『想い出のマルセイユ』 Trois places pour le 26 (1988)

映画パンフレット★『想い出のマルセイユ』/ジャック・ドゥミ監督、ミシェル・ルグラン音楽、イヴ・モンタン、マチルダ・メイ

作品メモ

ジャック・ドゥミ監督作を続けてきましたが(→ タグ「ジャック・ドゥミ」)、まとめて見返してみるとなかなか良いものですね。
来月クライテリオンからこういったボックスセットが出るようですが、『都会のひと部屋』(82)も入っていますしきっと画質的には文句なしと思いますので、どうしようかと思案中。

当サイトの記事としては、『都会のひと部屋』(82)と『パーキング』(85)が手元にないので、最後にこちらを見てみることにします。
往年の名コンビ、ミシェル・ルグランと再びタッグを組んだ久々の本格ミュージカル。
主演はなんとイヴ・モンタンですが、監督は90年、イヴ・モンタンは91年に亡くなっていますので、それぞれのキャリアの晩年の作品となります。特に監督はこれが遺作でしょうか?

 
 
 

冒頭街頭でいきなり歌って踊ってが始まりますが、音楽が軽いピコピコサウンドになっている他はほぼ『ロシュフォールの恋人たち』のノリ。

60年代の輝ける作品群と同じことをしているようでかえって周回遅れぶりが目立ってしまう……とか、ストーリーも物足りずしかも最後の「いいのこれで?」的展開は何???……とか、おそらく世評はかんばしくないかと思われますが、監督はもうそんなこと百も承知で作っていたのかもしれませんね。

ミュージカル公演のためマルセイユにやってきたイヴ・モンタン役に本人。マルセイユは子供時代を過ごした想い出の地。半生が描かれる劇中ステージは、彼とご縁があった有名女優や歌手の実名がぽんぽん飛び出すリアルな内容となっているようです。
彼とかつてワケありだったミレーヌにフランソワーズ・ファビアン。当サイトでは『男と女の詩』『昼顔』をチェック済み。
その娘でイヴ・モンタンの大ファン、マリオンにマチルダ・メイ。『スペースバンパイア』の3年後。

他に冒頭イブ・モンタンとそろって颯爽と登場した共演女優ベティ・ミラーに、『ベルサイユのばら』でオスカルを演じたカトリオーナ・マッコール。
プロデューサ、マックスに『天使の入江』で主人公をカジノに誘った友人キャロン役のポール・ゲール。
といった具合にかつての監督作で縁があった人がちらほら見られます。
さらに監督の息子マチュー・ドゥミも出ているはずですが、どの役だったでしょう??

監督脚本ジャック・ドゥミ、撮影ジャン・パンゼル、音楽ミシェル・ルグラン。

原題は直訳すれば「26日のための3席」でしょうか。
「26日」は劇中のミュージカルが上演される日付です。

今から見るとなると、日本ではDVDが出ていないようなので案外難しいかもしれません。
本国ではDVDやBlu-rayが出ているようですので、再生装置の問題がない方はそちらをどうぞ。
以下は日本語字幕付きVHSにてのチェックとなります。

ロケ地

IMDbではこれだけ。タイトル通りマルセイユが舞台です。

Marseille, Bouches-du-Rhône, France

マルセイユ・サン・シャルル駅 (Gare de Marseille-Saint-Charles)W

※14/8/9追記
milouさんから駅構内とTGVの画像を提供していただきました。
(いつもありがとうございます♪)
撮影はみな2002年10月とのことです。

©2002 milou アルバム「フランス南部」から

この四角い時計はTGVが到着した時画面右側に写っていましたね。

©2002 milou アルバム「フランス南部」から

『禁断の木の実』の時は蒸気機関車でした。

©2002 milou アルバム「フランス南部」から

同じ列車を駅舎側に向かって。

©2002 milou アルバム「フランス南部」から

階段

駅のすぐ外。
フランス語版Wikipediaには単独で項目があります。

By FaceMePLS via Flickr
(CC BY 2.0)

Escalier monumental de la gare de Marseille-Saint-CharlesW

このミュージカルシーンはイヴ・モンタンの足下がこわくて、ハラハラしてしまいました。

ホテル

通りの向こうに見えるのはマルセイユ・オペラ座。
なのでこちらのホテルとなります。映画でも玄関を通る際にはっきりホテル名が写りますね。

Hotel Beauvau

オペラ座

Opéra municipal de MarseilleW

By Mrlopez2681 via Wikimedia Commons
(public domain)

※2014/08/11追記

©2002 milou アルバム「フランス南部」から

こちらもmilouさんから画像を提供していただきました。
(撮影は2002年10月)

書店

0:15。
調査中。

バー

0:15、1:00。
ミレーヌと再会した「オペラ座裏のバー」、«Le Paradis»(楽園)。
調査中。

1:11。
マチルダと舞台監督が話すところ。
場所は港の北側のこのあたりですね。

©milou アルバム「フランス南部」から

こちらは以前『詩城の旅びと』で使わせていただいたmilouさんご提供の画像です(いつもありがとうございます♪)。

ドック

1:14。
マリウスに会いに来たところ。
おそらくこちらかと。

ロケ地マップ


より大きな地図で ジャック・ドゥミ監督作品 を表示

 

南フランスが舞台の映画(※16/4/2追加)

 
 
 

資料

関連記事

ジャック・ドゥミ監督作

更新履歴

  • 2016/04/02 「ロケ地マップ」に「南フランスが舞台の映画」追加
  • 2014/08/11 「オペラ座」にmilouさんの画像を追加
  • 2014/08/09 「駅」にmilouさんの画像を追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)