを思い出しながら、居ながら様のGoogle Ma... (19/4/28)
  • 『不連続殺人事件』 (1977)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、コメントありがとうございます。 このエントリーをアップして4日経ちますが、すでに人間関係すっかり忘れています(笑)。 ただGoogleスライドで人物相関図を作成するのは、作業がけっこ... (19/4/26)
  • 『不連続殺人事件』 (1977)
    赤松 幸吉 :  『不連続殺人事件』はストーリーが複雑な上に、登場人物が多すぎ、まるで万華鏡を覗いているようで、何が何やら分かりませんでした。 苦心の貴労作「... (19/4/25)
  • 『小さい逃亡者』 (1966)
    居ながらシネマ :  yukiさん、コメントありがとうございます。 公開当時ご覧になったのですね。 私は数年前の日本映画専門チャンネルで初めて見たのですが、資料を見ると『ガメラ対ギャオス』の併映であったようで、そうなる... (19/4/23)
  • 『小さい逃亡者』 (1966)
    yuki :  追加と修正です。Billさんのと言うより、Billさんの紹介してくださったブログ主さんの情報ですね。それと、私はまだこのDVD見てませんので、見てみたいものです。... (19/4/22)
  • 『小さい逃亡者』 (1966)
    yuki :  私も当時10歳前後で、この映画が印象深く残っています。個人的なことでは、この映画とほぼ同時期(前後関係今の所不明)に父親が仕事でヨーロッパに行くときに(物好きにも?)シベリア鉄道経由で行きましたので、... (19/4/22)
  • 『いつも2人で』 Two for the Road (1967)
    居ながらシネマ :  みつおさん、こんばんは。 判明したのは遺跡(水道橋)のと、フェリーの港をもう少し詳しく見たぐらいで、あとはとりあえず項目だけ立てておきました。 ホテルみたいに何かのはずみで判ると良いですね :sm... (19/4/16)
  • 『いつも2人で』 Two for the Road (1967)
    みつお :  inagaraさん、こんばんは! 記事、また増えてるんですね!(*^^*) 次々と判明していくのが嬉しいです! いつかinagaraさんの記事を元に、オードリー・ヘプバーン ツアーをして... (19/4/15)
  • 『小さい逃亡者』 (1966)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 DVD情報、全然知りませんでした。さっそく追記させていただきました。 もうひとつ、ブログ記事の方ですが、ひとつずつ辿って見ている... (19/4/15)
  • 『小さい逃亡者』 (1966)
    Bill McCreary :  貴記事を読んで、「お、こんなすごい映画があったんだ!」と感動してしまい、調べたところ、DVD化されていました。 https://www.amazon.co.jp/dp/B01FVWN166 ... (19/4/14)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 30000円はひどいですね。 『雨のアムステルダム』もそうでしたが、手持ちはVHSではなく日本映画専門チャンネルの録画でした(数... (19/4/14)
  • 『青春の蹉跌』 (1974)
    Bill McCreary :  この映画も未見ですのでコメントはできませんが、「モスクワわが愛」とのカップリングなのが「え!」ですよね。ちょっと無理がないか。 萩原が亡くなった直後の某ネットオークションでVHSが30000円の... (19/4/13)
  • 『雨のアムステルダム』 (1975)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、 返信遅れてすみません。 以前ご提供いただいた画像のページに何かこの映画で登場した物件がないかと探して1枚使わせていただきました。 オークラの画像もさっそくアップ... (19/4/13)
  • 『雨のアムステルダム』 (1975)
    赤松 幸吉 :  「約束」から3年、「雨のアムステルダム」の岸惠子も年が寄り、若きショーケンと恋人同士を演じるには年齢的にギリギリといったところ。 この映画も悪くはないが、やはり「約束」と比べると「月とすっぽん」... (19/4/12)
  • 『雨のアムステルダム』 (1975)
    Bill McCreary :  どうも、拙記事と拙写真のご紹介ありがとうございます。この映画はあいにく未鑑賞なので、あまり指摘ができませんが、 >ホテル・オークラ・アムステルダム はご協力できるかもしれません。 h... (19/4/10)
  • 『恋のエチュード』 Les deux anglaises et le continent (1971)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 新文芸座でかかっていたのですね。「居ながら」になってしまってから劇場へはあまり足を運ばなくなりましたが、文芸座は昔から貴重な作品をよく... (19/4/8)
  • 『刑事フォイル』 Foyle's War (2002–2015)
    居ながらシネマ :  ykshowさん、コメントありがとうございます。 NHKで始まりましたね。 今度は全9回とあるので、最後までやってくれそうです :smile: 前後編に分けないのがこれまでと違うところでしょう... (19/4/8)
  • 『恋のエチュード』 Les deux anglaises et le continent (1971)
    Bill McCreary :  こんにちは。先週の日曜日(3月31日)に、池袋の新文芸坐で、「突然炎のごとく」とカップリングでこの映画を上映していたので鑑賞しました。実はこれが初めての鑑賞でして、「突然・・・」とセリフが重複している... (19/4/7)
  • 『刑事フォイル』 Foyle's War (2002–2015)
    ykshow :  はじめまして。ykshowというものです。 刑事フォイルの情報を探していたところ、このサイトを見つけました。 最初の数回で完全にハマってしまいました。 そのうちHastingsに行ってみようかと... (19/4/7)
  • 『バリー・リンドン』 Barry Lyndon (1975)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、ありがとうございます。さっそく画像いただきました。 やはりBill McCrearyさんにご協力いただいた『ライアンの娘』など、もろそのあたりを扱ってますよね。 ... (19/3/30)
  • 『約束』 (1972)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 平成も最後になって次々有名人が鬼籍に入られてますね。 ブログ拝見しました。拙記事をご紹介いただきありがとうございます。(ご紹介な... (19/3/30)
  • 『バリー・リンドン』 Barry Lyndon (1975)
    Bill McCreary :  すみません、アイルランドでロケをしていたのは知っていたので、もっと早く気付かなければいけなかったのですが、ダブリン城のDrawing roomでご協力ができます。 https://blog.go... (19/3/29)
  • 『約束』 (1972)
    Bill McCreary :  萩原健一が亡くなったので追悼記事を拙ブログで書きまして、それで貴記事を紹介させていただきました。勝手なことをして申し訳ございません。 https://blog.goo.ne.jp/mccrear... (19/3/29)
  • 『追想』 Le vieux fusil (1975)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、こちらでもコメントありがとうございます。 殺し方が様々というのは、スプラッターとかリベンジものの映画では定番の表現ですね。 ロミー・シュナイダーですら、ニコニコしな... (19/3/26)
  • 『さらば愛しき人よ』 (1987)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 ご心配おかけしてすみません。 サイトに不具合が出て修正している内にドツボにはまり、最後は全部削除してバックアップから復元しようとした... (19/3/25)
  • 『追想』 Le vieux fusil (1975)
    Bill McCreary :  先日この映画が、早稲田松竹の夜の上映でやっていたので観ました。日本でも、70年代前半くらいまで各映画会社が太平洋戦争関係の映画を夏に公開していましたが、この映画が75年にフランスで公開されて大ヒット、... (19/3/24)
  • 『さらば愛しき人よ』 (1987)
    Bill McCreary :  どうも、数日前貴サイトが閲覧できなかった際は、う、突然更新停止・削除かとものすごくあせりました。ただ「403」でしたので、たぶん障害ではないかなとは思いましたが(404ならやばい?)、無事復活していた... (19/3/24)
  • 『幻の湖』 (1982)
    居ながらシネマ :  赤松さん、コメントありがとうございます。返信遅れてすみません。 サイトに障害が起きて、数日間開くことができませんでした。 『ふしぎな岬の物語』は見ていませんが、そちらのカテゴリーとなっていまし... (19/3/23)
  • 『幻の湖』 (1982)
    赤松 幸吉 :  「幻の湖」がこのブログに登場するなんて、目を疑うようなサプライズだ。 しかも、居ながら様がこの映画を劇場で見ているとは! 「幻の湖」は大コケ、超不入り、早々に公開中止となったので、実際にリアル... (19/3/18)
  • 『ナタリーの朝』 Me, Natalie (1969)
    居ながらシネマ :  じんみさん、コメントありがとうございます。 漫画化もされていたのですね。りぼんはさすがに自分はターゲットではないので(汗)見てはいませんが…… 昔は(今もそうかもしれませんが)月刊誌の読み切りでけ... (19/3/17)
  • 『ナタリーの朝』 Me, Natalie (1969)
    じんみ :  映画より先にリボン系の漫画雑誌で、漫画家もりたじゅんが、この映画原作を漫画化したのを読みました。漫画の方のタイトルは『わたしはナタリー』。あとから映画を見たわけですが、漫画の方も結構、映画の雰囲気まん... (19/3/16)
  • 『ときめきに死す』(1984)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、情報ありがとうございます。 ブログ記事を拝見すると、裏焼きではなく鏡に写したとのこと、意味は不明ですが、撮影方法がわかってスッキリです。 Mishimaにもたっぷり... (19/3/5)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 今回駆け足でしたが、判明できた撮影ポイントはひと通りチェックすることができました。 商店街はあまりの変貌に驚きますね。あらかじめ... (19/3/5)
  • 『ときめきに死す』(1984)
    Bill McCreary :  >3人で食事をするところ。 これがエンドクレジットにあるこちらでしょうか? (未確認) こちらのサイトに、当時のスタッフの方がこの映画についての記事を書いていて、 >レストランでの... (19/3/4)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    Bill McCreary :  大変お疲れさまでした。私の写真を撮りに行くなんてい言ってまだ行っていませんが、撮影した際には、また拙ブログで発表いたします。私としては、やはりかつての商店街の写真を撮ろうかなと考えています。例の八百屋... (19/3/4)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  katsuzouさま 今回の食堂の写真には我が目を疑うような驚きでした。 スクリーンではほぼ内部だけしか映っていないのに、よくぞ見つけられました。 店内は成る程三角地のように細くとんがっており、... (19/3/2)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    居ながらシネマ :  うずらさん、コメントありがとうございます。 封切りをリアルタイムでごらんになったのですね。私は名画座に降りてきてからかと思いますので、少し後かもしれません。 