『コールドケース』 Cold Case (2003)

作品メモ

夏休み企画、海外ドラマ10連打、その2。

こちらもCSIシリーズのジェリー・ブラッカイマー製作。
コールドケース=迷宮入りしてしまった事件を解明するフィラデルフィア警察殺人課の刑事たちを描きます。
事件当時がきめ細やかに再現されるのが特徴的で、音楽も当時の名曲がたっぷり流されて雰囲気を盛り上げます。
ストーリーもしっかり作られてますし、レギュラーメンバーの描写も楽しめ、全体に非常に良くできたドラマだと思います。

おそらく使用曲の権利の関係で日米ともにDVD化されていません。
なのでエアチェックはとても大事。
WOWOWでは最後に曲紹介もあり、役立っています。

余談ですが、この春日本の某テレビ局でそっくりのドラマが登場したと知りうっかりちょっと見てしまいました。
結果、あまりに稚拙なセットにそれだけであ然&脱力。
タイトルも似てますし 1)「絶対零度」ですと……、もしかして正規のリメイクなのでしょうか。

 

 
 
 

ロケ地

IMDbでは、

Dorris Place Elementary School – 2225 Dorris Place, Los Angeles, California, USA
Philadelphia, Pennsylvania, USA (exterior shots)
Stage 22, Warner Brothers Burbank Studios – 4000 Warner Boulevard, Burbank, California, USA

設定ではフィラデルフィア。
外観ショットはフィラデルフィアですが、人物の撮影は西海岸のようですね。

警察署

PHILADELPHIA POLICE DEPARTMENT
CENTRAL DIVISION

いろいろな角度から映りますが、ホンモノのフィラデルフィア警察署ではありません。
撮影場所は調査中。

ひとつわかったのは、歩道橋がかかっている玄関前。
この部分は次のエントリ-、 『ナンバーズ ~天才数学者の事件ファイル』 Numb3rs (2005)に登場するFBIの建物ではないでしょうか。
場所はロサンゼルスのこちら。

Los Angeles Center Studios – 450 S. Bixel Street, Downtown, Los Angeles, California, USA
Unocal Building – 1201 W. 5th Street, Downtown, Los Angeles, California, USA

この建物については、次の 『ナンバーズ ~天才数学者の事件ファイル』 Numb3rs (2005)をどうぞ。

※13/9/5追記
この空撮がわかりやすいですね。


大きな地図で見る

『CHUCK/チャック』でも国家情報長官室として登場していました。

資料

関連記事

海外ドラマ、本部はここ

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『コールドケース』 Cold Case (2003)
[`yahoo` not found]
LINEで送る

References   [ + ]

1. 「絶対零度」ですと……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)