『お葬式から事件は始まる』 Vier Frauen und ein Todesfall (2005-)

作品メモ

ひとつ前のエントリー『ブロードチャーチ ~殺意の町~』同様、AXNミステリーで放映中のミステリーシリーズ。
こちらはオーストリア放送協会(ORF)第1チャンネルで2005年から放映されているドイツ語のドラマです。

原題„Vier Frauen und ein Todesfall“は「4人の女性と(ひとつの)お葬式」。
『フォー・ウェディング』の原題”Four Weddings and a Funeral”みたいですね。

タイトル通り、4人の仲の良い女性たちが、毎回地元の村で起きた不審死事件を(誰も頼みやしないのに)捜査し、ドタバタしたあげく最後にはうまく解決してしまうという1話完結のコミカルな内容となっています。

なんといっても魅力は4人の熟女……と言っても過言ではないヒロインたち。
噂話好き、お節介、ずうずうしさ、と万国共通のお○さん仕様でフル装備した彼女たちが、役に立たないダメンズどもを蹴散らしながら、勝手に証拠を集め、犯人を追い詰めていく姿は、ダメンズであるこちらが見ていても痛快で、とても楽しめます。

日本の2時間サスペンスにもこんな内容があるかもしれませんが、どこかユルい感じの展開やオープニングのノリなど、同じオーストリア製作の『REX ~ウィーン警察シェパード犬刑事~』を思わせます。
ファミリー向けかと思いきや、突然大人な描写が入ったりするのまた似ていますね。
オーストリアの人たちはこういうのが好みなのでしょうか。
そういえば、『REX』に出ていた刑事がお肉屋さんとして時折顔を出していました(マルティン・ヴァイネク。出演年代はこちらが先)。

ドイツAmazonでのDVDセットの案内↓

日本でのソフト化は期待できそうもないので、ハマった方は録画して大切に保存しませう。

こちら↓はシーズン1のオープニング。
このテーマ曲、昭和の東映製作のドラマっぽい響きで、懐かしさをおぼえます。

 

 
 

こちら↓はシーズン5と6のようです。ややネタばれあるのでご注意。
1に比べると絵作りがだいぶ洗練されてきていますが、1のゆるゆるの味も捨てがたいものが。
なんにせよシーズン2以降の放送が待たれます。

 

 
 

登場人物

こんなマイナーな番組あるわけないと思ったら、日本語版Wikipediaにしっかり項目ができていました 😆

キャラ紹介やエピソード一覧はそちらをどうぞ……と言いたいところですが、日本未放映分も一緒に書かれていて見づらいので、放映されたシーズン1だけ登場人物をピックアップしてみました。

4人組
ユーリエ・ツィルブナー(Julie Zirbner)/アデーレ・ノイハウザー
押しの強さではいちばん。彼女が人様のお葬式で空気もおかまいなしに「これは事故なんかじゃないわ」と宣言し、周囲を凍り付かせるところからドラマは始まります。どうやら夫は事故で死別している模様で、高原にぽつんと建つ可愛らしいお家にひとりで住んでいます。最初は扱いづらいキャラに見えますが、そのうち毎回彼女のエピソードが楽しみになってくるから不思議。
マリア・デング(Maria Deng)/ブリギッテ・クレン
ダメンズたちがたむろするスポーツカフェのオーナー。自立できないダメな息子にうんざりしています。
ザビーネ・シェスヴェンダー(Sabine Schösswender)/マルティナ・ペル
シングル・マザー。村役場で働いているので、村人の情報はダダ漏れです。4人の中ではいちばん若手でしょうか。息子の名はロッコ。
ヘンリエッテ・カスパー(Henriette Caspar)/ガビー・ドーム
第1話で未亡人となってしまったリッチな教授夫人。湖畔の豪邸に住み、立ち居振る舞いはあくまで上品。どうやら夫婦で別の土地から越してきた様子。夫の葬式で傍若無人のユーリエに立腹するも、夫の不審死について一緒に調査するうちに、いつのまにかうちとけ、以後4人は大の仲良しに。
その他の村人
フランツィ・デング(Franzi Deng)/ミヒャエル・オシュトロフスキー
マリアのダメ息子。クルマ、特にゴルフに夢中。ザビーネと過去一度だけむにょむにょあったらしく、実はロッコの父親。フランツィ自身の父親は村のとある人物ですが、本人は知らされていない雰囲気。
アンドレアス(アンディ)・パウルミヒル(Andreas “Andi” Paulmichl )/ライムント・ヴァリッシュ
警官。事件が起こるたびにオロオロするだけで、まったく役には立ちません。
トニ・シュタイガー(Toni Steiger)/ゲアハルト・グライナー
郵便配達。
ヴァレンティン・シュレッガー(Valentin Salchegger)/シャルリィ・ラバンザー
レストランの主人。お葬式の後の会食は、たいてい彼の店で行われます。
ペッペールル・ノートドゥルフター(Pepperl Nothdurfter)/ゲオルゲス・ケルン
村長。気の利いた格言を言おうとして、言い間違えるのが得意。
マリア・ミッツィ・ノートドゥルフター(Maria “Mitzi” Nothdurfter)/ブリギッテ・ヤウフェンターラー
村長の妻。
ヘリ・バッハー(Heli Bacher)/カール・アハライトナー
銀行の支店長。