名画座で何度か見た後は長らく見ることが... (19/3/2)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  katsuzouさんから画像を追加提供していただきました。 「アーチ橋」「商店街」「食堂」「少女2人が語らう石垣」(新規項目)へアップしましたので、どうぞご覧ください(記事がかなり長くなってきました... (19/3/2)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    うずら :  中学1年の時、同級生と仲間と観ました。 その際は高橋洋子さん出演の「蔵王絶唱」と、フォーリーブスさん出演の「急げ 若者」と3本セットでの上演でした。(こちら2本も観たいです) 私は深谷市とは何の縁... (19/3/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  katsuzouさん、 書き込んでいただいたコメントがなぜか保留扱いになっていて、反映されていませんでした。同じ内容で何度も書き込みいただいたようでう申し訳ございません。 最後の書き込みが改行が少... (19/2/28)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    katsuzou :  居ながらシネマさん、 写真掲載して頂きありがとうございました。 妻も最初は四国行きは乗り気ではありませんでしたが、 下灘の夕日を見てからは、気分良く同行してくれます。 メールでも少し書かせ... (19/2/28)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、 なるほど、階段は草に覆われているのですね。 イノシシさんもそうですが、皆さん凄すぎです :smile: Bill McCrearyさん、 ホントですね、いただいた町名情報を... (19/2/28)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    Bill McCrearyBill McC’DY8 :  どうも、この数日の進展もまたすごいですね。ほんと、この記事での皆さまの情熱には圧倒されます。 実は今月はじめ、松山と別府に行き、途中フェリーに乗るため駅から港まで八幡浜の街を歩いたんです。そうし... (19/2/27)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  すごいですね、katsuzouさん。あの踏切、「階段は改築されなくなってますが」とおっしゃってますが、草に覆われているだけでしっかりコンクリートの階段も確認できますね。大阪からわざわざ四国に来ていただ... (19/2/27)
  • 『ナタリーの朝』 Me, Natalie (1969)
    居ながらシネマ :  Leelee Sarahさん、昔の映画がお好みなのですね。 私もその昔映画好きになった頃、新作だけでなく少しさかのぼった 5,60年代の作品に宝物がいっぱいあることに気づき、夢中になってTVの映画劇... (19/2/26)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  katsuzouさんから木のお写真を追加で提供していただきましたので、「女性のお遍路さん」へアップしました。2016年9月に撮影されたとのことで、数年越しの探求に感服しました。 お写真どうもありがと... (19/2/26)
  • 『ナタリーの朝』 Me, Natalie (1969)
    Leelee Sarah :  大統領夫人でしたか! オレンジ色の壁に貼るシーンです。おじさんじゃなかった、ということですね。でもこの時代にタイムスリップしてみたいです。21世紀と違って、何か、いきいきしてるようです。検索しましたが... (19/2/26)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    赤松 幸吉 :  「しおかぜ」の踏切と女遍路(新村礼子)と語らった樹が写真で確認できるなんて、感動ものです。 公開以来、ほぼ50年が経っているのに、この映画がまだこうして数多くのファンから愛されているのは無上の喜... (19/2/26)
  • 『夜の大捜査線』 In the Heat of the Night (1967)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 大邸宅を破壊するほどの竜巻だったのでしょうか。不謹慎ですが、『ツイスター』連想しますね…… 廃線と言えば、まだサイトに反映してい... (19/2/26)
  • 『ナタリーの朝』 Me, Natalie (1969)
    居ながらシネマ :  Leelee Sarahさん、コメントありがとうございます。 平成最後の年に昭和ど真ん中の映画でコメントをいただけて、とても嬉しいです。 スキャットの場面久々に見返しましたが、ヒロインはヘルメット... (19/2/26)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  katsuzouさんから踏切について情報とお写真を提供していただきましたので、記事に反映させていただきました。 またなんと女性のお遍路さんと語らった木まで検証していただきました。 どちらも現地へ足... (19/2/26)
  • 『夜の大捜査線』 In the Heat of the Night (1967)
    Bill McCreary :  こんにちは。 ちょうどアカデミー賞の日でしたので、なんてこともなく作品賞受賞でこの映画の記事と関連するサイトを確認していましたら、 >エンディコット邸は不明。 http://www.... (19/2/25)
  • 『ナタリーの朝』 Me, Natalie (1969)
    Leelee Sarah :  はじめまして。生まれてはいませんが、映画マニアなので知っていました。映画音楽専門店で、サントラLP(緑がかったジャケット)、古本で小説、VHSも購入。ヒロインがスキャット曲をバックにNYを行き来するシ... (19/2/25)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  katsuzouさん、すみません、Contactページからの連絡は届いていないようです。 お手数おかけして申し訳ありません。 こちらのアドレスへ直接メールいただけますでしょうか。 inaga... (19/2/24)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    katsuzou :  居ながらシネマ、 katsuzouです, contactで、メールアドレス 入力しました。もし、 確認できなければ、この欄で、 お知らせください。 よろしくお願いします。... (19/2/23)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  katsuzouさん、コメントありがとうございます。 その後もカメラワークを追究し続けていらしたのですね :smile: 踏切を見つけられたとのことで、素晴らしいです(記事が間違っていたようで... (19/2/21)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    katsuzou :  お久しぶりでございます。 以前、小屋の向きで投稿させて頂きました katsuzouです。 踏切の件なんですが、カメラ片手に大阪から、 行きましたが、構図が、合わないような 気がしてなりません... (19/2/20)
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 Once Upon a Time in America (1984)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。返信おくれてすみません。 251分×2回 お疲れさまでした。私が銀幕で見たのは最初の劇場公開時だけで、あとは「居ながら」ですませてし... (19/2/16)
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 Once Upon a Time in America (1984)
    Bill McCreary :  「午前十時の映画祭」でこの映画をやっているので、何の因果か2回見てしまいました。前にソフトで見たことはあるのですが、産院のシーンしか記憶にありませんでした(苦笑)。 で、今回の上映バージョンは2... (19/2/13)
  • 『いつも2人で』 Two for the Road (1967)
    居ながらシネマ :  アルバート・フィニーが亡くなりましたね…… だからというわけではありませんが、久々に本編全体をを見返して、記事を少し追加しました。アーチ状の遺跡がどこなのか判明して、少しスッキリです。... (19/2/10)
  • 『パリのめぐり逢い』 Vivre pour vivre (1967)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、情報ありがとうございます。 お~、これは正解だったようで嬉しいです。 この記事を書いたとき、それぞれの出演カットをキャプチャーして、並べて合成した画像を作り、密かに... (19/2/5)
  • 『パリのめぐり逢い』 Vivre pour vivre (1967)
    Bill McCreary :  すみません、すでに確認済みでいらっしゃるかもですが、念のためということでの情報提供です。 >最初の方のホテルのフロント係は、IMDbのクレジットではJean Collombということで、撮影監督... (19/2/4)
  • 『いつも2人で』 Two for the Road (1967)
    居ながらシネマ :  みつおさん、ラストシーンの場所は以前から気にはなっていましたが、資料がないとすぐには難しいかもしれませんね。 おそらく南仏の海岸をたどっていけば見つかりそうな気がしますが。 その前のオベリスクのよ... (19/1/31)
  • 『いつも2人で』 Two for the Road (1967)
    みつお :  inagaraさん、さらに希望なのですが、次のシーンでの場所もわかれば…と思います。 ・最後、時系列順に6回の旅が全部出てくる時の4回目と5回目の旅の車(同じ赤い車)が左右で分かれるロータリーの... (19/1/30)
  • 『大地の子守歌』 (1976)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、情報ありがとうございます。 やはりマップだけではダメで、いろいろ資料にあたらないといけませんね。 四国は東京でしたか。 どうりで冒頭のあの道標はあやしいと思いまし... (19/1/26)
  • 『大地の子守歌』 (1976)
    Bill McCreary :  こんにちは。 この映画のロケ場所について、私もネットで当たってみたのですが、まったくといっていいほど情報にヒットしなかったので、増村監督の研究書を見てみました。 https://www.a... (19/1/25)
  • 『太陽がいっぱい』 Plein Soleil (1960)
    居ながらシネマ :  赤い彗星さん、別途お写真送付いただきありがとうございました。 先ほど本文「ラストの浜辺」にアップさせていただきました。 クリアな画像でラストシーンの臨場感たっぷり。すっかりベンチに腰掛けている気分... (19/1/18)
  • 『太陽がいっぱい』 Plein Soleil (1960)
    居ながらシネマ :  赤い彗星さん、コメントありがとうございます。 現地へいらっしゃったのですね。うらやましいです :smile: > 証拠写真を添付したいのですが…… 現状ではすみませんがコメント欄で直接画... (19/1/14)
  • 『太陽がいっぱい』 Plein Soleil (1960)
    赤い彗星 :  一昨年、どうしてもラストシーンの海岸が見たくて、探し当てました。ナポリから水中翼船で40分のイスキア島の反対側です。何十年も前のロケなのに、海岸のレストランの老人はPlein soleilと言った瞬間... (19/1/14)
  • 『ブラック・レイン』 Black Rain (1989)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、さっそく画像使わせていただきました。ありがとうございます! 京橋のお写真バッチリで嬉しいです。ここは機会があれば自分で望遠レンズ使って確かめてみようかとも思っていまし... (19/1/12)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、うれしい情報ありがとうございます。 まさかまさかのDVDソフト化ですね。 やはり日本映画専門チャンネルの蔵出し名画座で放映された『わが青春のイレブン』も同時発売のよ... (19/1/12)
