『もう終わりにしよう。』 I’m Thinking of Ending Things (2020)

B0176M1BVG

In a lonely room

作品メモ

ひとつ前のエントリー『主人公は僕だった』同様、むやみに具体的なタイトルのもとで😅、まるで小説を読み上げるような女性のナレーションやモノローグがかぶさってくる映画。
こちらで語っているのは、冒頭街角で舞い散る雪を眺めていた女性で、これから恋人ジェイクの車で初めて彼の実家を訪れようとしています。
「終わりにしよう」は最初の方で聞こえてくる彼女のモノローグ。
彼氏の車の助手席で、「いい人なんだけど、先は見えている」なんて考えているのですから、二人の関係はちょっと微妙な感じになってきているのかもしれません。

そこまでは気持ちがすれ違いはじめた男女のありがちなドラマ設定とも言えますがか、延々車内での会話が続くかと思えば、脈略もなく別の人物の様子がインサートされたりして、お話は次第に方向性が見えなくなり、謎めいたサスペンス的雰囲気が漂ってきます。
到着した実家ではジェイクの両親の熱烈歓迎を受けますが、そこでもヒロインの周囲で次々不思議な出来事が起こります。見ているこちらは「え?」となるのですが、ヒロインは気づいているのかいないのか、一瞬とまどうように見えても結局スルーしてお話が進んでいきます。そうこうしているうちに、現実ともファンタジーともつかない不条理な場面が次々展開。
ここまでくるともはやスリラー通り越してホラーでしょうか。
いったいヒロインの身の回りで何が進行しているのか、ラストに待ち受けているものは何なのか、それは見てのお楽しみ。
…といった具合に、非常に気を持たせるモヤモヤッとした作品となっています。

個人的には二人の会話や独特の映像表現を結構楽しめましたし、(ちょっとネタバレになりますが)たとえばブーちゃんのエピソードなどぐっと迫るものもありました。
ただこの内容で2時間以上というのはちょっと長かったかも。
長さといいワケわからなさといい会話の多さといい、タルコフスキーの『ストーカー』みたいな印象も受けました。

こういう企画にそれなりの予算がついて制作できるというのも、Netflixオリジナルならではかもしれませんね。
昨年(2020年)8月28日にアメリカの劇場で限定先行公開された後、9月4日にNetflixで配信開始。
句点までがタイトルです。

https://www.netflix.com/browse?jbv=80211559

キャスト&スタッフ

謎めいた世界に溶け込むように入っていくヒロインにジェシー・バックリー。
その恋人ジェイクにジェシー・プレモンス。これはまさに適役ですね。とてもいい演技でした。といいますか、これ彼が主演した『ブラックミラー』「宇宙船カリスター号」に重なりそう 😇
妙にテンションが高いジェイクの母親にトニ・コレット。
比べるとおとなしめでどこかピントがずれた感じが漂うジェイクの父親にデヴィッド・シューリス。
ジェイクが出た学校の用務員さんにガイ・ボイド。

原作はイアン・リードという人の同題小説。
翻訳本もハヤカワ・ミステリ文庫から出ています。
未読ですが、ん~~ミステリ?? 案外そうかもしれませんね…

4151842012

監督脚本チャーリー・カウフマン。と言われてみれば、いかにも同監督らしい作品かも。
音楽ジェイ・ワドリー、撮影ウカシュ・ジャル。

ロケ地

IMDbでは、

Red Line Diner – 588 Route 9, Fishkill, New York, USA (“movie in a movie” scene)
Main Street, Chester, New York, USA (opening street scene)
Auditorium, Twin Towers Middle School, Middletown, New York, USA (Location where Jake gives award acceptance speech)

例によって、IMDbのリストとウェブマップを頼りに画面とにらめっこでチェックしています。
間違えていたらごめんなさい。誤りのご指摘大歓迎です。

雪の街角

Main Street, ChesterW, New York, USA (opening street scene)

雪とヒロインは合成のように見えます。

こちら↓の画像は映画と同じ南西向き。
ヒロインが車を待っていたのは、右側2番めの電信柱の手前あたり。

ダイナー

0:46

Red Line Diner – 588 Route 9, Fishkill, New York, USA (“movie in a movie” scene)

授賞式会場

Auditorium, Twin Towers Middle School, Middletown, New York, USA (Location where Jake gives award acceptance speech)

『オクラホマ!』Oklahoma! から”Lonely Room”W

ジェイクの最初の方のセリフがつながってくるところですね。

資料

更新履歴

  • 2021/02/08 新規アップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました