『ゴッドファーザー / ゴッドファーザー PART II / ゴッドファーザー PART III』 The Godfather (1972) / The Godfather Part II (1974) / The Godfather Part III (1990)

B07NVKY41N

作品メモ

このところシチリアが舞台の映画を見てきましたが、割り込みでアップしたひとつ前のエントリー『男と女 人生最良の日々』で、ジェームズ・カーンが最近亡くなったことに触れましたので、今度はこちら。
『男と女』三部作?に続いて、『ゴッドファーザー』三部作です。

この三部作、シチリアについては撮影地がだいぶ重なっていますので、ひとつのエントリーにまとめてみました。
3つに分ければエントリー数かせげたかも、とセコい考えもふとよぎります……。

第二次世界大戦直後のニューヨークで、裏の世界を仕切る五大ファミリーのひとつ、コルレオーネ一家を描いたマフィアもの。
ジェームズ・カーンが演じたのは血の気の多い長男ソニー。
小物感がにじみ出ている次男フレド(ジョン・カザール)、堅気の道を歩んでいた三男マイケル(アル・パチーノ)、冒頭幸せな結婚式を挙げたはずの妹コニー(タリア・シャイア)、その夫で実はDV男のカルロ(ジャンニ・ルッソ)、弁護士兼顧問としてファミリーを支える養子トム・ヘイゲン(ロバート・デュヴァル)、そして圧倒的な存在感を放つドン、ヴィトー・コルレオーネ(マーロン・ブランド)と、家族だけみても絶妙なキャラクター配置がなされ、俳優たちの好演とともに作品の魅力を押し上げています。

原作マリオ・プーヅォ。
コッポラ監督とともに脚色も担当したことで、原作と映画の親和性は高く、ページをめくるだけで映画の世界が広がります。

4150410992

製作監督脚本フランシス・フォード・コッポラ。
一度見たら忘れられない深い陰影の撮影はゴードン・ウィリス。ゴードン・ウィリス(とアラン・J・パクラ)については『コールガール』参照。
音楽ニーノ・ロータ。

その他資料的なことは、文末にまとめたリンク先等を参照ください。

久々に三部作と原作を見てみましたが、競合ファミリーはもちろん、身内までもほとんど天寿を全うできないというのは、もはや『鎌倉殿の13人』の世界ですね……

コッポラ・ファミリー

スタッフや出演者など、コッポラ監督の家族が大挙関わっています。
最強のファミリーはコッポラ一家だったりして。

典型的なのが、1作目ラスト近くの洗礼式(2:36)。
赤ちゃんは男の子という設定ですが[1]設定ではコニーとカルロの次男マイケル・フランシス・リッツィ、演じた?のは産まれたばかりの監督の娘ソフィア・コッポラ。
赤ちゃんの母親コニーは、監督の妹タリア・シャイア。
教会の外で母子に挨拶する客が監督の母イタリア・コッポラ。[2]IMDbではExtra in Wedding Sceneとだけなっていますが、監督コメンタリーでは洗礼式のこの人物が母親だと語っています
……ということで、監督のリアル家族三代が密になっています。

以下まとめの表を作ってみました。間違っていたらごめんなさい。
ソースはIMDb、監督コメンタリーなどです。
誤りや不足分はご遠慮なくご指摘ください。

人名 続柄 無印 PART II PART III
カーマイン
・コッポラ
音楽(結婚式の楽曲)
ピアノ弾きとして出演
結婚式の場面に見える[3]監督コメンタリー
音楽(作曲、指揮) 音楽(作曲、指揮、編曲)
冒頭のパーティーで
指揮者として出演[4]監督コメンタリー。両親を見たのはこれが最後でこの後すぐ父親は亡くなったとのこと。
イタリア
・コッポラ
結婚式の場面に見える[5]監督コメンタリー
洗礼式の客[6]監督コメンタリー
柩に横たわる母親カルメラ[7]カルメラ役のモーガナ・キングが縁起が悪いと断ったため、その代役 冒頭のパーティーで
アルトベロと歌う客[8]監督コメンタリー
タリア
・シャイア
マイケルたちの妹コニー 同左 同左
ロマン
・コッポラ
息子 ソニーがカルロをボコるのを
見ている道ばたの少年
ヴィトーの葬儀で
後ろにいる少年[9]設定ではトム・ヘイゲン(ロバート・デュヴァル)の息子
少年時代のソニー
(ヴィトー一家の帰郷)
ジャン=カルロ
・コッポラ
息子 同上
ソフィア
・コッポラ
洗礼式の赤ちゃん
(コニーとカルロの次男)
船上の子供[10]IMDbから。おそらく少年ヴィトーがNYに到着する場面 マイケルの娘メアリー
ジア
・コッポラ
[11]監督の次男ジャン=カルロ・コッポラの娘 冒頭のパーティーで
ピンクの服を着てぺたんと
座っている少女[12]監督コメンタリー
アントン
・コッポラ
叔父 オペラの指揮者[13]監督コメンタリー

ありとあらゆる映画に出まくっているニコラス・ケイジ(甥)は登場せず 😇

ロケ地

IMDbでは、

長いので折りたたんでいます。クリックで開閉します。

Forza d’Agrò, Messina, Sicily, Italy (as Corleone village)
110 Longfellow Road, Staten Island, New York City, New York, USA (Corleone mansion)
Old St Patrick’s Cathedral – 264 Mulberry Street, Little Italy, Manhattan, New York City, New York, USA (christening scene)
Mitchell Field, Garden City, Long Island, New York, USA (Tollbooth scene)
Castello Degli Schiavi, Fiumefreddo di Sicilia, Catania, Sicily, Italy (Don Tommasino’s villa, car blown up)
3531 White Plains Road, Bronx, New York City, New York, USA (Italian restaurant)
Jack Dempsey’s Restaurant – Broadway & 49th Street, Manhattan, New York City, New York, USA
Savoca, Sicily, Italy (bar sequence) (Michael and Apollonia’s wedding church)
1011 North Beverly Drive, Beverly Hills, California, USA (Woltz’s mansion)
5th Avenue, Manhattan, New York City, New York, USA (Best & Co. Store)
Mott Street, Manhattan, New York City, New York, USA (Genco Olive Oil Co)
NY Eye and Ear Infirmary, 2nd Avenue & East 13th Street, New York City, New York, USA (Vito hospital scenes)
120 Longfellow Road, Emerson Hill, Staten Island, New York City, New York, USA (wedding celebrations)
“Old” Lincoln Hospital, Southern Blvd. and East 141 Street, Bronx, New York, USA (Vito being transported in Ambulance from Hospital)
1 Allen Ave, Ross, California, USA (Kay Adams’ school.)
Church of St. Joachim and St. Anne on the grounds of The Mission of the Immaculate Virgin at Mount Loretto, Staten Island, New York City, New York, USA (exteriors: church where the christening takes place)
Fieldstone Mansion, Riverdale, Bronx, New York City, New York, USA
Sands Point, Long Island, New York, USA
Staten Island, New York City, New York, USA
Calvary Cemetery, Woodside, Queens, New York City, New York, USA
St Regis-Sheraton Hotel – 2 East 55th Street, Fifth Avenue, Manhattan, New York City, New York, USA
Little Italy, Manhattan, New York City, New York, USA
1999 East 5th Street Brooklyn, New York City, New York, USA (Clemenza’s home)
59th Street Bridge, Manhattan, New York City, New York, USA
Federal Reserve Bank – 33 Liberty Street, Financial District, Manhattan, New York City, New York, USA Las Vegas, Nevada, USA
Los Angeles, California, USA
Queensboro Bridge, Manhattan, New York City, New York, USA
Radio City Music Hall – 1260 6th Avenue, Rockefeller Center, Manhattan, New York City, New York, USA Woodside, Queens, New York City, New York, USA
Sicily, Italy
Liberty State Park – Morris Pesin Drive, Jersey City, New Jersey, USA
Hollywood United Methodist Church – 6817 Franklin Avenue, Hollywood, Los Angeles, California, USA
Edison Hotel – 228 West 47th Street, Manhattan, New York City, New York, USA
Filmways Studios – 246 East 127th Street, East Harlem, Manhattan, New York City, New York, USA (studio) (studio/ interiors Don Corleone’s mansion.)
Jersey City, New Jersey, USA
Manhattan, New York City, New York, USA
Queens, New York City, New York, USA
Riverdale, Bronx, New York City, New York, USA
Santo Domingo, Dominican Republic (Cuba outside scenes)
The Basilica of St. Patrick’s Old Cathedral, 263 Mulberry St, New York, NY 10012, United States
Mineola, Long Island, New York, USA (deserted airstrip)
Long Beach, Long Island, New York, USA
Long Island, New York, USA
New York City, New York, USA
New York County Courthouse – 60 Centre Street, New York City, New York, USA
Hollywood, Los Angeles, California, USA
Royce Hall – 340 Royce Drive, UCLA, Westwood, Los Angeles, California, USA (Recording pf Skinner Organ)
NYC Health + Hospitals / Bellevue, 462 1st Avenue, New York, NY 10016, United States (Don Corleone takes his son’s body to undertakers)

『PART II』 クリックで開閉します。

Forza d’Agrò, Messina, Sicily, Italy (as Corleone village)
110 Longfellow Road, Staten Island, New York City, New York, USA (Corleone mansion)
Old St Patrick’s Cathedral – 264 Mulberry Street, Little Italy, Manhattan, New York City, New York, USA (christening scene)
Mitchell Field, Garden City, Long Island, New York, USA (Tollbooth scene)
Castello Degli Schiavi, Fiumefreddo di Sicilia, Catania, Sicily, Italy (Don Tommasino’s villa, car blown up)
3531 White Plains Road, Bronx, New York City, New York, USA (Italian restaurant)
Jack Dempsey’s Restaurant – Broadway & 49th Street, Manhattan, New York City, New York, USA Savoca, Sicily, Italy (bar sequence) (Michael and Apollonia’s wedding church)
1011 North Beverly Drive, Beverly Hills, California, USA (Woltz’s mansion)
5th Avenue, Manhattan, New York City, New York, USA (Best & Co. Store)
Mott Street, Manhattan, New York City, New York, USA (Genco Olive Oil Co)
NY Eye and Ear Infirmary, 2nd Avenue & East 13th Street, New York City, New York, USA (Vito hospital scenes)
120 Longfellow Road, Emerson Hill, Staten Island, New York City, New York, USA (wedding celebrations)
“Old” Lincoln Hospital, Southern Blvd. and East 141 Street, Bronx, New York, USA (Vito being transported in Ambulance from Hospital)
1 Allen Ave, Ross, California, USA (Kay Adams’ school.)
Church of St. Joachim and St. Anne on the grounds of The Mission of the Immaculate Virgin at Mount Loretto, Staten Island, New York City, New York, USA (exteriors: church where the christening takes place)
Fieldstone Mansion, Riverdale, Bronx, New York City, New York, USA
Sands Point, Long Island, New York, USA
Staten Island, New York City, New York, USA
Calvary Cemetery, Woodside, Queens, New York City, New York, USA
St Regis-Sheraton Hotel – 2 East 55th Street, Fifth Avenue, Manhattan, New York City, New York, USA
Little Italy, Manhattan, New York City, New York, USA
1999 East 5th Street Brooklyn, New York City, New York, USA (Clemenza’s home)
59th Street Bridge, Manhattan, New York City, New York, USA
Federal Reserve Bank – 33 Liberty Street, Financial District, Manhattan, New York City, New York, USA Las Vegas, Nevada, USA
Los Angeles, California, USA
Queensboro Bridge, Manhattan, New York City, New York, USA
Radio City Music Hall – 1260 6th Avenue, Rockefeller Center, Manhattan, New York City, New York, USA Woodside, Queens, New York City, New York, USA
Sicily, Italy
Liberty State Park – Morris Pesin Drive, Jersey City, New Jersey, USA
Hollywood United Methodist Church – 6817 Franklin Avenue, Hollywood, Los Angeles, California, USA
Edison Hotel – 228 West 47th Street, Manhattan, New York City, New York, USA
Filmways Studios – 246 East 127th Street, East Harlem, Manhattan, New York City, New York, USA (studio) (studio/ interiors Don Corleone’s mansion.)
Jersey City, New Jersey, USA
Manhattan, New York City, New York, USA
Queens, New York City, New York, USA
Riverdale, Bronx, New York City, New York, USA
Santo Domingo, Dominican Republic (Cuba outside scenes)
The Basilica of St. Patrick’s Old Cathedral, 263 Mulberry St, New York, NY 10012, United States
Mineola, Long Island, New York, USA (deserted airstrip)
Long Beach, Long Island, New York, USA
Long Island, New York, USA
New York City, New York, USA
New York County Courthouse – 60 Centre Street, New York City, New York, USA
Hollywood, Los Angeles, California, USA
Royce Hall – 340 Royce Drive, UCLA, Westwood, Los Angeles, California, USA (Recording pf Skinner Organ)
NYC Health + Hospitals / Bellevue, 462 1st Avenue, New York, NY 10016, United States (Don Corleone takes his son’s body to undertakers)