  • 『ブラック・レイン』 Black Rain (1989)
    Bill McCreary :  今年の1月3日、懲りずに大阪で、この映画のロケ地を撮影してきました。大阪府庁、あべの筋、京橋です。京橋は、こちらでいいと思いますが、いかがでしょうか? https://blog.goo.ne.j... (19/1/10)
  • 『恋は緑の風の中』 (1974)
    Bill McCreary :  こちらの映画がついにソフト化されますね。 https://www.amazon.co.jp/dp/B07LG7YVCR/r 未ソフト化作品がCSで放送されるというのは、ソフト化の可能性が見... (19/1/10)
  • 『ハリーとトント』 Harry and Tonto (1974)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、こちらこそ今年もどうぞよろしくお願い致します。 IMDb見ましたが、確かにぐっと詳しくなっていますね。以前はアルファベット順だったような気がしますが、今は何順なのでし... (19/1/7)
  • 『ハリーとトント』 Harry and Tonto (1974)
    Bill McCreary :  どうも、ご挨拶が遅れましたが、今年もよろしくお願いします。 年末年始、この映画のIMDbを確認しましたら、ロケ地情報がだいぶ詳細になっていまして、上の「56 E. OAK ST」もしっかり記載さ... (19/1/6)
  • 『宮本武蔵 一乗寺の決斗』 (1964)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、コメントありがとうございます。返信遅れてすみません。 さすがといいますか、この映画もロケ地訪問されたのですね。 三十三間堂は観光で訪れているはずですが、その奉納額は知りませんでした。... (19/1/6)
  • 『宮本武蔵 一乗寺の決斗』 (1964)
    赤松 幸吉 :  この映画を見てから何年か経って、ロケ地探訪をしたことがあります。 ロケの舞台となった三十三間堂は長さが120メートルの長大な木造建築で訪れる人を圧倒します。 本堂内陣裏手には、成瀬巳喜男... (19/1/1)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、大変申し訳ありません、いただいたコメントが自動判定で未承認状態となっているのに気づきませんでした。さきほどコメントが表示されるように直しました。 地元を知る方ならではの情報、いつも... (18/12/31)
  • 『LONG RUN ロングラン』 (1982)
    居ながらシネマ :  島ちゃんさん、コメントありがとうございます。 返信が遅れまして申し訳ありません。 モデルとなった方はお知り合いの方でしたか。とてつもない体力と精神力をお持ちなのでしょうね。 公開当時ご本人がメデ... (18/12/31)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  地元の方の情報によると、その潜水橋(板野橋)は昭和41年に手すり付きのコンクリート橋(2012年グーグルマップで見られるやつ)に架け替えられたみたいです。 https://ameblo.jp/k... (18/12/25)
  • 『LONG RUN ロングラン』 (1982)
    島ちゃん :  この映画は私の知合いの方が、実際にアメリカをローラースケートで横断されたお話しです。 横断された方が、アメリカに行かれる前に 「俺、アメリカをローラースケートで横断しようと思ってるんだよ。」と話し... (18/12/25)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    居ながらシネマ :  イノシシさん、ご無沙汰しています。 橋のピンポイント情報ありがとうございました。 画像を見るとありえそうな気がしてきました(みなさま、凄いですね :smile: ) 今夜にでも本編と照合してみま... (18/12/10)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  ごめんなさい。現在地はここでした。 https://www.google.co.jp/maps/@33.5049129,132.6206251,3a,75y,186.08h,90.67t/data=... (18/12/9)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  そして残念ながら上に上げた潜水橋は既に取り壊されてしまっているようですね。自分が直近でこの道路を通ったとき(2008年頃)にはまだこの橋はあったのですが・・・。長いこと大洲に行っていない証拠ですね。 ... (18/12/9)
  • 『旅の重さ』 (1972)
    イノシシ :  ご無沙汰しています。また予告編が見られるようになっていますね。 https://www.youtube.com/watch?v=Kf2c3HWGE1s そして高岡タケシさんのご指摘どおり、肱川... (18/12/9)
  • 『荒野の決闘』 My Darling Clementine (1946)
    赤松 幸吉 :  この映画ほど日本人から溺愛されたウエスタンは古今東西に類を見ず、まさしく日本人好みの、日本人のための西部劇です。 この映画を100回以上鑑賞したという人を何人も知っています。 私はこの映画... (18/11/22)
  • 『小原庄助さん』 (1949)
    居ながらシネマ :  赤松さん、コメントありがとうございます。 エンドマークネタは結構ありあそうですね。 成瀬監督の『おかあさん』は見たことがありませんが、機会がありましたらぜひと思います。 『小原庄助さん』のエンド... (18/11/22)
  • 『太陽がいっぱい』 Plein Soleil (1960)
    居ながらシネマ :  赤松さん、「足の裏こちょこちょシーン」確認しました。 なるほど、これはアドリブっぽいですね。 フィリップの振り返り方もそんな感じがします :wink:... (18/11/22)
  • 『小原庄助さん』 (1949)
    赤松 幸吉 :  This is the last movie I expected to see in this site. この映画について知っている人は、よほどの日本映画通に違いありません。 また... (18/11/20)
  • 『太陽がいっぱい』 Plein Soleil (1960)
    赤松 幸吉 :  le meilleurさま Parazzo D’Ambraの両解説を読む(居ながら様と同様に自動翻訳機で)と、グランド・ピアノが設置され、バレリーナ数人が一度に練習できるほどのスペースの大広間を... (18/11/19)
  • 『シベールの日曜日』 Cybèle ou les dimanches de ville d'Avray (1962)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 教会に関しては、映像上からの手がかりは本文の「調査中のメモ」と2017年5月13日 11:28の私のコメントにまとめてありますが、昔の... (18/11/19)
  • 『暁の追跡』 (1950)
    居ながらシネマ :  赤松さん、コメントありがとうございます。 旧題タイトル違いご指摘恐縮です。以前『早春』で間違って書いていたのを自分でそのままコピペしてしまっていました。 あれは(崩れる場面)ミニチュアではないです... (18/11/19)
  • 『太陽がいっぱい』 Plein Soleil (1960)
    居ながらシネマ :  le meilleurさんから建物の解説記事についてご連絡いただきました。 http://ischialaperladelgolfo.blogspot.com/2015/02/palazzo-d... (18/11/19)
  • 『シベールの日曜日』 Cybèle ou les dimanches de ville d'Avray (1962)
    Bill McCreary :  こちらのサイトに、実際にヴィル・ダヴレイに行かれた方が写真と記事を書いていますね。 https://dokin-grenoble.blog.so-net.ne.jp/2010-04-28-1 ... (18/11/18)
  • 『暁の追跡』 (1950)
    赤松 幸吉 :  池部良が若い! 背が高い! カッコいい! 制作は1950年、日本はまだ連合軍の占領下にあった時代で、この頃の映画やニュース・フイルムを見ると東京の道路標識、駅やビルディングの案内などには進駐軍用... (18/11/18)
  • 『億万長者』 (1954)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、コメントありがとうございます。 あまり日本映画をとりあげずにすみません。 予告ですが、以前ご紹介いただいた『宮本武蔵一乗寺の決斗』、決闘場面の撮影場所が特定できたので、近いうちアップ... (18/11/15)
  • 『億万長者』 (1954)
    赤松 幸吉 :  冒頭の「日本新名所」紹介から始まって、木村が東京から沼津へと走って逃げる道々の光景は、さすが65年も経つとすべてすっかり様変わりしていますね。 一カ所でも映画と同じ風景があれば、感動ものでしたが... (18/11/12)
  • 『突然炎のごとく』 Jules et Jim (1962)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントをこちらへ移動させていただきました。 このエントリーは、映画が好きなこともありますが、マップでうろうろしてロケ地を探し当てる喜び?にハマってしまった記念す... (18/11/11)
  • 『突然炎のごとく』 Jules et Jim (1962)
    Bill McCreary :  >この橋はWikipediaに項目がありますが、『突然炎のごとく』の撮影場所であることは書かれていないようです。 拙コメント投稿時のWikipediaには、その旨が記載されていました。 ... (18/11/10)
  • 『太陽がいっぱい』 Plein Soleil (1960)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、コメントありがとうございます。 なるほど稽古場はそうなると別の場所のようですね。なぜPalazzo d’Ambra(a)が後から追加されたのかは謎ですが、いずれにせよここから先は何か資... (18/11/7)
  • 『太陽がいっぱい』 Plein Soleil (1960)
    赤松 幸吉 :  居ながら様、le meilleur様、いつも「太陽がいっぱい」を気に掛けていただいて、有り難うございます。 さて、「バレエ団の稽古場」シーンは Palazzo D’Ambraで撮影されたと推測さ... (18/11/6)
  • 『太陽がいっぱい』 Plein Soleil (1960)
    居ながらシネマ :  時折Contactページ経由でご連絡をいただいているle meilleurさんから、またまた情報を寄せていただき、「バレエ団の稽古場」と「レストラン」を追記しました。 「バレエ団の稽古場」はどうせわ... (18/11/5)
  • 『大脱走』 The Great Escape (1963)
    muell :  >セジウィックはギリギリセーフ 確かに (笑) (18/10/24)
  • 『ブラック・レイン』 Black Rain (1989)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、パチンコ店はWikipediaにも載っていましたね。すみません! あとで本文直します。 あべの筋は正解がアップされていたのですね。私はひたすら昔の空撮画像と向かいに見... (18/10/24)
  • 『大脱走』 The Great Escape (1963)
    居ながらシネマ :  muellさん、<カベンディッシュが乗せてもらったトラックが入り込んでいく場所>はお見事、これで正解ですね。あとで記事とマップに追加しておきます。ありがとうございました! ここにドイツ兵が大勢待ち構... (18/10/24)
  • 『ブラック・レイン』 Black Rain (1989)
