『ダブリン 悪意の森(ダブリン殺人課)』 Dublin Murders (2019)

B082PQRJ8J

作品メモ

ひとつ前のエントリー『バタフライ・エフェクト』は、少年時代の記憶喪失をめぐる時間もののSFでしたが、こちらはミステリードラマ。
やはり少年時代の記憶喪失をずっと引きずっている男が主人公となっています。

「ダブリン悪意の森」というぐらいですから、舞台はアイルランドの小さな町。近くの森で街の住人である少女が遺体となって発見されるのですが、担当を命じられたダブリン警察殺人課の刑事は、街の名前を聞いてひそかに動揺します。
実は彼が今でも抱えている記憶喪失が、かつてその森で起きた少年少女失踪事件と深く関わっていたのでした……

そんな彼と、署内でただひとり彼の秘密を知るバディの女性刑事が、事件解決のため街へ乗り込む、といったお話です。

全8話のミニシリーズ。

2019年10月14日からBBC One、10月16日からRTÉ、11月10日からStarzで放送開始。
日本では2020年4月からAppleTVのSTARZPLAYで『ダブリン殺人課』というタイトルで配信開始。

またAXNミステリーで今年(2021年)2月7日に『ダブリン 悪意の森』というタイトルで一挙放送。

年代設定は2006年で、みなさん折りたたみ携帯を使っているのが時代を感じさせます。

原作

原作は、タナ・フレンチの<ダブリン殺人課>シリーズの1作目『悪意の森(In the Wood)』Wと2作目『道化の館(The Likenss)』W。どちらも集英社文庫からそれぞれ上下巻で翻訳本が出ています。

4087606163

408760585X

<ダブリン殺人課(Dublin Murder Squad)>シリーズは、殺人課のメンバーひとりずつが順に主人公(一人称の語り手)となっています。ドラマのメインのお話はロブが主人公の『悪意の森』からとられていて、それにキャシーがメインの『道化の館』が加えられているという構成。

原作とドラマの比較をちょっとメモしますと……

ネタばれにつき折りたたんでいます。クリックで開閉します。
2つの原作を1つにまとめたため、だいぶ脚色が加えられています。特に後半キャシーが『道化の館』の潜入捜査を担当したため、本来の『悪意の森』の事件からはずれることになり、原作ではキャシーが大活躍だった真犯人に迫る部分や、意外なオチなど、全然違ったものになっています。
個人的には『道化の館』はわざわざ潜入捜査する必然性があまり感じられず、時系列的にも瀕死の重傷を負っていた女性が数日(としか見えない)で館に戻るなど不自然。やはり『悪意の森』のみで6話程度にまとめてドラマ化した方が良かったのではないかという気がします。

ついでに、原作シリーズ3作目『葬送の庭(Faithful Place)』Wの主人公は、ドラマにも登場しているフランクとなっています。
シリーズは現在6作目まで刊行されていますが、翻訳本は3作目まで。