『PART III』クリックで開閉します。

Mare Chiaro bar “Toni’s nut house”, 179 Mulberry street, Little Italy, Manhattan, New York City, New York, USA (Actual owner Toni sat in background smoking cigar as always..)
Old St Patrick’s Cathedral – 264 Mulberry Street, Little Italy, Manhattan, New York City, New York, USA (Michael receiving Order of St Sebastian)
Elizabeth Street, Lower East Side, Manhattan, New York City, New York, USA (Joey Zaza’s assassination)
Church of Santa Maria della Quercia, Viterbo, Italy (Michael’s confession to priest)
Forza d’Agrò, Messina, Sicily, Italy (as Corleone town)
St. Peter’s Basilica, Vatican City
Chiesa di Sant’Orsola, Erice, Sicily, Italy (entrance to convent where Corleone meets Cardinal Lamberto)
Segesta, Calatafimi-Segesta, Trapani, Sicily, Italy (road leading to Baghiera)
Cinecittà Studios, Cinecittà, Rome, Lazio, Italy (studio)
Teatro Massimo, Palermo, Provincia di Palermo, Sicily, Italy (opera sequence, exterior and entrance)
Taormina, Messina, Sicily, Italy (Baghiera train station)
Ponte Sant’Angelo, Rome, Lazio, Italy (Keinszig hung under bridge)
Little Italy, Manhattan, New York City, New York, USA
Waldorf-Astoria Hotel – 301 Park Avenue, Manhattan, New York City, New York, USA
Castello Degli Schiavi, Fiumefreddo di Sicilia, Catania, Sicily, Italy (Don Tommasino’s villa, where Corleone finds shelter)
956 5th. Avenue, Manhattan, New York City, New York, USA (Michael’s Manhattan Home, addressed as 957 in the film.)
China Bowl – 152 W. 44th. Street, Manhattan, New York City, New York, USA (Exterior of restaurant)
St Patrick’s Cathedral, Fifth Avenue, Manhattan, New York City, New York, USA (church exterior)
Palazzo Farnese, Caprarola, Viterbo, Lazio, Italy (as Vatican Palace interiors, and white smoke chimney)
Villa Malfitano – 167 Via Dante, Palermo, Provincia di Palermo, Sicily, Italy (reception)
Villa La Limonaia, Acireale, Catania, Sicily, Italy (Altobello’s villa)
Lower East Side, Manhattan, New York City, New York, USA
New York City, New York, USA
Park Avenue, Manhattan, New York City, New York, USA
Trump Castle Casino Resort – Huron & Brigantine Boulevard, Atlantic City, New Jersey, USA
Strada Provinciale 78, Nunziata, Catania, Italy (Mosca kills Don Tommasino)
Atlantic City, New Jersey, USA
Manhattan, New York City, New York, USA
Palermo, Sicily, Italy
Rome, Lazio, Italy
Sicily, Italy
Vatican City
New York, USA
Bridge of Castel S. Angelo, Rome, Lazio, Italy (aka Ponte Sant’Angelo, Rome, Lazio, Italy)

例によって、IMDbのリストとウェブマップを頼りに画面とにらめっこでチェックしています。
間違えていたらごめんなさい。誤りのご指摘大歓迎です。

以下とりあえずシチリアの場面についてチェック。
便宜上、無印は「P1」、PART IIは「P2」、PART IIIは「P3」と略記しています。

シチリア(P1)

P1 1:36

P1ではシチリアはマイケルの潜伏先として登場します。
すっかりノワールだったニューヨークから一転、強い日差しのもとでシチリアの大自然がたっぷりと映し出され、ニーノ・ロータの名曲「愛のテーマ」が流れるという、この場面転換は本当にお見事。

ここでのコッポラ監督のオーディオコメンタリーによれば、原作を読んだときにシチリアの背景にアル・パチーノしかないと思ったとのこと。
会社側からはアル・パチーノは反対されレッドフォードやライアン・オニールを強く推されたとのことですが、できあがりを見ればアル・パチーノが自らきっちり答えを出したのがわかります。

今回まったくの偶然ですが執筆中に、こちら↓の御本を製作されたホレタビ編集部様から、ご連絡をいただきました。

『スクリーンから地続きのシチリア』
B0B2LMQ12L

シチリア各地を紹介したガイドブックですが、「スクリーンから地続きのシチリア」と謳われている通り、特に映画のロケ地にフォーカスしているのがうれしいところ。
映画としては、『ゴッドファーザー』、『ニュー・シネマ・パラダイス』、『グランブルー』、『マレーナ』、『山猫』などがピックアップされています。
100ページ近い紙面は多くの美しい画像で彩られていて、とても楽しめました。