    Bill McCreary :  どうも、いつもながら拙写真と拙記事のご紹介ありがとうございます。 京橋については、私も拙記事及び拙コメントを貴サイトに投降した後あらためて映画をみてみまして(やるべき順番が前後して申し訳ございま... (18/10/21)
  • 『噂の二人』 The Children's Hour (1961)
    みつお :  inagaraさん、やはり難しいのですね( ´△`) 確かにIMDbでも学校しかロケ地が載ってないとすると、後はしらみつぶしになってしまうでしょうし、「許されざる者」のように特定は困難なのかもし... (18/10/21)
  • 『パリで一緒に』 Paris - When It Sizzles (1964)
    みつお :  おおっ!inagaraさん! めっちゃ速い更新、ありがとうございます! この映画の滝の裏側を歩くシーンを見てから、滝の裏を歩くのがずっと憧れになってました。 有馬温泉に人工の滝の裏を歩け... (18/10/21)
  • 『大脱走』 The Great Escape (1963)
    muell :  驚くべき推理力と忍耐力、おみそれしました 確かに後方の城の廃墟の塔が左右逆で、あと茂みではっきり分かりますね それにしてもよく気付かれましたね 私みたいに『どうせこの辺やろ』と、当時のグーグルア... (18/10/21)
  • 『噂の二人』 The Children's Hour (1961)
    居ながらシネマ :  みつおさん、墓地の場面見てみましたが、これは難易度高いですね。 手がかりは日差しの向きと、門の外に見える山並みの形ぐらいでしょうか。 ロサンゼルスかその近郊で、山並みと一致するところをしらみつぶし... (18/10/20)
  • 『パリで一緒に』 Paris - When It Sizzles (1964)
    居ながらシネマ :  みつおさん、滝とスタジオを追加しました。 スタジオは、何か昔の画像や資料が無い限り、これ以上チェックするのは難しいかもしれませんね。... (18/10/20)
  • 『ブラック・レイン』 Black Rain (1989)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、おそくなりましたが画像アップさせていただきました。 パチンコ店内部は本編の映像を目をこらしてチェックしましたが店名は確認できず、資料も持ち合わせていないので、現地参考... (18/10/20)
  • 『パリで一緒に』 Paris - When It Sizzles (1964)
    居ながらシネマ :  みつおさん、洞窟の前の滝はセットではなくホンモノっぽいですね。 私も気になってきましたので調べてみようと思います。... (18/10/19)
  • 『パリの恋人』 Funny Face (1957)
    居ながらシネマ :  みつおさん、コメントありがとうございます。 確かに今見返してみると、この記事は撮影場所がいろいろあるはずなのに最近の記事に比べて濃度が低いですね(汗)。 他の記事更新と並行して、少しずつでも追記し... (18/10/19)
  • 『ブラック・レイン』 Black Rain (1989)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、わざわざ撮影ありがとうございます。こちらもぜひ使わせてください。(また作業は週末になってしまうと思います) あべの筋のあたりの変化は確かにすごいですね。あのビルがそび... (18/10/19)
  • 『パリで一緒に』 Paris - When It Sizzles (1964)
    みつお :  いくつもすみません。 この「パリで一緒に」も、洞窟のシーンの前に滝の後ろを通る場面とか、もしロケ地があるなら教えていただきたい…と思います(ブローニュの森かな?)。 それと!実際にブローニ... (18/10/18)
  • 『パリの恋人』 Funny Face (1957)
    みつお :  こんにちは! 「パリの恋人」、オードリー作品としてはinagaraさんの最初の紹介になるからか、今見ると少し物足りないような気も…。 またお時間のある時にでも、完全版にしていただけると嬉し... (18/10/18)
  • 『噂の二人』 The Children's Hour (1961)
    みつお :  inagaraさん、こんにちは。 「噂の二人」、学校以外にもう一ヶ所気になる場所があります。 それはラストシーンでオードリーが歩く墓地です。 というか、この映画は学校と墓地でほぼ完結している... (18/10/17)
  • 『非行少女』 (1963)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、こちらでは橋と駅で、『あらかじめ~』ではアーケードの画像を使わせていただきました。ありがとうございました。... (18/10/16)
  • 『大脱走』 The Great Escape (1963)
    居ながらシネマ :  muellさん、その後チェックした箇所を更新しました。いろいろと情報やヒントありがとうございました。 おかげさまでヒルツのコースを詳しく見ることができましたが、「小屋」では裏焼きを発見してうれしくな... (18/10/16)
  • 『ブラック・レイン』 Black Rain (1989)
    Bill McCrearyは :  金沢の写真のアップありがとうございました。それでちょうど用事で関西に行きましたので、時間が余りました関係で、この映画のロケ地4か所写真を撮ってきました。直撃世代 さんとは違う場所なので、お役に立てれば... (18/10/16)
  • 『非行少女』 (1963)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、ブログ拝見しましたが、ぜひ画像つかわせてください(作業は今週末になってしまうかもしれません……)。 なぜに金沢でミスはこだてとツーショットなのかは置いといて、私も香林... (18/10/9)
  • 『大脱走』 The Great Escape (1963)
    居ながらシネマ :  muellさん、チェックし直すとあれこれ出てきてしまいましたので、本文へのアップはすみませんがもう数日お待ちください。HD映像でチェックしながらGoogle Earthをぐるぐる回してヒルツのコースは... (18/10/9)
