『ボルサリーノ』 Borsalino (1970)

ボルサリーノ デジタル・リマスター版 [DVD]

作品メモ

ひとつ前のエントリー『気狂いピエロ』のジャン=ポール・ベルモンドと、ふたつ前のエントリー『友よ静かに死ね』のアラン・ドロンという、フランスを代表するスターが競演したヒット作。

1930年代のマルセイユを舞台に、不思議な縁で友情をはぐくんだギャング同士が、荒っぽい手口でのし上がっていく姿を描きます。

冒頭「すべてフィクションです」的テロップが出ますが、いちおう実在のモデルがいるようでして、マルセイユの裏社会で鳴らしたこの二人。

By Le Matin
via Wikimedia Commons
(public domain)

こういうお顔のようですが、正直こわいっす。
ドロンとベルモンドの方がずっと良いです(当たり前?)

とはいえ、映画は最初から最後まで劇画的で作り物感満載。
観客はスター二人のアンサンブルを無責任に楽しめるような内容になっています。

ロック・シフレディにアラン・ドロン。
フランソワ・カペラにジャン=ポール・ベルモンド。
間にはさまるローラにカトリーヌ・ルーヴェル。

製作アラン・ドロン、監督ジャック・ドレーと、このあたり『フリック・ストーリー』『友よ静かに死ね』と同じ。
撮影ジャン・ジャック・タルベス、音楽クロード・ボラン。

ボルサリーノ 2 ニューマスター版 [DVD]

『ボルサリーノ2』は正統な続編。
本作のラストから話を引き継いでいますが、キャスティングに関しては『男たちの挽歌』みたいに図々しくも楽しい展開は見せませんでした 🙄

 
 

BORSALINO ボルサリーノ ファーフェルト中折れハット[MARENGO] 490002 041.ネイビー 62cm イタリア製 ラビットファー ワイドブリム ロングブリム つば広ハット 兎毛 兔毛 中折れ帽 マレンゴ 大きいサイズ メンズ 男性 紳士 4BO 54430-98 秋冬 帽子 ところで、こういう映画のタイトルに使われてブランドイメージ的に問題なかったのかと心配になりますが、ボルサリーノ社は出資もしていたとのことです(→ IMDbのTrivia)。

 

 
 
 
 

ロケ地

IMDbでは、

Marseille, Bouches-du-Rhône, France
Paris, France

舞台はマルセイユ。
IMDbのリストにはパリも含まれていますが、確認できませんでした。

例によって、ウェブマップを頼りに画面とにらめっこでチェックしています。
間違えていたらごめんなさい。誤りのご指摘大歓迎です。

L’ANGE BLEU

お礼参りにきたところ。
場所不明。

スーツ姿で店に入るアラン・ドロンはそのままダーバンのCMになりそうです。

階段

お姉さんたちがずらりと待機している狭い階段道。
粘ればわかるかもしれません。
たぶんお姉さんたちは実際にはいないと思いますが……

アドリアンの店

不明。

トラム

0:20
2両編成のレトロなトラム。
すれ違うタイミングはばっちりで、全面的に協力を得ていたことがわかります。

場所は、日差しやカーブの具合などをもとに市内をウロウロして見つけました。
おそらくこちらの角。

By Clicsouris
via Wikimedia Commons
(CC BY-SA-3.0)

現在のマルセイユのトラムはムチャクチャ格好いいです。

0:22
不明。

花屋

0:35

大きな階段が見えるので、駅前でしょうか?

でも周囲の様子がどうもしっくりきません。保留ということで。

歩道橋

1:41

ノノが狙われた歩道橋は、こちら↓ (カメラ南向き)。

襲撃

1:42
調査中

ロケ地マップ

南フランスが舞台の映画(マルセイユにズームアップしています)

 
 
 

資料

更新履歴

  • 2017/01/26 新規アップ
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『ボルサリーノ』 Borsalino (1970)
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)