『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 Godzilla: King of the Monsters (2019)

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ Blu-ray2枚組

作品メモ

ひとつ前のエントリー『三大怪獣地球最大の決戦』のハリウッド版がこちら。
……と言い切ってしまいたくなるぐらい登場怪獣がかぶっているのが昨年(2019年)公開のこの映画。
『三大怪獣』に出てきた4大怪獣が最新のCGで甦り、スクリーン狭しと闘いを繰り広げます。

『GODZILLA ゴジラ』(14)、『キングコング: 髑髏島の巨神』(17)に続くモンスターバースシリーズ3作目。
ゴジラは次はキングコングとの対決のようですが、同じ土俵で闘うにはなんだかちょっと無理があるような。
マーベル・シネマティック・ユニバースで、ブラック・ウィドウとキャプテン・マーベルが同じ土俵にいるような無理矢理感ですが、モンスターバースシリーズはだんだん出来映えが良くなってきているように思えるので、まずはお手並み拝見といったところです。

監督マイケル・ドハティ、脚本マイケル・ドハティ、ザック・シールズ、撮影ローレンス・シャー。

登場人物は、ラッセル博士夫妻(カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ)とその娘(ミリー・ボビー・ブラウン)がメイン。
渡辺謙さん演じる芹沢猪四郎博士は、前作では何を考えているのかよくわからないキャラでしたが、今回はきっちり活躍してくれます。

個人的には過激なエコテロリスト、アラン・ジョナ役のチャールズ・ダンスに注目。
ジャンルにこだわらずいろんな役で出まくってくれているのが嬉しくて、同じ昨年(2019年)の作品ではNetflixオリジナル『ザ・クラウン』S3でマウントバッテン卿を好演していました。

ストーリー的には荒唐無稽で無理矢理な展開ですが、怪獣映画にツッコンだところでキリはなく……
観客は、怪獣が暴れまくるのを登場人物たち同様ボーゼンと見ているのが吉の映画です。

怪獣王ゴジラ

編集されまくった海外版の初代ゴジラが『怪獣王ゴジラ』(1956)で、原題”Godzilla: King of the Monsters!” 。
つまりこの映画とほぼ同じタイトル。

怪獣の女王モスラ

ゴジラが主役なのはもちろんですが、モスラがこれほど気高く力強く描かれるとは、リスペクトが過ぎて悶絶ものです。
コロネのような幼虫ははっきり映らずさほど活躍しませんでしたが、成虫の美しさには息を呑みました。
大きな蛾は苦手の人でも、ラストの壮絶なタッグマッチできっと胸キュンとなったはず??

古関裕而さんの名曲も、壮麗なアレンジで見事に甦っています。
音楽ベアー・マクレアリー。

ドンドンドン~トコトコトン~♪

 
 
 

双子設定のチャン・ツィイー(章子怡)がいつ揃ってザ・ピーナッツのように歌い始めるかワクトキしていましたが、さすがにそれはありませんでした。

ロケ地

IMDbでは、

México City, Mexico (Zócalo)
Atlanta, Georgia, USA (studio) (Blackhall Studios)
Tunnel Hill, Georgia, USA (location)
Mexico
Georgia, USA
USA
Puerto Vallarta, Jalisco, Mexico
Washington, District of Columbia, USA
New York City, New York, USA

例によって、IMDbのリストとウェブマップを頼りに画面とにらめっこでチェックしています。
間違えていたらごめんなさい。誤りのご指摘大歓迎です。

前のエントリーでキバリすぎたので、こちらは簡単に。

メキシコ

「メキシコイスラ・デ・マーラ モナーク第56前進基地」と出るのは、メキシコシティのこのあたり↓

カメラ東向き。

0:54頃人々が逃げ込んでくる広場は↓

Plaza de Santo Domingo (Ciudad de México)W

奥にある教会は↓

Santo Domingo (Mexico City)W

By Thelmadatter
via Wikimedia Commons
(public domain)

ここはこれまでのエントリーで言えば、NetflixオリジナルSFドラマ『Sense8 センス8』のS1E3で登場しています。

トンネル

1:22
マディソン(ミリー・ボビー・ブラウン)がスタジアムに向かう時に抜けてくるところ。
CGづくしの映画の中でホンモノのロケっぽい映像が出てきて気になりましたが、リアルの場所のようです。

IMDbのリストのこちら

Tunnel HillW, Georgia, USA (location)

By Civilengtiger at English Wikipedia
via Wikimedia commons
(CC BY-SA-3.0)

ただリアルな場所と言っても、全体にVFXをトッピングしています。
これならトンネルそのものもCGで作り、俳優さんをグリーンバックの前で撮影しても同じような……

スタジアム

決戦の地はマサチューセッツ州ボストン。
セリフでもさんざん言っているように、スタジアムはこちら↓

フェンウェイ・パーク(Fenway Park)W

マディソンが様子を見ていた屋上は、南西の角。

IMDbのリストには、ボストンやらマサチューセッツ州やら記載されていませんが、もしかするとぜ~んぶCGだったりして……

アルゴの進路

1:43
やってきたアルゴはだいたいこのあたりを通過(カメラ南向き)。

まあすべてCGのようにも見えますが……

平たいビル

1:45
モンスターゼロ(キングギドラ)がモスラ様のねばねば糸攻撃でくっついてしまう平たい高層ビル。
直後、めっちゃくちゃに崩壊してしまいます。

もちろんVFXの産物ですが、モデルはこちら。

ジョン・ハンコック・タワー (John Hancock Tower)W

北東はす向かいに、ドラマ『ボストン・リーガル』の事務所が入っているビルがあります。

By Bobak Ha’Eri
via Wikimedia commons
(CC BY-SA-3.0)

対岸からの遠景ショット

キングギドラが翼を拡げ怪光線を四方八方に放つシーンなど、港を挟んで市の中心部を捉えた遠景ショットは、市の東側から。

モスラが背にするビル

ラドンとの死闘で、モスラ様がもたれかかるように背にする円筒型のビルはこちら↓

Two International PlaceW

By Frankg
via Wikimedia commons
(CC BY-SA-3.0)

資料

更新履歴

  • 2020/02/11 新規アップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)