  • 『非行少女』 (1963)
    Bill McCreary :  すみません、下はコピペのミスです。 (18/10/7)
  • 『非行少女』 (1963)
    Bill McCreary :  香林坊、兼六園、犀川大橋、金沢駅などで協力ができます。ただ特に兼六園は、たぶん映画とは関係ない写真ですので、お役に立てないかもしれません。使える写真がありましたらどうぞ。未見なので詳しいことはわかりま... (18/10/7)
  • 『大脱走』 The Great Escape (1963)
    muell :  何度も追加ですみません ドイツ兵たちがいる交差点は『Weissbach』だそうです 正確な場所は不明ですし画像も拾えませんでしたが、こんなことをしている人が(笑) http://www.th... (18/10/6)
  • 『大脱走』 The Great Escape (1963)
    muell :  しつこく申し訳ありません おまけのおまけ J.コバーンが渡る踏切(赤丸)とそこで右を向いた時に見える機関車の後ろの駅舎(青丸と写真) 四角い形状の煙突っぽいやつの配置具合と屋根下の窓からここに違... (18/10/3)
  • 『大脱走』 The Great Escape (1963)
    居ながらシネマ :  muellさん、詳しい情報ありがとうございます! 週末には時間がとれると思いますので、映画と照らし合わせながら本文に追加させていただきます。 ノスフェラトゥはヘルツォークのですか? あれ好きです。... (18/10/3)
  • 『大脱走』 The Great Escape (1963)
    muell :  J.コバーンが飄々とチャリンコで通り過ぎる教会 『Speiden』の『Wallfahrtskirche Maria Hilf』 http://eremit.yu-nagi.com/iris/u... (18/10/2)
  • 『大脱走』 The Great Escape (1963)
    居ながらシネマ :  muellさん、コメントありがとうございます。 「自分で調べる面白みがなくなってしまう」のはエントリーをアップするまでの話で、いったんアップしたらあとはご覧いただいた皆様に好きなように扱っていただい... (18/10/2)
  • 『大脱走』 The Great Escape (1963)
    muell :  こんにちは 大脱走の大ファンで J.コバーンがチャリンコを盗んだ場所が気になって随分探しておりましたが なかなか見つけられず殆んど諦めておりました ところが先日ひょんな拍子にこちらのサイトを発... (18/10/2)
  • 『フランケンシュタイン』 Frankenstein (1931)
    居ながらシネマ :  赤松さん、フランケンシュタインのこの場面、けっこうショッキングですよね。 今の基準ですと、娯楽映画で大人はバタバタ死んじゃっても子供とペット(特に犬)は必ず助かるという不文律みたいなものがありますも... (18/9/27)
  • 『フランケンシュタイン』 Frankenstein (1931)
    赤松 幸吉 :  ブログにあるように、本来は科学者の名前である「フランケンシュタイン」は今ではその科学者が創造したモンスターだと思っている人が多い。 「奇跡の人」(The Miracle Worker)とは、三重... (18/9/26)
  • 『シェーン』 Shane (1953)
    居ながらシネマ :  赤松幸吉さん、コメントありがとうございます。 ウィルソン、相手を挑発して先に銃を抜かせるとは、ワルさ加減がたまらないですね。 そういえば、今日NHKBSで「太陽がいっぱい」放送しましたよ。 数日... (18/9/25)
  • 『シェーン』 Shane (1953)
    赤松 幸吉 :  ジョージ・スティーヴンス監督もアラン・ラッドもジーン・アーサーもとっくにこの世を去り、子役のブランドン・デ・ウィルデでさえも不慮の事故であっけなく死亡してしまったけれど(人の世の無常を感じさせます)、... (18/9/25)
  • 『君がいた夏』 Stealing Home (1988)
    居ながらシネマ :  シナモンさん、コメントありがとうございます。 この映画やはりあの景色とデビッド・フォスターの音楽抜きには語れませんよね。 お話もちょっとセンチメンタルやノスタルジーに傾いているところも、また印象深... (18/9/16)
  • 『Dark (ダーク)』 Dark (2017)
    居ながらシネマ :  S.Tさん、コメントありがとうございます。 とても複雑なお話で、混乱しないように自分のために書いたようなものですが、もし少しでもお役に立てたのでしたら嬉しいです。 でも、あんなオチで続編作れるのか... (18/9/16)
  • 『世界を賭ける恋』 (1959)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。 ひさびさにこのページ見ましたが、おかげさまでSVがずれているのに気づきました。 階段を上り下りできることに気づき、しばらく楽しんでし... (18/9/16)
  • 『君がいた夏』 Stealing Home (1988)
    シナモン :  はじめまして。 私もこの映画、公開後から数年経った90年代初頭にビデオで観て以来、未だに自分の中では1番好きな映画です。 デビットフォスターの音楽とアメリカ東海岸の風景がマッチしていて雰囲... (18/9/16)
  • 『Dark (ダーク)』 Dark (2017)
    S.T :  「ダーク」の詳細な人名、地名、小道具に至るまで大変参考になります! ありがとうございます!!... (18/9/16)
  • 『世界を賭ける恋』 (1959)
    Bill McCreary :  こんにちは。 この映画とあと次の記事の映画が、DVD発売されるようです。例によってご存知でしたら申し訳ございません。 https://publications.asahi.com/yuji... (18/9/15)
  • 『サン・スーシの女』 La passante du Sans-Souci (1982)
    居ながらシネマ :  Bill McCrearyさん、情報ありがとうございます。全然知りませんでしたので、本文の方にも掲載させていただきました。 ホントになぜDVDがいきなりプレミアなのでしょうね :roll: 最... (18/9/12)