『奇跡の丘』 Il vangelo secondo Matteo (1964)

B00X9FJKK4

作品メモ

このところシチリアで撮影された映画を続けていますが、監督名を並べると、タヴィアーニ兄弟、トルナトーレ、アントニオーニ、ロッセリーニ、ヴィスコンティとなかなかのラインナップ。
ここから先は、しばらくパゾリーニと参ります。
久々の制限なしのゴールデンウィーク♪ 絶好の行楽日和なのに、何が楽しくてパゾリーニをチェックしているのか自分でもよくわかりませんが、まとめてエントリーを書くとロケ地チェック的には作業はだいぶ楽になるんですよね……

まず『奇跡の丘』ですが、劇場用長編映画としては監督第3作。
「マタイによる福音書」をもとに、イエス・キリストの生誕から死、復活までを描きます。
お話の構成やセリフなどはすべてかっちり「マタイ」からとられていて、奇をてらうものではなくむしろ忠実にしてどストレート。監督の他の作品からするとちょっと意外な感じもしますが、カメラや編集、音楽の入れ方など、監督独特のセンスはしっかりと見て取れるかと思います。

かといって、キリスト教文化圏とは生涯縁がない自分が、映画に込められた宗教的、文化的な深い部分まで感じ取れるかと言えばはなはだ疑問でして……。
つい先日、新国立美術館で開催中の「メトロポリタン美術館展」で、本邦初公開の目玉物件、フラ・アンジェリコの《キリストの磔刑》を見てきましたが、自分を含めて詰めかけた人たちが果たしてどこまで感じ取ることができるのか、もしや上っ面だけ見てふむふむと鑑賞した気になっただけではないか、とか、いささかネガティブに考えてしまいました。

映画に戻って……
出演者は皆さん監督の知り合い等の素人さんとのことで、そのあたりも作品の独特の雰囲気に寄与しているかもしれません。
特に老いたマリアを演じたスザンナ・パゾリーニ(IMDbのPhoto)は、素晴らしい表情で見る者の心を揺さぶります。
監督のお母様ですが、どんなふうに演技指導したのでしょうね。

数少ない例外が、主の使い役のロッサナ・ディ・ロッコ(Rossana Di Rocco)(IMDbのPhoto)。
この前に『波止場』(63)[1]マーロン・ブランドではなくジャン=ポール・ベルモンド&ジーナ・ロロブリジーダ主演のイタリア映画の方。姉妹の一人の役に出ていますし、この後も『国境は燃えている』(65)[2]女性たちの一人。冒頭出発間際トラックに飛び乗ろうとした娘の役、『天地創造』(66)等に出演してちゃんと演技していますので、素人俳優さんということはないと思います。

監督脚色ピエル・パオロ・パゾリーニ、撮影トニーノ・デリ・コリ、音楽ルイス・エンリケス・バカロフ。

イタリア語原題«Il vangelo secondo Matteo»は「マタイによる福音書」。
英題は”The Gospel According to St. Matthew”で同じことですが、「ゴスペル」とか言うとなんだか印象が違ってしまいますね。

ロケ地

IMDbでは、

Basilicata, Italy
Calabria, Italy
Apulia, Italy Canale Monterano, Rome, Lazio, Italy
Catania, Sicily, Italy
Crotone, Calabria, Italy
Fosso Castello Waterfalls, Soriano nel Cimino, Viterbo, Lazio, Italy (Christ baptism)
Incir De Paolis Studios, Rome, Lazio, Italy (studio) Lazio, Italy
Matera, Basilicata, Italy
Mount Etna, Catania, Sicily, Italy (temptations of Satan)
Ouarzazate, Morocco
Potenza, Basilicata, Italy
Rome, Lazio, Italy
Sicily, Italy
Viterbo, Lazio, Italy
Barile, Potenza, Basilicata, Italy

例によって、IMDbのリストとウェブマップを頼りに画面とにらめっこでチェックしています。
間違えていたらごめんなさい。誤りのご指摘大歓迎です。

自分にとってはなかなかなじみがない聖書のお話ですし、セリフが「マタイによる福音書」に従っているということもあり、今回はこういった↓テキストを広げながら、チェックしていきました。

そこでの記載場所は「章:節」で示しましたが、映画のタイムスタンプの「時:分」とまぎらわしいので、「(Matthew 12:47)」という表記にしてあります。

石造りの町

0:04

設定ではベツレヘム……というよりはエルサレムでしょうか。
撮影はこちら↓

Matera(マテーラ)W, Basilicata, Italy

マリアの懐妊に心が乱れたヨセフが、主の使いから啓示を受けて立ち直るのは、こちら↓(Matthew 1:20)

1:04頃、イエスと弟子たちがやってきたのもこの場所。(Matthew 13:54-57)

この町は、これまでのエントリーで言えば『明日を夢見て』でたっぷり登場していました。

東方からの博士

0:07

一行が眺めの良い道を進んでいくのを後ろから捉えたショットは、マテーラのこの位置↓

山岳

ヘロデ王によって、子どもたちが殺されるところ。 設定ではラマ Rama

洗礼

0:22
ヨハネによる洗礼(IMDbのPhotoIMDbのPhoto

Fosso Castello Waterfalls, Soriano nel Cimino, Viterbo, Lazio, Italy (Christ baptism)

悪魔の誘惑

0:30

IMDbのPhoto

Mount Etna, Catania, Sicily, Italy (temptations of Satan)

シチリア島のエトナ火山W
ここはパゾリーニ監督のお気に入りのようで、この後取り上げる予定の『豚小屋』や『カンタベリー物語』にも登場します。
ピンポイントでの特定は難しいですが、おおよそこんな雰囲気↓

遺跡の前

0:31
「サタンよ、退け」の場面(Matthew 4:9-10)

Apulia, Italy Canale MonteranoW, Rome, Lazio, Italy
MonteranoW

Chiesa e Convento di San Bonaventura (rovine)

漁師たち

0:34

漁師を弟子とするところ。(Matthew 4:18-)
設定ではガリラヤの海。

外階段のある壁

0:55
海上を歩くイエス(Matthew 14:25-31)と、獄中のヨハネの場面(Matthew 11:3)の間にインサートされる階段の付いた外壁。
調査中。

海辺の町

0:56
前段ヨハネのセリフを受けて、ヨハネの弟子たちがイエスに問いかける海辺(Matthew 11:2-)
背景に城塞のような建築物が見えます。(IMDbのPhoto

IMDbのリストのこちら↓

Crotone, Calabria, Italy
Fortezza aragonese

Crotoneはイタリア半島のかかとのあたり。

リッチな青年との会話

1:05
ラクダの針の穴のエピソード(Matthew 19:16-)

サロメ

1:11

祭司長

1:29
(Matthew 21:23-)

ゴルゴダの丘

2:06
マテーラの東側、谷を挟んだ台地。(Matthew 27:33-)

背景はこのぐらいのアングル↓ (IMDbのPhoto

2:13
イエスの亡骸を収めたところ。(Matthew 27:60)
映画の中の動きと同じで、前項目の北側へ移動したこのあたり↓ の山腹(IMDbのPhoto

資料

更新履歴

  • 2022/05/06 新規アップ

References

References
1 マーロン・ブランドではなくジャン=ポール・ベルモンド&ジーナ・ロロブリジーダ主演のイタリア映画の方。姉妹の一人の役
2 女性たちの一人。冒頭出発間際トラックに飛び乗ろうとした娘の役

コメント

タイトルとURLをコピーしました