ロケ地

IMDbでは、

Mondseeland, Oberösterreich, Austria

Mondsee(モンド湖)はザルツブルクの東2,30kmほど。
このあたりは『サウンド・オブ・ミュージック』のロケ地が点在しています。

例によって、ウェブマップを頼りに画面とにらめっこでチェックしています。
間違えていたらごめんなさい。誤りのご指摘大歓迎です。

設定では、イルム村(Dorf Ilm)。

これまでも『ジェシカおばさんの事件簿』『ミステリー・イン・パラダイス』と毎週のように殺人事件が起きるきわめて危険なコミュニティーを観察してきましたが、人口比においてこの「イルム村」が最凶最悪ではないでしょうか??

„Dorf Ilm“ はもちろん架空の地名で、製作会社名„Dor Film“から。
実際には主にザルツブルクの東10数kmのところにあるこちら↓で撮影されているようです。

FaistenauW

教会はこちら↓

教会のすぐ北側が、銀行として登場した建物↓

その右隣が、ヴァレンティンの店↓

By luckyprof
via Wikimedia Commons
(CC BY-SA-3.0)

こちらはWikimedia Commonsにあった画像です。

ヘンリエッテの住まいとユーリエの住まいは気になるので調査中。

ヘンリエッテの住まい

※16/8/24項目追加

S1E1で写るヘンリエッテの豪邸。

アッター湖Wの北岸にあるこちら↓でした。

Villa PaulickW

グスタフ・クリムトが夏の間よく訪れていたとのこと。
現在はプライベートな物件のようですが、ネット上に画像が多くあり、Googleマップ上でもマークされていますので、マップで示してしまいますと、こちら↓

画像はこちら↓など

By Arcomonte26
via Wikimedia Commons
(CC BY-SA-4.0)

こちらはドラマと同じアングル。

ロケ地マップ

 
 
 

資料

関連記事

海外ドラマ本部はここ

更新履歴

  • 2016/08/24 「ヘンリエッテの住まい」項目追加
  • 2016/08/23 新規アップ
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『お葬式から事件は始まる』 Vier Frauen und ein Todesfall (2005-)
[`yahoo` not found]
LINEで送る

『お葬式から事件は始まる』 Vier Frauen und ein Todesfall (2005-)” への2件のコメント

  1. 初めまして。
    日本語Wikiがあったのは、僕もびっくりしました。(笑)
    『REX』は何となく見たことが無かったんですが、似たような感じなんですかね、今度見てみます。出来ればあんまり”洗練”されない感じで、この先も続いていて欲しいですよね。(笑)
    http://atlanta2015.blog.fc2.com/blog-entry-44.html

  2. アト@死ぬまで海外ドラマさん、コメントありがとうございます。
    よかった、他にご覧になっている方がいて(笑)
    ブログ記事拝見しましたが、「見ててストレスが全く無い」ってホントそうですね。
    最初は期待値ゼロでぼーっと見ていたのですが、いつの間にかハマってしまいました。あっという間にシーズン1が終わってしまったので、今は喪失感でいっぱいです 😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿や、URLが多く含まれている投稿は、無効となる場合があります(スパム対策)