『ブラック・ミラー』 Black Mirror (2011-)

Black Mirror

作品メモ

ひとつ前のエントリー『Beautiful Dreamer』はSFではおなじみのアイデアを使った近未来SF短編映画でしたが、こちらも主に近未来を舞台にした一話完結型SFドラマシリーズ。
やはり書きかけのままでしたが、ここらでいったんアップ。気が向いたらボチボチ追記していくかもしれません。

元々はイギリスのチャンネル4で放送。
2011年12月に第1シーズン(3話)、2013年2月に第2シーズン(3話)、2013年12月16日にクリスマススペシャルが放送されましたが、その後はNetflixに引き継がれ、2016年にシーズン3(6話)、2017年にシーズン4(6話)がリリースされています。
執筆現在(2018年10月)、Netflixにて全シーズン視聴可能。シーズン5も予定されているとのこと。
なおWikipediaでは「ブラックミラー」ですが、Netflixでの表記は中黒有りの「ブラック・ミラー」です。

https://www.netflix.com/title/70264888

一話完結のSFドラマということで往年の『ミステリー・ゾーン(トワイライト・ゾーン)』や『ウルトラQ』を思い出す人もいるかもしれませんが、味わいはだいぶイギリス風味のシニカル寄り。
多くが陰気に終わりますが、中にはじわんと涙腺を刺激する感動系エピソードもありますので、きっとどれかは好みに合うものがあるはず??
特にNetflixが製作するようになってからは、予算が潤沢になり、中身もレベルアップしているように思えます。今後は少なくとも第1話のような内容は出てこないのではないかと(汗)勝手に憶測中。
世評は高く、たとえばS3E4「サン・ジュニペロ」やS4E1「宇宙船カリスター号」はエミー賞テレビ映画部門で作品賞を受賞しています。確かにどちらも「たいへんよくできました」のハンコをぺたりと押せる出来映えでした。

シーズン3のトレーラー↓

 
 
 

エピソードリスト&ロケ地

部分的に作品メモとロケ地をピックアップしました。
原題のリンク先はIMDb。

S1E1「国歌」 The National Anthem

このエピソードは全然SFではないかも(汗再)。

ロケ地

スザンナ妃が見つかったのは、ミレニアム・ブリッジ (Millennium Bridge)W

S1E2「1500万メリット」 Fifteen Million Merits

S1E3「人生の軌跡のすべて」 The Entire History of You

夫役はトビー・ケベルという人。
妻役は、『ブロードチャーチ』の被害者の母親役の女優さんですね(ジョディ・ウィテカー)。

S2E1「ずっと側にいて」 Be Right Back

ヘイリー・アトウェル、グリーソン・グリーソン。
これは「猿の手」だな~と思って見ていたら、結構こじらせたオチでした。

ロケ地

終盤近く、彼を連れて行った断崖は、ビーチー岬 (Beachy Head)Wの灯台の西側。

By Nilfanion
via Wikimedia commons
(CC BY-SA-4.0)

S2E2「シロクマ」 White Bear

S2E3「時のクマ、ウォルドー」 The Waldo Moment

ロケ地

IMDbでは、

High WycombeW, Buckinghamshire, England, UK

何度か登場する町の広場は、このあたり。

S2E4「ホワイト・クリスマス」 White Christmas

Netflixではシーズン2に入れられていますが、実際にはクリスマススペシャルとして放送。
SF的なアイデアとひねった構成がうまく機能していて、楽しめました。
キャストも、ジョン・ハム、レイフ・スポール、ウーナ・チャップリンとなかなかのもの。
モニター画面で参加していたボッチの面々も、IMDbのフルキャストにちゃんと俳優名が載っていますので、見てあげてください(笑)。