Kindle版はUnlimitedでも読むことができますので、ぜひどうぞ。
(表紙画像はアソシエイトリンクを使って表示しています)

ホレタビ編集部様から、取材で撮影された多くの画像を提供していただけましたので、以下遠慮なく使わせていたただきました。
「©HORETABI」が示された画像の著作権はすべて「ホレタビ編集部」様に属します。無断転載を禁じます。

最初のカット

P1でのシチリアの最初のカット、羊さんたちがぞろぞろ移動する斜面を3人が上っていくロングショット。
背景の山並や斜面の具合は、このあたり↓が映画と一致しています。カメラ南西向き。

IMDbのリストに掲載されている場所の周辺をチェックしていて見つけました。
こちらを含め、P1のシチリアでのロケ地はだいたいシチリア島の北東部、イタリア半島のつま先に面したあたりに集まっているようです。

あとからやってきた地元のドン・トマシーノのセリフから、この場面でのマイケルはトマシーノによって保護されている場所(後述の「マイケルの滞在先」)を出て、コルレオーネ村を目指して歩いていることがわかります。
「コルレオーネ」のルーツを求める旅といったところでしょうか。

トマシーノと別れた後、左手に向かってゆっくり移動するカットも、ほぼ同じ位置。カメラ南東向き。

同行する護衛のひとり、ベストを着ていない方(役名カーロ Calo)を演じていたのはフランコ・チッティ (Franco Citti)。
つい最近エントリーを書いた『カンタベリー物語』で悪魔を演じていました(第2話「托鉢僧の話」)。どちらも1972年の作。
⇒ IMDbのphoto ……左側

コルレオーネ村・遠景

「コルレオーネの村だ」と指差されたのは、こちらのコムーネ↓

Motta Camastra(モッタ・カマストラ)W

コルレオーネ村はシチリア島に実在しますが、撮影には使われず、他のいくつかの場所を編集でつぎはぎして見立てています。

参考までに、実際のコルレオーネ村は、撮影地とはだいぶ離れたこちら↓
シチリア島の北西部、パレルモに近いところ。

村の通り

設定としては、村を指差してから後は、コルレオーネ村の中ということでしょうか。

死者の名が張り出されている通りは、おそらくこちら↓のコムーネ。

Forza d’AgròW, Messina, Sicily, Italy (as Corleone village)

こちら↓は映画のシーンと似て非なる場所のスチル

この場所も気になっていますが、具体的な撮影ポイントはどちらも調査中。
(資料がないと難しいかも)

村の教会(P1,P2,P3)

P1 1:38
続いてやってくるのは、やはりForza d’AgròWのこちらの教会↓

Cattedrale di S. Maria Annunziata e Assunta

こちらは、P2では、冒頭(0:07)幼少時代のヴィトー(ビト)がロバの荷物に隠れて通り過ぎる場面と、ヴィトーが復讐を遂げたあとの場面で登場。
P3では、マイケルが元妻ケイとヴィトーの生家を訪れた後立ち寄ります。
……ということで三部作皆勤賞♪

川沿いの道

P1 1:38
走り抜ける米兵に声をかけるところ。

カフェ

P1 1:40

見初めた娘アポロニアの父親の店。
原作ではコルレオーネ村とは別の場所ですが、映画の設定としてはそのままコルレオーネ村の中ということでしょうか。

撮影場所はまたワープしてこちら↓のコムーネ。

Savoca(サーヴォカ)W, Sicily, Italy (bar sequence) (Michael and Apollonia’s wedding church)

お店は現役のこちら↓

Bar Vitelli
https://barvitellicharmingsuites.com/

SVで見ると観光客でいっぱいですね 😊
聖地といいますかご当地として経済効果は今なおけっこうあるように思われます。

1:44頃にも再登場しますが、アルファロメオはこちら(北東側)↓からやってきます。
背景の建物はみな建て替えられていますね。

父親とだいぶ打ち解けてきたマイケル。
その後アポロニアと散策しますが、彼女がよろけてマイケルが手を差し伸べます。
後ろを行く女性陣がニヤリとしますが、これはアポロニアがわざとよろけたため。原作にもある描写です。

