『ベター・コール・ソウル』 Better Call Saul (2015– )

ベター・コール・ソウル シーズン1 COMPLETE BOX(初回限定版) [Blu-ray]

作品メモ

Netflixで視聴中の作品を続けていますが、こちらもその一本。
以前エントリーを書いた『ブレイキング・バッド』のスピンオフドラマ。
本家で大活躍だった弁護士ソウル・グッドマンが主人公です。

スピンオフの方は本家より6年前という設定。ソウルではなく本名のジミー・マッックギルを名乗っています。
まだまだ駆け出しで、公選弁護人としてのわずかな報酬が頼り。エステ店の奥の小部屋にかろうじて事務所を構えている状態です。
そんな彼が、危険な連中と渡り合いながら様々な案件を処理していく姿が描かれます。

タイトルの「ベター・コール・ソウル」は本家での事務所のCMといいますかキャッチコピーで、本家の主人公もそれを見て連絡しました。

アメリカではAMCで放送され、来年(2016年)シーズン2が放送予定。
日本ではNetflixオリジナルとして配信中。
12月2日には日本盤DVD・Blu-rayが発売予定。

主演ジミーにボブ・オデンカーク。
本家でおなじみのキャラも登場しますが、それは見てのお楽しみ。

ロケ地

IMDbでは、

Albuquerque, New Mexico, USA
Cottonwood Mall, 10000 Coors Blvd Bypass NW, Albuquerque, New Mexico, USA
1607 San Cristobal Rd SW, Albuquerque, New Mexico, USA (Chuck’s house)
Loyola’s Family Restaurant, 4500 Central Avenue SE, Albuquerque, New Mexico, USA (Cafe Route66)
Albuquerque Studios – 5650 University Boulevard SE, Albuquerque, New Mexico, USA (studio)
1520 Tejana Mesa Pl NE, Albuquerque, New Mexico, USA (Kettleman’s house)

例によって、IMDbのリストとウェブマップを頼りに画面とにらめっこでチェックしています。
間違えていたらごめんなさい。誤りのご指摘大歓迎です。

舞台は本家と同じく、ニューメキシコ州アルバカーキ。
撮影地もエリアが重なります。
IMDbではやはり本家と同じく個人宅までズバリ住所が書かれてありますが、ここでは無難なところだけチェックすることにします。

オフィス

アジア人の従業員が大勢働くエステ店の奥にあるという設定。
エステ店の入口に160という番地がはっきり見えますが、他に手掛かりとしては、S1E2 0:39頃に戻ってきた場面で外の看板が見え、店名も確認できます。
合わせて判断すると、こちらでしょうか。

DAY SPA & NAIL

違っていたらごめんなさい。

S1E1 ショッピングモール

冒頭モノクロの場面。

Cottonwood Mall, 10000 Coors Blvd Bypass NW, Albuquerque, New Mexico, USA

S1E1 裁判所の駐車場

意外な人物が駐車場係を務めている裁判所の駐車場出口。E2以降でも登場。
どこかの高架下。
調査中。

S1E1 カフェ

ケトルマン夫妻と話したところ。

Loyola’s Family Restaurant, 4500 Central Avenue SE, Albuquerque, New Mexico, USA (Cafe Route66)

S1E1 スケボーの「事故」

これがきっかけで意外な人物と関わることになる「事故」。
背景に”CAFE LUSH”という店が見えます。

Café Lush
700 Tijeras Ave NW, Albuquerque, NM 87102

資料

関連記事

海外ドラマ本部はここ

更新履歴

  • 2015/11/19 新規アップ
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『ベター・コール・ソウル』 Better Call Saul (2015– )
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)