ちなみに、<ダブリン殺人課(Dublin Murder Squad)>はタナ・フレンチが生み出した架空の組織。

キャラクター

警察
ロブ・ライリー Rob Reilly / キリアン・スコット
主人公であるダブリン殺人課刑事。イギリスの寄宿学校へ通っていたためイギリス英語なまりが強く、初対面でイギリス人と思われる。相棒のキャシーとともにノックナリーの森で起きた殺人事件を担当。ヘザーという女性とルームシェアしていて関係も持っているが、すでに破綻が見えている。
ネタばれにつき折りたたんでいます。クリックで開閉します。
実は、20年前の少年少女失踪事件で、ひとり現場で発見された少年アダムが彼。その後親に連れられて逃げるようにイギリスの寄宿学校へ転校し、ミドルネームのロブ(ロバート)を名乗り過去を隠して刑事となった。失踪したピーターとジェイミーはいつも一緒に遊んでいた友人だったが、残念ながら事件当時の記憶はすっかり失われている。
母親は名字を変えてアイルランド(おそらくダブリンかその近郊)の介護施設で働いている。父親はイングランドで他界(E5 0:02)。原作では両親とも健在で、離れた街に住んでいる。
キャシー・マドックス Cassie Maddox / サラ・グリーン
相棒の刑事。幼い頃交通事故で両親を失い、育ての親の叔母が他界した後[1]2004年のこと E6冒頭は家を処分し、そのお金で海に面した高級住宅街に住んでいる[2]E2 フランクとの会話。ロブはヘザーと仲が悪くなると気軽に部屋を訪れて泊まっていったりするが、まだ関係はもっていない模様。
ネタばれにつき折りたたんでいます。クリックで開閉します。
殺人課には若すぎるが、潜入捜査で怪我を負ったため、規定で転属が可能となった。その時使っていたのがレキシー(Lexie)という名前。しかし同じ名前でしかも瓜二つの女性が実在していて殺害されたため、再び潜入捜査へと向かう……。
ロブとは2003年に初めて組んだ。(E4冒頭)
サム・オニール / モー・ダンフォード
キャシーの恋人。総務課だったが殺人課に応援要員として合流。[3]原作では最初から殺人課。キャシーの方が後から殺人課に転属となる。恋人ではない。
クィグリー Quigley / ユジーン・オヘア
ラフすぎる服装でボスに怒られるは無駄口を叩くはでお荷物状態。どうやらかつて何かしくじってしまった様子だが、仕事をまかせればそれなりにしっかりこなす。途中から地下の資料室で昔の失踪事件の資料を読み込むよう命じられる。
フェラン Phelan / イアン・ケニー
巡査。まだ初々しいが真面目で任務への意欲は強く、ロブの助けになる。
オケリー / コンリース・ヒル
ボスの警視。問題発言が多く、キャシーによく睨まれる。
どこかで見たことがあると思ったら、『ゲーム・オブ・スローンズ』の入道ヴァリスですね。
フランク・マッキー / トム・ヴォーガン=ローラー
キャシーの潜入捜査を知る刑事。
ソフィー・ミラー Sophie Miller /
鑑識課員。今回だけでなく、21年前の事件の証拠品の鑑識も担当。
被害者とその家族
キャサリン(ケイティ)・デヴリン
被害者。13歳[4]原作では12歳。森の中の遺跡発掘現場から、祭壇に横たわるように発見された。2週間後にイギリスのバレエ教室に通うことになっていて、一家の期待がかかっていた存在だった。
ジョナサン・デヴリン
被害者の父親。森を貫通する高速道路建設について強く反対しているが、そのためか脅迫電話も受けている。
ネタばれにつき折りたたんでいます。クリックで開閉します。
実は昔カハルやシェーンとツルんでいた。3人は失踪事件が起きた時に聴取されていたが、マーガレットがアリバイを証言したためそれきりとなった。今回の事件の捜査でロブとは会っても互いに全く気づかない。ロブは過去の調書を見て初めてジョナサンに気づいた。
マーガレット・デヴリン
被害者の母親。心を病んでいるように見える。
ネタばれにつき折りたたんでいます。クリックで開閉します。
21年前、カハルたち3人組のアリバイを証言した。3年後ジョナサンと結婚。旧姓バーン。良家の出。
ロザリンド・デヴリン
被害者の姉。母親や妹たちの面倒をよく見ている。
ジェシカ・デヴリン
被害者の双子の姉妹。学習障がいが見られる。
ネタばれにつき折りたたんでいます。クリックで開閉します。
E3で、フレンチ・ブルーのジャージを着た男がケイティに話しかけるのを見たと語り、疑問視されていたダミアンの目撃証言が信憑性を帯びてくる。
街の人達
シモーン・キャメロン
被害者を指導していたバレエ教師。
サンドラ・スカリー Sandra Sculley /
バレエ教室の掃除係。夜はパブで働いている。住まいはデヴリン家のすぐ傍(E3 0:09)
ネタばれにつき折りたたんでいます。クリックで開閉します。
フェランによる聞き取り調査で、マーガレットとジョナサンを知っているかと訊かれて、見かける程度だと答える(E2 0:35)が、電動カートの婦人の証言で、当時ジョナサンとつきあい身ごもったことが明らかになる。ロブとキャシーによる再度の聞き込みで、21年前の事件当夜は家にいたと証言。
ミセス・フィッツジェラルド Mrs. Fitzgerald
被害者家族の近所に住む。街のことならなんでも知っている生き字引。E1では電動カートに乗って登場。
発掘調査隊
マーク・ハンリー
発掘調査隊の指揮をとる博士。[5]原作ではドクターではなく、現場のリーダー的存在。原作では別に中年のドクター・ハントが登場する
ネタばれにつき折りたたんでいます。クリックで開閉します。
祭壇で全裸で儀式を行っていたところを逮捕されるも、犯行が行われた時間にメラニーと会っていたことが判明。殺人とは無関係であった。(E3)
ダミアン・ドネリー
発掘調査隊のメンバー。遺体発見者。遺体に触れてしまったことをしきりに謝る(E1)。フレンチ・ブルーのジャージを着た男を目撃していた。母親の介護中。
メラニー・ジャクソン  
同。ダミアンとともに遺体を発見。
ネタばれにつき折りたたんでいます。クリックで開閉します。
既婚女性だが、密かにマークとつきあっていた。事件当夜はマークと過ごしていて、彼のアリバイが証明された(E3)。
かつての事件の関係者
ピーター・サヴェッジ
行方不明となった少年。アダムとよく一緒に遊んでいた。
ジャーメイン(ジェイミー)・ローワン
行方不明となった少女。ピーター、アダムとよく一緒に遊んでいた。母親は事件の後、アダムとその一家に娘の居場所について執拗に迫っていた。
ピーターの家族
父親は事件から10年後、森で首を吊り、その後一家はグラスゴーに移った(E2 0:13)
ジェイミーの家族
母親アリシアは今も同じ家に住んでいる(E2 0:13)。今回の事件の情報電話に、昔の事件と関係があるからアダムを調べるよう吹き込んだ。記者の取材に答えて新聞のトップを飾る(E5)。
カハル・ミルズ Cathal Mills /
アダムたちとは少し年上の3人組[6]当時18歳 E2 0:20。今でも後ろでちょんまげゆっている。現在IT関係の会社を経営し、羽振りは良い。しょっちゅうドイツと往復している模様。
ネタばれにつき折りたたんでいます。クリックで開閉します。
21年前仲間3人と事情聴取を受けていたが、映画館で見たという当時14歳の少女(マーガレット・バーン)の証言でそれきりとなった。(E2 0:20)
シェーン・ウォーターズ Shane Waters /
3人組のひとり。薬漬けとなりすっかりうらぶれてしまっている。ペンキ缶を手にあちこちフラフラ。
ネタばれにつき折りたたんでいます。クリックで開閉します。
買収済みの土地に建てられた看板に”HE RISES”(彼は立ち上がる)と落書きしていたのが彼。
21年前聴取を受けた時、2度めで激しく動揺しトイレで頭を打ち付けた。3度目の聴取では他の者と同じような答え方をしたため口裏を併せたと思われる(E3 0:13)。なお、原作では刑務所に入っていて、出番はわずか。
ジョナサン・デヴリン
ネタばれにつき折りたたんでいます。クリックで開閉します。
今回の事件の被害者の父親は、実は過去の事件の3人組のひとり。ロブとは会っても全く気づかない。
大学生たち

