『ジェシカおばさんの事件簿/悪党は岬に眠れ』 Murder, She Wrote: Joshua Peabody Died Here… Possibly (1989)

作品メモ

前のエントリー『リトル・ブリテン』に続いてHuluネタ。
昔のドラマを見ていると、時折「こんなところにこの人が」といった再発見をすることがあります。
『ジェシカおばさんの事件簿』のこのエピソードもその一本。

ジェシカおばさんの事件簿 3 ( DVD 7枚組 ) 7JO-5603 日本で出ているDVD BOXセットでは、第3集に収録。
日本での放送日や放送回数はわかりません。
Huluは本国での放送に倣っていますので、IMDbと同じく「シーズン2第2話」となっています。

開発中の土地で起きた殺人事件のお話ですが、ホテル建設計画に反対する住民のリーダー、デヴィッド・マーシュ(David Marsh)が見覚えのある顔……だいぶ中年化が進んでいましたが、特徴あるお目々と唇は間違いなくマイケル・サラザン。
当サイトでは『ひとりぼっちの青春』でチェック済み。
『黄金の指』、『激走!5000キロ』、『わが緑の大地』、『リーインカーネーション』……と並べると、やはりこういった70年代の若手時代がいちばん記憶に残っている俳優さんでしょうか。

もう1人彼を長年追い続けてきたFBIのフレッド・ケラー捜査官(Agt. Fred Keller)役でチャック・コナーズ。
かなりおじいちゃん化していますが、この特徴ある顎とガタイは見間違えるわけがありません。
92年に亡くなっていますので、晩年に近い出演となります。
この頃の作品となりますと、『キラー・マニア/殺人遊戯』、『リベンジャー/殺しの特訓』、『リゲイン/奪還!地獄のコマンド』、『デザート・キル/姿なき訪問者』と、「カタカナ+サブタイトル」的表記をかたくなに踏襲するB級アクションばっかりですが、とにかく最後までお元気に活躍していたようで何よりです。

さらに不正を追究するレポーター、デル・スコット(Del Scott)役でメグ・フォスターも登場。
……といってもピンと来る方は少ないでしょうけど、画像を見ればたぶん「ああ、あの人」とおわかりになるかと。

『エメラルド・フォレスト』、『ゼイリブ』、『ブラインド・フューリー』……と私が好んで見るような類いの映画に出てくれた女優さん。
特に青く美しい目が印象的で、『デューン 砂の惑星』の砂漠の民フレーメン役でそのまま出られそうなほど。

この3人がそろい踏みというのは、(当たり前ですが)他にはなさそう。
『ジェシカおばさんの事件簿』はこんなふうになにげに懐かしいスターが出演することがあり、この1回前(シーズン2第1話)の「未亡人はご用心 (Widow, Weep for Me)」ではなんとメル・ファーラーとシド・チャリシーが登場してラブシーンを演じていました。

他に第2シーズンだけでも、オリビア・ハッセー(第5話)、ロバート・ヴォーン(第11話)、カレン・ブラック(第17話)、リンダ・ハミルトン(第20話)などが登場しています。
主演のミステリー作家ジェシカ・フレッチャーにアンジェラ・ランズベリー。声はもちろん森光子さん。

ロケ地

IMDbではスタジオの記載だけ。

Stage 29, Universal Studios – 100 Universal City Plaza, Universal City, California, USA
Universal Studios – 100 Universal City Plaza, Universal City, California, USA (studio)

多くのエピソードで舞台となるジェシカの地元キャボット・コーヴ(Cabot Cove)は架空の町ですが、Wikipediaに項目がありました。

Cabot CoveW

人口わずか数千人なのに殺人事件が多発するという危険な町ですが、それはさておきWikipediaの記述によると、ロケ地はこちら。

Exterior shots of Cabot Cove were filmed in Mendocino, California.

MendocinoWは当サイト的には『おもいでの夏』でチェック済み。
久々にウェブマップで訪れてみましたが、いつのまにかストリートビューも使えるようになっていました。

ジェシカの家(外観)

Mendocinoの町にちゃんとありました。
SVで確認もできますが、個人宅のように見えますのでマップでは略。

こちらの画像↓には今回チェックした物件全部が写っています。興味のある方はご自分で探してみてください。

デヴィッドの住まい(外観)

リアルではお店のようなので、マップで示してしまっても大丈夫でしょう。

郡庁舎(外観)


大きな地図で見る

こちらは現在銀行のようです。

資料

関連記事

海外ドラマ、本部はここ

更新履歴

2015/02/25 フリガナや誤字修正

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『ジェシカおばさんの事件簿/悪党は岬に眠れ』 Murder, She Wrote: Joshua Peabody Died Here… Possibly (1989)
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)