S3E1「ランク社会」 Nosedive

S3E2「拡張現実ゲーム」 Playtest

ワイヤット・ラッセル、ハナ・ジョン=カーメン。
ゲーム会社社長サイトウ役に、山村憲之介(Ken Yamamura)さん。

ロケ地

IMDbでは、

Englefield House, Theale, Reading, Berkshire, England, UK (Saito Gemu headquarters)
Buckinghamshire, England, UK

落書きだらけのトンネル
0:04頃
ロンドン市内ウォータールー駅そばのこちら↓

Leake Street(リーク・ストリート)W

サイトウ・ゲーム社
0:14頃

Englefield HouseW, Theale, Reading, Berkshire, England, UK (Saito Gemu headquarters)

S3E3「秘密」 Shut Up and Dance

ネットでよろしくない画像を見ているところをハッキングされ、それをネタに脅される若者の話。
S1E1のバリエーションとも言えますが、あそこまでぶっ飛んだ設定ではないため、逆にあり得そうで怖いエピソードでした。
彼が見ていたものもなかなかディープ。

ロケ地

IMDbでは、

Didcot, Oxfordshire, England, UK (Final scene power station)
Wittenham Clumps, Oxfordshire, England, UK (Final fight scene)
Beacon Private Trust, Ellerd House, Amenbury Lane, Harpenden, Hertfordshire, England, UK (National Allied Bank)
Church Car Park, Watford, Hertfordshire, UK (Car park rooftop scene)
St Giles Hotel, Feltham, Middlesex, England, UK (Wayhaven Hotel)
Howmic Court, Arlington Road, Twickenham, Middlesex, England, UK (Moped Man’s flat)

駐車場
0:13頃
Church Car Park, Watford, Hertfordshire, UK (Car park rooftop scene)

ホテル
St Giles Hotel, Feltham, Middlesex, England, UK (Wayhaven Hotel)

銀行
0:36

Beacon Private Trust, Ellerd House, Amenbury Lane, Harpenden, Hertfordshire, England, UK (National Allied Bank)

S3E4「サン・ジュニペロ」 San Junipero

お話も映像も美しく、記憶に残るエピソード。
これならどなたにでも安心してお薦めできます。

ロケ地

IMDbのリストでは、

Camps Bay, Cape Town, Western Cape, South Africa (Kelly gets into red convertible at the beach. [58: 00])
178 Lower Main Rd, Observatory, Cape Town, 7925, South Africa (Tucker’s, the club where Kelly and Yorkie first meet. Called Mimi’s in real life)
Waterkloof Wine Estate, Sir Lowry’s Pass Rd, Somerset West, Cape Town, South Africa (Retirement home)
West London Film Studios, London, England, UK (studio)
13 Prestwich Street, Cape Town, Western Cape, South Africa (rainy alley behind Tucker’s, called Lido Bar in real life)

ということで、あの美しい海辺は南アフリカ共和国でした。

TUCKER’S
OPのクラブは、ケープタウンのこちら↓

178 Lower Main Rd, Observatory, Cape Town, 7925, South Africa (Tucker’s, the club where Kelly and Yorkie first meet. Called Mimi’s in real life)

その手前のブロックに、マックスヘッドルームがずらり映されている家電店などお店が並んでいますが、SVで見るとまったく別世界。セットにお金をかけてますね。

行き交うクルマや停車中のクルマを見る限り右側走行の世界ですが、リアルでは左側のはず。

海に向かう道
0:14頃、ケリーのクルマを後ろから捉えたショット。
これも右側を走行していますね。南アフリカだとしたら、危険なショット。

クルマを停めた路地
その後クルマから降りてウェスと言い争った路地。

13 Prestwich Street, Cape Town, Western Cape, South Africa (rainy alley behind Tucker’s, called Lido Bar in real life)

介護施設
0:39頃、ケリーのいる介護施設。

Waterkloof Wine Estate, Sir Lowry’s Pass Rd, Somerset West, Cape Town, South Africa (Retirement home)

