『双頭の殺人鬼』 The Manster (1959)

双頭の殺人鬼 THE MANSTER [DVD]

箱根の両面宿儺

作品メモ

『東京暗黒街・竹の家』『東京ジョー』『東京ファイル212』と見てきて、もう一本“Stopover Tokyo”をチェックするつもりでしたが、ちょっと寄り道。

『東京ファイル212』で少し触れた『双頭の殺人鬼』です。
製作者ジョージ・P・ブレイクストン(George Breakston)が手がけた作品中、現在日本でソフトになっているのはこれ一本という代表作(?)。 こちらは、製作・原案の他、監督にまで名前を連ねています。

IMDbで同氏のフィルモグラフィを見ると、『東京ファイル212』(’51)の後に、製作・監督作として、

  • 1952 Geisha Girl (as George Breakston) … 『ゲイシャガール』
  • 1951 Oriental Evil … 『運命』

といった怪しげでそそられるタイトルが並んでいます。
『東京ファイル212』含めてすべて中村哲さんが出演。
この『双頭の殺人鬼』では、中村哲さんはほぼ主演に近い活躍。山あいに研究所をかまえ、身近な者を次々モンスターに改造してしまうマッドサイエンティストを演じています。

犠牲になる主人公は来日した記者……とまたこのパターン。
研究所を取材に訪れた際、博士に一服盛られて寝てしまいます。その間に首筋に注射を打たれて、やがてそこからもうひとつ首が生えてくるというホラーな展開です。
これ以上の作品内容についてはそれ系のサイトであれこれ紹介されていると思いますので、 省略。

監督としてクレジットされているもうひとりはケネス・G・クレイン(Kenneth G. Crane)。
後にやはり日本が舞台のマッドサイエンティストもの、『エド・ウッドのX博士の復讐』(1970・ビデオスルー)を撮っていたりして、この手の映画の血脈は断たれることはないのでありました。

撮影デヴィッド・メイソン、音楽小川寛興。

ロケ地

IMDbでは、

Japan

だけなので役に立ちません。
研究所はスタジオ撮影でしょうけど、東京などでロケも行っているようです。
ただ、夜の場面ばかりでこれといったロケ地はなかなか特定できません。

ホテル

0:18頃、左から右へパンしたカメラが捉える立派なホテル。
箱根の宮ノ下温泉、富士屋ホテルですね。

富士屋ホテル
http://www.fujiyahotel.jp/

富士屋ホテル めずらしく自前の画像。
何度か行っているはずですが、これは撮影日付を見ると2005年となっています。
泊まるとそれなりのお値段ですが、お茶やランチだけでも十分雰囲気を味わます。

©2005 inagara

映画に登場する内部の施設もこちらなのかは不明。
ホテルの沿革はこちら↓ですが、『双頭の殺人鬼』の撮影に使われたとは書かれていません(汗)。

http://www.fujiyahotel.co.jp/ja/history/index.html

関連記事

昔の日本が舞台の外国映画

資料


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)