『赤ちゃんよ永遠に』 Z.P.G. (1972)

映画スチール 「赤ちゃんよ 永遠に」白黒9枚

作品メモ

ひとつ前のエントリー『トゥモロー・ワールド』に似た雰囲気の近未来SF映画。
人口抑制のため子供を産むことを禁じられた未来社会で、隠れて出産した夫婦を描きます。

原題の”Z.P.G.”は”Zero Population Growth”の略。つまり人口増加ゼロ。
実際に映画で描かれるのは、増加ゼロどころか、いっさい妊娠出産まかりならぬというキビシイお達しが出た社会。
これだと人口抑制ではなくあっというまに人口減少ではないかと思われますが、そのくらい未来の地球は食糧危機やら資源枯渇やら環境汚染でキビシイ状況になっているわけです。

市民は、出産と育児の喜びを赤ちゃんロボットでまぎらわすほかありません。
これがビデオタイトル『赤ちゃんよ永遠に/SFロボットベイビーポリス』につながっているわけですが、なんだか凄いサブタイトル\(◎o◎)/

そんな状況で、あえて密かに出産、子育てを始めたマクニール夫婦に、オリヴァー・リードとジェラルディン・チャップリン。
やっかいな隣人ボーデン夫妻にドン・ゴードンとダイアン・シレント。
監督マイケル・キャンパス。

最近某大国の大気汚染が話題になっていますが、日本でも70年代には大都市で光化学スモッグが発生。交通量が多い場所では歩いていて目がちかちかしたものです。
映画で描かれるスモッグだらけの都市は、未来と言うよりは過去を連想してしまうかもしれません。
ローマクラブの「成長の限界」が1972年。
第一次オイルショックが1973年。
『ソイレント・グリーン』も1973年……

SF的なビジュアルはちゃっちいところもありますが、時代の空気が感じられるディストピアSFの一本として記憶に残ります。
なぜかキネマ旬報データベースに見当たりませんが、確か劇場で見た記憶があるので公開されたことは確か。 DVDはこれまで出ていないようです。
今回はレンタル落ちVHSにてのチェック。

詳しい物語

今ではなかなか見る機会に恵まれないかもしれませんので、もう少しストーリーをご紹介。
実はロケ地情報が全く無いので、そのかわりストーリー紹介に比重を置きました。
DVD化の願いをこめて……
(ラスト以外はネタばれありますのでご注意を)

長いので折りたたみ。クリックすると開きます。

ロケ地

IMDbでは、

Copenhagen, Denmark

え~、コペンハーゲンロケ??
とても意外です。

ご覧になった方はおわかりの通り、都市は模型+スモッグもくもくで表現されていて、ロケ地もへったくれもありません。
それでも何ヶ所か気になる場所がありますが、手掛かりがなく、ロケ地情報はゼロです。すみません……

ベビー・ランド

モノクロ基調のメタリックな内装。
まったく手掛かり無し。

博物館

丸い回廊のような造りで、中庭側がガラス張り。
これも手掛かり無し。

海岸

資料

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『赤ちゃんよ永遠に』 Z.P.G. (1972)
[`yahoo` not found]
LINEで送る

『赤ちゃんよ永遠に』 Z.P.G. (1972)” への4件のコメント

  1.  はじめての書き込みで大変失礼言申し上げます。

     ずいぶん以前に何かの解説で読んだのですが、たしか冒頭の「ベビー・ランド」がコペンハーゲンのどこだかのショッピング・センター内で撮影されたとあったのを記憶しています。ショッピング・センターと言えば、マイケル・ヨークとジェニー・アガターの”Logan’s Run”もどっかのショッピング・センターを使ってましたよね。
     それから、映画全体にデンマークの老舗家具メーカー”KADO”が協力しています。

     当時小6だった1975年2月に日曜洋画劇場で放映された際、初観賞でした。画面から漂うムーディーな感じ以上に音楽に痛く魅了されてしまいました。ジョナサン・ホッジという作曲家はこのほかにも英国作品を何本か担当していますが、これといって印象的な他作品はありませんでした。

     その後、この映画を何度か観ていろいろ追っかけるうちに、ミニチュア特撮が私の敬愛する英アンダーソン作品の常連で、007シリーズも6本を手掛けたデレク・メディングスであること(空中を浮遊する広告塔円盤みたいなのが「007 ムーンレイカー」の宇宙ステーション中心部にそっくり!)や、製作があの「小さな恋のメロディ」の英サジタリウス・プロダクションであることが分かりました。

     最後の海岸線がもっとも気になるところですが、本当にどこなのか今になってとても知りたくなってきました。

  2. Barry Gray さん、いらっしゃいませ。
    詳しい情報ありがとうございます。

    ショッピング・センター、あり得そうですね。登場場面が短いので、探すのは難しいかもしれませんが。
    Logan’s Runは以前エントリー書きましたが、おっしゃるとおりショッピングセンターのようでした。
    こういう空間は、きっとこの手の映画に向いているのでしょうね。

    > 空中を浮遊する広告塔円盤みたいなのが「007 ムーンレイカー」の宇宙ステーション中心部にそっくり!

    これすごいです、全然気づきませんでした。さきほど映像確認して、ウケてしまいました 🙂
    『ムーンレイカー』の方がずっと後ですから、このデザインのアイデアを温めていたのでしょうか。
    確かにアンダーソン作品的雰囲気もありますね。

    この映画でレスがつくとは思っていなかったのでうれしいです。
    なんとか一つでもロケ地が解明できるように、手がかりは少なくてもまたチャレンジしてみようと思いました。

  3. 残念!!
    この作品は題名を知っているだけで見てなかったがコペンハーゲンだとして “丸い回廊のような造り” に、もしや…と思いつく建物がありネットで全編見れたのでチェックしようと思ったが肝心の建物の内部の画像がほとんどなく少し似た部分はあったが判断できない。
    そして残念なことにWikiを見ると、建物自体の着工が88年だった。
    そんなわけで結果的に無関係な建物だがそれはティコ・ブラーエ・プラネタリウム。
    ちなみに僕は93年に訪れSolar System の大きなポスターとボールペンを買ったがプラネタリウムを見たかどうかの記憶もなく内部の写真もない。

  4. milouさん、調査ありがとうございます。
    プラネタリウム、惜しいですね。良い感じの?曲がり方が確かに映画に似ていますが……
    (そういえばティコ・ブラーエはデンマーク人だったのですね)

    私も画像やGoogle Earthやらでいろいろ探してみましたが、「もしや?」と思っても新しい建物だったりして、まだ見つけられないでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)