『ミッシング』 Missing (2012)

ミッシング コンパクト BOX [DVD]

作品メモ

ひとつ前のエントリー『ゼロアワー 禁断の刻限』が、妻を誘拐された夫が必死に行方を追う話なら、こちらは元CIA凄腕工作員の女性が、やはり誘拐された息子を取り戻すべくヨーロッパ中を駆け巡るアクションドラマです。
一目瞭然、『96時間』の父親を母親に、娘を息子に入れ替えたような設定で、しかも随所に『ボーン』シリーズを彷彿とさせる描写もあったりします。
いろんな既視感が有り、ストーリーももうひとひねり欲しいところですが、アクションシーンはドラマとしてはかなり本格的で、(合成も多いですが)ヨーロッパの美しい街も次々登場して目の保養となり、ついつい見続けてしまうのでした。

息子を守るために全力投球の元CIA工作員ママ、ベッカ・ウィンストンにアシュレイ・ジャッド。
普通に映画スターがテレビドラマに出演する時代になりましたね。
厳しい状況の中で孤高の戦いを繰り広げ子供を取り戻そうとするその姿は『ダブル・ジョパディー』あたりにも重なりましょうか。
あれから10年以上経っているので、肉体的にややユルユル感が出ていますが、むしろその方が大きな息子がいる母親としてはリアリティ十分で無問題。
この役でエミー賞ミニシリーズ部門の主演女優賞にノミネート。
パイロット版他ではco-executive producerも担当しています。

出演は他にクリフ・カーティス、ショーン・ビーン。
ちょっと意外なキャストでは、CIA上司ジェイミー・オルテガ役でジーナ・マッキーが登場しています。

残念ながら視聴率が振わず全10話で終了していますが、それほどひどい出来とは思えず、「力作」という言い方があっているかもしれません。
以前Dlifeで放送していましたが、現在(2014年11月)スーパー!ドラマTVで放送中。

 

ロケ地

IMDbでは、

Barrandov Studios, Prague, Czech Republic

とプラハのスタジオだけ記載。

ホテル前

初回パイロット版でクルマが大爆発を起こしたところ。
ホテルとして登場した建物が気になるので調査中。

CIAパリ支局

クリフ・カーティス演じる捜査官ダックス・ミラーと彼のチームがいるところ。
設定ではCIAパリ支局ですが、実際には旧陸軍士官学校。

École MilitaireW

フランス諜報機関

エピソード2で登場した、吹き抜け総ガラス張りのおサレなビル。
プラハの建物をあちこち見ていて判明しました。
ヴルタヴァ川(モルダウ川)沿いにあるこちら。

Danube HouseW
http://danubehouse.com/en/index.php

というわけで、やはりプラハはスタジオだけでなくロケにも使用されていました。
「ヨーロッパを股にかけて」というお話であれば、プラハは恰好のロケ地ですね。

このアングルだと、すごいとんがり物件。

マイケルが軟禁されていた館

※14/12/28項目追加

設定上の場所はエピソード6あたりで明らかになりました。
実際の撮影場所は調査中。

城塞

※14/12/28項目追加

エピソード4で登場。
海を見下ろす城塞は、設定通りクロアチアのドゥブロブニク(Dubrovnik)。
とある人物を追いかけていったのはこのあたりの南側の城壁。

プラハの銀行

※14/12/27項目追加

エピソード5で登場。
「ヴィシェフラード銀行(BANKA VYSEHRAD)」という設定。
実際には下記広場のすぐ近くにある新市庁舎。

Nová radnice (Praha)W

プラハの広場と時計台

※14/12/27項目追加

エピソード5で登場。
とある人物の符丁が残されていたところ。

2つの塔の教会が面した広場は、『曉の7人』でも登場したこちら。

旧市街広場W

時計台は広場の南西の隅。

プラハの天文時計W

ロケ地マップ

※16/1/31項目追加

チェコ(スロヴァキア)で撮影された映画のロケ地

 

資料

関連記事

海外ドラマ本部はここ

更新履歴

  • 2016/01/31 「ロケ地マップ」項目追加
  • 2014/12/28 「マイケルが軟禁されていた館」「城塞」「プラハの銀行」「プラハの広場と時計台」項目追加
  • 2014/12/01 新規アップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました