『夜の門 ~枯葉~』 Les portes de la nuit (1946)

夜の門【字幕版】 [VHS]

戦争も終る 明日は美しい

作品メモ

ひとつ前のエントリー『パリジェンヌ』でフランソワーズ・アルヌール出演作に戻ってきたつもりでしたが、ダニー・ロバンを見たのと、少し前のエントリー『ヘッドライト』でジョセフ・コズマの音楽が良かったので、またしても寄り道。

マルセル・カルネ監督の『天井桟敷の人々』に続く作品。
解放から半年後の冬のパリを舞台に、運命の糸に操られるかのごとく出会った男女のメロを描きます。
内容よりも何よりもテーマ曲「枯葉」が知られていて、「音楽だけ有名な映画」の横綱クラスでしょうか。 → タグ「音楽だけ有名」
曲は有名なのに、映画の方は日本では未公開(IMDbによると、フランスでの公開は1946年12月3日)。
ソフト化はされていますが、現在プレミアム価格状態となっています。

タイトルは手持ちのVHSでは原題直訳の「夜の門」となっていますが、AmazonなどでDVDの案内を見ると「夜の門 ~枯葉~」。今回は大は小を兼ねるで後者をエントリーのタイトルとしています。

キャスト&スタッフ

出演は……

主役ジャン・ディエゴにイヴ・モンタン。『光なき星』に続いて映画2作目。クレジットでは3番目ですが、どう見ても主役です。
元々マレーネ・ディートリッヒとジャン・ギャバンがキャスティングされていたのに、最後になってディートリッヒが降りてしまい、ジャン・ギャバンもそれに続いてしまったため、急遽イヴ・モンタンが登板したとのこと。  → IMDb Trivia

レジスタンスの盟友レイモン・レキュイエにレイモン・ビュセール(Raymond Bussières)。
英雄とされているもののレジスタンス仲間からは評判が悪いギイにセルジュ・レジアニ。『冒険者たち』あたりでどうしても小悪党的イメージがありますが、この映画でもそんな役。
その父親でアパルトマンの家主セネシャルにサテュルナン・ファーブル(Saturnin Fabre)。
同じアパルトマンに住む大家族の親父ムッシュー・キンキーナにジュリアン・カレット。
駅でクロワッサンを売っているその娘エチエネットにダニー・ロバン。『アンリエットの巴里祭』よりさらに若くて、まだ十代。
高級車に乗る紳士ジョルジュにピエール・ブラッスール。
不仲が続いているその妻マルーにナタリー・ナティエ(Nathalie Nattier)。ディエゴとはどうやら不思議な縁で結ばれているようで、2人のメロがこの映画の軸となっています。
自ら「運命」と名乗る謎の浮浪者にジャン・ヴィラール(Jean Vilar)。

この他IMDbの出演者リストを見ると、Un des gosses Quinquina(キンキーナ家の子供のひとり)で ジャック・ペランが出ているようです。単純計算で当時5歳。
「大家族賞」をとった15人家族という設定なので子供がわらわら出てきますが、どの子だかわかった方教えてください 😉

監督マルセル・カルネ、脚本ジャック・プレヴェール、音楽ジョセフ・コズマは『天井桟敷の人々』に続いて。
撮影フィリップ・アゴスティーニ。

枯葉 Les Feuilles mortes

ジョセフ・コズマ(コスマ)作曲、ジャック・プレヴェール作詞によるこの歌についてはたとえばWikipediaをどうぞ。  → 枯葉 (歌曲)W

歌がヒットしたから作られたいわゆる歌謡映画ではなく、あくまで映画が先のようです。
上の方でテーマ曲とか書いちゃいましたが、実際には今でいう「ラブテーマ」みたいな位置でしょうか。「挿入歌」と言い切れるほどちゃんと歌われるわけではなく、おなじみのあのメロディーがアレンジされて随所で流れます。
たとえばこういった場面。
一緒に口ずさむのが、若き日のイヴ・モンタン。当時24,5歳でしょうか。

 
 
 

こちらはいつの映像でしょう。
やたら導入部分が長い歌ですね。例のメロディは1分25秒あたりから。

 
 

単純な反復進行のメロディーなのに、ぐっとハートをわしづかみにされます。
フランス語はわからなくても、何だか人生そのものをしっとり語られたような気がしてしまうと言う不思議な歌の力。
貧しい子供時代から身を起こし、芸能界のトップに上り詰め、スタンダールの墓碑銘のごとく「生きて、歌って、愛した」男が超満員の観衆を前に歌うとき、その胸に去来するものはいかなるものか、そんなことまで思いを馳せてしまうのでした。

少し詳しい物語

未公開かつソフトも入手しづらい状況ということで、物語をもう少し詳しくご紹介。

長いので折りたたんでいます。クリックで開閉します。

1945年2月、解放から半年後の冬のパリ。
大戦はまだ続いていますが、その終わりを人々はそろそろ感じはじめています。

夕方の列車で揺られているジャン・ディエゴ。
ふと浮浪者風の男が自分を見つめていることに気づきます。
男はまるでディエゴのこれからの行動を知っているかのように「次の駅で降りるのか」と念を押してくるのでした。

2人が降りた高架駅の下では、オヤジが乗降客相手に懸命のグッズ販売。
その娘でクロワッサンを売っていたエチエネットは、普段から気になっていた男の子とはじめて言葉を交わします。謎の男が絶妙のサポートをして2人はより親密に。この男いったい何者でしょう?……

ディエゴが向ったのは、レジスタンスの仲間レイモンのアパルトマン。
レイモンが死んだことを伝えに来たのですが、当の本人と出くわしてびっくり。銃殺寸前に再尋問のため本部に送られ、九死に一生を得ていたのでした。
レイモンは国鉄の操車係長とのことで、きっと「鉄路の闘い」を繰り広げていたのでしょうね。
互いの無事を喜ぶ2人。密告者がいたことは明らかですが、それが誰なのかはまだわかりません。

狭いアパルトマンにはいろいろな家族がひしめきあって暮らしています。
駅にいた物売りの親父も住人のひとりで、15人家族のパパ。そりゃ一生懸命働かなくちゃ。
口髭の家主セネシャルはいつも威張っていて店子には評判が良くありません。占領下ではドイツ軍相手に商売をしていたという噂もあるようですが、息子が英雄と言うことで見逃されたようです。

レイモンの家族とディエゴはレストランで食事を楽しみます。
そこへ入ってきたのが、自称英雄、レジスタンス仲間からは評判の悪いギイ。羽振りはよさそうですが、素性は悪そう。セネシャルと呼ばれたところを見ると、どうやら「英雄」だというアパルトマンの家主の息子が彼のようです。
さらに例の謎の男も入ってきて、店に居た女に不吉な運命を告知。さらにディエゴをちらりと見遣ると、何かを示唆するかのようにハーモニカを吹き始めます(上掲動画の場面)。このメロディ、ディエゴには聞き覚えがあるのですが、正確には思い出せないのでした。

その時ひとりの紳士が店に入ってくると一杯ひっかけていきます。
ディエゴが店の外に目をやると、高級車が止まっていて車内には美女。どきりとします。
それを面白そうに見ていた謎の男は、不思議な言葉を残して去って行きます。

俺は運命だ
俺はそれ以上鍵は与えないよ
俺は運命 来て去る

高級車で走り去った男女。 女は紳士の妻マルーで元歌手。夫ジョルジュは戦争でひと儲けしたことを得意げに話しますが、マルーはそんな夫に愛想をつかし、別れるつもりでいるようです。
言い争いをして車を降りたマルーは、夜の街を彷徨います。そこは実は彼女が生まれ育った街。 またしても現れたあの謎の男に導かれるようにとある場所を訪れますが、出てきたのはなんとあのアパルトマンの家主セネシャル。彼は父親だったのです。
両親が別れた際に、母親についていったのが娘のマルー、父親と一緒だったのが息子のギイ。
つまりマルーとギイは姉弟なのでした。
マルーは帰りがけに昔よく時間を過ごしていた物置に立ち寄ります。そこにいたのが、レイモンの子供に連れられて飼っている猫を見に来たディエゴ。
ディエゴは彼女を見て思わずハッとします。

夢を見てる男をどう思います?
僕はきっと夢を見てるんだ

どうしてここに?

