『誰かがあなたを愛してる』 秋天的童話 (1987)

誰かがあなたを愛してる デジタル・リマスター版 [DVD]  

賢者の贈り物&ニューヨーク恋物語

作品メモ

3人の香港人がニューヨークで織りなす恋物語。
演劇の勉強でニューヨークへやってきたジェニファー。
実は恋人ヴィンセントに会うためという目的もあったりしたのですが、彼には新しい彼女ができてしまっていました。
住まいの世話をしてくれた遠縁のサミュエルは、がさつでイケてない男。
フラれた彼女を気遣ううちに、いつのまにか恋心を……。

監督メイベル・チャン(張婉婷)、脚本アレックス・ロウ。
出演は、サミュエル(パン)がチョウ・ユンファ(周潤發)、ジェニファーがチェリー・チェン(鍾楚紅)、ヴィンセントがダニー・チャン(陳百強)。
ダニー・チャンはおそらくこれが最後の映画出演。

その昔、銀座シネスイッチにて鑑賞。
個人的には『ニュー・シネマ・パラダイス』と並んでシネスイッチ胸キュン映画ツートップです。

テーマ曲は呂方(ロイ・フォン)の「別了秋天」。

お役に立つ

オー・ヘンリーの「賢者の贈り物」が使われていますが、これはオマージュ的な扱いでしょうか。

一方、韓国のイム・チャンジョン(임창정)の「悲しい独り言(슬픈 혼잣말)」という曲のMVが、『誰かがあなたを愛してる』そっくりそのままの内容となっています。
再現性といいますか近似度はかなりのもので作り手のこだわりが感じられますが、ラストのお店の名前が強烈なのはご愛敬。

配役は、チョウ・ユンファが演じた主役は、イム・チャンジョン自身。
チェリー・チェンが演じたヒロインはイ・ヒョンファ(이현화)。
ダニー・チェンが演じた彼氏役は、UNのチェ・ジョンウォン(최정원)。

※2012/06/10追記
YouTubeから埋め込んでみました。

      私の知る限り、これがいちばん長いバージョンです。

ロケ地

IMDbでは

New York, USA

とそっけないですが、全編ニューヨーク(とその近郊)ロケ。
細かくは、映像をじ~っと見ていくしかないでしょう。

※2013/12/02追記
11/29(金)昼13:00~ NHK BSプレミアムでHD放送されたのを録画できたので、気になっていた箇所を再チェック。桟橋がわかったのが収穫でした。
他に最近の画像管理方法にあわせて画像を差し替えたりしています。

空港

機内アナウンスではケネディ空港に到着とのことですが、撮影場所はニューアーク空港(Aターミナル)と思われます。


大きな地図で見る

サンパンの住まい

マンハッタン橋のマンハッタン側のこのあたりです。
プライベートな物件でしょうけど、映画を見れば場所はすぐにわかると思いますので、載せておきます。

WikiMapiaではこのあたりまでチャイナタウンに含まれています。

マンハッタン橋については↓

ジェニファーが到着した翌朝、橋桁の真下でティルトダウンするカットはウィリアムズバーグ橋。
おそらく映画の中のイメージではサンパンの住まいのすぐそばの橋(=マンハッタン橋)という扱いだと思います。

ウィリアムズバーグ橋 Williamsburg Bridge

ジェニファーがヴィンセントを待った駅。

Hoboken Terminal

マップ↓

待合室も同じ駅。

ここは『ふたりだけの微笑』でも登場していました。
 → 『ふたりだけの微笑』

※2013/12/02
画像を差し替え&Picasaウェブアルバムへ切り替え。

中華レストラン

サンパンの勤め先。
まずは、窓の外に見える建物から。

マンハッタン橋へのゲートとなるこちら。

マンハッタン・ブリッジ・アーチ
Manhattan Bridge Arch

建物の角度からカメラが北西から撮っていることがわかりますので、SVでぐるりと反対側を見ると……


大きな地図で見る

というわけで、お店は中華レストランが何軒か軒を連ねているこのあたりかと思います。
エンドクレジットの鳴謝(Thanks to)にある「銀宮大酒樓」が撮影場所だと思いますが、現在その名前のお店はありません。
調べてみますと、どうやら現在は「金橋大酒樓」となっているようです。