リアルではワイナリー。
内部も撮影に使われているように見えます。

http://www.waterkloofwines.co.za/

ケリーが迎えにきた浜辺
0:49頃
IMDbのリストにはありませんが、おそらくこちら↓

ヨーキーがクルマに乗ったところ
0:58頃、エンドクレジット前、ヨーキーが赤いオープンカーに乗り込んだ海岸。
IMDbのリストでは「ケリー」とありますが、「ヨーキー」の間違い。

Camps Bay, Cape Town, Western Cape, South Africa (Kelly gets into red convertible at the beach. [58: 00])

By HelenOnline
via Wikimedia commons
(CC BY-SA-4.0)

海沿いの道
エンドクレジット中、テルマ&ルイーズよろしくかっとばすショット。
やはり右側走行してますね……

OP同様、ベリンダ・カーライルの「ヘヴン・イズ・ア・プレイス・オン・アース」が懐かしくも流れますが、サビをちょっと聴いただけで30年前にタイムスリップしたかような気になるのは、さすがヒット曲の力。
タイトルも物語にぴったりマッチしています。

 
 
 

TCKRシステムズ社
場所不明。
気になるので調査中。

S3E5「虫けら掃討作戦」 Men Against Fire

アメリカのドラマで良く見るマイケル・ケリーが登場。ぴったりはまり役でした。

ロケ地

IMDbでは、

Silverstone Racetrack, Northamptonshire, England, UK

S3E6「殺意の追跡」 Hated in the Nation

シーズン3の掉尾を飾るのは、1時間半の本格的SFサスペンスミステリー。
お話の中心に据えられたSF的小道具がとても優れていて、これだけでかなり満足。たたみかけるサスペンスは、なかなかのものでしたし、後半で明らかになる真相も、今日的アイデアで良かったと思います。
また『ブラック・ミラー』でよく取り上げられるネット社会のえげつなさも描かれていましたが、このあたりは映画『ブラックサイト』を連想しました。
使われていたハッシュタグで試しにTwitterを検索してみたら、結構使われていたのでコワかった……
ただこのドラマのようにハッシュタグと人名の後にスペースを入れればハッシュタグとしては機能しないので、そこらへんはまあフィクションということでしょうか。
それより、あまりに簡単にEnter押下したり、USBメモリーをひょいと差し込むので、そっちの方がセキュリティ的に気になりました。

主役の刑事にケリー・マクドナルド。彼女と組んだIT担当はフェイ・マーセイ(Faye Marsay)という女優さん。
大臣役のベン・マイルズは、どこかで見たことあると思ったら、『ザ・クラウン』でマーガレット王女の恋人ピーター・タウゼントを演じていました。
そういえば大臣自身は結局命びろいしたのでしょうか??

ロケ地

IMDbでは、

Tejeda, Gran Canaria, Canary Islands, Spain (Final scene)
Hammersmith Apollo, Hammersmith, London, England, UK (Liverpool Apollo)
City of Westminster College, Church Street, Paddington, London, England, UK (St Columbus Hospital)
Virginia Water, Surrey, England, UK (Disused garage – police raid)

セント・コロンバス病院
0:16
City of Westminster College, Church Street, Paddington, London, England, UK (St Columbus Hospital)


0:47頃、ターゲットである女性を保護して隠れ家へ移動する際に、道端に建っている大きな人型のオブジェ。
気になるので、調査中。

ラスト

TejedaW, Gran Canaria, Canary Islands, Spain (Final scene)

カナリア諸島のグラン・カナリア島。
ラスト近く、2人は市場が開かれている広場を通り過ぎますが、こちら↓の教会前。

Parroquia De Ntra Sra Del Socorro

By H. Zell
via Wikimedia commons
(CC BY-SA-3.0)

最後に2人が歩いて行くのは、こちら↓の通り。カメラ西向き。

 
 
 

このへんは『羊たちの沈黙』でしょうか 🙂

S4E1「宇宙船カリスター号」 USS Callister

ブラックミラーTV Show

シーズン4、好調なスタート。
本家が怒るのではないかと気になりますが、この作り込みだけでもとにかく笑えます。
設定的には映画版『トワイライトゾーン』の第3話に近いかもしれませんが、個人的には『ビッグバン セオリー』の妄想モードの豪華版として、すっかり楽しんでしまいました。

ジェシー・プレモンス、ジミー・シンプソン。
ヒロインはクリスティン・ミリオティ(Cristin Milioti)という人。ごめんなさい、名前知りませんでした。

ロケ地

泳いだところが気になりますが、合成でしょうか……

S4E2「アークエンジェル」 Arkangel

ロケ地

IMDbでは、

Hamilton, Ontario, Canada (Elementary and High school locations)
Toronto, Ontario, Canada

S4E3「クロコダイル」 Crocodile

アンドレア・ライズボロー、アンドリュー・ガワー。
保険調査員はキラン・ソニア・サワー(Kiran Sonia Sawar)という女優さん。エキゾチックなルックスですが、スコットランド出身でパキスタン系とのこと。

ロケ地

IMDbでは、

Reykjavík, Iceland
Harpa Music Hall and Conference Centre – Austurbalkki 2, Reykjavík, Iceland
Graenavatn, Iceland
Kleifarvatn, Iceland
Reykjanesskagi, Iceland
Hellisheiði Power Plant, Hellisheiðarvirkjun, Iceland

と、アイスランドで撮影されています。

スピーチをしたフォーラム

Harpa Music Hall and Conference Centre – Austurbalkki 2, Reykjavík, Iceland

ここは、『Sense8』のS1E10で登場していました。

S4E4「HANG THE DJ」 Hang the DJ

ジョー・コール、ジョージナ・キャンベル。

ロケ地

IMDbでは、

Painshill Park, Cobham, Surrey, England, UK
Town Hall Hotel & Apartments – 8 Patriot Square, London, England, UK (Swimming Pool)  

リアルのようでちょっと不思議な世界が舞台となっていますが、主な撮影場所となったのはこちら↓の公園。

Painshill Park, Cobham, Surrey, England, UK

エミーがジョギングしていたのは、池の北側。

0:19頃、パーティが行われていたのは、こちら↓

By AndyScott
via Wikimedia commons
(CC BY-SA-4.0)

0:30頃会話した四阿風の建物はこちら↓

S4E5「メタルヘッド」 Metalhead

モノクロ映像で語られるハードな一本。
アクション場面の切れ味といい、説明を省略してあれこれバックグラウンドを考えさせる語り口といい、非常に密度が高く、個人的には結構好み。
オチも絶望的な状況がより伝わってきて、なかなか良かったのではないかと。
「イヌ」は、ボストンダイナミクスあたりの四つ足ロボットの動画を見たときのざわざわっとした感触に、Gと呼ばれる昆虫の嫌らしさを兼ね備えていて、ホント不気味の塊ですね。

ロケ地

IMDbでは、

Dartmoor, Devon, England, UK

さすがに、場所不明。

S4E6「ブラック・ミュージアム」 Black Museum

ロケ地

Malaga, Spain
Antequera, Málaga, Andalucía, Spain
Salón de Cristales, City Hall, Valencia, Comunidad Valenciana, Spain
Senate House Library, London, England, UK
Harrietsham, Kent, England, UK (location)

館主の仕事場所
館主の回想で登場するビル。
サン・ジュニペロとか言ってますね(笑)。
セリフではニューヨークですが、正面の建物はロンドン大学。周囲をVFXで埋め尽くしています。

Senate House LibraryW, London, England, UK

By Paul the Archivist
via Wikimedia commons
(CC BY-SA-2.0)

これまでのエントリーでは、『刑事フォイル』『1984』で登場。

資料

更新履歴

  • 2018/11/05 新規アップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)