トリニティ大学の学生達。森の近くの屋敷を買い取って共同生活を行っている。レクシーもその一人だった。

レクシー Lexie /
キャシーと瓜二つの女性。名前もキャシーが潜入捜査のときに使っていたのと同じ名前。俳優さんは一人二役。
ネタばれにつき折りたたんでいます。クリックで開閉します。
刺殺死体となって発見。生きていることにして、キャシーがなりすまし、屋敷に潜入することになる。妊娠していたが父親はダニエルではなくレイフ。
ダニエル・マーチ
リーダー格。17歳の時同じ寄宿学校の生徒を殺しかけたが親の金でもみ消された。伯父から家を相続し、他の者達を共同所有者にした。
ラファエル(レイフ)・ラヒリ Raphael Lahiri
実家はホテルを所有する金持ち。コカイン中毒だったがダニエルに救われた(E5 0:27)。
アビゲイル(アビー)・ストーン Abiggail Stone
生まれてすぐ施設に入れられたが、その後苦労して奨学金を得た・
ジャスティン・マネリング Justin Mannering
両親は離婚。独りになった彼をダニエルが迎え入れた。
その他
ビンセント・ジョンストン
以前のキャシーの潜入捜査によって逮捕、現在刑務所にいる男。服役中に子供と連絡をとるため起こした裁判で(E1 0:11)、キャシーは人物について証言する。
ネタばれにつき折りたたんでいます。クリックで開閉します。
E4の冒頭ではフランクの要請で潜入捜査に関わる様子が描かれる。ジョンストンは麻薬、銃の密売、人身売買に関わっていて、取引の温床である大学で学生を装い接近した。見返りに殺人課への転属を希望。名前はアレクサンドラ、呼び名はレクシーとした。
テレンス・アンドリュース
ジョナサンに脅迫電話を掛けていた男。
ネタばれにつき折りたたんでいます。クリックで開閉します。
レクシーへも同じ番号から連絡をとっている(E5 0:43)。E6 0:29ではレクシーになりすましたキャシーと密会。大金(20万ユーロ)と契約書を渡そうとするが、キャシーは値段を釣り上げて追い返した。ダブリンにオフィスを持ち、高速道路建設を請け負っているマリン・デイビス建設会社の関係者と思われる。