P1では、他に1:50頃、結婚式の祝宴で新郎新婦が踊るのもこの店の前。

以下、ホレタビ編集部様からご提供いただいた画像を掲載致します。

メニューにヴィトーやマイケルの名前が付いていますね。
ホレタビ編集部様からは「大抵こういうロケ地の店はあまりおいしくないのですが、ここはすごく美味しくておすすめです!」とのコメントもいただきました。
確かにとてもおいしそうです 🙂

SVで近くをうろついてみたら、こんな↓タクシーの案内を見つけました。

ここから「結婚式の教会」(後述)まで3ユーロ也。
距離は数百メートルぐらいでしょうけど、アップダウンがありそうですので、楽と言えば楽。

もひとつついでに、お店の正面にある見晴台にコッポラ監督のパネルがありました。

こちらも、ホレタビ編集部様から画像も提供いただきました。

こうなったらマイケルの顔出しパネルとか、用意してほしいものです 😇

マイケルの滞在先(P1,P2,P3)

P1 1:43
P1ではドン・トマシーノがマイケルのために用意した隠れ家。原作ではドン・トマシーノの叔父の家となっています。
先にも書きましたが、ここはコルレオーネ村とはちょっと離れているという設定。
最初に写るのは、レストランのエピソードに続いて店主の家に赴く場面で、アルファロメオが狭苦しそうに門を出て行く時(⇒ IMCDb)。
門の外側からですが、中もちらりと覗けます。

Castello Degli Schiavi, Fiumefreddo di Sicilia, Catania, Sicily, Italy (Don Tommasino’s villa, car blown up)

P1でカメラが敷地内に入り中庭や建物がはっきり写るのは、2:03頃、アポロニアが自動車教習でぐるぐるまわっていた時。
ソニー暗殺の知らせを聞いた直後のショットでは、全景が写っています。
P2では、2:44 過去編でシチリアにやってきたヴィトー一家が歓迎を受ける場面で登場。
P3では、マイケル一家の帰郷(1:26)の他、ラスト、マイケルが孤独のうちに最期を迎えるところとなります。
……ということで、こちらも三部作皆勤賞♪

これまでのエントリーで言えば、パゾリーニ監督の『豚小屋』で中世の館として登場。

今回はホレタビ編集部様ご提供の画像でご紹介致します。

この階段↓は、P1でアポロニアの悲運の直前、マイケルが降りてくるところですね。

「ネコが10匹くらいいて可愛かった」とのことです♪

参考画像となりますが、建物内部の画像も提供していただきました。貴重なものと思いますので、セレクトして掲載させていただきます。

P1で車が爆破されたのは、1:43にアルファロメオが出て行った門で、中庭の東側。今度は内側から写されています。
この門は木々で埋もれてSVでは確認できません。

犯人が逃げていった門は表通りに面しているので、SVで確認できます↓

撮影から半世紀近く経っていますが、当たり前のように門扉は今でも同じ形。

ちなみに、映画では犯人(ファブリツィオ)はそれきりでしたが、原作ではニューヨークへ逃げていき、ピザ屋さんとなっていたという設定。
マイケルはもちろんそのことを把握しており、きっちり落とし前を付けています。

結婚式の教会

P1 1:49

アポロニアと式を挙げた教会はコルレオーネ村という設定。
撮影もカフェと同じSavoca。

Chiesa Santa Lucia

こちらも観光客でいっぱい 😊😊

こちら↓はホレタビ編集部様からご提供いただいた画像です。

道路が舗装されていて、映画の雰囲気は失われている模様……
『スクリーンから地続きのシチリア』でも「映画のシーンとはだいぶ変わってしまっている。とりあえず1回行っとけばOK。2回行く必要はない」とのことでした 😅

行列を横から捉えたロングショットは、教会のそば、例えばこのあたり↓から撮られたもの(カメラ西向き)。

結婚式の教会から父親のお店まではこのコースを通るので、リアルな位置関係となっています。

こちら↓もホレタビ編集部様からご提供いただいた画像で、Savoca村をドローンで捉えています。
手前やや左側が結婚式の教会。右端近くに新婦の実家のレストランやその前の見晴台が見えます。

結婚式の音楽(行進曲や披露宴の舞曲)は、コッポラ監督の父親カーマイン・コッポラが担当。
すべて生演奏の収録とのこと(監督コメンタリー)。
『ゴッドファーザー』と言えばニーノ・ロータの曲がやたら有名ですが、このへんの味のある音楽もとても効果的で印象に残ります。

なおこの場面の監督コメンタリーによれば、両親があちこちに写っているそうですが、確認できませんでした。
父カーマイン・コッポラがはっきり写るのは、マイケルが去った後血で血を洗う抗争となったNYで、ピアノを弾いているピアニスト。
母イタリア・コッポラがはっきり写るのは、洗礼式の客として。

シチリア(P2)

B07NVJCB93

ドン・チッチオの館

P2 0:04
ヴィトー(ビト)の少年時代。
母親が懸命に息子の命乞いをしたところ。

設定としてはコルレオーネ村ですが、撮影はシチリア島東部、IMDbのリストのこちら↓

via Vecchia Pozzillo, Acireale, Catania, Italy (Don Ciccio’s villa)

マップではこういった↓名称になっています。

Villa Il Padrino Parte II

ここは、2:47で再登場。大人になったヴィトーが訪れます。その理由は言わずもがな……
その場面で脚を撃たれてしまったのが、トマシーノ。
P1で脚の具合が悪そうだった理由が、ここで明らかになります。

生家周辺?

P2 0:06
ドン・チッチオの男たちが少年ヴィトーを捜す場面。
薄暗くて何がなんだか、どこがどこだか判別付かず。

ロバで通り過ぎる教会

ロバの荷物に隠れて通り過ぎていくところ。

既述の通り、P1で村に入ったマイケルが護衛とともにやってきた教会。
「村の教会(P1,P2,P3)」参照

コルレオーネ駅

P2 2:44
ヴィトー一家の帰郷。
蒸気機関車が駅に到着しますが、この撮影はシチリアではないと思われます。  

長男ソニーの少年時代を演じたのは、コッポラ監督の息子ロマン。

車でやってきたのは、P1でマイケルの隠れ家として登場したドン・トマシーノの物件。
→ 「マイケルの滞在先(P1,P2,P3)」参照

シチリア(P3)

B08L6ZRY71B00KUNZTTE

PART IIIには、再編集された『ゴッドファーザー<最終章>:マイケル・コルレオーネの最期』The Godfather Coda: The Death of Michael Corleone (2020) というバージョンが存在します。
内容はほぼ同じですが、時間がやや短縮。
参考までに、<最終章>でのタイムスタンプは(終 )で示しています。

バゲリーアへの道

P3 1:25(終 1:18)

P3でシチリアの最初のショット、古代の神殿を背景に車がやってくる場面。
BAGHERIA, SICILYとテロップが出ますが、実際の撮影はバゲリーアではなくこちら↓

Segesta, Calatafimi-Segesta, Trapani, Sicily, Italy (road leading to Baghiera)

バゲリーアから西へ60kmほど。
背景の神殿は、こちら↓

セジェスタ(Segesta)W

これまでのエントリーで言えば、『カオス・シチリア物語』の冒頭の空撮で登場しています。

ホンモノのバゲリーアはパレルモのすぐ東側に位置。
トルナトーレ監督の『シチリア!シチリア!』(2009)で主な舞台となった他、アントニオーニ監督の『情事』でも登場していますので、それらのエントリーも参照ください。

バゲリーアでの滞在先

続いてマイケル一家が歓迎を受けるところ。
そこに滞在するという設定のようです。
撮影はやはりバゲリーアではなくパレルモ市内のこちら↓

Villa MalfitanoW – 167 Via Dante, Palermo, Provincia di Palermo, Sicily, Italy (reception)

ドン・トマシーノ

P3 1:26 (終 1:19)

ヴィンセントにドン・トマシーノを紹介して、作戦を練り直すところ。
この屋敷はP1でマイケルの滞在先だったところで、撮影場所は、「マイケルの滞在先(P1,P2,P3)」参照。

この場面のドン・トマシーノはP1とは別の俳優さん(P1の方はP3の前に亡くなっています)。
P2で若き日を演じたのも別の俳優さんですから、三部作ですべて違う俳優さんだったことになります。

アルトベロの屋敷

P3 1:34 (終 1:27)
ヴィンセント(アンディ・ガルシア)がアルトベロ(イーライ・ウォラック)に会いに来たところ。

Villa La Limonaia, Acireale, Catania, Sicily, Italy (Altobello’s villa)

現在結婚式場やイベント会場になっているようです。
オフィシャルサイトの沿革にも映画の一場面が貼り付けてありました。

http://www.villalalimonaia.it/it/villa-acireale/villa-storica.html

修道院入口

P3 1:38 (終では削除)
マイケルがトマシーノの助言に従いランベルト枢機卿に会いに来たところ。

Chiesa di Sant’Orsola, Erice, Sicily, Italy (entrance to convent where Corleone meets Cardinal Lamberto)