猫は子猫を 子供は猫を 僕は子供の番をする

空気が読める賢い子供は戻っていき、ディエゴとマルーはふたりきり。
そこへまたしてもあの謎の男が奏でるハーモニカが、どこからともなく聞えてきます。
どうやら2人はこの曲や訪れた場所に共通の記憶があるようです。
記憶を確かめるかのように、2人は狭い物置の中で踊り始めるのでした……

その頃ギイが父親の所に久々にやってきます。実は英雄どころか密告者であったことが暴かれようとしていて、逃げようとしているのでした。
それを聞いてしまったディエゴとマルー。
さらにはレイモンまでやってきてギイは追い詰められますが、父親が懸命に命乞いをし、さらにマルーの手前もあってここでは見逃してもらえることに。

お前はもうおしまいだ
今度はお前が仲間に裏切られるだろう

夜の運河沿いを彷徨うギイ。
野次馬が集まっていますが、レストランにいた女が謎の男に告知された通り、水死していたのでした。
ギイはそこであの男と出会いますが、「溺死はしないよ」と宣告されます。
そこへマルーを探して車でやってきたジョルジュと知り合います。
彼女のもとに案内しようというギイ。
何か邪悪な考えが頭をもたげたのか、一緒にいる男は危険だからと、銃をジョルジュに渡します。

一方とある店でラブラブ状態のディエゴとマルー。
そこへまたしても例の男が登場、こんなところで何をしていると怒ります。

ひと晩は悪くなかった
幸せな一夜さえなかった者が大勢いる
あんたは夢を見すぎた

ここから先ラストまで書きますのでネタばれ注意。クリックで開閉します。

店を出た2人は、突如車のヘッドライトに浮かび上がります。
ジョルジュの車でした。車から降りたジョルジュは、男と一緒のマルーに逆上。

子供の頃いた所だって?
まだ子供なんだな

とうとうマルーに向って発砲してしまいます。
それを見て逃げるギイ。撃った自分にパニクるジョルジュ。
崩れ落ちるマルーを車に乗せ、ディエゴは病院へ向います。
意識を失いかけたマルーに、必死に呼びかけるディエゴ。

戦争も終る 明日は美しい
幸せになるんだ 聞えるか

しかし結局、彼女は帰らぬ人となってしまいます。
同じ頃ギイも操車場をさまよい、機関車に轢かれて自らの人生に幕を下ろしていました。
その機関車にレイモンが乗っていたのもまた運命だったのでしょうか。

夜明けの駅に、呆然とやってくるディエゴの姿がありました。
物売りのオヤジが声をかけますが、何も聞えていないようです。

恋はいいもんだ 恋は全てを解決する

……といったお話。
長らくのご清聴ありがとうございました。

ロケ地

IMDbには記載がありません。
映画の設定は45年2月。公開は46年12月。
スタジオ撮影以外にも、冒頭の俯瞰撮影等実際の戦後まもないパリの様子が登場します。 記録映像としても貴重かもしれませんね。
これが東京なら、焼け跡しか写らなかったことでしょう……

いつものように画面とにらめっこでチェックしていきました。
何も資料がないので、答え合わせのやりようもありません。間違いのご指摘大歓迎です。

OP

遠くにモンマルトルの丘を捉えるアングルから、ゆっくり右へパン、最後に鉄道の高架線を捉えるまで、180度以上まわしています。
あとから振り返ると、運河や鉄道、ガスタンク(後述)など、映画の主な舞台がこの中に収められていることがわかりますね。
参考までに、最後に掲載した「ロケ地マップ」でカメラの向きを矢印で示してみました。