なおエンドクレジットには他に2つのお店があります。

順德公大酒樓
寶蓮殿大酒樓

散策中のジェニファーがふらりと入った庶民的なところと、後に出てくる大熊猫がこれにあたるのかもしれませんが、詳細不明。

夜のマンハッタン

ジェニファーがバスに乗って巡る場面はタイムズ・スクエアのあたりだと思います。

劇場

サンパンがダフ屋に間違われたところ。
エンドクレジットにあるこちらだと思います。

璇宮戲院 Music Palace Theater
91 Bowery, New York, NY 10002

チャイナタウンにあった映画館で、すでに建物はなくなっています。

http://www.chinatown-online.com/directory/theaters.shtml
http://cinematreasures.org/theater/8362/
http://www.urban75.org/photos/newyork/ny83.html
http://web.archive.org/web/20060614191230/http://members.aol.com/hkfilms/
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/overseas/2006-06/15/content_4699698.htm

マップ↓

ベビーシッターをする家へ向かう橋

マンハッタン橋をブルックリンへ。

大熊猫

背景から見て、少なくとも外観はここだと思います。

現在はインド料理店のようです。

Salaam Bombay
319 Greenwich St, New York, NY 10013

フリーマーケット

ニューヨーク公共図書館 New York Public Library

ライオンでここだとわかりました。
『ウィズ』でも登場しています。 → 『ウィズ』

※2013/12/02
画像を差し替え&Picasaウェブアルバムへ切り替え。

アンティックショップ

時計のベルトがあったところ。
こちらです。

ラスト近く、ベルトを買ったサンパンが去っていくカットでロープウェイ(後述)が映っていたので、場所がわかりました。

公園

ヴィンセントとニアミスしてしまう水辺の公園。
マンハッタンの対岸にあります。

Brooklyn Heights Promenade

ここで見える橋はブルックリン橋。

海辺

VHSのジャケットとなっている場面。
おそらくコニー・アイランドのあたりだと思いますが、調査中。

桟橋は別撮りのような気がします。
手がかりも少ないですし、場所の特定はちょっと難しいでしょうか。

桟橋(13/12/1追記)

11/29(金)昼13:00~ NHK BSプレミアムでHD放送されたのを録画できたので、桟橋のあたりを再チェック。
コニー・アイランドにしては日差しがおかしいことに気づき(少なくとも南向きの浜辺ではない)、別の場所を当たってみました。
こちらではないでしょうか?

ニュージャージー州オーシャン・グローヴ(Ocean Grove)W

上で「別撮りのような気がします」とか書いてしまいましたが、浜辺やボードウォークも同じ場所で桟橋の南側ですね。

桟橋はWikimapiaによると”Ocean Grove Fishing Pier”となっています。
画像検索してみると、先端にある建物は寄棟屋根となっていて映画に写っていた切妻屋根と違っているようですが、少し昔の画像をあたってみると切妻屋根で、南側の側面に映画でも確認できる四角い時計があります。
なので場所はここで間違いなさそう。

ただし12年10月にアメリカ東部を襲ったハリケーン・サンディ(Hurricane Sandy)Wにより桟橋の中程から先が破壊されており、この建物も失われています。

※16/8/15追記

馬車で横切る建物

リンカーン・センター

マップ↓

※2013/12/02
画像を差し替え&Picasaウェブアルバムへ切り替え。

※2013/12/21追記
milouさんから画像を提供していただきました。
(撮影1991年4月)

こちらは「外からでも見えるメトロポリタン歌劇場のシャガール(右側)」とのことです。

馬車でくぐるアーチ

マンハッタン橋の下です。

朝焼けの橋

ウィリアムズバーグ橋のマンハッタン側。
花をくれた夫婦が座っていたベンチは、『レナードの朝』に登場したもの。
  → 『レナードの朝』

公園

その花を持ったジェニファーが歩くところ

ロープウェイ

時計のベルトを買ったサンパンが去っていく場面。
背景に映っているのがこちら。

Roosevelt Island Tramway

マップ↓

この映画で見るまでは、マンハッタンにロープウェイがあることを知りませんでした。

※2013/12/02
画像を差し替え&Picasaウェブアルバムへ切り替え。

※2012/06/10追記

milouさんに画像を提供していただきました。
(いつもありがとうございます♪) 撮影は1996年とのことです。

これは乗り場への階段(マンハッタン側)。

追いかけるサンパン

橋桁の下での別れ。
橋はマンハッタン橋で、撮影場所はサンパンの住まいのすぐそばです。

クルマが去っていくアーチ

馬車がくぐりぬけたところと同じ。
上記の場所のすぐ南。

クルマが入っていくスロープ

となりのブルックリン橋近くのここです。

クルマを追いかけて駆け上がろうとするスロープ

サンパンが追いかけていくスロープは、なぜかクルマが入っていったところとは別で、交差点の反対側のこちら↓

実はここはブルックリン橋に入る道ではなく、左折してイーストリバー沿いにマンハッタン橋方面へ向かう道です。
どっちにしろクルマ専用の道だと思いますので、マネして入っていってはいけません。 😉

ラストシーン前(13/12/1追記)

右へ移動するパンで、遠くにある長い桟橋を撮ったショット。

右の画像は上述の桟橋から南向きで撮られたものですが、桟橋の部分を脳内でアップにしてみると映画と全く同じ絵となっています。
この桟橋は、Wikimapiaでは”Belmar Fishing Club Pier”とあるものですが、上述の桟橋同様ハリケーン・サンディによって破壊されています。

チャイナタウン(参考・13/12/7追記)

milouさんからチャイナタウンとその周辺の画像を提供していただきました。
(いつもありがとうございます♪)
映画のロケ地に近いあたりと思われますので、参考画像としてアップさせていただきます。
撮影はすべて1991年4月。
映画撮影の頃に近いので貴重ですね 🙂
画像をクリックするとmilouさんのコメントを読むことができますので、ぜひどうぞ。

210 Canal St.

Hester St. & Mulberry St.

258 Bowery St.
こちらはだいぶ北の方でしょうか。

上記画像のさらに北側。
Bowery St. & E.Houston St.北向き。
今のストリートビューで見ると全然違って見えますが、確かにこちらですね。

ロケ地マップ


より大きな地図で 誰かがあなたを愛してる を表示

資料

更新履歴

  • 2016/08/15 「桟橋」追記
  • 2013/12/21 メトロポリタン歌劇場、milouさんの画像追加。
  • 2013/12/07 「チャイナタウン(参考)」追加。
  • 2013/12/02 画像を差し替え&Picasaウェブアルバムへ切り替え。
  • 2013/12/01 「桟橋」「ラストシーン前」追記。ロケ地マップ調整。milouさんの画像をPicasaウェブアルバムへ切り替え。

コメント

  1. てらはらけんたろう より:

    本当に大好きな映画です こんなに細かい情報を本当にありがとうございます

  2. 居ながらシネマ より:

    てらはらけんたろうさん、こちらこそコメントありがとうございます。
    映画ももちろん好きですが、当サイト的には比較的早い時期に書いた記事で、その後数年がかりであの桟橋まで解明していくことができたという、結構思い出深いエントリーとなっています。
    香港映画では『ラブソング』あたりもいつか取り上げたいですね 🙂

タイトルとURLをコピーしました