中庭は別の場所。

モスカの住まい

P3 1:47 (終 1:39)

アルトベロがやってきた屋敷。
不明。

バゲリーア駅

P3 1:49 (終 1:40)
元妻ケイを出迎えたところ。
ホンモノではなく、こちら↓の駅で撮影。

Taormina, Messina, Sicily, Italy (Baghiera train station)

ヴィトーの生家

P3 1:54 (終 1:45)
マイケルがケイを案内したところ。
ヴィトーの生家ということで、設定ではコルレオーネ村。
扉のあたりは、P2で男たちが少年ヴィトーを探していた場面と同じかもしれませんが、P2では暗くて確認できず。

監督オーディオコメンタリーに拠れば、タオルミーナとのこと。
ケイが到着した駅の町ですね(設定ではバゲリーア)。
具体的な場所は調査中。資料がないと難しいかも。

生家近くの教会

ヴィトーの生家の近く、誰かの結婚式が行われているのにケイが気づき、2人で立ち寄ります。

ここは、P1で若きマイケルが護衛を連れてやってきたところ。
P2では少年時代のヴィトーがロバの荷物に隠れ、この教会の前を通って村を脱出。
それもあってか、P3でマイケルとケイが教会に近づいていく時、前をロバが横切っていきます。

→ 「村の教会(P1,P2,P3)」参照

人形劇

教会の横?で上演中の操り人形劇。

操り人形は映画のタイトルロゴに使われていて<ゴッドファーザー>の世界の象徴。
映画オリジナルではなく原作本の初版ハードカバー(1969)から登場しています。
とても優れたデザインですね。制作は、S・ニール・フジタW

P3の人形劇は、P2の過去編、ファヌッチ暗殺の場面で上演されていたのと同じ出し物のようです。
監督コメンタリーによれば、La Baronessa di Carini (カリーニ男爵夫人) の話とのこと。
カリーニ男爵夫人が従兄弟を愛してしまい、夫人の父親が彼女を殺してしまうと言う、つまり名誉殺人のお話ですね。
P3では、従兄弟のヴィンセントを愛してしまったメアリーに重ねているのだと思われます。

余談ですが、名誉殺人はピエトロ・ジェルミ監督の『イタリア式離婚狂想曲』で重要な題材となっていて、これは何本かあとに取り上げる予定。

駐車

P3 1:56 (終 1:47)

ケイに運転を頼むところ。
教会と同じくForza d’AgròW
教会のすぐ北側。

ドン・トマシーノの暗殺

P3 1:57 (終 1:48)
ドン・トマシーノが神父に扮装したモスカ親子に射殺されるところ。

Strada Provinciale 78, Nunziata, Catania, Italy (Mosca kills Don Tommasino)

劇場

P3 2:12 (終 2:02)

Teatro Massimo(マッシモ劇場)W, Palermo, Provincia di Palermo, Sicily, Italy (opera sequence, exterior and entrance)

こちらもホレタビ編集部様ご提供の画像を掲載させていただきます。

模型は実在のものでした↓

コニー(タリア・シャイア)がアルトベロ(イーライ・ウォラック)に渡したのは、カンノーロW
『モンタルバーノ ~シチリアの人情刑事~』でも何度か登場していました。

こう↑並べると、今話題のミャクミャク様みたい……

ラスト

しめくくりは、ホレタビ編集部様ご提供によるこちらの画像で。

ロケ地マップ

資料

無印

PART II

PART III

更新履歴

  • 2022/07/24 新規アップ

References

References
1 設定ではコニーとカルロの次男マイケル・フランシス・リッツィ
2 IMDbではExtra in Wedding Sceneとだけなっていますが、監督コメンタリーでは洗礼式のこの人物が母親だと語っています
3, 5, 6, 8, 12, 13 監督コメンタリー
4 監督コメンタリー。両親を見たのはこれが最後でこの後すぐ父親は亡くなったとのこと。
7 カルメラ役のモーガナ・キングが縁起が悪いと断ったため、その代役
9 設定ではトム・ヘイゲン(ロバート・デュヴァル)の息子
10 IMDbから。おそらく少年ヴィトーがNYに到着する場面
11 監督の次男ジャン=カルロ・コッポラの娘

コメント

タイトルとURLをコピーしました