捜査メモ

今回の少女殺人事件
2006年8月25日7時45分、森の中の遺跡発掘現場で、祭壇の上に横向きで寝かせられているのを遺跡調査隊が発見。頭部を2回殴られてから、1時間半後に袋を被せられて窒息させられた模様。レイプの痕跡はない。犯行現場は別で、屋内に置かれたあと森に運ばれた模様。
21年前の少年少女失踪事件
1985年8月16日、森で遊んでいたピーターとジェイミーが失踪。一緒にいたはずのアダムだけが発見される。Tシャツの背中は裂けていたが傷は負っていない。足は血まみれだったが、アダムのものではない。アダムは記憶を失っていて、ピーターとジェイミーはその後も発見されていない(E1)。関係者への調査でツルんでいた3人組カハル、シェーン、ジョナサンも調査されるが、当日の夜『ポーキーズ』を見ていたことを当時14歳のマーガレットが証言し、それまでとなっていた。
今回の事件を受けて、21年前の事件も再度精査されることとなる。
鑑識の結果、Tシャツを切り裂いたのは左に曲がった右利き用の刃物であり、これまで見たことない種類の刃物とのこと。血痕はアダムと同じA型マイナスだがアダムのものではないことが判明(E3)。
また調書を整理していたクィグリーが、21年前の聴取では、2度目でシェーンが激しく動揺しトイレで頭を打ち付け、3度目の聴取では他の者と同じような答え方をしたことを発見。口裏を併せたと思われる(E3 0:13)。その後マーガレットはジョナサンと結婚しているので、その証言も怪しい。ロブは3人組に狙いを定めるが、それは同時に過去の記憶が少しずつ蘇っていくことになる……
高速道路建設と発掘調査
森を貫通するコースで高速道路の建設が計画され、建設前に発掘調査が行われている。ジョナサンは建設に反対している。(E1) 計画されている道高速路はさほど意味のあるコースを走らないため、用地買収が目的ではないかと疑われる
第2の事件
E4の冒頭、森の近くの廃墟で、キャシーそっくりの女性が遺体で発見。名前もレクシーで、ジョンストンに接近した時の潜入捜査で使った名前と同じ。おそらく獄中にいるジョンストンの指示で何者かがキャシーと間違えて報復で殺してしまったと思われる。フランクの指示で、レクシーは助かったように偽装、キャシーがなりすまし、レクシーが他の学生たちと住んでいた屋敷へと潜入捜査することになった。

ロケ地

IMDbでは、

Belfast, County Antrim, Northern Ireland, UK
Bangor, Northern Ireland, UK
Newry, Northern Ireland, UK
Dublin, Ireland
Ards Hospital, Newtownards, Ireland, UK (Morgue and Path lab Scenes)

例によって、IMDbのリストとウェブマップを頼りに画面とにらめっこでチェックしています。
間違えていたらごめんなさい。誤りのご指摘大歓迎です。

E1

海岸の遺構

E1 0:08

冒頭の事件を解決した後、食事をとるところ。
一見海に向かって突き出している防波堤みたいですが、以前プールだったところのようです。

Blackrock Baths

http://builtdublin.com/blackrock-baths-blackrock-co-dublin/

警察署

E1 0:09

裁判所前

E1 0:12
キャシーが出てきてロブの車に乗るところ。

ダブリン市内、

右側が↓

フォー・コーツ(Four Courts)W

通りはインズ・キー(Inns Quay)。川はリフィー川(左岸)。

男たちが会った街角

カハルと呼ばれた男と、うらぶれた男が待ち合わせていたところ。
ダブリン市内のこちら↓。

E2

キャシーの住まい

「海辺の遺構」のすぐ近く。
テラスハウスづくりですが、だいぶ高級そうです。

E2 0:06
キャシーが乗る駅。
「海辺の遺構」のすぐ背後。

Blackrock railway stationW

歩いてくるのはこの道。

ダブリン高速輸送(Dublin Area Rapid Transit、DART)W

フランクは跨線橋から見下ろした列車に次のカットで乗っていますね。移動が早すぎ 😅

▼21/3/24 追記
Bill McCrearyさんから画像を提供していただきました。
ダン・レアリー駅で降りられた時のものとのことで、ドラマでキャシーが乗っていたのとは少しだけ型式が違うみたいですが、色味は同じですね。

コノリー駅からお乗りになったのことで、ドラマの駅やキャシーの家の前も通られたはず。
いったん海岸線に出ると、あとはこうした↓景色となる模様。遠くの陸影はドラマでも写っていたと思います。
まさに世界の車窓からですね 🙂

Bill McCrearyさんはこうした画像を含む旅行記をご自身のブログでアップされていますので、ぜひご訪問ください。

ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学) >

モルグ

0:09

Ards Hospital, Newtownards, Ireland, UK (Morgue and Path lab Scenes)

空港の駐車場

0:23

カハルがベルリンに発つ前に電話していたところ。
ダブリン空港のこちら↓

警察署屋上

0:37
ダミアンの聴取の後、キャシーとロブが話すところ。
周囲の景色から判明しました。

E3

廃墟

0:58

森の近く、レクシーの遺体が発見されたところ。

E4

カハルの会社

0:16

GOLDPOINT DATA STORAGEという名称。

E1でシェーンと会話したところから2ブロック西側。

ガード前

0:35

アランナ(Alannah)が襲われたガード前。

E1の最初の事件で、恋人のアリバイ作りを翻したためでしょうか。
しかしこの女優さん(Ericka Roe)も襲った2人も、とても女優さんには見えないですね……

E5

海岸の家

0:16
似たようなコテージが並んでいますが、これがシモーン・キャメロンが話していた(0:06)キャンプ場でしょうか。
「クローガーヘッドの海岸」と言っていますので、こちら↓

ClogherheadW

ダブリンの北50km

ダミアンの家

0:29
湖?のほとりの戸建て。要介護の母親と住む。

E6

E7

E8

ダブリン港

0:47

駐車場

0:48
ジョナサンと話すところ。

ラスト

Erlking(エールキング)W

資料

更新履歴

  • 2021/03/24 「駅」にBill McCrearyさんの画像を追記
  • 2021/03/04 新規アップ

References

References
1 2004年のこと E6冒頭
2 E2 フランクとの会話
3 原作では最初から殺人課。キャシーの方が後から殺人課に転属となる。恋人ではない。
4 原作では12歳
5 原作ではドクターではなく、現場のリーダー的存在。原作では別に中年のドクター・ハントが登場する
6 当時18歳 E2 0:20

コメント

  1. Bill McCreary より:

    番組は未見ですが、ダブリンが舞台なのでご協力できるかもと考えて、DARTの写真はありました。

    ただ個人のお顔は掲載しないというポリシーでしたら、車内の写真は無理かもですね。

    https://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/a5a94b29c73282828c7fa183abd6dfda

    https://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/14e5955753eb9d29fd201d2a5127f514

    ところでこのようなクロスシートの席は、日本の電車ではなくなってしまったので、やはりいいですよね。JR東日本も、ロングシートばかりでなく東海や西日本のように、座り心地のいい車両をもっと導入してほしいと思います。

  2. 居ながらシネマ より:

    Bill McCrearyさん、コメントありがとうございます。
    アイルランドは以前もダブリン城など画像をいただいたことがありましたね。
    ブログ拝見しましたが、位置関係的にはこのドラマの駅と同じ方向のようですね。車両の外観もアップされているようですし、また後ほどぜひピックアップさせてください。

タイトルとURLをコピーしました