途中運河の手前に写る円筒形の建物は、

Rotonde de la VilletteW

By Pol via Wikimedia Commons
(public domain)

カメラ位置は、西側にあるビルの屋上。

右の画像はちょうど映画とは逆向きのアングル。
左後方に見えるビルの上にカメラがあったものと思われます。

Photo from Wikimedia Commons
(public domain)

最後に写る高架線(パリメトロ2号線)を右側から見たところ。
消印が1911年の絵はがきとのことですが、高架線の向こう側にある建物は映画でも同じように建っているように見えます。
パリは燃えなかった。

ガスタンク

(※14/7/25 他項目から移動して項目を独立させました)

パンの途中に見えるガスタンクはすでにありませんが、google Earthの時間スライダーで1949年6月までさかのぼることができ、マップ上の場所を知ることができます。

48.89608,2.36822

こちら↑の座標値をコピーし、Google EarthのSearch窓に貼り付け、時間スライダーで1949/6までさかのぼってみてください。
大きなタンクと、直径は小さいですが背の高いタンク、さらに同じような大きさのタンクがずらりとならんでいる様子を確認できると思います。
(説明のためキャプチャー画像を添えておきます。お許しを)

このガスタンク群は、冒頭のパンの他、アパルトマンの背景、ラスト近くの重要な場面(2箇所)、ラストのパンで登場します。

駅の下

最後にも登場する高架駅。

Barbès – Rochechouart(バルベス・ロシュシュアール)駅W

この駅はOPの高架部分からメトロ2号線をシャペル通り(Boulevard de la Chapelle)に沿って西へ行き、少し前のエントリー『過去をもつ愛情』で主人公が弁護士と話しをした橋(パリ北駅の北側)を経た先の駅。

©1977 milou アルバム「パリ」から

※2014/07/20追記
milouさんから以前『シャレード』用に提供していただいたメトロの画像が、こちらの駅のものでした(撮影は1977年)。
確かに駅名が写っていますね。
ホームは映画では登場していませんが、貴重な参考画像としてこちらで掲載させていただきました。

※2014/07/22追記
駅の場面、手持ちのものよりもう少し良い画質の映像でチェックしてみましたが、どうもセットっぽい気がしてきました。
設定としてはバルベス・ロシュシュアール駅なのだと思いますが、これ以上は資料にあたる必要がありそうです。

※2014/07/25追記
コメント欄でmilouさんから情報寄せていただきました。
これはやはりスタジオセットのようです。

アパルトマン

0:08。
レイモン一家や子だくさん一家が住んでいる5階建てのアパルトマン。
遠くにガスタンクの凸凹コンビが見えますが、おそらく冒頭のパンの途中で写るものと同じ。
後半重要な場面にも出てきます。
凸凹タンクの位置関係からアパルトマンの場所はおそらく操車場西側のこのあたりと思われます。

現在はまったく面影がなくなっていて、これ以上は確認できません。

運河の橋

0:24。
娘が気がかりな父親に、例の謎の男が声をかけてくるところ。
この歩行者用の橋はおそらくこちら。

By Deb Collins via Flickr
(CC BY 2.0)

娘が「今夜は幸せだ」ったのは、橋の南側のこの場所。

運河

1:20。
レストランに居た女が謎の男の告知通り水死していたところ。

煉瓦塀に«BASSIN ELARGI. CANAL DE L’OURCQ»と書かれた掲示板のようなものが写りますが、この標示が現存しているかは不明。
その後ジョルジュの車がやってくるのはこういったアングル。

なのでおそらくこの運河が交差しているあたりで撮影されたものと思われます。

ディエゴとマルーがいた店

1:24。
カフェだか酒場だか休憩所か、とにかく線路際のお店で、父親と弟の正体を知って嘆くマルーをディエゴがなぐさめているところ。
鉄道員でしょうか、お客が入ってくるショットで高架線が見え、手前にも線路があるようです。

場所は調査中。

ディエゴとマルーがいた街角

ジョルジュたちに見つかったところ。
左手の道は両側に高い塀が長く伸び、片側は昔のガスタンクのようなものが並んでいます。
これは上述のガスタンク群。
通りはRue de l’EvangileWで、その北側のエリアとなります。

マップではこういった感じ。

現在はガスタンクの場所は何かの工場となっていて、そちら側の塀はなくなっていますが、反対側の塀はそのまま残っていて、デザインは映画と同じ。

Photo from Wikimedia Commons
(public domain)

車がやってきたとき、マルーとディエゴが立っていた角に何かの像が見えますが、それも現存。
フランス版Wikipediaに項目があり、この映画で登場していることも記されています。

Croix de l’ÉvangileW

画像は1924年撮影とされていますが、背景に映画で写っていたようなガスタンクが見えます。

マルーを後部座席に寝かせたショットでは、この鉄橋が見えます。

まさか70年前の映画のこの場所がわかるとは思わなかったので、かなり嬉しいです。

このあと車が猛然と走り抜けるのは、こちらの交差点。

操車場

ギイが呆然と歩く背景右側に、例のガスタンクが見えます。
おそらくこのあたり。

FIN

OP同様、モンマルトルの丘を遠くに望むアングルからはじまる右方向のパン。
今度のカメラ位置は、OPのカメラ位置からメトロ2号線の高架とシャペル通り(Boulevard de la Chapelle)に沿って西へ数ブロック行ったところ、パリ北駅の北側をまたぐ橋のあたり。

こちらも参考までに、最後に掲載した「ロケ地マップ」でカメラの向きを矢印で示してみました。
カメラ位置を橋の中央南側、現在線路があるあたりにしていますが、当時はその位置は線路ではなく建物が建っていたのが、Google Earthの時間スライダーでも確認できます。

ロケ地マップ

最近チェックした4,50年代のフランス映画を何本かまとめてマップにしてみました。
リンク先でKMLファイルをダウンロードしてGoogle Earthで開きパリにズームアップ、時間スライダーを1949年にして、建物の3Dは切ると、それっぽい雰囲気を味わえると思います。


より大きな地図で パリが舞台の40-50年代フランス映画 を表示

資料

関連記事

音楽だけ有名な映画

更新履歴

  • 2014/07/25 「駅の下」追記。「アパルトマン」からガスタンク部分の内容を移動して新たに「ガスタンク」作成。
  • 2014/07/22 「駅の下」追記
  • 2014/07/20 「駅の下」でmilouさんの画像を追加

『夜の門 ~枯葉~』 Les portes de la nuit (1946)” への2件のコメント

  1. ご名答!?
    バルベス・ロシュシュアール駅
    > どうもセットっぽい気がしてきました。
    検索すると、やはりセットでした。
    「映画で歩くパリ」は (多分ロケ地だけで一冊の本を仕上げる力量がなくて?)全118ページ中、最後に“ポスターで見るフランス映画”で15ページ、“アレクサンドル・トローネルが描いたパリ”で10ページ、その他の資料で11ページなどなど半分近くがロケ地以外の文章だがトローネルの描いた『北ホテル』『夜の門』『昼下りの情事』『サブウェイ』などのデッサンが載っている。
    ちなみにトリュフォーの『家庭』の例のジャック・タチ(のソックリさん)が登場するのも同じ駅で、これは確認しました。

  2. milouさん、わざわざ調べていただいてありがとうございます。
    やはりセットでしたか。
    昼間のシーンが多ければもう少しわかりやすかったかもしれませんね。セットにしては良く出来ていて、地下にもぐる階段まで作ってあるように見えます。
    こうなるとあちこちセットのような気もしてきましたが(笑)、ロケとうまく組み合わせているのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)