『土曜の夜と日曜の朝』 Saturday Night and Sunday Morning (1960)

B00AYS0GVG

作品メモ

ひとつ前のエントリー『長距離ランナーの孤独』と同じく、アラン・シリトー原作もの。
こちらはシリトーの輝けデビュー作(1958年)の映画化となっています。

Saturday Night and Sunday MorningW

4102068023

監督はカレル・ライスで、劇場用長編映画のデビュー作。
製作は『長距離ランナーの孤独』のトニー・リチャードソンで、『怒りを込めて振り返れ』(未 19591)Allcinemaでは1958年となっていますが、IMDbでは1959年5月28日がロンドンでのプレミア)で劇場用長編映画監督デビューした翌年のお仕事。
主人公は劇場用長編映画デビューしたばかりのアルバート・フィニーと、まことにフレッシュな面々の映画となっています。

そのアルバート・フィニーが演じるのは、自転車工場でひたすら働く若者。
一日1000個のノルマで部品を仕上げ、週給14ポンド32ペンスを得る生活で、土曜の夜にようやく羽根を伸ばしてパブで痛飲し、女性と一夜を過ごす、その繰り返しとなっています。

『長距離~』のような劇的な展開はなく、こちらの方がずっと地味。よりkitchen sinkW的でしょうか。
なにせ同僚の妻と寝たりしているので、あまり感情移入できるキャラでもなく、その点も『長距離~』に比べると盛り上がりには欠けてしまうかもしれませんね。

キャストは……

主人公のアーサー・シートンにアルバート・フィニー。昨年(2019年)亡くなりましたが、長い長いキャリア、お疲れ様でした。
同僚ジャックの妻でアーサーとこっそり楽しんでいるブレンダにレイチェル・ロバーツ。
パブで知り合った恋人ドリーンにシャーリー・アン・フィールド。当サイト的には『呪われた者たち』のヒロインですが、他にも見たことがあると思ったら、『太陽の帝王』にも出ていました。あの映画の出で立ちですとすっかりエキゾチックな美人さんで、とてもこの映画とは結びつきません。

製作トニー・リチャードソン、監督カレル・ライス、原作脚色アラン・シリトー、撮影フレディ・フランシス、音楽ジョン・ダンクワース。
撮影監督フレディ・フランシスについては『宇宙からの侵入者』(1967)をご覧ください 😉

ロケ地

IMDbでは、

Raleigh Bicycle Works, Nottingham, Nottinghamshire, England, UK (bicycle works)
Derby Road, Nottingham, Nottinghamshire, England, UK (scene at start of film where Albert runs for a bus)
The British Flag pub, Culvert Road, Battersea, London, England, UK
Grand Union Canal, Greenford, Middlesex, England, UK (fishing scenes)
Savoy cinema, Lenton, Nottingham, Nottinghamshire, England, UK (Cinema Albert visits with Doreen)
ABC Cinema, Nottingham, Nottinghamshire, England, UK (cinema that Arthur and Burt leave just before the pub scene – cinema since demolished)
Twickenham Film Studios, St Margarets, Twickenham, Middlesex, England, UK (studio) (studio: made at)
Culvert Road, Battersea, London, England, UK (the Seafords’ house; Arthur and Bert witness the drunk smash the shop window)
Nottingham, Nottinghamshire, England, UK
Wembley, London, England, UK

例によって、IMDbのリストとウェブマップを頼りに画面とにらめっこでチェックしています。
間違えていたらごめんなさい。誤りのご指摘大歓迎です。

工場

0:02

Raleigh(ラレー) Bicycle WorksW, Nottingham, Nottinghamshire, England, UK (bicycle works)

次の項目でもチェックしていますが、映画に登場した工場は、場所としてはおそらくノッティンガムのこのあたり↓にあったと思われます

アーサーの自宅

0:04

自転車でやって来て右折するところ。
こちら↓の上段中央の画像がまさにその道路で、映画と同じように背景に白いゲートが見え、”RALEIGH”とあるのがわかります。

https://www.lentontimes.co.uk/streets/salisbury_street.htm

キャプションでは

This photograph was taken by George Roberts in 1966 and shows the junction of Salisbury Street and Faraday Road.

Salisbury StreetをFaraday Roadとぶつかるあたりに向かって(カメラ西向き)捉えています。

別の画像では、こちら↓のページの中程、”Raleigh cycle works, early 2000’s” とあるのがこのゲート。

http://www.smfpics.com/backcat/miscnottm/

21世紀初頭まであったようですが、Google Earthの時間スライダーで以下の座標を1999/12/31までさかのぼると、左側の建物と奥にある大きなガスタンクを確認できます。

  • 52.953785, -1.182157

なのでマップ位置はこれで確定。
現在のSVではこちら↓ですが……

まったく面影がありません。

バスに飛び乗る坂道

0:06

Derby Road, Nottingham, Nottinghamshire, England, UK (scene at start of film where Albert runs for a bus)

バスの背景に見える塔は、同じくDerby Road沿いの↓

Nottingham CathedralW

映画では全体が薄汚れて見えますが、実際そうだったみたいです。
こちら↓は1967年の貴重な写真。

釣り

0:20

Grand Union Canal, Greenford, Middlesex, England, UK (fishing scenes)

Google Earthの時間スライダーで1952年の9月にさかのぼれますが、ここ↓の北側の岸がそれっぽいように思えます。どうでしょう??

映画館1

0:33
ドリーンとロビーの階段を下りてきたところ。

Savoy cinema, Lenton, Nottingham, Nottinghamshire, England, UK (Cinema Albert visits with Doreen)

親戚

親戚連中にお金を渡したあと、子供を追いかけていく通り。
背景に”RALEIGH”の白いゲートが見えるので、冒頭帰宅するショットと同じ通りの同じ方角で、カメラ位置はずっと後退。
子供を掴まえたのは、通りの反対側の出口のこのあたりでしょうか?

バートと歩くところ

0:39

ブレンダが待っていた街角

0:44

これは向かいの教会で分かりました。
前述の映画館の脇ですね。
省エネ撮影♪

教会はLenton Methodist ChurchW

映画館2

0:47
バートと出てきたところ。

ABC Cinema, Nottingham, Nottinghamshire, England, UK (cinema that Arthur and Burt leave just before the pub scene – cinema since demolished)

解体済みのようです。

街角の騒ぎ

0:47
まず酔っ払いの背景の店(ここから出てきたという設定?)はバタシー地区のこちら↓

The British Flag pub, Culvert Road, Battersea, London, England, UK

酔っ払いが窓を割ったのは、そのはす向かいの葬儀社。横切った道路がCulvert St.。

Culvert Road, Battersea, London, England, UK (the Seafords’ house; Arthur and Bert witness the drunk smash the shop window)

当時は十字路となっていて葬儀社は角地ですが、その後お店の向かって右側の道路を線路際へ移動させ、ブロック全体を十字型の集合住宅数棟に建て替えています。

蒸気機関車が通過するガードは、今も同じ。

アーサーとバートはCulvert St.を北へ向かって歩いていきます。道路沿いの店はすべて無くなっているようです。

見晴台

0:55

ブレンダと話す眺めの良いところ。

ノッティンガム城(Nottingham Castle)W

公園

0:58
ドリーンと歩くところ。
子供たちがサッカーに興じ、ブランコなどの遊具も見えます。
すぐ傍の高い位置で線路が通っているようです。それが手がかりになるかも?

資料

更新履歴

  • 2020/08/30 新規アップ

References   [ + ]

1. Allcinemaでは1958年となっていますが、IMDbでは1959年5月28日がロンドンでのプレミア

コメント

タイトルとURLをコピーしました